SharePoint Server でバリエーションを計画するPlan for variations in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 yesSharePoint OnlineAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 yesSharePoint Online

SharePoint Server および SharePoint Online のバリエーション機能を利用すると、ソース バリエーション サイトから各ターゲット バリエーション サイトにコンテンツを同期することにより、さまざまなサイトで特定の利用者がコンテンツを使用できるようになります。ターゲット バリエーション サイトのコンテンツは、発行する前に他の言語に翻訳できます。バリエーションは、発行サイト テンプレートのいずれかを使用して作成されたサイト上、または SharePoint Server 発行インフラストラクチャ機能がアクティブ化されたサイト上でのみ使用できます。The variations feature in SharePoint Server and SharePoint Online makes content available to specific audiences on different sites by syncing content from a source variation site to each target variation site. Content on a target variation site can be translated into other languages before it is published. Variations can be used only on sites that are created by using one of the Publishing site templates, or on a site for which the SharePoint Server Publishing Infrastructure feature was activated.

この記事では、サイト コレクションの発行でバリエーションを使用する際に検討する必要のある重要項目についての情報を紹介し、SharePoint Server でバリエーションを使用するソリューションを計画する際に必要なタスクについて説明します。この記事では、バリエーションの概要、バリエーションの使用方法、バリエーション ラベルおよび階層の作成方法については説明しません。バリエーションの詳細については、「SharePoint Server でのバリエーションの概要」をご覧ください。This article contains information about important items that you should consider when you use variations in a publishing site collection, and it describes the tasks that are involved in planning a solution that uses variations in SharePoint Server. This article does not provide an overview of variations, describe how to use variations, or explain how to create variation labels and hierarchies. For more information about variations, see Variations overview in SharePoint Server.

バリエーションの計画についてAbout planning variations

この記事で説明する計画プロセスは、SharePoint Server ソリューションでバリエーションの使用を計画する際に考慮する必要のある重要項目の説明から始めます。この記事の残りの部分では、SharePoint Server でバリエーションの使用を計画する際に必要な手順について説明します。これらの手順は次のとおりです。The planning process that is described in this article starts with describing important items that you should consider when you plan to use variations with a SharePoint Server solution. The remainder of the article describes the steps that are required to plan for using variations with SharePoint Server. These steps include the following:

  • 必要なバリエーションを決定し、バリエーションのルート サイトを選択します。Determine the variations that are needed and select the variations root site.

  • ソース バリエーション サイトを指定し、ターゲット バリエーション サイトを計画します。Specify the source variation site and plan the target variation sites.

  • ターゲット バリエーション サイトでサイト、リスト、ページをどのように作成するかを決定します。Decide how sites, lists, and pages will be created on the target source sites.

  • バリエーションのタイマー ジョブのスケジュール方法を計画します。Plan how variations timer jobs will be scheduled.

この情報は、バリエーション計画ワークシート に記録できます。You can record this information in the Variations planning worksheet.

バリエーションの使用を計画する際に考慮する重要事項Important items to consider when planning to use variations

SharePoint Server ソリューションでバリエーションの使用を計画する前に、バリエーションと他の SharePoint Server 機能との相互作用について知っておく必要があります。このセクションでは、SharePoint Server ソリューションでバリエーションの使用を計画する際に考慮する重要事項について説明します。Before you plan to use variations with a SharePoint Server solution, you should be aware of the interaction between variations and other SharePoint Server features. This section contains information about important items to consider when you plan to use variations with a SharePoint Server solution.

コンテンツの承認Content approval

コンテンツの承認は、承認者権限を持つサイト メンバーがコンテンツの発行を制御する方法です。コンテンツの承認では、新しいメジャー バージョンが承認されると、コンテンツは発行されたと見なされます。これは、メジャー バージョンは読み取り権限のあるユーザーが表示できるためです。バリエーション サイトのコンテンツの承認は、ソースおよびターゲット バリエーション サイト上のページ ライブラリでメジャーおよびマイナーのバージョン管理が必要です。コンテンツの承認の詳細については、「コンテンツ承認とスケジュールを計画する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。Content approval is the method by which site members with approver permissions control the publication of content. In content approval, content is considered published when a new major version is approved, because major versions are viewable by users who have read permissions. Content approval in variation sites requires major and minor versioning in the Pages libraries on the source and target variation sites. For more information about content approval, see Plan content approval and scheduling (SharePoint Server 2010).

コンテンツの承認には、バリエーションの計画時に考慮する必要のある独時の要因があります。Content approval has unique factors that you should consider when you are planning variations:

  • ソース バリエーション サイトで承認を受けるためにページが送信されると、電子メール メッセージが生成され、以下の列に格納された値を使用して以下の順にページの連絡先に送信されます。On the source variation site, when a page is submitted for approval, an e-mail message is generated and sent to the contact of the page by using the values stored in the following columns, in the following order:

    • 連絡先Contact

    • [ 連絡先の電子メール アドレス]Contact E-Mail Address

    • [ 更新者]Modified By

      注意

      [ 連絡先] フィールドから順に、通知を送信できる連絡先情報か各フィールドがチェックされます。最初のフィールドが空の場合、連絡先情報が見つかるまで次のフィールドがチェックされます。Starting with the Contact field, each field is checked for contact information to which the notification can be sent. If the first field is empty, the next field is tried until contact information is found.

