チュートリアル:グラフィカル Runbook を作成するTutorial: Create a graphical runbook

このチュートリアルでは、Azure Automation で グラフィカルな Runbook を作成する手順を説明します。This tutorial walks you through the creation of a graphical runbook in Azure Automation. Azure portal のグラフィカル エディターを使用して、グラフィカルおよびグラフィカル PowerShell ワークフロー Runbook を作成および編集できます。You can create and edit graphical and graphical PowerShell Workflow runbooks using the graphical editor in the Azure portal.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • 簡単なグラフィカル Runbook を作成するCreate a simple graphical runbook
  • Runbook をテストして発行するTest and publish the runbook
  • Runbook ジョブの状態を実行、追跡するRun and track the status of the runbook job
  • Runbook パラメーターと条件付きリンクで Azure 仮想マシンを起動するように Runbook を更新するUpdate the runbook to start an Azure virtual machine, with runbook parameters and conditional links

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。To complete this tutorial, you need the following:

手順 1 - Runbook を作成するStep 1 - Create runbook

最初に、Hello World というテキストを出力する簡単な Runbook を作成します。Start by creating a simple runbook that outputs the text Hello World.

  1. Azure ポータルで、Automation アカウントを開きます。In the Azure portal, open your Automation account.

    Automation アカウント ページでは、そのアカウントのリソースを簡単に確認できます。The Automation account page gives you a quick view of the resources in this account. 既に資産がいくつかあります。You should already have some assets. これらの資産のほとんどは、新しい Automation アカウントに自動的に含まれるモジュールです。Most of those assets are the modules automatically included in a new Automation account. また、サブスクリプションに関連付けられている資格情報資産も持っている必要があります。You should also have the Credential asset associated with your subscription.

  2. [プロセス オートメーション][Runbook] を選択し、Runbook の一覧を開きます。Select Runbooks under Process Automation to open the list of runbooks.

  3. [Runbook の作成] を選択して、新しい Runbook を作成します。Create a new runbook by selecting Create a runbook .

  4. Runbook の名前を MyFirstRunbook-Graphical に設定します。Give the runbook the name MyFirstRunbook-Graphical .

  5. ここでは、グラフィカルな Runbook を作成します。In this case, you're going to create a graphical runbook. [Runbook の種類] での [グラフィック] を選択します。Select Graphical for Runbook type .

    新しい Runbook

  6. [作成] をクリックして Runbook を作成し、グラフィカル エディターを開きます。Click Create to create the runbook and open the graphical editor.

手順 2 - アクティビティを追加するStep 2 - Add activities

エディターの左側にあるライブラリ コントロールでは、Runbook に追加するアクティビティを選択できます。The Library control on the left side of the editor allows you to select activities to add to your runbook. Runbook のテキストを出力する Write-Output コマンドレットを追加します。You're going to add a Write-Output cmdlet to output text from the runbook.

  1. ライブラリ コントロールの検索フィールドをクリックして、「write-output」と入力します。In the Library control, click in the search field and type write-output. 検索結果は、次の図のようになります。Search results are shown in the following image.

    Microsoft.PowerShell.Utility

  2. 一覧の一番下までスクロールします。Scroll down to the bottom of the list. [Write-Output] を右クリックし、 [キャンバスに追加] を選択します。Right-click Write-Output and select Add to canvas . または、コマンドレット名の横にある省略記号 [...] をクリックし、 [キャンバスに追加] を選択してもかまいません。Alternatively, you can click the ellipsis (...) next to the cmdlet name and then select Add to canvas .

  3. キャンバスで [Write-Output] アクティビティをクリックします。Click the Write-Output activity on the canvas. この操作によって [構成コントロール] ページが開き、アクティビティを構成できます。This action opens the Configuration control page, which allows you to configure the activity.

  4. [ラベル] フィールドの既定値はコマンドレットの名前ですが、もっとわかりやすい名前に変更できます。The Label field defaults to the name of the cmdlet, but you can change it to something more friendly. それを Write Hello World to output に変更します。Change it to Write Hello World to output.

  5. [パラメーター] をクリックし、コマンドレットのパラメーターの値を指定します。Click Parameters to provide values for the cmdlet's parameters.

