Visual Studio を使用して Web ジョブを開発してデプロイする - Azure App ServiceDevelop and deploy WebJobs using Visual Studio - Azure App Service

この記事では、Visual Studio を使用して、コンソール アプリケーション プロジェクトを Azure Web ジョブとして App Service の Web アプリにデプロイする方法について説明します。This article explains how to use Visual Studio to deploy a Console Application project to a web app in App Service as an Azure WebJob. Azure ポータルを使用して Web ジョブをデプロイする方法については、「Web ジョブでバックグラウンド タスクを実行する」を参照してください。For information about how to deploy WebJobs by using the Azure portal, see Run Background tasks with WebJobs.

複数の Web ジョブを単一の Web アプリに発行することができます。You can publish multiple WebJobs to a single web app. Web アプリの各 Web ジョブに一意の名前が付いていることを確認してください。Make sure that each WebJob in a web app has a unique name.

バージョン 3.x の Azure WebJobs SDK では .NET Core アプリと .NET Framework アプリのどちらかとして実行される WebJobs を開発できますが、バージョン 2.x では .NET Framework のみがサポートされます。Version 3.x of the Azure WebJobs SDK lets you develop WebJobs that run as either .NET Core apps or .NET Framework apps, while version 2.x supports only the .NET Framework. WebJobs プロジェクトをデプロイする方法は、.NET Core プロジェクトと .NET Framework プロジェクトでは異なります。The way that you deploy a WebJobs project is different for .NET Core projects versus .NET Framework ones.

.NET Core コンソール アプリとしての WebJobsWebJobs as .NET Core console apps

バージョン 3.x の WebJobs を使用する場合は、.NET Core コンソール アプリとして WebJobs を作成して発行できます。When using version 3.x of the WebJobs, you can create and publish WebJobs as .NET Core console apps. .NET Core コンソール アプリケーションを作成して、Web ジョブとして Azure に発行する詳細な手順については、「イベント ドリブンのバックグラウンド処理で Azure WebJobs SDK の使用を開始する」を参照してください。For step-by-step instructions to create and publish a .NET Core console application to Azure as a WebJob, see Get started with the Azure WebJobs SDK for event-driven background processing.

注意

.NET Core WebJobs を Web プロジェクトにリンクすることはできません。.NET Core WebJobs cannot be linked with web projects. Web アプリで Web ジョブをデプロイする必要がある場合は、.NET Framework コンソール アプリとして Web ジョブを作成する必要があります。If you need to deploy your WebJob with a web app, you should create your WebJob as a .NET Framework console app.

Azure App Service にデプロイするDeploy to Azure App Service

Visual Studio から App Service への .NET Core Web ジョブの発行では、ASP.NET Core アプリの発行と同じツールを使用します。Publishing a .NET Core WebJob to App Service from Visual Studio uses the same tooling as publishing an ASP.NET Core app.

  1. ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトを右クリックし、 [発行] を選択します。In Solution Explorer, right-click the project and select Publish.

  2. [発行] ダイアログで、 [Microsoft Azure App Service] を選択し、 [新規作成] を選択して、 [発行] をクリックします。In the Publish dialog, select Microsoft Azure App Service, choose Create New, and then select Publish.

    発行先の選択

  3. [App Service の作成] ダイアログで、画像の下の表に指定されているようにホスティング設定を使用してください。In the Create App Service dialog, use the hosting settings as specified in the table below the image:

    [App Service の作成] ダイアログ

    SettingSetting 推奨値Suggested value 説明Description
    アプリ名App Name グローバルに一意の名前Globally unique name 新しい関数アプリを一意に識別する名前。Name that uniquely identifies your new function app.
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションの選択Choose your subscription 使用する Azure サブスクリプション。The Azure subscription to use.
    リソース グループResource Group myResourceGroupmyResourceGroup 関数アプリを作成するリソース グループの名前。Name of the resource group in which to create your function app. 新しいリソース グループを作成する場合は、 [新規] を選択します。Choose New to create a new resource group.
    ホスティング プランHosting Plan App Service プランApp Service plan App Service プランは、アプリのホストとなる Web サーバー ファームの場所、サイズ、機能を規定します。An App Service plan specifies the location, size, and features of the web server farm that hosts your app. 1 つの App Service プランを共有するように Web アプリを構成することで、複数のアプリをホストするときのコストを抑えることができます。You can save money when hosting multiple apps by configuring the web apps to share a single App Service plan. App Service プランでは、リージョン、インスタンス サイズ、スケール数、および SKU (Free、Shared、Basic、Standard、または Premium) を定義します。App Service plans define the region, instance size, scale count, and SKU (Free, Shared, Basic, Standard, or Premium). [新規] を選択して、新しい App Service プランを作成します。Choose New to create a new App Service plan.
  4. [作成] をクリックして、これらの設定で Azure に Web ジョブと関連リソースを作成し、プロジェクト コードをデプロイします。Click Create to create a WebJob and related resources in Azure with these settings and deploy your project code.

