SharePoint Server でのバリエーションの概要Variations overview in SharePoint Server

適用対象:はい2013 yes2016 yes 2019SharePoint OnlineAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 yesSharePoint Online

SharePoint Server および SharePoint Online のバリエーション機能を使用すると、ソース バリエーション サイトのコンテンツを各ターゲット バリエーション サイトと同期させることによって、異なるサイトの特定の閲覧者がコンテンツを使用できるようになります。ルート サイトにアクセスしたユーザーは、Web ブラウザーでの言語設定に基づいて、適切なバリエーション サイトにリダイレクトされます。ターゲット バリエーション サイトのコンテンツは、発行する前に他の言語に翻訳できます。バリエーションは、いずれかの発行サイト テンプレートを使用して作成されたサイト、または SharePoint Server 発行インフラストラクチャ機能がアクティブ化されていたサイトにおいてのみ使用できます。The variations feature in SharePoint Server and SharePoint Online makes content available to specific audiences on different sites by syncing content from a source variation site to each target variation site. When users visit the root site, they are redirected to the appropriate variation site, based on the language setting of their web browser. Content on a target variation site can be translated into other languages before it is published. Variations can be used only on sites that are created by using one of the Publishing site templates, or on sites for which the SharePoint Server Publishing Infrastructure feature was activated.

この記事では、バリエーション機能の概要について説明します。バリエーション機能の要素、バリエーション サイト用のサイト、リスト、ページの作成の概要、バリエーションの制限、SharePoint Server でバリエーションを使用するためのシナリオについて説明します。この記事では、バリエーションを使用するソリューションの計画に関するタスクについては説明しません。ソリューションでバリエーションの使用を計画する方法については、「SharePoint Server でバリエーションを計画する」を参照してください。また、バリエーションのラベルおよび階層の作成方法についても説明しません。バリエーション サイトの作成方法については、「複数言語の Web サイトを作成する」を参照してください。This article contains an overview of the variations feature. It describes the elements of the variations feature; provides an overview of site, list, and page creation for variation sites; lists some limitations of variations; and describes scenarios for using variations in SharePoint Server. This article does not describe the tasks that are involved in planning a solution that uses variations. For information about how to plan to use variations in your solution, see Plan for variations in SharePoint Server. This article also does not describe how to create variation labels and hierarchies. For information about how to create a variation site, see Create a multi-language website.

バリエーションの用途と利点Use and benefits of variations

多くの組織は世界規模のユーザーにリーチしています。国内市場をターゲットとしている組織の場合でも、さまざまな言語を話し、地域的な違いに基づく特定の情報が必要になる、多様なユーザー ベースにリーチする必要があります。この種の組織には、さまざまな文化、さまざまな市場、またさまざまな地理的地域に合わせてカスタマイズされたコンテンツを提供する Web サイトが必要です。サイトのさまざまなバージョンを作成して保守する作業は、困難で時間がかかります。SharePoint Server 2013 ソリューションの一部としてバリエーション機能を使用することにより、サイト アーキテクトやサイト管理者は、このようなサイトを作成して保守するプロセスを簡素化できます。バリエーション機能は、サイト、リスト、ページの作成、管理、同期、翻訳を自動化するので、必要なバリエーションのインスタンスごとにサイトおよび関連するすべてのリストとページを手動で作成する必要がなくなります。Many organizations have a global reach. However, even in domestic markets, organizations must reach a diverse user base that might speak many languages or that might have to have specific information that is based on regional differences. These types of organizations need websites that deliver customized content to suit different cultures, different markets, and different geographic regions. Producing and maintaining different versions of a site can be difficult and time-consuming. By using the variations feature as part of a SharePoint Server 2013 solution, site architects and site administrators can simplify the process of producing and maintaining these sites. The variations feature automates the creation, management, synchronization, and translation of sites, lists, and pages, which eliminates having to manually create a site and all associated lists and pages for each instance of a needed variation.

バリエーションの使用シナリオScenarios for using variations

バリエーションを使用すると、サイト、リスト、およびページのコンテンツを特定の言語で作成できます。このシナリオでは、コンテンツの大部分はソース バリエーション サイトの言語で作成され、ターゲット バリエーション サイトの一部または全部に異なる言語に翻訳されて同期されます。たとえば、コンテンツを英語で作成し、ターゲット バリエーション サイトに同期してドイツ語、フランス語、スペイン語に翻訳できます。You can use variations to create sites, lists, and page content for specific languages. In this scenario, most of the content is authored in the language of the source variation site and synced to some or all of the target variation sites for translation into different languages. For example, the content might be authored in English and be synced to target variation sites for translation into German, French, and Spanish.