      ページは、発行の承認を受けるとターゲット バリエーション サイトに同期できるようになります。コンテンツが手動または自動でバリエーション サイトに同期されるようにバリエーションの設定を行うことができます。After the page is approved for publication, it is enabled for syncing to the target variation sites. You can configure the variations settings so that content is either manually or automatically synced to the variation sites.

  • ターゲット バリエーション サイトでは、ソース バリエーション サイトから同期されたページには常にマイナー バージョン番号が割り当てられます。 ターゲット サイトにとってそのページが新しいものであれば、バージョン 0.1 が割り当てられます。ターゲット バリエーション サイトにそのページが既に存在する場合、同期されたページには次に使用可能なマイナー バージョン番号が割り当てられます。たとえば、ターゲット バリエーション サイトにバージョン 2.1 のページがあり、このページの新しいバリエーションがターゲット サイトに同期された場合、このページはバージョン 2.2 になります。On target variation sites, a page that is synced from the source variation site is always assigned a minor version number. If the page is new to the target site, it is assigned version 0.1. If the page already exists on the target variation site, the synced page is assigned the next available minor version number. For example, if a target variation site has version 2.1 of a page and a new variation of that page is synced to the target site, the page becomes version 2.2.

  • ソース バリエーション サイトにページが発行された場合、 ページがターゲット バリエーション サイトに同期されたときに、[ 承認] ステータスが [ 下書き] に設定されます。ターゲット バリエーション サイトのページ ライブラリで [ コンテンツの承認] および [ ドキュメントのバージョン履歴] が有効になっている場合、閲覧者がページを利用できるようになるには、各ターゲット バリエーション サイトでページが承認される必要があります。If a page is published on the source variation site, when the page is synced to target variation sites, the Approval status is set to Draft. If Content Approval and Document Version History are enabled in the Pages library on target variation sites, the page must be approved on each target variation site before the page is available to readers.

注意

ソース バリエーション サイトに由来するコンテンツへの変更は、ターゲット バリエーション サイト上のコンテンツへの変更よりも優先されます。たとえば、ソース バリエーション サイトがある 1 つの言語で書かれ、ターゲット バリエーション サイトは別の言語で書かれている場合、次のような状況が起こる場合があります。編集者がターゲット バリエーション サイト上のローカライズされたページを変更し、これに新しいマイナー バージョン 1.1 を割り当てます。その後、ソース バリエーション サイトの作成者が同じページに別の変更を加え、これがバージョン 1.2 としてターゲット バリエーション サイトに同期されたとします。この場合、この変更はバージョン 1.1 での ページへの変更よりも優先されます。この例では、ターゲット バリエーション サイトの編集者は、[ バージョン履歴] から前のバージョンのページを復元し、新しいバージョンを受け入れるか、[ 変更内容を表示] ボタンを使用して現在のバージョンと前のバージョンの違いを確認し、新しいバージョンと前のバージョンを手動で新しいバージョンに結合する必要があります。 バージョン管理の詳細については、「Plan document versioning, content approval, and check-out controls in SharePoint 2013」をご覧ください。Changes made to content that originates on the source variation site can supersede changes made to the content on the target variation site. For example, if the source variation site is in one language and the target variation site is in another, the following situation might occur: An editor changes a localized page on the target variation site, assigning it a new minor version, 1.1. Then, a writer on the source variation site makes different changes to the same page, which is synced to the target variation site as version 1.2. This supersedes the version 1.1 changes to the page. In this example, an editor for the target variation site would have to restore the previous version of the page from the Version History, accept the new version, or use the View Changes button to view differences between the current version and previous versions of the page, and manually merge the new and previous versions into a new version. For more information about versioning, see Plan document versioning, content approval, and check-out controls in SharePoint 2013.

サイト バリエーションを使用する場合には、サイト ナビゲーション エクスペリエンスを慎重に計画する必要があります。SharePoint Server では、現在のサイトのピア サイトへのサイト ナビゲーション リンクが自動的に生成され、Web ページの [グローバル ナビゲーション] メニューおよび [現在のナビゲーション] メニューに表示されます。現在のサイトのピアが同じサイトのバリエーションであるバリエーション サイトでは、このようにして他のサイトに移動する機能をサイトのユーザーに提供したくない場合もあります。[ ナビゲーションの設定] ページを使用して、ピア サイトが表示されないように [グローバル ナビゲーション] メニューおよび [現在のナビゲーション] メニューの設定を変更できます。If you use site variations, you must plan your site navigation experience carefully. In SharePoint Server, site navigation links to the current site's peer sites are automatically generated and displayed in the Global Navigation and Current Navigation menus of a web page. In variation sites, where the current site's peers are variations of the same site, you might not want to give site users the ability to browse to other sites in this manner. You can use the Navigation Settings page to change the settings of the Global Navigation and Current Navigation menus so that peer sites are not displayed.