Web ジョブの種類WebJob types

既定では、.NET Core コンソール プロジェクトから発行された Web ジョブは、トリガー時またはオンデマンドでのみ実行されます。By default, a WebJob published from a .NET Core console project runs only when triggered or on demand. プロジェクトを更新し、スケジュールに従って実行することも、継続的に実行することもできます。You can also update the project to run on a schedule or run continuously.

注意

Web アプリは、20 分間アクティビティがないとタイムアウトする可能性があります。A web app can time out after 20 minutes of inactivity. タイマーがリセットされるのは、実際の Web アプリに要求があった場合のみです。Only requests to the actual web app reset the timer. Azure portal でアプリの構成を表示したり、高度なツールのサイト (https://<app_name>.scm.azurewebsites.net) に対して要求を行っても、タイマーはリセットされません。Viewing the app's configuration in the Azure portal or making requests to the advanced tools site (https://<app_name>.scm.azurewebsites.net) don't reset the timer. アプリが継続的またはスケジュールに従って (タイマー トリガー) Web ジョブを実行する場合は、Always On を有効にして、Web ジョブが確実に実行されるようにします。If your app runs continuous or scheduled (Timer trigger) WebJobs, enable Always On to ensure that the WebJobs run reliably. この機能は、Basic、Standard、および Premium の価格レベルでのみ利用できます。This feature is available only in the Basic, Standard, and Premium pricing tiers.

スケジュールされた実行Scheduled execution

.NET Core コンソール アプリケーションを Azure に発行するときに、新しいsettings.job ファイルがプロジェクトに追加されます。When you publish a .NET Core console application to Azure, a new settings.job file is added to the project. Web ジョブの実行スケジュールを設定する場合に、このファイルを使用します。Use this file to set an execution schedule for your WebJob. 詳細については、「トリガーされた Web ジョブのスケジュール設定」を参照してください。For more information, see Scheduling a triggered WebJob.

継続的な実行Continuous execution

Visual Studio を使用して、Azure で Always On が有効な場合に継続的に実行するように Web ジョブを変更することができます。You can use Visual Studio to change the WebJob to run continuously when Always On is enabled in Azure.

  1. Azure にプロジェクトを発行していない場合は、発行します。If you haven't already done so, publish the project to Azure.

  2. ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトを右クリックし、 [発行] を選択します。In Solution Explorer, right-click the project and select Publish.

  3. [発行] タブで、 [設定] を選択します。In the Publish tab, choose Settings.

  4. [プロファイル設定] ダイアログの [Web ジョブの種類][継続的] を選んでから、 [保存] を選択します。In the Profile Settings dialog, choose Continuous for WebJob Type, and choose Save.

    Web ジョブの発行の設定ダイアログ

  5. [発行] を選択し、設定が更新された Web ジョブを再発行します。Select Publish to republish the WebJob with the updated settings.

.NET Framework コンソール アプリとしての WebJobsWebJobs as .NET Framework console apps

Visual Studio で Web ジョブが有効な .NET Framework Console Application プロジェクトがデプロイされるとき、Web アプリの適切なフォルダーにランタイム ファイルがコピーされます (継続的な Web ジョブの場合は App_Data/jobs/continuous、スケジュールされたまたはオンデマンドの Web ジョブの場合は App_Data/jobs/triggered)。When Visual Studio deploys a WebJobs-enabled .NET Framework Console Application project, it copies runtime files to the appropriate folder in the web app (App_Data/jobs/continuous for continuous WebJobs and App_Data/jobs/triggered for scheduled or on-demand WebJobs).

Web ジョブ対応のプロジェクトでは、次の項目が追加されています。A WebJobs-enabled project has the following items added to it:

Diagram showing what is added to a Console App to enable deployment as a WebJob

これらの項目を既存のコンソール アプリケーション プロジェクトに追加することもできれば、テンプレートを使用して新しい Web ジョブ対応のコンソール アプリケーション プロジェクトを作成することもできます。You can add these items to an existing Console Application project or use a template to create a new WebJobs-enabled Console Application project.