また、バリエーションを使用すると、特定のロケールのコンテンツを作成することもできます。たとえば、北米を本拠地とする会社であれば、英語 (米国)、英語 (カナダ)、フランス語 (カナダ)、スペイン語 (メキシコ) の各ロケール用のターゲット バリエーション サイトを用意する場合があります。そのような場合は、ほとんどのコンテンツを英語 (米国) で作成し、バリエーション機能でコンテンツをターゲット バリエーション サイトに同期させます。フランス語 (カナダ) およびスペイン語 (メキシコ) のサイトのコンテンツはフランス語とスペイン語に翻訳されますが、英語 (カナダ) のコンテンツは米国英語とカナダ英語の地域的な違いを考慮して編集されます。特定のロケールに固有のその他のコンテンツは、そのコンテンツが必要なターゲット バリエーション サイトで作成されます。You can also use variations to create content for specific locales. For example, a company based in North America might have target variation sites for the following locales: English (United States), English (Canada), French (Canada), and Spanish (Mexico). Most of the content is authored in English (United States), and the variation feature syncs that content to the target variation sites. Content on the French (Canada) and Spanish (Mexico) site is translated into French and Spanish, whereas content for English (Canada) is edited to account for regional differences in United States and Canadian English. Other content that is unique to a specific locale is created on the target variation sites for which it is needed.

SharePoint Server 2010 では、バリエーションを使用して、異なるモバイル デバイス用のサイトまたは異なるブランド化を使用するサイトを作成できます。SharePoint Server 2016 では、バリエーションは多言語サイトに対してのみ使用します。異なるモバイル デバイス用のサイトを作成するには、デバイス チャネルを使用します。異なるブランド化を使用するサイトを作成するには、クロスサイト発行を使用します。SharePoint Server でクロスサイト発行を計画しますIn SharePoint Server 2010, you could use variations to create sites for different mobile devices, or that used different branding. In SharePoint Server 2016, variations is used only for multilingual sites. To create sites for different mobile devices, use Device Channels. To create sites that use different branding, use cross-site publishing. Plan for cross-site publishing in SharePoint Server.

バリエーションの要素Elements of variations

バリエーション機能は次の要素で構成されます。The variations feature consists of the following elements:

  • バリエーション ルート サイト すべてのソースおよびターゲット バリエーション サイトに対する URL を提供し、ユーザーを正しいバリエーション サイトにリダイレクトするランディング ページを含みます。これはサイト コレクションのルート サイトと同じものではありませんが、サイト コレクションのルート サイトをバリエーション階層のルート サイトに指定してもかまいません。Variation root site The variation root site provides the URL for all source and target variation sites and contains the landing page that redirects users to the correct variation site. This is not the same as the root site of a site collection, although you can specify the root site of a site collection to also be the root site of the variations hierarchy.

  • バリエーション ラベル 新しいバリエーション サイトの名前を示す識別子です。サイトのバリエーションは、計画されているバリエーションごとにバリエーション ラベルを 1 つ作成することによって定義します。Variation labels A variation label is an identifier that names a new variation site. Variations of a site are defined by creating variation labels, one for each planned variation.

    注意

    SharePoint Server は、最大で 209 個のバリエーション ラベルをサポートします。SharePoint Online は、最大で 50 個のバリエーション ラベルをサポートします。SharePoint Server supports up to 209 variation labels. SharePoint Online supports up to 50 variation labels.

  • バリエーション サイト 定義されたバリエーション ラベルに基づいて作成されるサイトです。以下の 2 種類のバリエーション サイトがあります。Variation sites Variation sites are the sites that are created based on the defined variation labels. There are two types of variation sites:

    • ソース バリエーション サイト 共有コンテンツを作成して発行するサイトであり、このサイトの共有コンテンツをターゲット バリエーション サイトと同期させます。1 つのサイト コレクションに存在できるソース バリエーション サイトは 1 つだけです。ソース バリエーション サイトを選択した後は、変更できません。Source variation site The source variation site is the site where shared content is authored and published, and it is the site from which the shared content is synced with target variation sites. There can be only one source variation site in a single site collection. After a source variation site is selected, it cannot be changed.

    • ターゲット バリエーション サイト ほとんどのコンテンツをソース バリエーション サイトから受け取ります。ターゲット バリエーション サイトで新しいコンテンツを作成できます。ただし、コンテンツは他のサイトとは同期されず、作成されたサイトに固有のものす。Target variation sites The target variation sites receive most of their content from the source variation site. New content can be created on a target variation site. However, that content is not synced with other sites and is unique to the site on which it was created.

  • バリエーション階層 すべてのバリエーション ラベル内のサイトの完全なセットです。Variations hierarchy The variations hierarchy is the complete set of sites in all variation labels.

  • バリエーション リスト リスト アイテムを受け取るターゲット バリエーション ラベルを指定するリストです。Variation lists Variation lists are lists for which you specify target variation labels to receive list items.

  • バリエーション ページ ソース バリエーション サイトとターゲット バリエーション サイトのページ ライブラリに格納される発行ページです。Variation pages Variation pages are the publishing pages that are stored in the Pages library of the source variation site and the target variation sites.

    重要

    バリエーションを使用するサイトのページ ライブラリには、非発行ページを追加しないことをお勧めします。追加すると、バリエーション階層作成ジョブの定義タイマー ジョブが失敗する可能性があります。We recommend that you do not add nonpublishing pages to the Pages library of a site that uses variations. If you do, the Variations Create Hierarchies Job Definition timer job might fail.

バリエーションの概要Understanding variations

バリエーション機能は、サイトを作成し、ソース バリエーション サイトから 1 つ以上のターゲット バリエーション サイトにコンテンツとサポートされるリスト アイテムを同期します。既定では、ソース バリエーション サイトのページ ライブラリの発行ページと、特定のターゲット バリエーション サイトに同期するように構成されているすべてのリストが同期されます。The variations feature creates sites and syncs content and supported list items from a source variation site to one or more target variation sites. By default, the variations feature syncs publishing pages from the Pages library of the source variation site, and any lists that are configured to be synced to specific target variation sites.