注意

ソース バリエーション サイトでのサイト ナビゲーションへの変更は、ターゲット バリエーション サイトには同期されません。 ターゲット バリエーション サイトのサイト ナビゲーションをソース バリエーション サイトのサイト ナビゲーションと一致させるには、ターゲット バリエーション サイトでサイト ナビゲーションを手動で変更する必要があります。Changes to site navigation on the source variation site are not synced to the target variation sites. If you want the site navigation on target variation sites to match the site navigation on the source variation site, you must manually change the site navigation settings on the target variation sites.

サイト ナビゲーションの詳細については、「SharePoint Server のサイト ナビゲーションの概要」を参照してください。For more information about site navigation, see Overview of site navigation in SharePoint Server.

コンテンツの展開Content deployment

コンテンツの展開では、展開元のサイト コレクションから展開先のサイト コレクションへコンテンツをコピーします。Content deployment copies content from a source site collection to a destination site collection.

バリエーション階層作成ジョブの定義の実行中は、ソース バリエーション サイトを含むコンテンツ展開ジョブを無効にすることをお勧めします。バリエーション階層作成ジョブの定義のタイマー ジョブも実行している間にコンテンツ展開を実行した場合、部分的にのみ作成されたターゲット バリエーション サイトが展開先サーバーのターゲット バリエーション サイトに同期される場合があります。We recommend that you disable any content deployment jobs that include the source variation site while Variations Create Hierarchies Job Definition runs. If content deployment runs while the Variations Create Hierarchies Job Definition timer job is also running, a target variation site that is only partially created may be synced to the target variation site on the destination server.

コンテンツの展開計画の詳細については、「コンテンツ展開を計画する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。For more information about content deployment planning, see Plan content deployment .

クロスサイト発行Cross-site publishing

ソース バリエーション サイトからターゲット バリエーション サイトにコンテンツを同期するバリエーション機能とは異なり、クロスサイト発行機能は検索インデックスを使用して、他のサイト上のコンテンツの表示だけを行います。検索サービスによりインデックス付けされたカタログとしてリストまたはライブラリを共有し、クエリ結果のコンテンツを他のページの Web パーツおよび他のサイト コレクションに表示できます。Unlike the variations feature, which syncs content from a source variation site to a target variation site, the cross-site publishing feature uses the search index to only show content on other sites. You can share a list or library as a catalog, which is indexed by the search service, and then show the content in query results in Web Parts on other pages and in other site collections.

バリエーション機能は、1 つのサイト コレクション内でのコンテンツの同期に制限されます。ただし、リストやライブラリをカタログとしてバリエーション サイトで共有できます。その後、バリエーション ラベルを示す任意の数のサイト コレクションを作成し、これらのサイト コレクションにコンテンツを表示できます。これにより、さまざまなバリエーション ラベルに対し、さまざまな国コードのトップレベル ドメインを持つことができるようになります。たとえば、contoso.co.uk や contoso.mx などを持つことができます。The variations feature is limited to syncing content within a single site collection. However, you can share lists and libraries as catalogs in variation sites. Then you can create any number of site collections to represent your variation labels, and display content in these site collections. This enables you to have different country code top-level domains for different variation labels. For example, you can have contoso.co.uk or contoso.mx.

注意

クロスサイト発行は SharePoint Serverでのみ使用できます。Cross-site publishing is available only in SharePoint Server.

クロスサイト発行の詳細については、「SharePoint Server でクロスサイト発行を計画する」を参照してください。For information about cross-site publishing, see Plan for cross-site publishing in SharePoint Server.

多言語クロスサイト発行サイトでバリエーションを使用する場合のサイト アーキテクチャの計画方法について詳しくは、「SharePoint Server で多言語クロスサイト発行サイトのバリエーションを計画する」を参照してください。For information about how to plan your site architecture when you want to use variations on a multilingual cross-site publishing site, see Plan variations for multilingual cross-site publishing site in SharePoint Server.

Web パーツWeb Parts

Web パーツは、SharePoint Server に基づいたページの文書パーツの 1 つです。ほとんどの Web パーツは、テキスト、HTML、イメージなどの特定の種類のデータを表示するように設計されています。SharePoint Server には既定の Web パーツのセットが含まれてますが、カスタム Web パーツの開発やインポートもできます。A Web Part is one of the building blocks of pages based on SharePoint Server. Most Web Parts are designed to display a specific type of data, such as text, HTML, or images. SharePoint Server includes a default set of Web Parts, and you can also develop or import custom Web Parts.

