メッセージレートの制限と調整Message rate limits and throttling

メッセージ調整とは、Exchange サーバーが処理できるメッセージ数と接続数に関して設定された制限のグループを指します。これらの制限には、メッセージ処理速度、smtp 接続速度、および smtp セッションタイムアウトの値が含まれます。これらの制限は、メッセージの受け入れと配信によって Exchange サーバーが過負荷にならないように連携して動作します。メッセージと接続の大きなバックログは処理を待機している可能性がありますが、メッセージ調整制限により、Exchange サーバーはメッセージと接続を整然として処理できます。Message throttling refers to a group of limits that are set on the number of messages and connections that can be processed by an Exchange server. These limits include message processing rates, SMTP connection rates, and SMTP session timeout values. These limits work together to protect an Exchange server from being overwhelmed by accepting and delivering messages. Although a large backlog of messages and connections may be waiting to be processed, the message throttling limits enable the Exchange server to process the messages and connections in an orderly manner.

注意

バックプレッシャーは、Exchange サーバーのシステムリソースに過剰な負担をかけないようにする別の機能です。利用可能なハードディスク領域やメモリ使用率などの重要なリソースが監視され、使用率が指定したしきい値を超えると、サーバーは新しい接続とメッセージの受け入れを徐々に停止します。詳細については、「バックプレッシャーについて」を参照してください。メッセージには、最大メッセージサイズ、個々の添付ファイルのサイズ、受信者数など、静的な制限もあります。メッセージサイズの制限の詳細については、「 Exchange Server でのメッセージサイズの制限」を参照してください。Back pressure is another feature that helps to avoid overwhelming the system resources of an Exchange server. Key resources, such as available hard disk space and memory utilization are monitored, and when the utilization level exceeds the specified threshold, the server gradually stops accepting new connections and messages. For more information, see Understanding back pressure. There are also static limits that are available on messages, such as the maximum message size, the size of individual attachments, and the number of recipients. For more information about message size limits, see Message size limits in Exchange Server.

メッセージ数の制限と調整オプションは、次の場所で設定できます。You can set the message rate limits and throttling options in the following locations:

  • メールボックスサーバーとエッジトランスポートサーバー。これらをまとめてトランスポートサーバーと呼びます。Mailbox servers and Edge Transport servers. Collectively, we'll refer to these as transport servers.

  • 送信コネクタSend connectors

  • 受信コネクタReceive connectors

  • ユーザーUsers

トランスポート サーバーのメッセージ調整Message throttling on transport servers

次の表は、メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバーで使用できるメッセージ調整オプションを示しています。The following table shows the message throttling options that are available on Mailbox servers and Edge Transport servers.