既定では、ルート サイトにアクセスしたユーザーは、Web ブラウザーでの言語設定に基づいて、適切なバリエーション サイトにリダイレクトされます。たとえば、ユーザーの既定のブラウザー言語がフランス語である場合、SharePoint Server はそのユーザーをフランス語のバリエーション サイトにリダイレクトします。既定のリダイレクト ページ (VariationRoot.aspx) を異なるページに置き換えることにより、この動作をカスタマイズできます。この新しいページでは、ユーザーの優先言語を識別するロジックを実装できます。バリエーション サイトのリダイレクトをカスタマイズする方法については、「[方法] バリエーション ルート ジャンプ ロジックをカスタマイズする」を参照してください。By default, when users visit the root site, they are redirected to the appropriate variation site, based on the language setting of their web browser. For example, if a user's default browser language is French, SharePoint Server redirects that user to the French variation site. You can customize this behavior by replacing the default redirection page, VariationRoot.aspx, with a different page. This new page can implement logic that identifies the user's preferred language. For information about how to customize variation sites redirection, see How to: Customize the Variation Root Landing Logic.

バリエーション ラベルVariation labels

バリエーション ラベルはバリエーション サイトの名前を示す識別子です。1 つのバリエーション ラベルをソースとして選択します。それが、ソース バリエーション サイトを表します。それ以外のバリエーション ラベルはターゲット ラベルであり、コンテンツの同期先であるターゲット バリエーション サイトを表します。バリエーション ラベルからバリエーション サイトを作成するには、[ バリエーション ラベル] ページの [ 階層の作成] コマンドを使用します。A variation label is an identifier that names a variation site. You select one variation label as the source, which represents the source variation site. The remaining variation labels are the target labels, representing the target variation sites to which content is synced. You create variation sites from variation labels by using the Create Hierarchies command on the Variation Labels page.

1 つのサイト コレクションに対しては、バリエーション ラベルのセットつまりバリエーション階層を 1 つだけ定義できます。対応するバリエーション サイトは、サイト コレクション階層内のどこにでも作成できます。ソース バリエーション サイトとターゲット バリエーション サイトは、常に、バリエーション ルート サイトのサブサイトとして作成されます。バリエーション ルート サイトにアクセスしたユーザーは、適切なバリエーション サイトにリダイレクトされます。Only one set of variation labels, the variation hierarchy, can be defined for a site collection. The corresponding variation sites can be created anywhere within the site collection hierarchy. The source variation site and the target variation sites are always created as subsites of the variation root site. Users who visit the variation root site are redirected to the appropriate variation site.

次の図では、バリエーション サイト階層の例および発行コンテンツがターゲット バリエーション サイトにどのように同期されるかを示します。The following illustration provides an example of a variation site hierarchy, and shows how publishing content is synced to target variation sites.

Planning site variations

3 つのバリエーション ラベル "EN"、"FR"、"DE" がルート サイト http://contoso.com に作成されます。バリエーション階層が作成されると、"EN"、"FR"、"DE" というラベルの付いた対応するバリエーション サイトが、バリエーション ルート サイトの 1 つ下のレベルに作成されます。サイト "http://contoso.com/EN" はソース バリエーション サイトとして指定されているので、サイト "http://contoso.com/EN" で作成および発行されるリストとページは、ターゲット バリエーション サイト "http://contoso.com/FR" と "http://contoso.com/DE" に同期されます。Three variation labels, "EN," "FR," and "DE," are created on the root site http://contoso.com. When the variations hierarchy is created, the corresponding variation sites, labeled "EN," "FR," and "DE," are created one level below the variation root site. Because site "http://contoso.com/EN" is specified as the source variation site, lists and pages that are authored and published on site "http://contoso.com/EN" are synced to the target variation sites, "http://contoso.com/FR" and "http://contoso.com/DE."

