データベースの種類と説明 (SharePoint Server)Database types and descriptions in SharePoint Server

適用対象:はい2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

ここでは、SharePoint Server 用にインストールされるデータベースについて説明します。各データベースの説明には、サイズ変更と配置についての情報も含まれます。詳細については、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server)」をご覧ください。This article describes the databases that are installed for SharePoint Server. Each database description includes information about sizing and placement. For more information see Storage and SQL Server capacity planning and configuration (SharePoint Server).

SharePoint Server 2019 のデータベースは、Microsoft SQL Server 2016 および Microsoft SQL Server 2017 でホストすることができます。Databases for SharePoint Server 2019 can be hosted in Microsoft SQL Server 2016 and Microsoft SQL Server 2017. SharePoint Server 2016 のデータベースは、SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) および SQL Server 2016 でホストできます。Databases for SharePoint Server 2016 can be hosted in SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) and SQL Server 2016. SharePoint Server 2013 のデータベースは、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) または SQL Server 2012 でホストできます。Databases for SharePoint Server 2013 can be hosted in SQL Server 2008 R2 with Service Pack 1 (SP1) or SQL Server 2012. 詳細については、「sharepoint server のシステム要件2016および 2019 」および「 Sharepoint 2013 のハードウェアおよびソフトウェア要件」を参照してください。For more information see System requirements for SharePoint Servers 2016 and 2019 and Hardware and software requirements for SharePoint 2013.

この記事に記載されているすべてのデータベース名は、SharePoint 製品構成ウィザード を実行すると自動的に作成されます。これらの命名規則を使う必要はありません。作成時に自分でデータベース名を指定することも、作成後に名前を変更することもできます。詳しくは、「SharePoint Server でサービス アプリケーション データベースの移動または名前の変更を行う」をご覧ください。All database names that are listed in this article are automatically created when you run the SharePoint Products Configuration Wizard. You do not have to use these naming conventions. You can either specify your own database names when you create them or change the names after they are created. For more information, see Move or rename service application databases in SharePoint Server

この記事で示されているデータベースのサイズは、以下の範囲が基になっています。The database sizes listed in this article are based on the following ranges.


表記Descriptor サイズの範囲Size range
極小Very Small
100 メガバイト (MB) までUp to 100 megabyte (MB)
Small
1 ギガバイト (GB) 以下1 gigabyte (GB) or less
Medium
100 GB までUp to 100 GB
Large
1 テラバイトまでUp to 1 terabyte
非常に大Extra-large
1 テラバイト以上More than 1 terabyte

SharePoint Server 2016 データベースのポスターは、 PDFまたはVisioファイルとしてダウンロードできます。You can download the SharePoint Server 2016 database poster, as either a PDF or Visio file.

SharePoint Server 2013 をサポートするデータベースの概要の視覚的な説明は、「データベース モデル」をご覧ください。For a graphical overview of the databases that support SharePoint Server 2013, see Database model.

SharePoint Server システム データベースSharePoint Server system databases

以下のデータベースは、すべての SharePoint Server 展開の一部です。どの SharePoint Server エディションが展開されるときでも、これらのデータベースがインストールされます。SharePoint Server を展開するとき、自動的にインストールされる 3 つのデータベースは、構成、サーバーの全体管理 コンテンツ、およびコンテンツ データベースです。The following databases are part of all SharePoint Server deployments. These databases are installed when any SharePoint Server edition is deployed. The Configuration, Central Administration Content, and Content databases are the three databases that are automatically installed when you deploy SharePoint Server.

構成Configuration

構成データベースには、以下のデータが含まれます。The configuration database contains data about the following:

  • SharePoint データベースSharePoint databases

  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) Web サイトInternet Information Services (IIS) web sites

  • Web アプリケーションWeb applications

  • 信頼済みソリューションTrusted solutions

  • Web パーツ パッケージWeb Part packages

  • サイト テンプレートSite templates

  • Web アプリケーションWeb applications

  • 分散キャッシュ構成オブジェクトDistributed Cache configuration objects

    構成データベースでは、分散キャッシュ サービスを実行するファーム内のすべてのサーバーの状態を追跡します。The configuration database tracks the state of all servers in the farm that run the Distributed Cache service.

また、構成データベースには、既定のクォータ設定、ブロックされるファイルの種類など、SharePoint Server ファームの設定に固有のデータが格納されています。The configuration database also contains specific data for SharePoint Server farm settings, such as default quota settings and blocked file types.

構成データベースConfiguration database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when it is installed with the SharePoint Products Configuration Wizard
SharePoint_ConfigSharePoint_Config
場所の要件Location requirements
サーバーの全体管理 データベースと同じ場所に配置する必要がありますMust be co-located with the Central Administration database
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small
構成データベースに保存されたトランザクション ログ ファイルが大きくなる傾向があります。詳細については、「備考」をご覧ください。Transaction log files that are stored in the configuration database are likely to become large. For more information, see Additional notes.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取り中心Read-intensive
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
ファームごとにサポートされる構成データベースは 1 つだけなので、スケールアップが必要 (極端に拡大する可能性はありません)。Must scale-up because only one configuration database is supported per farm. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復旧、SQL Server、および System Center Data Protection Manager。トランザクション ログがあることにより、構成データベースのバックアップおよび復旧は、特別なケースとなります。詳細については、「備考」をご覧ください。 SharePoint Server backup and restore, SQL Server, and System Center Data Protection Manager. Backing up and restoring the configuration databases is special because of the transaction log. For more information, see Additional notes.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全.Full. 構成データベースを完全復旧モデルに保持し、ログファイルを切り捨てるためにバックアップを取得することをお勧めします。We recommend that you keep the configuration database on the full recovery model and take backups to truncate the log files.

備考Additional notes

トランザクション ログ ファイルTransaction log files. 強制的に切り捨てを行うために、構成データベースのトランザクション ログを定期的にバックアップすることをお勧めします。We recommend that you back up the transaction log for the configuration database regularly to force truncation. システムをミラーリングしている場合は、データベースを完全復旧モードで実行しておく必要もあります。If you are mirroring your system, you should also keep the database running in full recovery mode. 詳細については、「トランザクションログ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see The Transaction Log (SQL Server).

バックアップと復旧。SharePoint ファーム構成およびコンテンツ バックアップを実行すると、構成データベースはバックアップされます。データベースの一部の構成設定はエクスポートされて XML ファイルとして格納されます。ファームが復元されるとき、構成データベースは復元されません。代わりに、保存されている構成設定がインポートされます。SharePoint ファームが最初にオフラインになる場合は、SQL Server または他のツールを使用して、構成データベースを正常にバックアップおよび復元できます。Backup and Restore. The configuration database is backed up when you perform a SharePoint farm configuration and content backup. Note that some configuration settings from the database are exported and stored as XML file. When a farm is restored, the configuration database is not restored. Instead, the saved configuration settings are imported. The configuration database can be successfully backed up and restored by using SQL Server or other tools if the SharePoint farm is first taken offline.