Web パーツは、バリエーション サイトのページと同期します。[ 対象ページの Web パーツの更新] が有効な場合、Web パーツを含むページがターゲット バリエーション サイトと同期すると、その Web パーツはターゲット バリエーション サイト上でのみ更新されます。Web パーツがさまざまなターゲット バリエーション サイトの複数のターゲット ページに表示される場合には、ソース バリエーション サイトのページがターゲット バリエーション サイトと同期する際に、Web パーツのすべてのインスタンスが更新されます。たとえば、ページにメディアの Web パーツが含まれ、その Web パーツがバリエーション階層外のサイトに格納されたビデオ A を指定するように構成されている場合、ページがソース バリエーション サイトで発行される際に、そのページはすべてのターゲット バリエーション サイトと同期します。ターゲット バリエーション サイトのページでは、メディアの Web パーツにビデオ A が表示されます。ソース バリエーション サイトのページが更新され、メディアの Web パーツがビデオ B を指定するように変更された場合、ターゲット バリエーション サイトのページは、ソース バリエーション サイトのページが発行されてターゲット バリエーション サイトと同期するまで、ビデオ A を指定し続けます。また、ターゲット バリエーション サイトの閲覧者にバリエーション階層外に保存されたビデオ ファイルを見る権限がない場合、ビデオを見ることはできません。このような意図しない Web パーツの動作を防ぐため、Web パーツの更新がターゲット バリエーション サイトと同期しないようにバリエーションを設定できます。Web Parts are synced with pages of variation sites. If Update Target Page Web Parts is enabled, Web Parts are updated only on the target variation site if a page that contains that Web Part is synced to the target variation site. If the Web Part appears on multiple target pages on different target variation sites, all instances of the Web Part are updated when the page from the source variation site is synced to the target variation sites. For example, if a page contains a Media Web Part, and the Web Part is configured to point to video A that is stored on a site outside the variations hierarchy, when the page is published on the source variation site, the page is synced to all target variation sites. The pages on the target variation sites display video A in the Media Web Part. If the page on the source variation site is updated and the Media Web Part is changed to point to video B, the pages on the target variation sites continue to point to video A until the page on the source variation site is published and synced to the target variation sites. Also, if readers on the target variation sites do not have permission to view the video file that is stored outside the variations hierarchy, they cannot view the video. To prevent unintended Web Parts behavior such as this, you can configure the variations settings so that Web Part updates are not synced to target variation sites.

多言語サイトMultilingual sites

SharePoint Server には、さまざまな地域のユーザーや異なる言語を話すユーザーをサポートするための機能がいくつか用意されてます。これらの機能を使用して、さまざまな言語の Web サイトを作成し、サイトが作成された言語以外の言語でサイトのユーザー インターフェイスを表示させることができます。 多言語サイトでのバリエーションの使用を計画する場合には、追加の手順に従ってバリエーション サイト用の多言語サポートを有効にする必要があります。多言語サイトの計画方法の詳細については、 「SharePoint Server で多言語サイトを計画する」をご覧ください。SharePoint Server has several features that enable you to support users in different regions or users who speak different languages. You can use these features to create websites in different languages and to enable users to view the user interface of a site in a language other than the one in which a site was created. If you plan to use variations with multilingual sites, there are additional steps that you must follow to enable multilingual support for the variation sites. For more information about how to plan multilingual sites, see Plan for multilingual sites in SharePoint Server.

必要なバリエーションを決定するDetermine the variations needed

バリエーションは多言語サイトを作成するために使用され、サイトは地域の違いに基づいています。実際のソリューションに必要なバリエーションを決定し、バリエーション階層に属することになるサイトのリストを作成します。Variations are used to create multilingual sites, and sites based on regional differences. Determine which variations are needed for your solution, and make a list of the sites that will belong to the variations hierarchy.

SharePoint Server で多言語サイトの作成にバリエーションを使用し、ターゲット バリエーション サイトのサイト管理ページが別の言語で表示されるように設定するには、バリエーション サイトに対応する各言語の言語パックをインストールする必要があります。言語パックのインストール方法の詳細については、「SharePoint Server 2016 用の言語パックをインストールまたはアンインストールする」をご覧ください。SharePoint Online で多言語サイトの作成にバリエーションを使用する場合は、すべての言語パックがインストールされ使用できるようになっています。If you will be using variations for creating multilingual sites in SharePoint Server, and if you want the site administration pages of the target variation sites to be displayed in another language, you must install the language pack for each language that corresponds to a variation site. For information about how to install language packs, see Install or uninstall language packs for SharePoint Server 2016. If you will be using variations for creating multilingual sites in SharePoint Online, all language packs are installed and available for use.