バリエーション ラベルを作成するときは、そのラベルに対して使用するロケールを選択します。ロケールの設定は、ブラウザーのリダイレクトと、並べ替え順序やカレンダーなどの地域設定をサポートします。ユーザー インターフェイスの言語には影響を与えません。フロントエンド Web サーバーに言語パックがインストールされている場合、バリエーション サイトの言語を選択することもできます。SharePoint Server での言語設定により、バリエーション サイトでのユーザー インターフェイスの言語が決まります。言語パックがインストールされていない場合は、言語を選択するオプションは使用できず、バリエーション サイトはバリエーション ラベルに対して選択されているロケールに関係なくサーバーの SharePoint Server インストールの既定の言語を使用します。たとえば、SharePoint Server が英語版を使用してインストールされていて、言語パックがインストールされていない場合は、新しいバリエーション ラベルを日本語ロケールに対して作成すると、新しいバリエーション ターゲット サイトのユーザー インターフェイスは日本語ではなく英語になります。ターゲット バリエーション サイトのユーザー インターフェイスを特定の言語で表示したい場合は、バリエーション サイトを作成する前に、各言語の言語パックをインストールする必要があります。ターゲット バリエーション サイトを作成するときに言語パックを使用できない場合でも、ターゲット バリエーション サイトを作成でき、ユーザーは多言語ユーザー インターフェイスを使用してサイトの代替言語を変更できます。多言語ユーザー インターフェイスについては、「SharePoint Server で多言語サイトを計画する」を参照してください。言語パックのインストール方法については、「SharePoint Server 2016 用の言語パックをインストールまたはアンインストールする」を参照してください。When you create a variation label, you select a locale for it to use. The locale setting assists with browser redirection and regional settings such as sort order and calendar. It does not affect the language of the user interface. If language packs were installed on the front-end web server, you can also select a language for the variation site. The language setting in SharePoint Server determines the language of the user interface on the variation site. If no language packs were installed, the option to select a language is not available, and the variation site uses the default language of the SharePoint Server installation on the server, regardless of the locale that is selected for the variation label. For example, if SharePoint Server was installed by using the English version, and no language packs were installed, when a new variation label is created for the Japanese locale, the user interface for the new variation target site is in English, not Japanese. If you want the user interface of a target variation site to be displayed using a specific language, you should install the language pack for each language before you create the variation sites. If a language pack is not available when a target variation site is created, the target variation site can still be created, and users can change the alternate language for a site by using the multilingual user interface. For information about the multilingual user interface, see Plan for multilingual sites in SharePoint Server. For information about how to install language packs, see Install or uninstall language packs for SharePoint Server 2016.

バリエーション階層を作成すると、各バリエーション ラベルに対してナビゲーション用語セットが作成されます。既定では、ソース バリエーション ラベルの用語セットは Variations Navigation という名前になります。ターゲット バリエーション ラベルの用語セットは Variations Navigation ( LabelName) という名前になります。たとえば、en-ca という名前のターゲット ラベルがある場合、そのラベルの用語セットの名前は Variations Navigation (en-ca) となります。既定では、バリエーション機能が初めてターゲット ページを作成するときに、対応するナビゲーション用語もターゲット バリエーション サイトに作成されます。翻訳用にページをエクスポートすると、それに関連するナビゲーション用語もエクスポートされます。When you create a variations hierarchy, a navigation term set is created for each variation label. By default, the term set for the source variation label is named Variations Navigation. The term set for a target variation label is named Variations Navigation ( LabelName). For example, if you have a target label named en-ca, the term set for that label will be named Variations Navigation (en-ca). By default, when the variations feature creates a target page for the first time, a corresponding navigation term is also created on the target variation site. When you export a page for translation, its associated navigation term is also exported.

バリエーションの設定Variation settings

[ バリエーション設定] ページには以下のオプションが含まれます。The Variations Settings page contains the following options:

  • [ サイト、リスト、およびページの作成の動作] ソース バリエーション サイトのサイト、リスト、ページがターゲット バリエーション サイトに自動的に作成されるかどうかを決定します。既定では、[ すべての場所で作成する] が有効になっています。[ 選択して作成する] を有効にした場合は、サイト、リスト、ページをソース バリエーション サイトからターゲット バリエーション サイトへの初めての同期は、手動で行う必要があります。それ以降のソース バリエーション サイトのアイテムに対する更新は、ターゲット ラベル同期の設定に基づいて同期されます。Site, List, and Page Creation Behavior Determines whether sites, lists, and pages on the source variation site are created automatically on the target variation sites. By default, Create Everywhere is enabled. If you enable Create Selectively, the first time that you sync sites, lists, and pages from the source variation site to target variation sites, you must do so manually. Subsequent updates to items on the source variation site will be synced based on the target label sync preferences.

  • [ 削除された対象ページの再作成] ターゲット バリエーション サイトからページが削除され、ソース バリエーション サイトでページが再発行された場合、ターゲット バリエーション サイトでページを再作成するかどうかを決定します。既定では、このオプションは有効です。このオプションを無効にすると、削除されたページはターゲット バリエーション サイトに再作成されません。たとえば、コンテンツ作成者がターゲット バリエーション サイトに関係のないページをソース バリエーション サイトに作成したものとします。ただし、[ すべての場所で作成する] が有効になっているため、ページはターゲット バリエーション サイトに自動的に作成され、ターゲット ラベル コンテンツの所有者が後で不要なターゲット ページを削除します。コンテンツ作成者が次にソース ページを更新したときは、ページはターゲット バリエーション サイトに再作成されません。Recreate Deleted Target Page Determines whether a page should be re-created on a target variation site if the page was deleted from the target variation site, and the page on the source variation site was republished. By default, this option is enabled. If you disable this option, deleted pages are not re-created on target variation sites. For example, consider the case in which a content author creates a page on the source variation site that is not relevant to a target variation site. However, because Create Everywhere is enabled, the page is created automatically on the target variation site, and the target label content owner later deletes the unwanted target page. The next time that the content author updates the source page, the page will not be re-created on the target variation site.

  • [ 対象ページの Web パーツの更新] ソース バリエーション サイトのページの Web パーツに対して行われた変更をターゲット バリエーション サイトのページにも行うかどうかを決定します。既定では、このオプションは有効です。Update Target Page Web Parts Determines whether changes that were made to Web Parts on pages on a source variation site are also made on pages on target variation sites. By default, this option is enabled.