注意

多くの構成設定は、ファーム構成のみのバックアップや復元の間に保存されません。これらの構成設定には、Web アプリケーション設定、サービス アプリケーション設定、ローカル サーバーに固有の設定が含まれます。これらの設定はファーム コンテンツと構成のバックアップの間に保存されます。しかし、サービス アプリケーション プロキシ設定などの一部の設定は、ファームの復旧の間に復元できません。構成バックアップの間に保存されるものについては、「SharePoint Server でファーム構成をバックアップする」をご覧ください。バックアップされない構成設定を文書化してコピーする方法については、「SharePoint Server のファーム間で構成設定をコピーする」をご覧ください。Many configuration settings are not saved during a farm configuration-only backup or restore. These configuration settings may include particular Web application settings, service application settings, and settings that are specific to the local server. These settings are saved during a farm content and configuration backup. But some of them, such as service application proxy settings, cannot be restored during a farm recovery. For information about what is saved during a configuration backup, see Back up farm configurations in SharePoint Server. For information about how to document and copy configuration settings that are not backed up, see Copy configuration settings between farms in SharePoint Server.

サーバーの全体管理コンテンツCentral Administration content

サーバーの全体管理 コンテンツ データベースは、構成データベースと見なされます。サーバーの全体管理 サイト コレクションのすべての構成データを格納します。SQL Server Power Pivot for SharePoint Server 2016 をインストールする場合、サーバーの全体管理 コンテンツ データベースには、Power Pivot 管理ダッシュボードで使う Excel Online ワークシートと Power Pivot データ ファイルも格納されます。The Central Administration content database is considered to be a configuration database. It stores all configuration data for the Central Administration site collection. If SQL Server Power Pivot for SharePoint Server 2016 is installed, the Central Administration content database also stores the Excel Online worksheets and Power Pivot data files used in the Power Pivot Management Dashboard.

注意

データベース サーバーとして SQL Server 2016 CTP 3.1 以降を使う場合、SharePoint Server 2016 にインストールできるのは Power Pivot for SharePoint のみです。Power Pivot for SharePoint can only be installed on SharePoint Server 2016 when you use SQL Server 2016 CTP 3.1 or later as the database server.

詳しくは、「SharePoint 2016 での SQL Server 2016 PowerPivot と Power View の展開」をダウンロードしてください。複数のサーバー SharePoint Server 2016 ファームでのビジネス インテリジェンスの構成と展開について詳しくは、「多層 SharePoint 2016 ファームでの SQL Server 2016 PowerPivot と Power View の展開」をダウンロードしてください。For more information, download Deploying SQL Server 2016 PowerPivot and Power View in SharePoint 2016. For details about configuring and deploying business intelligence in a multiple server SharePoint Server 2016 farm, download Deploying SQL Server 2016 PowerPivot and Power View in a Multi-Tier SharePoint 2016 Farm.

注意

Excel Services とそれに関連するビジネス インテリジェンス機能は、SharePoint Server 2016 ではホストされなくなりました。Excel Services の機能は、Office Online Server (これは Office Web Apps Server の次のバージョンです) の Excel Online の一部として提供されるので、SharePoint ユーザーはそこからサービスを利用できます。詳しくは、「Office Online Server」と「Configure Excel Online administrative settings」をご覧ください。Excel Services and its associated business intelligence capabilities are no longer hosted on SharePoint Server 2016. Excel Services functionality is now part of Excel Online in Office Online Server (this is the next version of Office Web Apps Server), and SharePoint users can use the services from there. For more information, see Office Online Server and Configure Excel Online administrative settings.

SQL Server 2012 Power Pivot for SharePoint 2013 がインストールされていると、サーバーの全体管理 コンテンツ データベースには、Power Pivot 管理ダッシュボードで使用される Excel ワークシートと Power Pivot データ ファイルも格納されるようになります。なお、Power Pivot for SharePoint 2013 は SharePoint Server 2013 にのみインストールできます。If SQL Server 2012 Power Pivot for SharePoint 2013 is installed, the Central Administration content database also stores the Excel worksheets and Power Pivot data files used in the Power Pivot Management Dashboard. Note that Power Pivot for SharePoint 2013 can only be installed on SharePoint Server 2013.

サーバーの全体管理のコンテンツ データベースCentral Administration content database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザード を使用してインストールされるときの既定のデータベース名プレフィックスDefault database name prefix when it is installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
SharePoint_AdminContent_<GUID>SharePoint_AdminContent_<GUID>
場所の要件Location requirements
構成データベースと同じデータベース エンジン インスタンスに存在する必要があります。Must be located on the same database engine instance with the configuration database.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information, and growth factors
Small
Power Pivot for SharePoint を使い、使用状況データ コレクションとデータ更新履歴を 365 日間保持する既定の設定を使っている場合、サーバーの全体管理 のコンテンツ データベースは 1 年間は増加します。If you use Power Pivot for SharePoint and use the default settings that keep usage data collection and data refresh history for 365 days, the Central Administration content database will grow over the span of one year.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
さまざまVaries
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップが必要。ファームごとにサポートされるサーバーの全体管理データベースは 1 つだけなので、データベースは拡大する必要があります (極端に拡大する可能性はありません)。Must scale-up. The database must grow larger because only one Central Administration content database is supported per farm. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、SQL Server、および System Center Data Protection Manager。サーバーの全体管理 コンテンツ データベースのバックアップと復元は特別です。詳細については、「備考」を参照してください。 SharePoint Server backup and restore, SQL Server, and System Center Data Protection Manager. Backing up and restoring the Central Administration content databases is special. For more information, see Additional notes.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

備考Additional notes

バックアップと復旧。サーバーの全体管理コンテンツ データベースは、SharePoint ファーム構成およびコンテンツ バックアップを実行するとバックアップされます。ファームが復元されるときは、サーバーの全体管理コンテンツ データベースは復元されません。SharePoint ファームが最初にオフラインにされる場合は、SQL Server または他のツールを使用して、サーバーの全体管理コンテンツ データベースを正常にバックアップおよび復元できます。Backup and restore. The Central Administration content database is backed up when you perform a SharePoint farm configuration and content backup. When a farm is restored, the Central Administration content database is not restored. The Central Administration content database can be successfully backed up and restored by using SQL Server or other tools if the SharePoint farm is first taken offline.