レート制限Rate limit 既定値Default value Exchange 管理シェル 構成Exchange Management Shell configuration EAC の構成EAC configuration
同時メールボックスの最大配信数: メールボックスにメッセージを配信するためにトランスポートサービスとメールボックストランスポート配信サービスが同時に開くことができる配信スレッドの最大数。Maximum concurrent mailbox deliveries: The maximum number of delivery threads that the Transport service and the Mailbox Transport Delivery service can have open at the same time to deliver message to mailboxes. 128020
Microsoft カスタマーサービスとサポートから指示があった場合を除いて、この値は変更しないことをお勧めします。We recommend that you don't modify this value unless you're directed to do so by Microsoft Customer Service and Support.
コマンドレット: Set-TransportService および Set-MailboxTransportServiceCmdlet: Set-TransportService and Set-MailboxTransportService
パラメーター: MaxConcurrentMailboxDeliveriesParameter: MaxConcurrentMailboxDeliveries
使用不可Not available
同時メールボックスの最大送信数: メールボックスからメッセージを送信するためにトランスポートサービスとメールボックストランスポート発信サービスが同時に開くことができる送信スレッドの最大数。Maximum concurrent mailbox submissions: The maximum number of submission threads that the Transport service and the Mailbox Transport Submission service can have open at the same time to send messages from mailboxes. Microsoft カスタマー サービス サポートからの指示がない限り、この値を変更しないことをお勧めします。20
Microsoft カスタマーサービスとサポートから指示があった場合を除いて、この値は変更しないことをお勧めします。We recommend that you don't modify this value unless you're directed to do so by Microsoft Customer Service and Support.
パラメーター: MaxConcurrentMailboxDeliveriesCmdlet: Set-TransportService and Set-MailboxTransportService
パラメーター: MaxConcurrentMailboxSubmissionsParameter: MaxConcurrentMailboxSubmissions
同時メールボックス発信の最大数 Transport サービスと Mailbox Transport Submission サービスがメールボックスからメッセージを送信するために同時に開くことができる送信スレッドの最大数。Not available
1分あたりの最大接続数: トランスポートサービスで接続を開くことができる最大速度。Maximum connection rate per minute: The maximum rate that connections are allowed to be opened with the Transport service. 12001200 コマンドレット: Set-TransportServiceCmdlet: Set-TransportService
パラメーター: MaxConnectionRatePerMinuteParameter: MaxConnectionRatePerMinute
使用不可Not available
同時接続の最大数: トランスポートサービスが一度に開くことができる送信接続の最大数。Maximum concurrent connections: The maximum number of outbound connections that the Transport service can have open at a time. 10001000
この値は、 _maxperdomainoutboundconnections_値以上である必要があります。This value must be greater than or equal to the MaxPerDomainOutboundConnections value.
パラメーター: MaxConnectionRatePerMinuteCmdlet: Set-TransportService
パラメーター: maxoutboundconnectionsParameter: MaxOutboundConnections
サーバー> サーバー > > **** ](../media/ITPro_EAC_EditIcon.png) **** プロパティ編集アイコントランスポート制限セクションの最大同時接続数。 > Servers > Servers > Properties Edit icon > Transport limits section > Maximum concurrent connections.  注: EAC では、100、1000、5000、または無制限の値のみを設定できます。Note: In the EAC, you can only set the values 100, 1000, 5000, or unlimited.||ドメインあたりの最大同時接続数: トランスポートサービスが一度に1つのドメインに対して開くことができる送信接続の最大数。Maximum concurrent connections per domain: The maximum number of outbound connections that the Transport service can have open to a single domain at a time.|128020  この値は、 _maxoutboundconnections_値以下である必要があります。This value must be less than or equal to the MaxOutboundConnections value.|コマンドレット: Set-TransportServiceCmdlet: Set-TransportService  パラメーター: maxperdomainoutboundconnectionsParameter: MaxPerDomainOutboundConnections|サーバー> サーバー > > **** **** プロパティ編集アイコントランスポート制限セクションドメインあたりの最大同時接続数。 > ![Servers > Servers > Properties Edit icon > Transport limits section > Maximum concurrent connections per domain.
: EAC では、100、1000、5000、または無制限の値のみを設定できます。Note: In the EAC, you can only set the values 100, 1000, 5000, or unlimited.

これらのサーバー メッセージ調整設定の値を確認するには、Exchange 管理シェル で次のコマンドを実行します。To see the values of these server message throttling settings, run the following command in the Exchange Management Shell:

Write-Host "Transport service:" -ForegroundColor yellow; Get-TransportService | Format-List MaxConcurrent*,MaxConnection*,Max*OutboundConnections; Write-Host "Mailbox Transport service:" -ForegroundColor yellow; Get-MailboxTransportService | Format-List MaxConcurrent*

注意

エッジトランスポートサーバーとメールボックスサーバーで使用可能なピックアップディレクトリと再生ディレクトリには、構成可能なメッセージ数の制限もあります。通常、ピックアップディレクトリと再生ディレクトリは、日常的なメールフローでは使用されません。詳細については、「ピックアップディレクトリと再生ディレクトリを構成する」を参照してください。ピックアップディレクトリおよび再生ディレクトリによって処理できる最大メッセージファイル数 (分/秒) は100です。各ディレクトリは、このレートでメッセージファイルを個別に処理できます。The Pickup directory and the Replay directory that are available on Edge Transport servers and Mailbox servers also have messages rate limits that you can configure. Typically, the Pickup directory and the Replay directory aren't used in everyday mail flow. For more information, see Configure the Pickup Directory and the Replay Directory. The maximum number of message files per minute that can be processed by the Pickup directory and the Replay directory is 100. Each directory can independently process message files at this rate.