プロジェクト自体を Web ジョブとしてデプロイできます。また、Web プロジェクトをデプロイしたときに常に自動的にデプロイされるように、プロジェクトを Web プロジェクトにリンクすることもできます。You can deploy a project as a WebJob by itself, or link it to a web project so that it automatically deploys whenever you deploy the web project. プロジェクトをリンクする場合、Visual Studio で、Web プロジェクト内の webjobs-list.json ファイルに Web ジョブ対応のプロジェクトの名前が含められます。To link projects, Visual Studio includes the name of the WebJobs-enabled project in a webjobs-list.json file in the web project.

Diagram showing WebJob project linking to web project

前提条件Prerequisites

Visual Studio 2015 を使用している場合は、Azure SDK for .NET (Visual Studio 2015) をインストールします。If you're using Visual Studio 2015, install the Azure SDK for .NET (Visual Studio 2015).

Visual Studio 2017 を使用している場合は、Azure 開発ワークロードをインストールします。If you're using Visual Studio 2017, install the Azure development workload.

既存のコンソール アプリケーション プロジェクトに対する Web ジョブのデプロイを有効にするEnable WebJobs deployment for an existing Console Application project

2 つのオプションがあります。You have two options:

  • Web プロジェクトを使用した自動デプロイメントを有効にするEnable automatic deployment with a web project.

    Web プロジェクトをデプロイしたときに自動的に Web ジョブとしてデプロイされるように、既存のコンソール アプリケーション プロジェクトを構成します。Configure an existing Console Application project so that it automatically deploys as a WebJob when you deploy a web project. Web ジョブを、関連する Web アプリケーションが実行する Web アプリケーションと同じアプリケーションで実行する場合に、このオプションを使用します。Use this option when you want to run your WebJob in the same web app in which you run the related web application.

  • Web プロジェクトなしでデプロイメントを有効にするEnable deployment without a web project.

    Web プロジェクトへリンクせず、既存のコンソール アプリケーション プロジェクトがそれ自身で Web ジョブとしてデプロイされるように構成します。Configure an existing Console Application project to deploy as a WebJob by itself, with no link to a web project. Web アプリケーションで Web アプリケーションを実行せずに、Web ジョブ自身によって Web アプリケーション内で実行されようにする場合に、このオプションを使用します。Use this option when you want to run a WebJob in a web app by itself, with no web application running in the web app. このオプションは、Web アプリケーション リソースとは関係なく Web ジョブ リソースを拡張する必要がある場合などに使用できます。You might want to do this in order to be able to scale your WebJob resources independently of your web application resources.

  1. ソリューション エクスプローラーで Web プロジェクトを右クリックし、 [追加] > [既存のプロジェクトを Azure Web ジョブとして] をクリックします。Right-click the web project in Solution Explorer, and then click Add > Existing Project as Azure WebJob.

    [既存のプロジェクトを Azure Web ジョブとして]

    [Azure Web ジョブの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。The Add Azure WebJob dialog box appears.

  2. [プロジェクト名] ボックスの一覧で、コンソール アプリケーション プロジェクトを選択し、Web ジョブとして追加します。In the Project name drop-down list, select the Console Application project to add as a WebJob.

    Selecting project in Add Azure WebJob dialog

  3. [Azure Web ジョブの追加] ダイアログで必要な設定を完了し、 [OK] をクリックします。Complete the Add Azure WebJob dialog, and then click OK.

  1. ソリューション エクスプローラーでコンソール アプリケーション プロジェクトを右クリックし、 [Azure WebJob として発行する] をクリックします。Right-click the Console Application project in Solution Explorer, and then click Publish as Azure WebJob....

    [Azure Web ジョブとして発行]

    [Azure Web ジョブの追加] ダイアログ ボックスが表示され、 [プロジェクト名] ボックスに選択されたプロジェクトが示されます。The Add Azure WebJob dialog box appears, with the project selected in the Project name box.

  2. [Azure Web ジョブの追加] ダイアログ ボックスで必要な設定を完了し、 [OK] をクリックします。Complete the Add Azure WebJob dialog box, and then click OK.

    Web の発行 ウィザードが表示されます。The Publish Web wizard appears. すぐに発行しない場合は、ウィザードを閉じます。If you do not want to publish immediately, close the wizard. プロジェクトをデプロイするときのために、入力した設定値は保存されます。The settings that you've entered are saved for when you do want to deploy the project.

新しい Web ジョブ対応のプロジェクトを作成するCreate a new WebJobs-enabled project

新しい Web ジョブ対応のプロジェクトを作成するために、 前のセクションで説明したように、コンソール アプリケーション プロジェクト テンプレートを使用して、Web ジョブのデプロイメントを有効にすることができます。To create a new WebJobs-enabled project, you can use the Console Application project template and enable WebJobs deployment as explained in the previous section. または、次のように Web ジョブの新しいプロジェクト テンプレートを使用できます。As an alternative, you can use the WebJobs new-project template:

  • 独立した Web ジョブ用に Web ジョブの新しいプロジェクト テンプレートを使用するUse the WebJobs new-project template for an independent WebJob

    プロジェクトを作成し、Web プロジェクトへはリンクせずに、それ自身で Web ジョブとしてデプロイされるように構成します。Create a project and configure it to deploy by itself as a WebJob, with no link to a web project. Web アプリケーションで Web アプリケーションを実行せずに、Web ジョブ自身によって Web アプリケーション内で実行されようにする場合に、このオプションを使用します。Use this option when you want to run a WebJob in a web app by itself, with no web application running in the web app. このオプションは、Web アプリケーション リソースとは関係なく Web ジョブ リソースを拡張する必要がある場合などに使用できます。You might want to do this in order to be able to scale your WebJob resources independently of your web application resources.

  • Web プロジェクトにリンクされた Web ジョブ用に Web ジョブの新しいプロジェクト テンプレートを使用するUse the WebJobs new-project template for a WebJob linked to a web project

    同じソリューション内の Web プロジェクトがデプロイされたときに Web ジョブとして自動的にデプロイされるように構成して、プロジェクトを作成します。Create a project that is configured to deploy automatically as a WebJob when a web project in the same solution is deployed. Web ジョブを、関連する Web アプリケーションが実行する Web アプリケーションと同じアプリケーションで実行する場合に、このオプションを使用します。Use this option when you want to run your WebJob in the same web app in which you run the related web application.

注意

WebJobs の new-project テンプレートは、NuGet パッケージを自動的にインストールし、 WebJobs SDK 用にコードを Program.csに含めます。The WebJobs new-project template automatically installs NuGet packages and includes code in Program.cs for the WebJobs SDK. WebJobs SDK を使用しない場合は、Program.cs 内の host.RunAndBlock ステートメントを削除または変更します。If you don't want to use the WebJobs SDK, remove or change the host.RunAndBlock statement in Program.cs.

  1. [ファイル] > [新しいプロジェクト] の順にクリックし、 [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスで [クラウド] > [Azure WebJob (.NET Framework)] の順にクリックします。Click File > New Project, and then in the New Project dialog box click Cloud > Azure WebJob (.NET Framework).

    New Project dialog showing WebJob template

  2. 前に示された指示に従い、 コンソール アプリケーション プロジェクトを独立した Web ジョブ プロジェクトにしますFollow the directions shown earlier to make the Console Application project an independent WebJobs project.

  1. ソリューション エクスプローラーで Web プロジェクトを右クリックし、 [追加] > [新しい Azure Web ジョブ プロジェクト] をクリックします。Right-click the web project in Solution Explorer, and then click Add > New Azure WebJob Project.

    New Azure WebJob Project menu entry

    [Azure Web ジョブの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。The Add Azure WebJob dialog box appears.

  2. [Azure Web ジョブの追加] ダイアログ ボックスで必要な設定を完了し、 [OK] をクリックします。Complete the Add Azure WebJob dialog box, and then click OK.

[Azure Web ジョブの追加] ダイアログ ボックスThe Add Azure WebJob dialog

[Azure WebJob の追加] ダイアログを使用して、Web ジョブの Web ジョブ名と実行モード設定を入力できます。The Add Azure WebJob dialog lets you enter the WebJob name and run mode setting for your WebJob.

Add Azure WebJob dialog

このダイアログのフィールドは、Azure ポータルの [Web ジョブの追加] ダイアログのフィールドに対応しています。The fields in this dialog correspond to fields on the Add WebJob dialog of the Azure portal. 詳細については、「 Web ジョブでのバックグラウンド タスクの実行」を参照してください。For more information, see Run Background tasks with WebJobs.

注意

  • コマンド ライン デプロイメントについては、「 Enabling Command-line or Continuous Delivery of Azure WebJobs (Azure Web ジョブのコマンド ラインによる配信または継続的配信を有効にする)」を参照してください。For information about command-line deployment, see Enabling Command-line or Continuous Delivery of Azure WebJobs.
  • Web ジョブをデプロイした後、その Web ジョブの種類を変更して再デプロイすることに決めた場合は、webjobs-publish-settings.json ファイルを削除する必要があります。If you deploy a WebJob and then decide you want to change the type of WebJob and redeploy, you'll need to delete the webjobs-publish-settings.json file. これにより発行オプションが再度表示され、Web ジョブの種類を変更できます。This will make Visual Studio show the publishing options again, so you can change the type of WebJob.
  • Web ジョブをデプロイし、後から実行モードを継続的から継続的以外、またはその逆に変更した場合、Visual Studio は再デプロイ時に Azure 内に新しい Web ジョブを作成します。If you deploy a WebJob and later change the run mode from continuous to non-continuous or vice versa, Visual Studio creates a new WebJob in Azure when you redeploy. その他のスケジュール設定を変更し、実行モードを同じままにするか、または [スケジュール済み] と [オンデマンド] の間で切り替えた場合は、Visual Studio は新しいジョブを作成するのではなく、既存のジョブを更新します。If you change other scheduling settings but leave run mode the same or switch between Scheduled and On Demand, Visual Studio updates the existing job rather than create a new one.

webjob-publish-settings.jsonwebjob-publish-settings.json

Web ジョブのデプロイメント用にコンソール アプリケーションを構成すると、Visual Studio によって Microsoft.Web.WebJobs.Publish NuGet パッケージがインストールされ、Web ジョブ プロジェクトの Properties フォルダーにある webjob-publish-settings.json ファイルにスケジュール情報が格納されます。When you configure a Console Application for WebJobs deployment, Visual Studio installs the Microsoft.Web.WebJobs.Publish NuGet package and stores scheduling information in a webjob-publish-settings.json file in the project Properties folder of the WebJobs project. 次にこのファイルの例を示します。Here is an example of that file:

    {
      "$schema": "http://schemastore.org/schemas/json/webjob-publish-settings.json",
      "webJobName": "WebJob1",
      "startTime": "null",
      "endTime": "null",
      "jobRecurrenceFrequency": "null",
      "interval": null,
      "runMode": "Continuous"
    }

このファイルは直接編集でき、Visual Studio で IntelliSense を使用できます。You can edit this file directly, and Visual Studio provides IntelliSense. ファイル スキーマは https://schemastore.org に格納され、そこで表示できます。The file schema is stored at https://schemastore.org and can be viewed there.

webjobs-list.jsonwebjobs-list.json

Web ジョブ対応のプロジェクトを Web プロジェクトにリンクすると、Visual Studio は Web ジョブ プロジェクトの名前を Web プロジェクトの Properties フォルダー内の webjobs-list.json ファイルに格納します。When you link a WebJobs-enabled project to a web project, Visual Studio stores the name of the WebJobs project in a webjobs-list.json file in the web project's Properties folder. 次の例に示すように、一覧には複数の WebJobs プロジェクトが含まれる場合があります。The list might contain multiple WebJobs projects, as shown in the following example:

    {
      "$schema": "http://schemastore.org/schemas/json/webjobs-list.json",
      "WebJobs": [
        {
          "filePath": "../ConsoleApplication1/ConsoleApplication1.csproj"
        },
        {
          "filePath": "../WebJob1/WebJob1.csproj"
        }
      ]
    }

このファイルは直接編集でき、Visual Studio で IntelliSense を使用できます。You can edit this file directly, and Visual Studio provides IntelliSense. ファイル スキーマは https://schemastore.org に格納され、そこで表示できます。The file schema is stored at https://schemastore.org and can be viewed there.

Web ジョブ プロジェクトをデプロイするDeploy a WebJobs project

Web プロジェクトにリンクされた Web ジョブ プロジェクトは、Web プロジェクトと共に自動的にデプロイされます。A WebJobs project that you have linked to a web project deploys automatically with the web project. Web プロジェクトのデプロイメントについては、左のナビゲーションにある [How-to guides](ハウツー ガイド) の > [Deploy app](アプリをデプロイする) を参照してください。For information about web project deployment, see How-to guides > Deploy app in the left navigation.

WebJobs プロジェクトがそれ自身でデプロイされるように指定するには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、 [Azure WebJob として発行する] をクリックします。To deploy a WebJobs project by itself, right-click the project in Solution Explorer and click Publish as Azure WebJob....

[Azure Web ジョブとして発行]

独立した Web ジョブの場合は、Web プロジェクトで使用されたウィザードと同じ Web の発行 ウィザードが表示されますが、変更可能な設定値の数は少なくなります。For an independent WebJob, the same Publish Web wizard that is used for web projects appears, but with fewer settings available to change.

トリガーされた Web ジョブのスケジュール設定Scheduling a triggered WebJob

WebJobs では settings.job ファイルを使用して、Web ジョブが実行されるタイミングを決定します。WebJobs uses a settings.job file to determine when a WebJob is run. Web ジョブの実行スケジュールを設定する場合に、このファイルを使用します。Use this file to set an execution schedule for your WebJob. 次の例では、午前 9 時から午後 5 時まで 1 時間ごとに実行されます。The following example runs every hour from 9 AM to 5 PM:

{
    "schedule": "0 0 9-17 * * *"
}

このファイルは、wwwroot\app_data\jobs\triggered\{job name} または wwwroot\app_data\jobs\continuous\{job name} など、WebJobs のスクリプトと共に、WebJobs フォルダーのルートに配置する必要があります。This file must be located at the root of the WebJobs folder, along side your WebJob's script, such as wwwroot\app_data\jobs\triggered\{job name} or wwwroot\app_data\jobs\continuous\{job name}. Web ジョブを Visual Studio からデプロイする場合は、settings.job ファイルのプロパティを [新しい場合はコピーする] に設定してください。When you deploy a WebJob from Visual Studio, mark your settings.job file properties as Copy if newer.

Azure portal から Web ジョブを作成する場合は、自動的に settings.job ファイルが作成されます。When you create a WebJob from the Azure portal, the settings.job file is created for you.

注意

Web アプリは、20 分間アクティビティがないとタイムアウトする可能性があります。A web app can time out after 20 minutes of inactivity. タイマーがリセットされるのは、実際の Web アプリに要求があった場合のみです。Only requests to the actual web app reset the timer. Azure portal でアプリの構成を表示したり、高度なツールのサイト (https://<app_name>.scm.azurewebsites.net) に対して要求を行っても、タイマーはリセットされません。Viewing the app's configuration in the Azure portal or making requests to the advanced tools site (https://<app_name>.scm.azurewebsites.net) don't reset the timer. アプリが継続的またはスケジュールに従って (タイマー トリガー) Web ジョブを実行する場合は、Always On を有効にして、Web ジョブが確実に実行されるようにします。If your app runs continuous or scheduled (Timer trigger) WebJobs, enable Always On to ensure that the WebJobs run reliably. この機能は、Basic、Standard、および Premium の価格レベルでのみ利用できます。This feature is available only in the Basic, Standard, and Premium pricing tiers.

CRON 式CRON expressions

WebJobs では、Azure Functions でのタイマー トリガーと同じ CRON 式がスケジュール設定で使用されます。WebJobs uses the same CRON expressions for scheduling as the timer trigger in Azure Functions. CRON サポートの詳細については、タイマー トリガーのリファレンス記事を参照してください。To learn more about CRON support, see the timer trigger reference article.

setting.job 参照setting.job reference

WebJobs では、次の設定がサポートされています。The following settings are supported by WebJobs:

設定Setting TypeType 説明Description
is_in_place AllAll 最初に一時フォルダーにコピーすることなく、特定の時点でジョブを実行できます。Allows the job to run in place without being first copied to a temp folder. 詳細については、「WebJobs working directory」 (WebJobs 作業ディレクトリ) を参照してください。To learn more, see WebJobs working directory.
is_singleton 継続的Continuous WebJobs をスケールアウトした時にのみ、単一のインスタンスに対して実行します。詳細については、「Set a continuous job as singleton」 (シングルトンとしての継続的なジョブの設定) を参照してください。Only run the WebJobs on a single instance when scaled out. To learn more, see Set a continuous job as singleton.
schedule トリガーTriggered CRON ベースのスケジュールに従って、Web ジョブを実行します。Run the WebJob on a CRON-based schedule. 詳細については、タイマー トリガーのリファレンス記事を参照してください。TO learn more, see the timer trigger reference article.
stopping_wait_time AllAll シャットダウン動作の制御を許可します。Allows control of the shutdown behavior. 詳細については、「Graceful shutdown」 (正常なシャットダウン) を参照してください。To learn more, see Graceful shutdown.

次の手順Next steps