コンテンツ データベースContent databases

コンテンツ データベースは、サイト コレクションのすべてのコンテンツを格納します。これには、ドキュメント ライブラリのサイト ドキュメントまたはファイル、リスト データ、Web パーツ プロパティ、監査ログ、サンドボックス ソリューション、ユーザー名と権限などが含まれます。Content databases store all content for a site collection. This includes site documents or files in document libraries, list data, Web Part properties, audit logs, and sandboxed solutions, in addition to user names and rights.

特定のサイト コレクションに保存されたすべてのファイルは、ただ 1 つのサーバーの 1 つのコンテンツ データベースに存在します。1 つのコンテンツ データベースを、複数のサイト コレクションと関連付けることができます。All of the files that are stored for a specific site collection are located in one content database on only one server. A content database can be associated with more than one site collection.

コンテンツ データベースは、次の要素も保存します。Content databases also store the following:

  • Project Server 2016 のデータとオブジェクトProject Server 2016 data and objects

  • Power Pivot for SharePoint のユーザー データPower Pivot for SharePoint user data

注意

データベース サーバーとして SQL Server 2016 CTP 3.1 以降を使う場合、SharePoint Server 2016 にインストールできるのは Power Pivot for SharePoint のみであることにご注意ください。Microsoft ダウンロード センターから SQL Server 2016 CTP 3.1 をダウンロードしてください。Note that Power Pivot for SharePoint can only be installed on SharePoint Server 2016 when you use SQL Server 2016 CTP 3.1 or higher as the database server. Download SQL Server 2016 CTP 3.1 from Microsoft Download Center.

Power Pivot for SharePoint 2013 を SharePoint Foundation 2013 にインストールすることはできません。SharePoint Server 2013 にのみインストールできます。Power Pivot for SharePoint 2013 can't be installed on SharePoint Foundation 2013, only on SharePoint Server 2013.

SharePoint Server 2013 でビジネス インテリジェンス (BI) ツールを使用するためには、SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) または SQL Server 2014 64 ビット版がインストールされている必要があります。Note that to use the business intelligence (BI) tools in SharePoint Server 2013 you must install SQL Server 2012 with Service Pack 1 (SP1) or SQL Server 2014, 64-bit version. 詳細については、「sharepoint Server のシステム要件2016および 2019 」および「 sharepoint Server でのビジネスインテリジェンスのソフトウェア要件」を参照してください。For more information, see System requirements for SharePoint Servers 2016 and 2019 and Software requirements for business intelligence in SharePoint Server.

コンテンツ データベースContent database

分類Category 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
WSS_ContentWSS_Content
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
システムのパフォーマンスを維持できるよう、コンテンツ データベースのサイズを 200 GB に制限することを強くお勧めします。詳細については、「備考」をご覧ください。We recommend limiting the size of content databases to 200 GB to help ensure system performance. For more information, see Additional notes.
コンテンツ データベースのサイズは、使用状況によって大きく変化します。詳細については、「備考」をご覧ください。Content database size varies significantly by usage. For more information, see Additional notes.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
使用状況によって変化します。たとえば、共同作業環境では書き込みが多くなります。ドキュメント管理環境では読み取りが多くなります。Varies by usage. For example, collaboration environments are write-intensive and document management environments are read-intensive.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サイト コレクションをサポートしているコンテンツ データベースはスケール アップが必要です。このデータベースは必要に応じてサイズを拡大できる必要があります。Web アプリケーションに関連付けられた追加のサイト コレクションを作成して、その新しいサイト コレクションを別のコンテンツ データベースに関連付けることができます。コンテンツ データベースが複数のサイト コレクションに関連付けられている場合は、サイト コレクションを別のデータベースに移動できます。コンテンツ データベースのサイズ調整方法についての詳細は、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server)」をご覧ください。 Content databases that support a site collection must scale-up. The database must be able to grow larger as needed. You can create additional site collections that are associated with a Web application and associate the new site collection with a different content database. If a content database is associated with multiple site collections, you can move a site collection to another database. For information about how to size content databases, see Storage and SQL Server capacity planning and configuration (SharePoint Server).
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、SQL Server、および System Center Data Protection Manager。SharePoint Server backup and restore, SQL Server, and System Center Data Protection Manager.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

備考Additional notes

推奨コンテンツ データベース サイズ制限Recommended content database size limitations

最大 1 テラバイトに及ぶコンテンツ データベースは、参照ドキュメント管理システムやレコード センター サイトのように、データが十分に固定している単一サイトの大規模なリポジトリやアーカイブでのみサポートされます。これらのシナリオで、より規模の大きなデータベースがサポートされているのは、I/O パターンや典型的なデータ構造の形式が、より大きな規模に合わせて設計され、テストされているからです。大規模なドキュメント リポジトリの詳細については、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server)」で、「大規模なドキュメント リポジトリ用のパフォーマンスと容量要件の見積もり」を参照してください。Content database sizes up to 1 terabyte are supported only for large, single-site repositories and archives in which data remains reasonably static, such as reference document management systems and Records Center sites. Larger database sizes are supported for these scenarios because their I/O patterns and typical data structure formats have been designed for, and tested at, larger scales. For more information about large-scale document repositories, see "Estimate Performance and Capacity Requirements for Large Scale Document Repositories", available from Storage and SQL Server capacity planning and configuration (SharePoint Server).

コンテンツ データベース サイズの予測Content database size estimation

コンテンツ データベースのサイズは、サイトの使用状況によって大きく変化します。拡大要因としては、ドキュメント数、ユーザー数、バージョン管理の使用、ごみ箱の使用、クォータのサイズ、監査証跡が構成されているかどうか、監査対象に選択されているアイテム数などがあります。Content database size varies significantly with the usage of the site. Growth factors include the number of documents, number of users, use of versioning, use of Recycle Bins, size of quotas, whether the audit trail is configured, and how many items are chosen for auditing.

Power Pivot for SharePoint を使っている場合、SharePoint Server 2016 に格納されている Excel Online ファイルのサイズが大きくなり、コンテンツ データベースのサイズが増大します。詳しくは、「PowerPivot for SharePoint (SSAS)」をご覧ください。If Power Pivot for SharePoint is being used, the Excel Online files stored in SharePoint Server 2016 grow larger, which increases the size of the content database. For more information, see PowerPivot for SharePoint (SSAS).

Power Pivot for SharePoint が使用されている場合、SharePoint Server 2013 に格納されている Excel のサイズが大きくなり、コンテンツ データベースのサイズが増大します。詳細については、「SharePoint ファームへの PowerPivot の配置の計画」をご覧ください。If Power Pivot for SharePoint is being used, the Excel files stored in SharePoint Server 2013 grow larger, which increases the size of the content database. For more information, see Plan a PowerPivot Deployment in a SharePoint Farm.