送信コネクタでのメッセージ調整Message throttling on Send connectors

次の表は、送信コネクタで使用できるメッセージ調整オプションを示しています。送信コネクタは、メールボックス サーバー上およびエッジ トランスポート サーバー上の Transport サービスに存在します。詳細については、「送信コネクタ」を参照してください。The following table shows the message throttling options that are available on Send connectors. Send connectors exist in the Transport service on Mailbox servers and on Edge Transport servers. For more information, see Send connectors.

レート制限Rate limit 既定値Default value Exchange 管理シェル 構成Exchange Management Shell configuration EAC の構成EAC configuration
接続非アクティブタイムアウト: 接続が閉じられるまでに、送信元メッセージングサーバーとの間で開いている SMTP 接続をアイドル状態のままにしておくことができる最大時間。Connection inactivity time out: The maximum amount of time that an open SMTP connection with a source messaging server can remain idle before the connection is closed. 00:10:00 (10 分)00:10:00 (10 minutes) コマンドレット: New-SendConnector および Set-SendConnectorCmdlet: New-SendConnector and Set-SendConnector
パラメーター: connectioninactivitytimeoutParameter: ConnectionInactivityTimeOut
使用不可Not available
接続あたりの最大メッセージ数: 1 つの接続で送信できるメッセージの最大数Maximum messages per connection: The maximum number of messages that can be sent over a single connection 128020 コマンドレット: New-SendConnector および Set-SendConnectorCmdlet: New-SendConnector and Set-SendConnector
パラメーター: smtpmaxメッセージ perconnectionParameter: SmtpMaxMessagesPerConnection
使用不可Not available

これらの送信コネクタ調整設定の値を確認するには、Exchange 管理シェル で次のコマンドを実行します。To see the values of these Send connector throttling settings, run the following command in the Exchange Management Shell:

Get-SendConnector | Format-List Name,ConnectionInactivityTimeout,SmtpMaxMessagesPerConnection

受信コネクタでのメッセージ調整Message throttling on Receive connectors

次の表は、受信コネクタで使用できるメッセージ調整オプションを示しています。受信コネクタは、メールボックス サーバー上のフロント エンド トランスポート サービス、メールボックス サーバー上の Transport サービス、およびエッジ トランスポート サーバーで使用できます。詳細については、「受信コネクタ」を参照してください。The following table shows the message throttling options that are available on Receive connectors. Receive connectors are available in the Front End Transport service on Mailbox servers, the Transport service on Mailbox servers, and on Edge Transport servers. For more information, see Receive connectors.

