デバイスを要求するClaim your device

すべての Azure Sphere デバイスは、Azure Sphere テナントによって "要求" される必要があります。Every device must be "claimed" by an Azure Sphere tenant. デバイスを要求すると、一意で不変のデバイス ID が Azure Sphere テナントに関連付けられます。Claiming the device associates its unique, immutable device ID with your Azure Sphere tenant. Azure Sphere Security Service では、デバイス ID を使用して、デバイスを識別して認証します。The Azure Sphere Security Service uses the device ID to identify and authenticate the device.

会社または組織は、Azure Sphere テナントを 1 つだけ作成することをお勧めします。We recommend that each company or organization create only one Azure Sphere tenant.

重要

要求は 1 回限りの操作であり、デバイスが販売されたり、別のユーザーや組織に譲渡されたりした場合でも、取り消すことはできません。Claiming is a one-time operation that you cannot undo even if the device is sold or transferred to another person or organization. デバイスは、1 回のみ要求できます。A device can be claimed only once. 一度要求されると、デバイスは永久に Azure Sphere テナントに関連付けられます。Once claimed, the device is permanently associated with the Azure Sphere tenant.

デバイスを要求する前に、こちらの手順を完了して、適切な職場/学校アカウントを使用して Azure Sphere テナントを作成してアクセスしていることを確認してください。Before you claim your device, complete these steps to ensure that you use the right work/school account to create and access your Azure Sphere tenant. テナントを作成する前に、お使いのデバイスを PC に接続する必要があり、そのデバイスのみを使用して 1 つのテナントを作成できます。Your device must be connected to your PC before you create the tenant, and you can only use the device to create a single tenant.

デバイスを要求するには:To claim your device:

  1. デバイスを PC に接続します。Connect your device to your PC.

  2. Azure Sphere[スタート] メニューで利用できる Azure Sphere 開発者コマンド プロンプトを開きます。Open an Azure Sphere Developer Command Prompt, which is available in the Start menu under Azure Sphere.

  3. 職場または学校のアカウントを使用して、Azure Sphere にサインインします。Sign in to Azure Sphere, using your work or school account:

    azsphere login

    まだユーザーとしてログインしていない場合は、サインアップ中に自動生成されたパスワードを使用する必要があり、パスワードを変更することを求められます。If you have not yet logged in as this user, you will need to use the password that was auto-generated during sign-up and you will be prompted to change your password. Azure Sphere ユーティリティの使用について管理者の同意を得るよう求められることもあります。You might also be prompted to obtain admin consent to use the Azure Sphere Utility.

  4. ログインが成功すると、利用できる Azure Sphere テナントの一覧が返されます。If login succeeds, the command returns a list of the Azure Sphere tenants that are available for you.

    • 組織の中で最初にサインインを行った場合、テナントは表示されないので、テナントを作成する必要があります。If you are the first in your organization to sign in, you will not see any tenants, and you'll need to create a tenant.
    • 複数のテナントが存在する場合、1 つを選択する必要があります。If multiple tenants exist, you'll need to select one. 詳細については、azsphere tenant select に関するページを参照してください。See azsphere tenant select for details.
    • 1 つのテナントを利用できる場合、そのテナントが既定で選択されるので、次の手順に進むことができます。If a single tenant is available, it will be selected by default, and you can proceed to the next step.

    現在、Azure Sphere Security Service では、組織の全員が Azure Sphere テナント内のすべてのデバイスを管理できます。The Azure Sphere Security Service currently enables all members of the organization to manage all devices in an Azure Sphere tenant. Azure Sphere デバイスへのアクセスを細かく制御したい場合は、ユーザーまたは IT 管理者がテナントへのアクセスを制限できます。If you want greater control over access to your Azure Sphere devices, you or your IT administrator can limit access to your tenant.

  5. デバイスを要求します。Claim your device. テナントに対してデバイスを要求した後は、別のテナントに移動することはできません。After you claim your device into a tenant, you cannot move it to a different tenant.

    azsphere device claim

    次のような出力結果が表示されます。You should see output like this:

    Claiming device.
    Claiming attached device ID '<device ID>' into tenant ID 'd343c263-4aa3-4558-adbb-d3fc34631800'.
    Successfully claimed device ID '<device ID>' into tenant ID 'd343c263-4aa3-4558-adbb-d3fc34631800'.
    Command completed successfully in 00:00:05.5459143.
    

azsphere でエラーが返った場合は、「インストールのトラブルシューティング」を参照してください。If azsphere returns an error, see Troubleshoot Installation for help.

次の手順Next steps