ソース バリエーション サイトを指定するSpecify the source variation site

ソース バリエーション サイトは、すべてのサイトに共有されるコンテンツが作成され、発行されるサイトで、ターゲット バリエーション サイトへの変更の同期に使用されます。最初に作成したバリエーション ラベルが自動的にソース バリエーション サイトとして指定されます。 ソース バリエーション サイトは、バリエーション階層ごとに 1 つだけ存在できます。ソース バリエーション サイトを指定した後は変更できません。The source variation site is the site where content to be shared by all sites is authored and published, and it is the site that is used to sync changes to the target variation sites. The first variation label that you create is automatically specified as the source variation site. There can be only one source variation site for a variations hierarchy. After a source variation site is specified, it cannot be changed.

バリエーション ソリューションのサイトのリストを確認し、どのサイトをソース バリエーション サイトにするかを決定します。ソリューションのソース バリエーション サイトを、バリエーション計画ワークシート の [ Variations data sheet] (バリエーション データシート) タブの先頭行に記録します。次の列に情報を入力します。Review the list of sites for your variations solution, and decide which site will be the source variation site. Record the source variation site for your solution in the top row of the Variations data sheet tab in the Variations planning worksheet. Enter the information for the following columns:

  • [ Site template language] (サイト テンプレートの言語) 既定のユーザー インターフェイス言語として使用する言語パックの名前 (English など)。ターゲット サイトで多言語ユーザー インターフェイスを使用しない場合、この列は空白のままにします。Site template language The name of the language pack to use as the default user interface language. For example, English. If you are not using the multilingual user interface on the target sites, leave this column empty.

  • [ Locale] (ロケール) ラベルが表すロケール (English (United States) など)。Locale The locale that the label represents. For example, English (United States).

  • [ Variations home] (バリエーションのホーム) ソース バリエーションおよびターゲット バリエーションが作成される場所。バリエーションのホーム サイトには、すべてのバリエーション サイトの URL があり、ユーザーを正しいバリエーション サイトにリダイレクトするランディング ページが含まれます。 ホーム サイトは、トップレベル サイトを含む、サイト コレクション内の任意のレベルのサイトを指定できます。ただし、ホーム サイトを指定した後は、[ 階層の作成] をクリックした後にホーム サイトを変更することはできず、またサイト コレクション内の別の場所でバリエーションを使用することはできません。Variations home The location where the source and target variations will be created. The variation home site provides the URL for all variation sites and contains the landing page that redirects users to the correct variation site. The home site can be a site at any level in a site collection, including the top-level site. However, after you specify the home site, you cannot change it after you click Create Hierarchies, and you cannot use variations anywhere else in the site collection.

    サイト コレクションのトップレベル Web サイトを示すには、スラッシュ (/) を入力してください。To indicate a top-level website of the site collection, type a slash (/).

    注意

    ホーム サイトにサイト階層、またはソース バリエーション サイトに含めるリストやページ ライブラリ コンテンツが含まれる場合、ソース バリエーション サイトの作成後にそれらを手動でコピーする必要があります。If the home site contains a site hierarchy, or list or Pages library content that you want to include in the source variation site, you must manually copy them to the source variation site after it is created.

  • [ Label name] (ラベル名) URL に表示される名前。Label name The name as it will appear in the URL.

  • [ Label description] (ラベルの説明) ラベルの説明。Label description A description for the label.

  • [ Display name] (表示名) サイト ナビゲーションに表示される名前。Display name The name as it will appear in the site navigation.

  • [ Publishing site template] (発行サイト テンプレート) ソース バリエーション サイトの作成に使用されるサイト テンプレート。「 ワークフロー付き発行サイト 」または「 発行サイト」と入力します。Publishing site template The site template that is used to create the source variation site. Type Publishing Site with Workflow or Publishing Site.

  • [ Label contact] (ラベル連絡先) バリエーション サイトの 1 つ以上の連作先。Label contact One or more contacts for the variation site.

ターゲット バリエーション サイトを計画するPlan target variation sites

バリエーション階層のサイトのリストを確認し、各ターゲット バリエーション サイトを バリエーション計画ワークシート に記録します。サイトごとに、次の列に情報を入力します。Review the list of sites for your variations hierarchy, and record each target variation site in the Variations planning worksheet. For each site, enter the information for the following columns.

  • [ Site template language] (サイト テンプレートの言語) 既定のユーザー インターフェイス言語として使用する言語パックの名前 (German など)。ターゲット サイトで多言語ユーザー インターフェイスを使用しない場合、この列は空白のままにします。Site template language The name of the language pack to use as the default user interface language. For example, German. If you are not using the multilingual user interface on the target sites, leave this column empty.

  • [ Locale] (ロケール) ラベルが表すロケール (German (Germany) など)。Locale The locale that the label represents. For example, German (Germany).

  • [ Label name] (ラベル名) URL に表示される名前。Label name The name as it will appear in the URL.

  • [ Label description] (ラベルの説明) ラベルの説明。Label description A description for the label.

  • [ Display name] (表示名) サイト ナビゲーションに表示される名前。Display name The name as it will appear in the site navigation.