レート制限Rate limit 既定値Default value Exchange 管理シェル 構成Exchange Management Shell configuration EAC の構成EAC configuration
接続タイムアウト: 送信元のメッセージングサーバーがデータを送信している場合でも、送信元のメッセージングサーバーとの SMTP 接続を開いたままにできる最大時間。Connection time out: The maximum amount of time that an SMTP connection with a source messaging server can remain open, even when the source messaging server is transmitting data. メールボックス サーバー上の受信コネクタの場合は、 00:10:00 (10 分)。00:10:00 (10 minutes) for Receive connectors on Mailbox servers.
エッジ トランスポート サーバー上の受信コネクタの場合は、 00:05:00 (1 分)。00:05:00 (1 minute) for Receive connectors on Edge Transport servers.
この値は、 _connectioninactivitytimeout_値より大きくなければなりません。This value must be greater than the ConnectionInactivityTimeOut value.
コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: ConnectionTimeoutParameter: ConnectionTimeout
使用不可Not available
接続非アクティブタイムアウト: 接続が閉じられるまでに、送信元メッセージングサーバーとの間で開いている SMTP 接続をアイドル状態のままにしておくことができる最大時間。Connection inactivity time out: The maximum amount of time that an open SMTP connection with a source messaging server can remain idle before the connection is closed. メールボックス サーバー上の受信コネクタの場合は、 00:05:00 (5 分)。00:05:00 (5 minutes) for Receive connectors on Mailbox servers.
エッジ トランスポート サーバー上の受信コネクタの場合は、 00:01:00 (1 分)。00:01:00 (1 minute) for Receive connectors on Edge Transport servers.
この値は、 _ConnectionTimeout_値より小さくなければなりません。This value must be less than the ConnectionTimeout value.
コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: connectioninactivitytimeoutParameter: ConnectionInactivityTimeOut
使用不可Not available
受信接続の最大数: 同時に許可される受信 SMTP 接続の最大数。Maximum inbound connections: The maximum number of inbound SMTP connections that are allowed at the same time. 50005000 コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: MaxInboundConnectionParameter: MaxInboundConnection
使用不可Not available
ソースあたりの最大受信接続数: ソースメッセージングサーバーから同時に許可される受信 SMTP 接続の最大数。Maximum inbound connections per source: The maximum number of inbound SMTP connections that are allowed from a source messaging server at the same time. unlimitedメールボックスサーバー上のトランスポートサービス_ <の> _既定の ServerName という名前の既定の受信コネクタで。unlimited on the default Receive connector named Default <ServerName> in the Transport service on Mailbox servers.
メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー上の他の受信コネクタでは、20。20 on other Receive connectors on Mailbox servers and Edge Transport servers.
コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: MaxInboundConnectionPerSourceParameter: MaxInboundConnectionPerSource
使用不可Not available
ソースあたりの最大受信接続率: ソースメッセージングサーバーから同時に許可される受信 SMTP 接続の最大パーセンテージ。Maximum inbound connection percentage per source: The maximum percentage of inbound SMTP connections that are allowed from a source messaging server at the same time. メールボックスサーバー上のトランスポートサービスの既定_ <の> ServerName_という名前の既定の受信コネクタの 100%。100 percent on the default Receive connector named Default <ServerName> in the Transport service on Mailbox servers.
メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー上の他の受信コネクタでは、2%。2 percent on other Receive connectors on Mailbox servers and Edge Transport servers.
コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: MaxInboundConnectionPercentagePerSourceParameter: MaxInboundConnectionPercentagePerSource
使用不可Not available
メッセージ数の制限: 1 回のソースで送信できるメッセージの最大数 (1 分あたり)。Message rate limit: The maximum number of messages per minute that can be sent by a single source. 次の既定の受信コネクタでは、 unlimitedunlimited on the following default Receive connectors:
•メール_ <ボックス> サーバー上のトランスポートサービスの既定の ServerName。• Default <ServerName> in the Transport service on Mailbox servers.
•メールボックス <サーバー> 上のフロントエンドトランスポートサービスの既定のフロントエンド ServerName。• Default Frontend <ServerName> in the Front End Transport service on Mailbox servers.
•メールボックスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスの送信プロキシフロント <エンドサーバー名> _ 。• Outbound Proxy Frontend <ServerName> in the Front End Transport service on Mailbox servers.
次の既定の受信コネクタでは、5。5 on the following default Receive connectors:
•メールボックスサーバー上のトランスポートサービスのクライアントプロキシ_ <ServerName> _ 。• Client Proxy <ServerName> in the Transport service on Mailbox servers.
•メールボックス_ <サーバー> 上のフロントエンドトランスポートサービスのクライアントフロントエンド ServerName。• Client Frontend <ServerName> in the Front End Transport service on Mailbox servers.
エッジトランスポートサーバー上の既定の内部受信コネクタ <ServerName> _という名前の既定の受信コネクタ上の600。600 on the default Receive connector named Default internal Receive connector <ServerName> on Edge Transport servers.
コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: messageratelimitParameter: MessageRateLimit
使用不可Not available
メッセージレートソース: これは、メッセージの送信速度が計算される方法を示します。有効な値は次のとおりです。Message rate source: This indicates how the message submission rate is calculated. Valid values are:
User: 送信ユーザーに対して、速度が計算されます ( MAIL FROM SMTP コマンドで指定)。User: The rate is calculated for sending users (specified with the MAIL FROM SMTP command).
IPAddress: 送信ホストに対して、速度が計算されます。IPAddress: The rate is calculated for sending hosts.
All: 送信ユーザーと送信ホストの両方について、速度が計算されます。All: The rate is calculated for both sending users and sending hosts.
次の既定の受信コネクタでは、 IPAddressIPAddress on the following default Receive connectors:
•メール_ <ボックス> サーバー上のトランスポートサービスの既定の ServerName。• Default <ServerName> in the Transport service on Mailbox servers.
•メールボックス <サーバー> 上のフロントエンドトランスポートサービスの既定のフロントエンド ServerName。• Default Frontend <ServerName> in the Front End Transport service on Mailbox servers.
•メールボックスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスの送信プロキシフロント <エンドサーバー名> _ 。• Outbound Proxy Frontend <ServerName> in the Front End Transport service on Mailbox servers.
•エッジトランスポートサーバー上の既定の内部受信コネクタ_ <ServerName> _ 。• Default internal Receive connector <ServerName> on Edge Transport servers.
次の既定の受信コネクタでは、 UserUser on the following default Receive connectors:
•メールボックスサーバー上のトランスポートサービスのクライアントプロキシ_ <ServerName> _ 。• Client Proxy <ServerName> in the Transport service on Mailbox servers.
•メールボックス_ <サーバー> _上のフロントエンドトランスポートサービスのクライアントフロントエンド ServerName。• Client Frontend <ServerName> in the Front End Transport service on Mailbox servers.
コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: messageratesourceParameter: MessageRateSource
使用不可Not available
tarpit 間隔: 認証されていないリモートサーバーに対して、接続を abusing したと思われる SMTP 応答を人為的に遅延させる時間。認証された接続は、この方法で遅延することはありません。Tarpit interval: The amount of time to artificially delay SMTP responses to unauthenticated remote servers that appear to be abusing the connection. Authenticated connections are never delayed in this manner. 00:00:05 (5 秒)00:00:05 (5 seconds) コマンドレット: New-ReceiveConnector および Set-ReceiveConnectorCmdlet: New-ReceiveConnector and Set-ReceiveConnector
パラメーター: TarpitIntervalParameter: TarpitInterval
使用不可Not available