コンテンツ データベースのサイズの計算方法に関する詳細な推奨事項については、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server)」をご覧ください。For detailed recommendations about how to calculate the size of a content database, see Storage and SQL Server capacity planning and configuration (SharePoint Server).

SharePoint Server サービス アプリケーション データベースSharePoint Server service application databases

以下のサービス アプリケーション データベースは、SharePoint Server の展開で使うことができます。The following service application databases are available in SharePoint Server deployments.

アプリ管理データベースApp Management database

App Management データベースは App Management サービス アプリケーションによって使用されます。SharePoint ストア またはアプリ カタログからダウンロードされた、アプリケーション ライセンスおよびアクセス許可を保存します。The App Management database is used by the App Management Service application. It stores the app licenses and permissions that are downloaded from the SharePoint Store or App Catalog.

アプリ管理データベースApp Management database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
AppMng_Service_DB_<GUID>AppMng_Service_DB_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
小。サービス アプリケーション データベースが 10 GB に達したときスケール アップ。SharePoint Online 上でのみスケール アウト。Small. Scale-up when the service application database reaches 10 GB. Scale out only on SharePoint Online.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
アプリケーションのインストールとライセンス更新中に、書き込み負荷が高まります。Write-heavy during apps installation and license renewal.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
アプリケーション ライセンス管理データベースは、SharePoint Online 上でのみスケール アウトできます。App License Management databases can scale out only on SharePoint Online.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

Business Data Connectivity Service アプリケーション データベースBusiness Data Connectivity service application database

Business Data Connectivity Service アプリケーション データベースには、外部コンテンツの種類と関連オブジェクトが格納されます。The Business Data Connectivity service application database stores external content types and related objects.

Business Data Connectivity データベースBusiness Data Connectivity database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
Bdc_Service_DB_<GUID>Bdc_Service_DB_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
小。サイズは接続の数によって決まります。Small. Size is determined by the number of connections.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップが必要。つまりファームごとにサポートされるログ データベースは 1 つだけなので、データベースは大きく拡大する必要があります。Must scale-up. The database must grow larger, because only one Business Data Connectivity database is supported per farm. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

Search Service アプリケーション データベースSearch service application databases

Search Service アプリケーションには、SharePoint Server 2016 をサポートする 4 つのデータベースがあります。以下のリストに、4 つの Search Service アプリケーション データベースを示します。リストの次の表は、関連するデータベース情報を示します。The Search service application has four databases that support SharePoint Server 2016. The four Search service application databases are shown in the following list. The tables that follow the list display the relevant database information.

  • 検索管理: 検索管理データベースは、Search Service アプリケーション構成データと、クロール コンポーネントのアクセス制御リスト (ACL) をホストします。Search Administration: The Search Administration database hosts the Search service application configuration and access control list (ACL) for the crawl component.

  • 分析レポート: 分析レポート データベースは、使用状況分析の結果を格納し、必要に応じてリンク データベースから情報を抽出します。Analytics Reporting: The Analytics Reporting database stores the results for usage analysis reports and extracts information from the Link database when needed.

  • クロール: クロール データベースは、クロールされたデータの状態とクロール履歴を格納します。Crawl: The Crawl database stores the state of the crawled data and the crawl history.

  • リンク: リンク データベースは、コンテンツ処理コンポーネントによって抽出された情報と、クリックスルー情報を格納します。Link: The Link database stores the information that is extracted by the content processing component and the click through information.

重要:Important:

SharePoint 2013 では、SQL Server ツールを使用した Search Service アプリケーション データベースのすべてのバックアップと復元のプロセスは、次のシナリオに限定されます。In SharePoint 2013 the backup and restore process for all Search service application databases with SQL Server tools is limited to the following specific scenarios:

  • 検索管理データベースのバックアップと復元は、構成の移行またはアップグレードの操作に使用できます。Backup and Restore of the Search Administration database can be done for configuration migration or upgrade activity.

  • Search Service アプリケーション データベースのバックアップと復元は、SharePoint ファームが完全に停止している場合にのみ実行してください。SharePoint ファームが停止している場合、ファームをスナップショットにバックアップするか、SQL Server ツールを使用してバックアップを作成して、検索インデックスと検索データベースの同期状態を確保できます。復元には、このバックアップ セットすべてを含める必要があることに注意してください。Perform a backup and restore of Search service application databases only when the SharePoint farm is fully stopped. When the SharePoint farm is stopped you can back up the farm to snapshots or make a backup with SQL Server tools to ensure the search indexes are synchronized with the search databases. Note that a restore must include all of this backup set.

  • 検索インデックスと同期していない検索データベース バックアップの復元はサポートしていません。これを行うと、予期しない検索結果が生じ、検索インデックスが破損するおそれがあります。各データベースが同期されない状態にならないよう、同時にすべてのデータベース バックアップを実行してください。We do not support restoring search database backups that are not synchronized with the search indexes. This might result in unexpected search experiences and has a high risk of search index corruption. You should perform all database backups within the same time frame to avoid databases that are out of sync with each other.

検索管理データベースSearch Administration database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
Search_Service_Application_DB_<GUID>Search_Service_Application_DB_<GUID>
場所の要件Location requirements
サーバーがエンド ユーザー クエリの負荷を最も効率よく処理できるよう、Administration データベースはサーバーの RAM に収まる必要があります。この要件のため、通常は、Administration データベースと Crawl データベースを同じサーバーに配置しないのが最善です。The Administration database should fit into RAM on the server so that the server can handle the end-user query load most efficiently. Because of this requirement, it is usually best not to have the Administration and Crawl databases located on the same server.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中。拡大に影響する要因には、おすすめコンテンツの数、コンテンツ ソースとクロール ルールの数、コーパスに対するセキュリティ記述、トラフィックの量などがあります。Medium. The factors that influence growth include the number of best bets, the number of content sources and crawl rules, the security descriptions for the corpus, and how much traffic.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取り/書き込み同程度Equal read/write ratio
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. Scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

分析レポート データベースAnalytics Reporting database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
Search_Service_Application_AnalyticsReportingStoreDB_<GUID>Search_Service_Application_AnalyticsReportingStoreDB_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中から大。Medium to large.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
毎晩の分析更新中に書き込みの負荷が増加。Write heavy during nightly analytics update.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
メイン データベースが 200 GB 以上になったとき、分割操作を使用して、追加の分析を作成し、レポート データベースをスケール アウトします。Scale out by creating additional Analytics Reporting database using a split operation when the main database becomes >200 GB.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

クロール データベースCrawl database

分類Category 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
Search_Service_Application_CrawlStoreDB_<GUID>Search_Service_Application_CrawlStoreDB_<GUID>
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中。Medium.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量。Read heavy.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
2 千万のクロールされたアイテムごとに、追加のクロール データベースを作成することによってスケール アウトします。Scale out by creating additional Crawl database per every 20 million items crawled.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

リンク データベースLink database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
Search_Service_Application_LinkStoreDB_<GUID>Search_Service_Application_LinkStoreDB_<GUID>
場所の要件Location requirements
トラフィックが多いサイトがある場合は、リンク データベースではその他のデータベースとは別のスピンドルを使用することを推奨します。We recommend that if you have sites that have heavy traffic, the Link database should use separate spindles from other databases.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中から大。リンク データベースは、渡された百万ドキュメントごとに 1 GB、ディスク上で増加します。クリック スルー データは、クエリ トラフィックで、百万クエリごとに 1 GB、直線的に増加します。Medium to Large. The Link database grows on disk by 1 GB per 1 million documents fed. The click through data grows linearly with query traffic, 1 GB per million queries.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
コンテンツ処理中に書き込み負荷が大きくなります。Write heavy during content processing.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
6 千万のクロールされたドキュメントごとに、追加のリンク データベースを作成することによってスケール アウトします。また、1 年で、予想される 1 億クエリごとに追加のリンク データベースを追加します。Scale out by creating additional Link database per every 60 million documents crawled. Also add additional Link database per 100 million expected queries per year.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

Secure Store Service データベースSecure Store Service database

Secure Store Service アプリケーション データベースは、アカウント名、パスワードなどの資格情報を格納してマップします。The Secure Store Service application database stores and maps credentials, such as account names and passwords.

Secure Store データベースSecure Store database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
Secure_Store_Service_DB_<GUID>Secure_Store_Service_DB_<GUID>
場所の要件Location requirements
資格情報を安全に保管する目的で、Secure Store データベースは、1 人の管理者だけがアクセスできる別のデータベース インスタンスまたはデータベース サーバーでホストすることをお勧めします。既定では、データベースを既定の SharePoint データベース サーバーおよびインスタンスでホストすると、すべてのデータベース管理者が Secure Store データベースにアクセスできます。For secure credential storage, we recommend that the Secure Store database be hosted on a separate database instance or database server that has access limited to one administrator. By default, if the database is hosted on the default SharePoint database server and instance, all database administrators will have access to the Secure Store database.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
小。サイズと拡大は、対象アプリケーションの数、対象アプリケーションごとの資格情報フィールドの数、および各対象アプリケーションに格納されるユーザーの数によって決まります。監査が有効になっている場合、特定の対象アプリケーションに対して実行される読み取りおよび書き込み操作の数もサイズに影響します。Small. Size and growth are determined by the number of target applications, number of credential fields per target application, and the number of users stored in each target application. If auditing is turned on, the number of read and write operations performed against a given target application also affects size.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取り/書き込み同程度Equal read/write ratio
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. You can scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

Usage and Health Data Collection データベースUsage and Health Data Collection database

Usage and Health Data Collection データベースは、Usage and Health Data Collection Service アプリケーションが使用します。ここには正常性の監視と使用状況データが一時的に格納され、レポート作成と診断に使用できます。Usage and Health Data Collection データベースは、スキーマの変更をサポートする唯一の SharePoint データベースです。The Usage and Health Data Collection database is used by the Usage and Health Data Collection service application. It stores health monitoring and usage data temporarily, and can be used for reporting and diagnostics. The Usage and Health Data Collection database is the only SharePoint database that supports schema modifications.

利用状況データベースUsage database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
SharePoint Server 2019 および 2016 = WSS_LoggingSharePoint Servers 2019 and 2016 = WSS_Logging
SharePoint 2013 = SharePoint_LoggingSharePoint 2013 = SharePoint_Logging
場所の要件Location requirements
Usage and Health Data Collection データベースは非常にアクティブであり、可能な場合は、異なるディスクまたはスピンドルに配置する必要があります。The Usage and Health Data Collection database is very active, and should be put on a separate disk or spindle, if it is possible.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
非常に大。データベースのサイズは、保持期間要因、ログおよび外部監視が有効なアイテムの数、環境内で実行している Web アプリケーションの数、現在作業しているユーザーの数、有効になっている機能に依存します。Extra large. Database size depends on the retention factor, number of items enabled for logging and external monitoring, how many Web applications are running in the environment, how many users are currently working, and which features are enabled.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
書き込みが大量Write-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップが必要。ファームごとに 1 つの Usage and Health Data Collection サービス アプリケーション インスタンスのみがサポートされることから、データベースをより大規模にする必要があります。Must scale-up. That is, the database must grow larger, because only one Usage and Health Data Collection service application instance is supported per farm.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
PowerShell、および SQL Server。PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

Subscription Settings Service データベースSubscription Settings Service database

Microsoft SharePoint Foundation Subscription Settings Service アプリケーション データベースは、ホストされる顧客の機能と設定を格納します。Subscription Settings Service アプリケーションとデータベースは、SharePoint 製品構成ウィザードによっては作成されません。PowerShell コマンドレットまたは SQL Server を使用して作成する必要があります。詳細については、「New-SPSubscriptionSettingsServiceApplication」をご覧ください。The Microsoft SharePoint Foundation Subscription Settings service application database stores features and settings for hosted customers. The Subscription Settings service application and database are not created by the SharePoint Products Configuration Wizard — they must be created by using PowerShell cmdlets or SQL Server. For more information, see New-SPSubscriptionSettingsServiceApplication.

Subscription Settings データベースSubscription Settings database

カテゴリCategory 説明Description
PowerShell New-SPSubscriptionSettingsServiceApplication コマンドレットを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the PowerShell New-SPSubscriptionSettingsServiceApplication cmdlet
SettingsServiceDBSettingsServiceDB
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
小。サイズはテナント、ファーム、およびサポートされる機能の数によって決まります。Small. Size is determined by the number of tenants, farms, and features supported.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
Subscription データベースは読み取りが大量です。The subscription database is read-heavy.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. You can scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

SharePoint User Profile サービス アプリケーション データベースSharePoint User Profile service application databases

User Profile service には、SharePoint Server 2019 および2016をサポートする3つのデータベースがあります。The User Profile service has three databases that support SharePoint Servers 2019 and 2016. 以下のリストに、3 つの User Profile サービス データベースを示します。The three User Profile service databases are shown in the following list. リストの次の表は、関連するデータベース情報を示します。The tables that follow the list display the relevant database information.

  • Profile: Profile データベースは、ユーザーおよび関連する情報を格納して管理します。また、ユーザーのソーシャル ネットワークに関する情報、および配布リストとサイトのメンバーシップも格納します。Profile: The Profile database stores and manages users and associated information. It also stores information about a user's social network in addition to memberships in distribution lists and sites.

  • Synchronization: Synchronization データベースは、プロファイル データが Active Directory などのディレクトリ サービスと同期されるときに使用される構成とステージング データを格納します。Synchronization: The Synchronization database stores configuration and staging data for use when profile data is being synchronized with directory services such as Active Directory.

  • Social Tagging: Social Tagging データベースは、ユーザーが作成したソーシャル タグとメモ、およびそれぞれの URL を格納します。Social Tagging: The Social Tagging database stores social tags and notes created by users, alongside their respective URLs.

Profile データベースProfile database

分類Category 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
User Profile Service Application_ProfileDB_<GUID>User Profile Service Application_ProfileDB_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中から大。拡大要因には、ユーザーの追加およびニュースフィードの使用があります。ニュースフィードはユーザー アクティビティと共に増加します。既定では、直近 2 週間のアクティビティが保持され、2 週間を超えたニュースフィード アイテムはタイマー ジョブによって削除されます。Medium to large. Growth factors include additional users and the use of news feeds. News feeds grow with user activities. The default is to maintain the last two weeks of activity, after which a time job deletes the news feed items older than two weeks.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. You can scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

Synchronization データベースSynchronization database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
User Profile Service Application_SyncDB_<GUID>User Profile Service Application_SyncDB_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中から大。拡大要因は、ユーザーとグループの数、そしてユーザーとグループの比率です。Medium to large. Growth factors include the number of users, groups, and the ratio of users to groups.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取り/書き込みが同程度Equal read/write ratio.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. You can scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

Social Tagging データベースSocial Tagging database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
User Profile Service Application_SocialDB_<GUID>User Profile Service Application_SocialDB_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
小から非常に大。拡大要因は、作成されて使用されるタグ、評価、およびメモの数です。Small to extra-large. Growth factors include the number of tags, ratings, and notes that have been created and used.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. You can scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

Word Automation Services サービス アプリケーション データベースWord Automation Services service application database

Word Automation Services データベースは、保留中および完了済みのドキュメント変換と更新についての情報を格納します。Word Automation Services のタイマー ジョブはこの情報をキューされた変換ジョブ アイテムとして処理し、アプリケーション サーバーに配信します。The Word Automation Services database stores information about pending and completed document conversions and updates. The Word Automation Services Timer Job processes and distributes this information as queued conversion job items to application servers.

Word Automation ServicesWord Automation Services database

分類Category 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
WordAutomationServices_<GUID>WordAutomationServices_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量、変換アイテムごとに 1 回。Read-heavy, once per conversion item.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. You can scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

Managed Metadata Service サービス アプリケーション データベースManaged Metadata Service service application database

Managed Metadata Service サービス アプリケーション データベースは、管理されたメタデータと概要コンテンツ タイプを格納します。管理されたメタデータは、コンテンツのタグ付けやサイト コレクションの作成に使う階層構造内の用語で構成されます。The Managed Metadata service application database stores managed metadata and syndicated content types. Managed metadata consists of terms in a hierarchical structure that can be used for tagging content and building site collections.

重要:Important:

Managed Metadata Service は分類サービスであり、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト で用語ストアの管理ツールを提供します。このツールは、各サイト コレクションからもアクセスできます。そこに移動するには、[サイトの設定] メニューを使って [用語ストアの管理] をクリックします。The Managed Metadata Service is the taxonomy service and provides the Term Store Management Tool in the SharePoint Central Administration website. This tool can also be accessed from each site collection. You can navigate there using the Site Settings menu, and clicking Term Store Management.

Managed Metadata Service サービス アプリケーション データベースは、分類 (用語、構造、メタデータ) を格納します。Managed Metadata Service はコンテンツ タイプ シンジケートにも必要です。これはサービスの機能ではありませんが、多くの組織ではコンテンツ タイプを使って Managed Metadata を展開しているため、2 つが一緒に展開されるのが一般的です。The Managed Metadata service application database stores the taxonomy, (terms, structure, and metadata). The Managed Metadata Service is also required for content type syndication, even though this is not a feature of the service, most organizations deploy Managed Metadata using content types so the two are often deployed together.

Managed Metadata データベースManaged Metadata database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
Managed Metadata Service_<GUID>Managed Metadata Service_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中。拡大要因は、管理メタデータの量です。Medium. Growth factors include the amount of managed metadata.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。Scale-up the database that supports the service application instance. Scale out by creating additional instances of the service application
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

SharePoint Translation Services サービス アプリケーション データベースSharePoint Translation Services service application database

Machine Translation Services は、保留および完了したバッチドキュメント翻訳についての情報を、有効な拡張子を付けて保存します。The Machine Translation Services stores information about pending and completed batch document translations with file extensions that are enabled.

Machine Translation Services データベースMachine Translation Services database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
TranslationService_<GUID>TranslationService_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. You can scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale, requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

Project Server Service アプリケーション データベースProject Server service application database

重要

Project Server サービス アプリケーション データベースは SharePoint Server 2013 でのみ検出されます。The Project Server service application database is only found in SharePoint Server 2013. Project Server 2019 および2016は、SharePoint Server でデータベースを作成するのではなく、コンテンツデータベース (WSS_Content) を使用します。Project Servers 2019 and 2016 don't create a database in SharePoint Server but use the Content database (WSS_Content).

Project Server は、Project Web App の各インスタンスの個別のデータベースを作成します。各 Project Web App データベースには以下のデータが格納されます。Project Server creates a separate database for each instance of Project Web App. Each Project Web App database contains the following data:

  • すべての Project およびポートフォリオ管理 (PPM) データAll Project and Portfolio Management (PPM) data

  • 時間管理およびタイムシート データTime tracking and Timesheet data

  • 集計された SharePoint プロジェクト サイト データAggregated SharePoint project site data

Project Server データベースProject Server database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
ProjectWebAppProjectWebApp
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中から大。Small to medium.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
Project Web App データベースをホストする SQL Server をスケールアップします (極端に拡大する可能性はありません)。Scale-up the SQL Server that hosts the Project Web App database. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server 2013 バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server 2013 backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

SQL ServerPower Pivot Service サービス アプリケーション データベースSQL Server Power Pivot Service service application database

Power Pivot サービス データベースは、データ更新スケジュールと、中央利用状況データ収集データベースからコピーされた Power Pivot 利用状況データを格納します。The Power Pivot Service database stores data refresh schedules, and Power Pivot usage data that is copied from the central usage data collection database.

Power Pivot は、使用される際に、コンテンツ データベースと、サーバーの全体管理コンテンツ データベース (WSS_Content) に追加のデータを保存します。When being used, Power Pivot stores additional data in content databases and in the Central Administration Content database (WSS_Content).

重要:Important:

  • SQL Server Power Pivot for SharePoint Server 2016 は、SQL Server 2016 CTP 3.1 以降の Analysis Services (SSAS) Business Intelligence エディションまたは Enterprise エディションが必要です。SQL Server Power Pivot for SharePoint Server 2016 requires SQL Server2016 CTP 3.1 or later Analysis Services (SSAS), Business Intelligence or Enterprise edition.

  • SQL Server 2012 Power Pivot for SharePoint 2013 には SQL Server 2012 Analysis Services (SSAS) Business Intelligence Edition または Enterprise Edition が必要です。SQL Server 2012 Power Pivot for SharePoint 2013 requires SQL Server 2012 Analysis Services (SSAS), Business Intelligence or Enterprise edition.

Power Pivot データベースPower Pivot database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
DefaultPowerPivotServiceApplicationDB_<GUID>DefaultPowerPivotServiceApplicationDB_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップ (極端に拡大する可能性はありません)。Scale-up. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

PerformancePoint Services Service アプリケーション データベースPerformancePoint Services service application database

PerformancePoint Services データベースは、一時的オブジェクト、持続的ユーザー コメントおよび設定を保存します。The PerformancePoint Services database stores temporary objects and persisted user comments and settings.

PerformancePoint Services データベースPerformancePoint Services database

カテゴリCategory 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
PerformancePoint Service Application _<GUID>PerformancePoint Service Application _<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
サービス アプリケーション インスタンスをサポートするデータベースをスケールアップします。サービス アプリケーションの追加インスタンスを作成することでスケールアウトできます。ただし、別のサービス アプリケーションを作成する決定は、スケール、要件ではなく、ビジネスに基づく可能性があります。Scale-up the database that supports the service application instance. Scale out by creating additional instances of the service application, however, the decision to create a separate service application is likely to be based on business, rather than scale requirements.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

State Service サービス アプリケーション データベースState Service service application database

State Service データベースには、InfoPath Forms Services、Exchange Server、グラフ Web パーツ、および Visio Services の一時状態情報が格納されています。The State Service database stores temporary state information for InfoPath Forms Services, Exchange Server, the chart Web Part, and Visio Services.

State Service データベースState Service database

分類Category 説明Description
SharePoint 製品構成ウィザードを使用してインストールされるときの既定のデータベース名Default database name when installed by using the SharePoint Products Configuration Wizard
StateService_<GUID>StateService_<GUID>
場所の要件Location requirements
なしNone
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中規模から大規模。State Service データベースでデータを保存する機能の利用状況に基づきます。Medium to large, depending on usage of features that store data in the State Service database.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量Read-heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
Microsoft PowerShell コマンドレットを使用して、別の State Service データベースを作成することによってスケール アウトします。Scale out by creating another State Service database with Microsoft PowerShell cmdlets.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SharePoint Server バックアップと復元、PowerShell、および SQL Server。SharePoint Server backup and restore, PowerShell, and SQL Server.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

SQL Server のシステム データベースSQL Server system databases

SharePoint Server は SQL Server に基づいており、SQL Server システム データベースを利用します。SQL Server では、システム テーブル、システム ストアド プロシージャ、カタログ ビューなどのシステム オブジェクトの情報を、ユーザーが、直接更新することはできません。代わりに、SQL Server には管理ツールの完全なセットが用意されており、ユーザーはシステムとデータベースのすべてのユーザーとオブジェクトを完全に管理できます。SQL Server システム データベースについて詳しくは、「システム データベース」をご覧ください。SharePoint Server is built on SQL Server and uses the SQL Server system databases. SQL Server does not let users directly update information in system objects such as system tables, system stored procedures, and catalog views. Instead, SQL Server provides a complete set of administrative tools that let users fully administer their system and manage all users and objects in a database. For more information about the SQL Server system databases, see System Databases.

master データベースmaster database

master データベースは、SQL Server のインスタンスに対するすべてのシステム レベル情報を記録します。これには、ログイン、構成、およびその他のデータベースが含まれます。The master database records all the system-level information for a SQL Server instance. This includes logins, configurations, and other databases.

mastermaster

カテゴリCategory 説明Description
既定のデータベース名Default database name
mastermaster
場所の要件Location requirements
master データベースは、SharePoint が使用するものと同じ SQL Server インスタンス上に配置する必要があります。The master database must be located on the same SQL Server instance that SharePoint uses.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
さまざまVaries
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップ (極端に拡大する可能性はありません)。Scale-up. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SQL Server バックアップと復旧。SQL Server backup and restore.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

model データベースmodel database

model データベースは、SQL Server インスタンスで作成されるすべてのデータベースのテンプレートとして使用されます。model データベースに対する変更は、それ以降に作成されるすべてのデータベースにも適用されます。The model database is used as the template for all databases created on the SQL Server instance. Any modifications made to the model database are also applied to all databases created afterward.

modelmodel

カテゴリCategory 説明Description
既定のデータベース名Default database name
modelmodel
場所の要件Location requirements
model データベースは、SharePoint が使用するものと同じ SQL Server インスタンス上に配置する必要があります。The model database must be located on the same SQL Server instance that SharePoint uses.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
さまざまVaries
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップ (極端に拡大する可能性はありません)。Scale-up. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SQL Server バックアップと復旧。SQL Server backup and restore.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

msdb データベースmsdb database

msdb データベースは、通知とジョブをスケジュールするために SQL Server エージェントによって使用されます。The msdb database is used by SQL Server Agent for scheduling alerts and jobs.

msdbmsdb

カテゴリCategory 説明Description
既定のデータベース名Default database name
msdbmsdb
場所の要件Location requirements
msdb データベースは、SharePoint が使用するものと同じ SQL Server インスタンス上に配置する必要があります。The msdb database must be located on the same SQL Server instance that SharePoint uses.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
さまざまVaries
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップ (極端に拡大する可能性はありません)。Scale-up. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SQL Server バックアップと復旧。SQL Server backup and restore.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

tempdb データベースtempdb database

tempdb データベースは一時オブジェクトまたは中間結果セットを保持します。たとえば、すべての一時テーブル、一時ストアド プロシージャ、およびその他の一時的な保管項目を保持します。tempdb は、SQL Server が開始するたびに、作成されます。The tempdb database holds temporary objects or intermediate result sets. For example, it holds all temporary tables, temporary stored procedures, and any other temporary storage needs. The tempdb is recreated every time SQL Server starts.

tempdbtempdb

カテゴリCategory 説明Description
既定のデータベース名Default database name
tempdbtempdb
場所の要件Location requirements
高速ディスクの、他のデータベースとは異なるスピンドルに配置します。必要な数のファイルを作成し、ディスクの帯域幅を最大にします。複数のファイルを使用すると tempdb の記憶域競合が減少し、非常に優れたスケーラビリティが得られます。ただし、作成するファイルが多すぎると、パフォーマンスが低下し、管理オーバーヘッドが増加するので、避けてください。一般に、サーバーの CPU ごとに 1 つのデータ ファイルを作成し、必要に応じてファイルの数を増減させて調整します。デュアルコア CPU は 2 CPU とみなされることに注意してください。Locate on a fast disk, on a separate spindle from other databases. Create as many files as needed to maximize disk bandwidth. Using multiple files reduces tempdb storage contention and yields significantly better scalability. However, do not create too many files because this can decrease performance and increase management overhead. As a general guideline, create one data file for each CPU on the server and adjust the number of files up or down as necessary. Note that a dual-core is two CPUs.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
中規模。サイズは、システムを使用しているユーザーの数、および実行している特定のプロセッサに依存します。たとえば、大きいインデックスのオンライン再構築や、大きい並べ替えを実行すると、データベースは急速に拡大します。Medium, depending on activities such as how many users are using the system, in addition to the specific processes that are running. For example, online rebuilds of large indexes, or large sorts cause the database to grow quickly.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
さまざまVaries
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
スケールアップ (極端に拡大する可能性はありません)。Scale-up. (Significant growth is unlikely.)
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
NoneNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SQL Server バックアップと復旧。SQL Server backup and restore.
既定の復旧モデルDefault recovery model
単純Simple

SQL Server Reporting Services データベース SQL Server Reporting Services databases

以下の SQL Server Reporting Services (SSRS) は SharePoint Server 2016 展開の一部として使用できます。The following SQL Server Reporting Services (SSRS) can be used as part of a SharePoint Server 2016 deployment.

重要:Important:

SharePoint Server 2013 の Access Services を実行中の場合、SQL Server 2012 は必要です。Reporting Services の要件は、次のように、実行しているモードに依存します。If you are running Access Services in SharePoint Server 2013, then SQL Server 2012 is required. The requirements for Reporting Services depend on the mode in which you are running, as follows:

  • ローカル モードでは、SharePoint Server 2013 および SQL Server Reporting Services アドインのみが必要です。Local mode requires only SharePoint Server 2013 and the SQL Server Reporting Services Add-in.

  • 接続モードでは、SharePoint Server 2013、SSRS アドイン、および Standard または Enterprise Edition で利用できる SQL Server 2016 が必要です。Connected mode requires SharePoint Server 2013, the SSRS Add-in, and SQL Server 2016, available in Standard or Enterprise Edition.

Report Server Catalog データベースReport Server Catalog database

SQL Server Reporting Services Report Server Catalog データベースは、レポート定義、レポート履歴とスナップショット、スケジューリング情報などのすべてのレポート メタデータを格納します。Report Server Catalog が使用されるとき、レポート ドキュメントは SharePoint コンテンツ データベースに保存されます。The SQL Server Reporting Services Report Server Catalog database stores all report metadata including report definitions, report history and snapshots, and scheduling information. When Report Server Catalog is used, report documents are stored in SharePoint content databases.

Report Server CatalogReport Server Catalog

カテゴリCategory 説明Description
既定のデータベース名Default database name
ReportingService_<GUID>ReportingService_<GUID>
場所の要件Location requirements
ReportServerTempDb データベースと同じデータベース サーバーに存在する必要があります。Must be located on the same database server as the ReportServerTempDb database.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
Small
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量。Read heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
データベースをスケールアップします。Scale-up the database.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
なしNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SQL Server バックアップと復旧。SQL Server backup and restore.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

ReportServerTempDB データベースReportServerTempDB database

SQL Server Reporting Services ReportServerTempDB データベースは、レポートの実行中にすべての一時的スナップショットを格納します。The SQL Server Reporting Services ReportServerTempDB database stores all the temporary snapshots while reports are running.

ReportServerTempDBReportServerTempDB

カテゴリCategory 説明Description
既定のデータベース名Default database name
ReportingService_<GUID>TempDBReportingService<GUID>_TempDB
場所の要件Location requirements
Report Server Catalog データベースと同じデータベース サーバーに存在する必要があります。Must be located on the same database server as the Report Server Catalog database.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
このデータベース サイズは多様であり、小規模から超大規模に頻繁に変化します。サイズは、キャッシュされたレポート スナップショットの使用に依存します。This database size varies and goes from small to extra-large frequently. The size depends on use of cached report snapshots.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取りが大量。Read heavy
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
データベースをスケールアップします。Scale-up the database.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
なしNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SQL Server バックアップと復旧。ただし、このデータベースをバックアップすることはお勧めしません。SQL Server backup and restore, but we do not recommend that you back up this database.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

Report Server Alerting データベースReport Server Alerting database

Report Server Alerting データベースは、Reporting Services 運用レポートのデータ警告を生成する目的で必要な、すべてのデータ警告メタデータおよびランタイム情報を格納します。レポートからのデータは、データベース内で、警告定義で定義されたルールに一致するように処理されます。The Report Server Alerting database stores all Data Alerts metadata and runtime information that is required to produce Data Alerts for Reporting Services operational reports. Data from reports is processed in the database to match rules that are defined in Alert Definitions.

Report Server AlertingReport Server Alerting

カテゴリCategory 説明Description
既定のデータベース名Default database name
ReportingService_<GUID>AlertingReportingService<GUID>_Alerting
場所の要件Location requirements
Report Server Catalog データベースと同じデータベース サーバーに存在する必要があります。Must be located on the same database server as the Report Server Catalog database.
一般的なサイズ情報および拡大要因General size information and growth factors
このデータベース サイズは多様であり、小規模から超大規模に頻繁に変化します。サイズは、データ警告の使用に依存します。This database size varies and goes from small to extra-large frequently. The size depends on use of Data Alerts.
読み取り/書き込み特性Read/write characteristics
読み取り、書き込みの両方とも大量。Equal read heavy and write heavy.
推奨スケーリング方法Recommended scaling method
ファイル IO とメモリ利用状況を最適化する目的でスケール アップします。Scale-up to optimize the file I/O and memory usage.
関連付けられている正常性ルールAssociated Health rules
なしNone
サポートされるバックアップ ツールSupported backup tools
SQL Server バックアップと復旧。SQL Server backup and restore.
既定の復旧モデルDefault recovery model
完全Full

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server のテクニカル リファレンスTechnical reference for SharePoint Server

SharePoint Server でデータベースを管理するManage databases in SharePoint Server

その他のリソースOther Resources

SQL Server 2017SQL Server 2017

SQL Server 2016SQL Server 2016

SQL Server 2014 Service Pack 1 のリリース情報SQL Server 2014 Service Pack 1 release information