  • [ Hierarchy creation] (階層の作成) ターゲット バリエーション サイトに同期されるソース階層の部分。次のいずれかを入力します。Hierarchy creation The portion of the source hierarchy that will be synced to the target variation site. Type one of the following:

    • 発行サイト、バリエーションを含むリスト、およびすべてのページPublishing Sites, Lists with Variations, and All Pages

    • 発行サイトのみPublishing Sites Only

    • ルート サイトのみRoot Site Only

  • [ Allow human translation] (人間による翻訳を有効にする) ターゲット ラベルでの人間による翻訳を有効にするかどうか。「Y」または「N」を入力します。Allow human translation Whether to allow human translation on the target label. Type Y or N.

  • [ Translator language] (翻訳者の言語) 人間による翻訳が有効な場合にターゲット ラベルで使用する翻訳者の言語。Translator language The translator language to use on the target label if human translation is allowed.

  • [ Allow machine translation] (機械翻訳を有効にする) ターゲット ラベルでの機械による翻訳を有効にするかどうか。「Y」または「N」を入力します。Allow machine translation Whether to allow machine translation on the target label. Type Y or N.

    注意

    サーバーで機械翻訳サービスが有効になっていない場合には、機械翻訳オプションは使用できません。If the Machine Translation Service is not enabled on the server, the machine translation option is not available.

  • [ Machine translator language] (機械翻訳の言語) 機械翻訳が有効な場合にターゲット ラベルで使用する機械翻訳の言語。Machine translator language The machine translation language to use on the target label if machine translation is allowed.

  • [ Label contact] (ラベル連絡先) バリエーション サイトの 1 つ以上の連作先。Label contact One or more contacts for the variation site.

注意

SharePoint Server は、最大で 209 個のバリエーション ラベルをサポートします。SharePoint Online は、最大で 50 個のバリエーション ラベルをサポートします。SharePoint Server supports up to 209 variation labels. SharePoint Online supports up to 50 variation labels.

ユーザー設定のマスター ページ、レイアウト ページ、またはスタイル シートを計画するPlan custom master pages, layout pages or style sheets

バリエーション サイトにユーザー設定のマスター ページ、ページ レイアウト、またはスタイル シートを使用するように決定できます。たとえば、言語を右から左に読むサイト用に別のマスター ページとページ レイアウトが必要な場合があります。マスター ページ、ページ レイアウト、およびスタイル シートは、サイト コレクションのトップレベル サイトでのみ管理されます。したがって、次の表に示す、トップレベル サイトのいずれかの場所にあるこれらのリソースに対してすべての変更を加える必要があります。You can decide to use custom master pages, page layouts, or style sheets for variation sites. For example, you might need different master pages and page layouts for sites where the language is read right-to-left. Master pages, page layouts, and style sheets are managed only in the top-level site of a site collection. Therefore, you must make all changes to these resources in one of the locations in the top-level site as shown in the following table.

表: バリエーションをカスタマイズするためのリソースの場所Table: Resource locations for variations customization

ResourceResource 場所Location
マスター ページMaster Page
マスター ページ ギャラリーMaster Page Gallery
レイアウト ページLayout Page
マスター ページ ギャラリーMaster Page Gallery
XSL スタイルおよびカスケード スタイル シートXSL styles and cascading style sheets
スタイル ライブラリStyle Library

ターゲット ページには、ソース バリエーション サイトから独立して異なるページ レイアウトを設定することができます。ソース バリエーション サイトのページ レイアウトが変更されても、ターゲット ページのページ レイアウトは変更されません。Target pages can have different page layouts independent of the source variation site. If the page layout on the source site changes, the page layout of the target page is not changed.

ユーザー設定のコンテンツ タイプを計画するPlan custom content types

ソース バリエーション サイトのページ ライブラリに格納されたすべてのページに対して、同じコンテンツ タイプ (ページ コンテンツ タイプまたはページ コンテンツ タイプに基づいたコンテンツ タイプのいずれか) を使用する必要があります。これを行うには、サイト コレクションのトップレベル サイトの [ サイト コンテンツ タイプ] ページで定義されたコンテンツ タイプを使用することが最も簡単です。You must use the same content type (either the Page content type, or a content type based on the Page content type) for all pages that are stored in the Pages library of the source variation site. The easiest way to do this is to use a content type that is defined on the Site Content Type page in the top-level site of the site collection.

バリエーション サイトの 1 つ以上のページにユーザー設定の列が必要な場合、ページ ライブラリで使用しているコンテンツ タイプにそれらの列を追加します。たとえば、ページがローカライズされたかどうかを示す列を追加することができます。コンテンツ タイプと列を計画する方法の詳細については、「Plan content types and workflows in SharePoint 2013」をご覧ください。If you must have custom columns for one or more pages on the variation sites, add them to the content type that you are using in your Pages libraries. For example, you can add a column that indicates whether the page was localized. For more information about how to plan content types and columns, see Plan content types and workflows in SharePoint 2013.

ターゲット バリエーション サイトでのサイト、リスト、ページの作成方法を決定するDecide how sites, lists, and pages will be created on target variation sites

サイト階層において、ソース バリエーション サイトがその下に他のサイトを持つようにする場合、これらのサイトをターゲット バリエーション サイトで作成する方法を計画する必要があります。ターゲット バリエーション サイトでサイトを作成する方法は、自動と手動の 2 通りがあります。既定では、ソース バリエーション サイトの下に追加される新しいサイトは、すべてのターゲット バリエーション サイトに自動的に作成されます。ただし、バリエーションに対するサイトとページの自動作成を無効にした場合、 ソース バリエーション サイトの下に作成する新しいサイトごとに、サイトを作成する必要があるターゲット バリエーション サイトを手動で指定する必要があります。ターゲット バリエーション サイトでの新しいサイトの自動作成を有効にすると、サイト管理者のタスクを減らせるという利点がありますが、手動によるサイトの作成には、どのターゲット バリエーション サイトにどのサイトを作成するかを指定できるという利点があります。これは、すべてではなく、一部のターゲット バリエーション サイトにのみサイトを含める場合に便利です。If the source variation site will have other sites below it in a site hierarchy, you must plan for how those sites will be created on the target variation sites. There are two ways in which sites can be created on target variation sites: automatically and manually. By default, any new sites that are added below the source variation site will be automatically created on all target variation sites. However, if you disable automatic site and page creation for variations, for each new site that you create below the source variation site, you must manually specify the target variation sites on which the site should be created. Although enabling new sites to be created automatically on the target variation sites has the advantage of reducing tasks for the site administrator, the advantage to manual site creation is that you can specify which sites should be created on which target variation sites. This can be useful if you want a site to be included only on some, but not all, target variation sites.

リストとページのコンテンツに関しては、コンテンツの伝達方法について 2 つのことを決定する必要があります。For list and page content, there are two decisions that you must make about how the content is propagated.

  1. ソースの観点から、新しいコンテンツが発行されたときにどうするか、次のいずれかを選択できます。From the source perspective, what happens when new content is published? You can choose to do one of the following:
  • すべてのターゲット バリエーション サイトにコンテンツのコピーを自動的に作成します。これは [ すべての場所で作成する] オプションで、このオプションは既定で有効になっています。Automatically create a copy of the content in all target variation sites. This is the Create Everywhere option, and it is enabled by default.

  • 選択したターゲット バリエーション サイトにコンテンツのコピーを手動で作成します。このコンテンツへの以降の更新は、指定したターゲット バリエーション サイトに対して自動的に有効になります。これは、[ 選択して作成する] オプションです。Manually create a copy of the content in selected target variation sites. Subsequent updates to that content will be available automatically for the specified target variation sites. This is the Create Selectively option.

  1. ターゲットの観点から、新しいコンテンツが使用可能なときにどうなるか、次のいずれかを選択できます。From the target perspective, what happens when new content is available? You can choose to do one of the following:
  • ソース バリエーション サイトからの変更を自動的に同期し、新しい下書きバージョンとしてターゲット バリエーション サイトに追加します。Automatically sync the change from the source variation site, and add it as a new draft version on the target variation site.

  • ターゲット ラベルの所有者に変更が可能なことを通知します。ラベルの所有者はコンテンツを手動で同期するかどうかを決定します。Notify the target label owner that a change is available. The label owner decides whether to manually sync the content.

既定では、ソース バリエーション サイトのページ ライブラリで発行された新しいページは、すべてのターゲット バリエーション サイトに自動的に作成されます。ただし、[ 選択して作成する] が有効な場合、ソース バリエーション サイトに作成する新しいページごとに、ページを作成する必要があるターゲット バリエーション サイトを手動で指定する必要があります。[ 選択して作成する] オプションは、すべてではなく、一部のターゲット バリエーション サイトにのみ特定のページを含める場合に便利です。By default, any new pages that are published in the Pages library of the source variation site will automatically be created on all target variation sites. However, if Create Selectively is enabled, for each new page that you create on the source variation site, you must manually specify the target variation site on which the page should be created. The Create Selectively option can be useful if you want certain pages to be included only on some, but not all, target variation sites.

リストがターゲット バリエーション サイトに自動的に作成されるのは、バリエーション階層を作成する前にソース バリエーション サイトにリストを作成する場合だけです。バリエーション階層を設定した後にリストを作成する場合、 ソース バリエーション サイトのリストのリボンにある [ バリエーション] タブの [ 設定] ボタンを使用して、リストをターゲット バリエーション サイトに手動で作成する必要があります。Lists can be created automatically on target variation sites only if they are created on the source variation site before the variation hierarchy is created. If a list is created after the variations hierarchy is set up, a list must be created manually on the target variation sites by using the Settings button on the Variations tab on the ribbon for the list on the source variation site. However, new list items can be created automatically on a target variation site.