これらの受信コネクタ メッセージ調整設定の値を確認するには、Exchange 管理シェル で次のコマンドを実行します。To see the values of these Receive connector message throttling settings, run the following command in the Exchange Management Shell:

Get-ReceiveConnector | Format-List Name,Connection*,MaxInbound*,MessageRate*,TarpitInterval

ユーザーのメッセージ調整Message throttling on users

Microsoft Exchange 調整サービスは、特定の用途のリソース設定を追跡し、その情報をメモリ内にキャッシュします。メールフロー調整の設定は、予算とも呼ばれます。Microsoft Exchange 調整サービスを再起動すると、メールフロー調整の予算がリセットされます。The Microsoft Exchange Throttling service tracks resource settings for specific uses and caches the information in memory. Mail flow throttling settings are also known as a budget. Restarting the Microsoft Exchange Throttling service resets the mail flow throttling budgets.

各メールボックスには、 new-throttlingpolicy_の設定があります。この設定の既定値は空白 ($null) です。メールボックスの調整ポリシーを構成する**** には、new-throttlingpolicy コマンドレットの_ パラメーターを使用します。Each mailbox has a ThrottlingPolicy setting. The default value for this setting is blank ($null). You can use the ThrottlingPolicy parameter on the Set-Mailbox cmdlet to configure a throttling policy for a mailbox.

詳細については、以下のトピックを参照してください。For more information, see the following topics: