Azure Stack Hub 上の Azure Container Registry のトラブルシューティング

Azure Stack Hub での Azure Container Registry の使用時に見つかった問題に対する一般的なソリューションを見つけることができます

診断収集の設定を有効にする

プラットフォーム メトリックとアクティビティ ログは自動的に収集および格納されますが、診断設定を使用して他の場所にルーティングすることもできます。

リソース ログは、診断設定を作成して 1 つ以上の場所にルーティングするまでは収集および格納されません。

Azure portal、CLI、または PowerShell を使用して診断設定を作成するプロセスの詳細については、「Azure でプラットフォーム ログとメトリックを収集するための診断設定を作成する」を参照してください。 診断設定を作成するときは、収集するログのカテゴリを指定します。 ACR についてのカテゴリの一覧は、Azure Container Registry 監視データ リファレンスに関する記事に示されています。

Azure Stack hub では、これらのログとメトリックの送信先は、Azure Stack Hub のローカル Azure Storage アカウント、または Azure Stack Hub の Event Hubs インスタンスのいずれかのみになります。 Log Analytics ワークスペースは、Azure Stack Hub でローカルに使用することはできません。 Azure Storage アカウントを使用する場合のログの形式の詳細については、Azure リソース ログに関するページを参照してください

一般的な問題の検出

Azure Stack Hub で ACR を使用すると、時折問題が発生することがあります。 たとえば、ローカル環境の Docker に問題があるために、コンテナー イメージをプルできない場合があります。 また、ネットワークの問題により、レジストリに接続できない場合もあります。

最初の診断手順として、az acr check-health コマンドを実行して、環境の正常性に関する情報を取得し、必要に応じてターゲット レジストリにアクセスします。 このコマンドは、Azure CLI バージョン 2.28.0 以降で Azure Stack Hub をサポートするために使用できます。 インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。

このコマンドの実行の詳細については、レジストリの正常性の確認に関するページを参照してください

特定の問題を解決する

ログインの問題をトラブルシューティングするには、レジストリへのログインのトラブルシューティングに関するページを参照してください

ネットワークに関する潜在的な問題のトラブルシューティングについては、レジストリに関するネットワークの問題のトラブルシューティングに関するページを参照してください

サポートのためにレジスト リリソース ID を検索する

問題解決に役立てるために、コンテナー レジストリのリソース ID を使用する必要がある場合があります。 クラウド オペレーターまたは Microsoft サポートに ID を提供する必要がある場合があります。 この記事では、リソース ID を取得する手順について説明します。

  1. Azure Stack Hub ユーザー ポータルを開きます。

  2. お使いのコンテナー レジストリに移動します。

  3. [JSON ビュー] を選択します。

  4. リソース ID を見つけます。 [コピー] を選択します。

    get the resource id string for ACR

次の手順