既定では [ すべての場所で作成する] オプションが有効になっています。[ 選択して作成する] オプションを有効にすることを決定した場合、管理タスクが増える可能性を慎重に考慮する必要があります。サイト、リスト、ページ作成動作の設定は、[サイト コレクションの管理] の [ バリエーション設定] ページで行えます。詳細については、「複数言語の Web サイトを作成する」をご覧ください。By default, the Create Everywhere option is enabled. You should carefully consider the potential increase in administrative tasks if you decide to enable the Create Selectively option. You can configure the settings for site, list, and page creation behavior on the Variations Settings page in Site Collection Administration. For information, see Create a multi-language website.

バリエーションのタイマー ジョブのスケジュールを計画するPlan variations timer job scheduling

バリエーション機能では、タイマー ジョブを使用してサイトやページの作成および伝達などのタスクを実行します。タイマー ジョブは、SharePoint Server 用の Windows サービスである OWSTIMER 内で実行されます。各タイマー ジョブには、ジョブが実行されるタイミングに関する独自の既定のスケジュールがあります。各ジョブが実行される頻度は、サーバーの全体管理 Web サイトの [ジョブの定義] ページで変更できます。The variations feature uses timer jobs to perform tasks such as creating and propagating sites and pages. A timer job runs inside OWSTIMER, a Windows service for SharePoint Server. Each timer job has its own default schedule for when the job runs. You can change the frequency with which each job runs on the Job Definitions page on the Central Administration website.

注意

タイマー ジョブは SharePoint Online では構成できません。Timer jobs are not configurable in SharePoint Online.

次の表は、バリエーションのタイマー ジョブと各ジョブの既定のスケジュールを示しています。The following table lists the variations timer jobs and the default schedule for each job.

表: バリエーションのタイマー ジョブと既定のスケジュールTable: Variations timer jobs and default schedules

ジョブの名前Job name 既定のスケジュールDefault schedule
バリエーション階層作成ジョブの定義Variations Create Hierarchies Job Definition
毎時Hourly
バリエーション リスト アイテム伝達ジョブの定義Variations Propagate List Items Job Definition
15 分ごとEvery 15 minutes
バリエーション ページ伝達ジョブの定義Variations Propagate Page Job Definition
15 分ごとEvery 15 minutes
バリエーション サイトおよびリスト伝達ジョブの定義Variations Propagate Sites and Lists Job Definition
30 分ごとEvery 30 minutes

各ジョブを実行するタイミングは、分単位、毎時間、毎日、毎週、毎月といった間隔で定期的なスケジュールを設定して指定できます。毎日、毎週、毎月を選択した場合、ジョブを実行する時間帯を指定でき、サーバーでは指定された範囲内からランダムに時間を選択してジョブの実行を開始します。このオプションは、ファーム内の複数サーバーで実行される高負荷のジョブに最も適しています。この種のジョブをファーム内のすべてのサーバーで同時に実行すると、サーバーの負荷が大きくなり、パフォーマンスに影響を及ぼす場合があるため注意してください。この可能性を避けるために、ジョブの正確な開始時間を指定できます。You can specify when each job will run by setting a recurring schedule in minutes, hourly, daily, weekly, or monthly intervals. If you select daily, weekly, or monthly, you can specify a window of time for when the job should run, and the server will randomly select a time within the specified range in which to start to run the job. This option is most appropriate for high-load jobs that run on multiple servers in a farm. Be aware that running this type of job on all servers in the farm at the same time might increase the server load and affect performance. To avoid this possibility, you can specify an exact starting time for a job.

サーバー上でバリエーションのタイマー ジョブを実行するタイミングを慎重に計画し、それに従って定期的なスケジュールを設定する必要があります。 たとえば、 バリエーション リスト アイテム伝達ジョブの定義または バリエーション ページ伝達ジョブの定義を実行してリスト アイテムまたはページをターゲット バリエーション サイトに同期する頻度を決定するには、ソース バリエーション サイトで作成されるリスト アイテムまたはページの数、およびこれらのリスト アイテムまたはページが更新される頻度を検討します。You should carefully plan when the variations timer jobs should run on your servers, and set the recurring schedule accordingly. For example, to determine how often the Variations Propagate List Items Job Definition or the Variations Propagate Page Job Definition should run and sync list items or pages to target variation sites, consider how many list items or pages will be created on the source variation site, and how often those list items or pages will be updated.

バリエーションのタイマー ジョブの既定のスケジュールを変更することを計画する場合には、バリエーション計画ワークシート の [ Variations Timer Jobs] (バリエーションのタイマー ジョブ) タブに各タイマー ジョブの新しいスケジュールを記録します。If you plan to change the default schedule of the variations timer jobs, record the new schedule for each timer job on the Variations Timer Jobs tab in the Variations planning worksheet.

Variations planning worksheet (バリエーション計画ワークシート)Variations planning worksheet

Excel バージョンの バリエーション計画ワークシート をダウンロードしてください。Download an Excel version of the Variations planning worksheet.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server でのバリエーションの概要Variations overview in SharePoint Server