  • [ 通知] 新しいページまたはサイトが作成されたときには、ターゲット バリエーション サイトのターゲット ラベルの連絡先に対して、またはソース バリエーション サイトが改訂されて更新されたときには、指定されたページの連絡先に対して、電子メール メッセージを送信します。ラベルに連絡先が設定されていない場合は、ターゲット バリエーション サイトのウェルカム ページの連絡先に電子メール メッセージが送信されます。既定では、このオプションは有効です。Notification Sends an email message to the contact of the target label of a target variation site when a new page or site is created or to the contact person of the specified page when a page is updated with revisions from the source variation site. If the label does not have a contact, then the email message is sent to the contact of the welcome page of a target variation site. By default, this option is enabled.

バリエーション設定の指定方法については、「複数言語の Web サイトを作成する」を参照してください。For information about how to specify variations settings, see Create a multi-language website.

バリエーション タイマー ジョブVariations timer jobs

バリエーション機能は、タイマー ジョブを使用して、サイトやページの作成や伝播などのタスクを実行します。タイマー ジョブは、SharePoint Server 用の Windows サービスである OWSTIMER の内部で実行します。各タイマー ジョブには、ジョブを実行する時期についてのジョブ専用の既定スケジュールがあります。サーバーの全体管理 Web サイトの [ ジョブの定義] ページで、各ジョブを実行する頻度を変更できます。バリエーション機能は次のタイマー ジョブを使用します。The variations feature uses timer jobs to perform tasks such as creating and propagating sites and pages. A timer job runs inside OWSTIMER, a Windows service for SharePoint Server. Each timer job has its own default schedule for when the job runs. You can change the frequency with which each job runs on the Job Definitions page on the Central Administration website. The variations feature uses the following timer jobs:

  • バリエーション階層作成ジョブの定義 バリエーション ラベルに基づいてソース バリエーション サイトからすべてのバリエーション サイト、リスト、ページを作成することにより、完全なバリエーション階層を作成します。既定では、このタイマー ジョブは 1 時間ごとに実行します。Variations Create Hierarchies Job Definition Creates a complete variations hierarchy by creating all variation sites, lists, and pages from the source variation site, based on the variation labels. By default, this timer job runs hourly.

  • バリエーション リスト アイテム伝達ジョブの定義 特定のターゲット バリエーション ラベルにアイテムを送信するようにリストが構成された後、ターゲット バリエーション サイトでリスト アイテムを作成および更新します。既定では、このタイマー ジョブは 15 分ごとに実行します。Variations Propagate List Items Job Definition Creates and updates list items on target variation sites after a list is configured to send items to specific target variation labels. By default, this timer job runs every 15 minutes.

  • バリエーション ページ伝達ジョブの定義 ソース バリエーション サイトのページが承認された後、またはユーザーによって手動で送信された後、ターゲット バリエーション サイトでページを作成または更新します。既定では、このタイマー ジョブは 15 分ごとに実行します。Variations Propagate Page Job Definition Creates and updates pages on target variation sites after a page on the source variation site is approved or after it is manually submitted by a user. By default, this timer job runs every 15 minutes.

  • バリエーション サイトおよびリスト伝達ジョブの定義 [ すべての場所で作成する] オプションが有効になっているときに、バリエーション サイトとリストを作成します。既定では、このタイマー ジョブは 30 分ごとに実行します。Variations Propagate Sites and Lists Job Definition Creates variation sites and lists when the Create Everywhere option is enabled. By default, this timer job runs every 30 minutes.

注意

タイマー ジョブは、SharePoint Online では構成されません。Timer jobs are not configurable in SharePoint Online.

タイマー ジョブの詳細については、「SharePoint Server 2016 でタイマー ジョブの状態を表示する」をご覧ください。For information about timer jobs, see View timer job status in SharePoint Server 2016.

ソース バリエーションとターゲット バリエーションのサイト作成の概要Understanding source variation and target variation site creation

ソース バリエーション サイトとターゲット バリエーション サイトは、常に、バリエーション ルート サイトの 1 つ下のレベルに作成されます。各バリエーション サイトは、バリエーション ルート サイトの作成に使用されたものと同じサイト テンプレートを使用して作成されます。つまり、既定では、各バリエーション サイトはバリエーション ルート サイトと同じマスター ページを使用しますが、各バリエーション サイトでは、異なるマスター ページ、ページ レイアウト、および CSS ファイルを使用できます。これは、異なるロケールに対して個別のレイアウトを使用する場合に便利です。たとえば、ある言語では右から左のレイアウトを使用し、別の言語では左から右のレイアウトを使用できます。詳細については、「SharePoint 2013 ページ モデルの概要」をご覧ください。Source variation and target variation sites are always created one level below the variation root site. Each variation site is created by using the same site template that is used to create the variation root site. This means that by default, each variation site will use the same master page as the variation root site. However, each variation site can use separate master pages, page layouts, and CSS files. This is useful when you want to have separate layouts for different locales. For example, you can use a right-to-left layout for one language and a left-to-right layout for another language. For information, see Overview of the SharePoint 2013 page model.

バリエーション階層を初めて作成すると、定義されているバリエーション ラベルのリストに基づくサイトだけが作成されます。バリエーション ルート サイトに階層サイト構造で下位のサイトがあり、それらのサイトを各バリエーション サイトの階層サイト構造に含める場合は、バリエーション階層を作成した後で、ソース バリエーション サイトの下にこれらのサイトの階層構造を手動で作成する必要があります。既定では、バリエーション階層作成ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行したときには、サイトはその時点で作成された新しいターゲット バリエーション サイトに対してのみ同期されます。ソース バリエーション サイトの下位のサイトが既存のターゲット バリエーション サイトに作成される方法については、後述の「サイト、リスト、ページの作成の概要」をご覧ください。When the variations hierarchy is first created, only sites that are based on the list of defined variation labels are created. If the variation root site has sites below it in a hierarchical site structure, and you want to include those sites in the hierarchical site structure of each variation site, you must manually create the hierarchical structure of those sites below the source variation site after you create the variation hierarchy. By default, the next time that the Variations Create Hierarchies Job Definition timer job runs, the sites are synced only to any new target variation sites that are created at that time. For information about how sites below the source variation site are created on existing target variation sites, see Understanding site, list, and page creation later in this article.

最初にバリエーション階層を作成した後、新しいラベルをバリエーション階層に追加し、[ バリエーション ラベル] ページで [ 階層の作成] をクリックすると、新しいターゲット バリエーション サイトが新しい各ラベルに作成されます。既定では、ソース バリエーション サイトに、パージ ライブラリ内のコンテンツ、特定のターゲット バリエーション ラベルにリスト アイテムを送信するように構成されているリスト、またはサイト階層で下位のサイトがある場合は、これらのページ、リスト、サイトは、すべての新しいターゲット バリエーション サイトにのみ作成されます。After the variations hierarchy is first created, when you add a new label to the variations hierarchy and then click Create Hierarchies on the Variation Labels page, a new target variation site is created for each new label. By default, if the source variation site has content in the Pages library, a list that is configured to send list items to specific target variation labels, or contains sites below it in the site hierarchy, those pages, lists, and sites are created on all new target variation sites only.

サイト、リスト、ページの作成の概要Understanding site, list, and page creation

既定では、ソース バリエーション サイトの下に作成されるサイト、およびソース バリエーション サイトまたはサイト階層においてその下位にあるすべてのサイトで発行されるリストとページは、ターゲット バリエーション サイトに自動的に同期されます。次の型のリスト (またはこれらの型から継承されたリスト) がサポートされます。By default, sites that are created below the source variation site, and lists and pages that are published on the source variation site or on any sites below it in the site hierarchy are automatically synced to the target variation sites. The following list types (or lists that inherit from these types) are supported:

  • 100 - ジェネリック リスト100 - Generic list

  • 101 - ドキュメント ライブラリ101 - Document library

  • 104 - お知らせリスト104 - Announcements list

  • 109 - 画像ライブラリ109 - Picture library

[ 選択して作成する] が有効になっている場合は、選択したターゲット バリエーション サイト上に、サイト、リスト、およびページを手動で作成する必要があります。If Create Selectively is enabled, you must manually create any sites, lists, and pages on the selected target variation sites.

このセクションでは、ターゲット バリエーション サイトでサイト、リスト、ページを作成する方法を説明します。This section describes the ways in which sites, lists, and pages are created on target variation sites.

サイトの作成Site creation

バリエーション階層作成ジョブの定義タイマー ジョブが初めて実行され、バリエーション ラベルのリストからバリエーション階層が作成されるときは、ソース バリエーション サイトとターゲット バリエーション サイトだけが作成されます。ソース バリエーション サイトが作成された後は、サイト階層でその下にサイトを作成でき、それらのサイトは、バリエーション サイトおよびリスト伝達ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行されたときに、既存のターゲット バリエーション サイトに作成されます。[ 選択して作成する] が有効になっている場合は、ソース バリエーション サイトの下にある任意のサイトの [ サイト バリエーションの設定] ページを使用して、1 つ以上のターゲット バリエーション サイトに現在のサイトのターゲット バリエーションを手動で作成します。バリエーション サイトおよびリスト伝達ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行されたときに、指定したターゲット バリエーション サイト上に新しいサイトが作成されます。[ 選択して作成する] が有効になっていれば、いつでもこれを行うことができます。The first time that the Variations Create Hierarchies Job Definition timer job runs and creates the variations hierarchy from the list of variation labels, only the source variation and target variation sites are created. After the source variation site is created, you can create sites below it in the site hierarchy, and those sites are then created on the existing target variation sites the next time that the Variations Propagate Sites and Lists Job Definition timer job runs. If Create Selectively is enabled, use the Site Variation Settings page on any site that is below the source variation site to manually create a target variation of the current site on one or more target variation sites. The new site is created on the specified target variation site when the next Variations Propagate Sites and Lists Job Definition timer job runs. You can do this any time that Create Selectively is enabled.

注意

ソース バリエーション サイトとターゲット バリエーション サイトが作成されるときは、ソース ラベルの作成時に選択されたテンプレートが提供する既定のサイト定義を使用して作成されます。カスタム サイト構成または設定は、新しいサイトに同期されません。ソース バリエーション サイトおよびターゲット バリエーション サイトで、ナビゲーションのカスタマイズのようなカスタム サイト構成または設定を使用する場合は、バリエーション階層を作成した後、その変更を各サイトで行う必要があります。When source variation and target variation sites are created, they are created by using the default site definition provided by the template selected when the source label was created. No custom site configurations or settings are synced to the new sites. If you want the source variation and target variation sites to have custom site configurations or settings, such as navigation customizations, you must make those changes on each site after you create the variations hierarchy.

リストとページの作成List and page creation

リスト アイテムは、ソース バリエーション サイトのリストが構成されて同期対象のターゲット バリエーション サイトが指定されている場合にのみ、バリエーション ターゲット サイトに同期されます。既定では、特定のターゲット バリエーション サイトに同期するようにリストが構成されていると、バリエーション サイトおよびリスト伝達ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行されたときに同期されます。ターゲット バリエーション サイトに既に同期されているリストに新しいアイテムが追加された場合は、バリエーション リスト アイテム伝達ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行されたときに同期されます。バリエーション階層が作成された後で新しいターゲット バリエーション ラベルが追加された場合は、新しいターゲット バリエーション サイトにリストが作成されます。既定では、ターゲット リストではコンテンツの承認が有効になります。新しいアイテムをターゲット リストに同期するときは、ターゲット バリエーション サイトのコンテンツのクエリ Web パーツにアイテムが表示されるには、アイテムを承認する必要があります。List items are synced to variation target sites only when the list on the source variation site is configured to specify the target variation sites to which they should be synced. By default, when a list is configured to be synced to specific target variation sites, it is synced when the next Variations Propagate Sites and Lists Job Definition timer job runs. If a new item is added to a list that has already been synced to target variation sites, it is synced when the next Variations Propagate List Items Job Definition timer job runs. If a new target variation label is added after the variations hierarchy is created, the list will be created on the new target variation site. By default, content approval is enabled on target lists. When a new item is synced to a target list, it must be approved before it will appear in a Content Query Web Part on the target variation site.

注意

特定のターゲット ラベルに同期する個別のページを指定することはできますが、個別のリスト アイテムを同期することはできません。特定のターゲット ラベルに同期する完全なリストの指定だけ行うことができます。Although you can specify individual pages that you want to sync to specific target labels, you cannot sync individual list items. You can only specify a complete list to sync to specific target labels.

ソース バリエーション サイトを作成するときに 発行サイト テンプレートを選択した場合は、ソース バリエーション サイトまたはサイト階層でその下位にあるすべてのサイトのページを先に発行しないと、ページはターゲット バリエーション サイトに同期されません。 ワークフロー付き発行サイト テンプレートを選択した場合は、発行ワークフローを使用してページの発行を承認してからでないと、ページはターゲット バリエーション サイトに同期されません。既定では、新しいページが発行されるか発行を承認された後、ページでワークフローが使用されている場合は、バリエーション ページ伝達ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行したときに、ページはすべてのターゲット バリエーション サイトに同期されます。以前に発行されていたページがソース バリエーション サイトで変更されて再発行された場合、[ ターゲット バリエーション ページを自動的に更新する] 設定がターゲット ラベルに対して選択されていると、バリエーション ページ伝達ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行されたときに、ページはすべてのターゲット バリエーション サイトに同期されます。If the Publishing Site template was selected when the source variation site was created, pages on the source variation site or on any site below it in the site hierarchy must be published before they are eligible to be synced to target variation sites. If the Publishing Site with Workflow template was selected, pages must be approved for publication by using the publishing workflow before they are eligible to be synced to target variation sites. By default, after a new page is published or approved for publication, if it uses workflows, it is synced to all target variation sites when the next Variations Propagate Page Job Definition timer job runs. If the page was published previously and is changed and republished on the source variation site, and the Automatically update target variation pages setting is selected for the target labels, the page is synced to all target variation sites when the next Variations Propagate Page Job Definition timer job runs.

注意

ターゲット バリエーション サイトでは、ソース バリエーション サイトから同期されたページには、常に、マイナー バージョン番号が割り当てられます。ターゲット サイトに初めて同期されるページには、バージョン 0.1 が割り当てられます。ページがターゲット バリエーション サイトに既に存在する場合は、同期されたページに次に使用可能なマイナー バージョン番号が割り当てられます。たとえば、ターゲット バリエーション サイトにバージョン 2.1 のページがあり、そのページの新しいバリエーションがターゲット サイトに同期されると、ページはバージョン 2.2 になります。ページと、ソース バリエーション サイトで発行を承認された画像などの追加リソースは、ターゲット バリエーション サイトに同期されると 承認ステータスが 下書きになり、サイトの読者が表示できるためには、先に承認される必要があります。On target variation sites, a page that is synced from the source variation site is always assigned a minor version number. If the page is new to the target site, it is assigned version 0.1. If the page already exists on the target variation site, the synced page is assigned the next available minor version number. For example, if a target variation site has version 2.1 of a page and a new variation of that page is synced to the target site, the page becomes version 2.2. Pages and additional resources, such as images that are approved for publishing on the source variation site, are synced to the target variation site together with their Approval status set to Draft, and they must be approved before they can be viewed by readers of the site.

[ 選択して作成する] が有効になっている場合、ユーザーはソース バリエーション サイトのページの [ 発行] タブの [ バリエーション] グループの [ 新しいターゲットの作成] コマンドを使用して、特定のバリエーション ラベルに対するページを作成する必要があります。新しいページは、バリエーション ページ伝達ジョブの定義タイマー ジョブが次に実行されたときに、1 つ以上のターゲット バリエーション サイトに同期されます。ページが以前に発行されていて、ソース バリエーション サイトで変更されて再発行された場合は、指定されているターゲット バリエーション サイトに対してのみ同期されます。バリエーション ページに対して [ 選択して作成する] を有効にする方法については、「複数言語の Web サイトを作成する」をご覧ください。If Create Selectively is enabled, a user must create the page for a specific variation label by using the Create new targets command in the Variations group on the Publish tab of the page on the source variation site. The new page is synced to one or more target variation sites when the next Variations Propagate Page Job Definition timer job runs. If the page was published previously and is changed and republished on the source variation site, it is synced only to the specified target variation site when the next Variations Propagate Page Job Definition timer job runs. For information about how to enable Create Selectively for variation pages, see Create a multi-language website.

既定では、ソース バリエーション サイトから同期されたページがターゲット バリエーション サイトから削除されると、次にそのページがソース バリエーション サイトで発行されて、バリエーション ページ伝達ジョブの定義タイマー ジョブが実行したときに、ターゲット バリエーション サイトにページが再作成されます。[ 削除された対象ページの再作成] が無効になっている場合は、削除されたページはターゲット バリエーション サイトに再作成されません。By default, when a page that was synced from the source variation site is deleted from a target variation site, that page is re-created on the target variation site the next time that it is published on the source variation site and the next time that the Variations Propagate Page Job Definition timer job runs. If Recreate Deleted Target Page is disabled, deleted pages are not re-created on the target variation sites.

バリエーション ソース ページの作成方法およびバリエーション ターゲット ページでのコンテンツの処理方法については、「複数言語の Web サイトを作成する」をご覧ください。For information about how to create variation source pages and how to work with content on variation target pages, see Create a multi-language website.

バリエーションの制限事項Limitations of variations

SharePoint Server でのバリエーション機能の制限事項について、次に説明します。The following list contains information about the limitations of the variations feature in SharePoint Server:

  • バリエーション機能は単一層の階層です。 ソースおよびターゲット バリエーション サイトは、サイト階層内において、バリエーション ルート サイトから 1 レベル下の同じレベルに存在します。ただし、ソース バリエーション サイトはサイト コレクションごとに 1 つだけ存在できます。1 つのサイトをソース サイトとターゲット サイトの両方にすることはできません。1 つのソース バリエーション サイトから 1 つ以上のターゲット バリエーション サイトにコンテンツを同期することはできますが、1 つのターゲット バリエーション サイトから別のターゲット バリエーション サイトにコンテンツを同期することはできません。たとえば、英語 (米国) のソース バリエーション サイトと、フランス語 (フランス) のターゲット バリエーション サイトおよびその下のフランス語 (カナダ) サイトがある場合、バリエーション機能は、英語 (米国) ソース バリエーション サイトからフランス語 (フランス) ターゲット バリエーション サイトへのコンテンツの同期のみを行います。フランス語ターゲット バリエーション サイトからその下のフランス語 (カナダ) サイトへのコンテンツの同期は行うことはできません。Variations feature is a single-tier hierarchy. The source and target variation sites exist at the same level within the site hierarchy, one level down from the variations root site. However, you can have only one source variation site per site collection. A site cannot be both a source and a target site. You can sync content from a source variation site to one or more target variation sites, but you cannot sync content from one target variation site to another target variation site. For example, if you have a source variation site in English (United States), and a target variation site in French (France), which has a French (Canada) site below it, the variations feature will only sync content from the English (United States) source variation site to the French (France) target variation site. The variations feature cannot also sync content from the French target variation site to the French (Canada) site below it.

    バリエーションとクロスサイト発行を併用すると、別のバリエーション サイトのコンテキスト内の 1 つのバリエーション サイトからコンテンツを再利用できます。たとえば、フランス語 (フランス) サイトのコンテンツをフランス語 (カナダ) サイトで再利用できます。You can use variations together with cross-site publishing to reuse content from one variation site in the context of another variation site. For example, you could reuse content from the French (France) site on the French (Canada) site.

    詳細については、「SharePoint Server でクロスサイト発行の論理アーキテクチャを計画する」をご覧ください。For more information, see Plan the logical architecture for cross-site publishing in SharePoint Server.

  • コンテンツの同期は一方向です。 バリエーション機能は、ソース バリエーション サイトから 1 つ以上のターゲット バリエーション サイトにコンテンツを同期します。バリエーション機能を使用して、ターゲット バリエーション サイトからソース バリエーション サイトにコンテンツを同期し戻すことはできません。また、ターゲット バリエーション サイトのコンテンツを他のターゲット バリエーション サイトに同期することもできません。Content syncing is unidirectional. The variations feature syncs content from a source variation site to one or more target variation sites. You cannot use the variations feature to sync content from a target variation site back to a source variation site. Also, target variation sites cannot sync content to other target variation sites.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server でバリエーションを計画するPlan for variations in SharePoint Server