    一部のコマンドレットには複数のパラメーター セットがあり、どれを使用するかを選択する必要があります。Some cmdlets have multiple parameter sets, and you need to select which one to use. この場合、Write-Output のパラメーター セットは 1 つだけです。In this case, Write-Output has only one parameter set.

  6. InputObject パラメーターを選択します。Select the InputObject parameter. このパラメーターを使用して、出力ストリームに送信するテキストを指定します。This is the parameter that you use to specify the text to send to the output stream.

  7. [データ ソース] ドロップダウン メニューには、パラメーター値の設定に使用できるソースが含まれます。The Data source dropdown menu provides sources that you can use to populate a parameter value. このメニューで、 [PowerShell 式] を選択します。In this menu, select PowerShell expression .

    別のアクティビティ、Automation の資産、PowerShell 式などのソースからの出力を使用できます。You can use output from such sources as another activity, an Automation asset, or a PowerShell expression. この場合、出力は単に Hello World です。In this case, the output is just Hello World. PowerShell 式を使用して文字列を指定することができます。You can use a PowerShell expression and specify a string.

  8. [式] フィールドに「"Hello World"」と入力し、 [OK] を 2 回クリックしてキャンバスに戻ります。In the Expression field, type "Hello World" and then click OK twice to return to the canvas.

  9. [保存] をクリックして Runbook を保存します。Save the runbook by clicking Save .

手順 3 - Runbook をテストするStep 3 - Test the runbook

Runbook を発行して運用環境で使用できるようにする前に、テストして正常に動作することを確認します。Before you publish the runbook to make it available in production, you should test it to make sure that it works properly. Runbook をテストすると、そのドラフト バージョンが実行され、その出力を対話形式で表示できます。Testing a runbook runs its Draft version and allows you to view its output interactively.

  1. [テスト ウィンドウ] を選択して、[テスト] ペインを開きます。Select Test pane to open the Test pane.

  2. [開始] をクリックしてテストを開始します。Click Start to start the test. 有効なオプションはこれだけです。This should be the only enabled option.

  3. Runbook ジョブが作成され、その状態がペインに表示されることに注意してください。Note that a runbook job is created and its status is displayed in the pane.

    ジョブの最初の状態は Queued であり、クラウドで runbook worker が使用可能になるのをジョブが待機していることを示しています。The job status starts as Queued, indicating that the job is waiting for a runbook worker in the cloud to become available. worker がジョブを要求すると、状態は Starting に変わります。The status changes to Starting when a worker claims the job. 最後に、Runbook の実行が実際に開始されると、状態は Running になります。Finally, the status becomes Running when the runbook actually starts to run.

  4. Runbook ジョブが完了すると、[テスト] ウィンドウにその出力が表示されます。When the runbook job completes, the Test pane displays its output. ここでは、Hello World が表示されます。In this case, you see Hello World.

    Hello World Runbook の出力

  5. テスト ウィンドウを閉じてキャンバスに戻ります。Close the Test pane to return to the canvas.

手順 4 - Runbook を発行して開始するStep 4 - Publish and start the runbook

作成した Runbook は、まだドラフト モードです。The runbook that you have created is still in Draft mode. 運用環境で実行する前に、発行する必要があります。It needs to be published before you can run it in production. Runbook を発行するときは、既存の発行済みバージョンをドラフト バージョンで上書きします。When you publish a runbook, you overwrite the existing Published version with the Draft version. この例では、Runbook を作成したばかりなので、発行済みバージョンはまだありません。In this case, you don't have a Published version yet because you just created the runbook.

  1. [発行] を選択して Runbook を発行し、確認を要求されたら [はい] をクリックします。Select Publish to publish the runbook and then Yes when prompted.

  2. [Runbook] ページで左にスクロールして Runbook を表示し、 [編集状態] の値が [発行済み] に設定されていることを確認します。Scroll left to view the runbook on the Runbooks page, and note that the Authoring Status value is set to Published .

  3. 右へスクロールして戻り、 MyFirstRunbook-Graphical ページを表示します。Scroll back to the right to view the page for MyFirstRunbook-Graphical .

    上部のオプションを使用すると、Runbook の即時開始、将来の開始スケジュールの設定、または Runbook を HTTP 呼び出しで開始できるようにする Webhook の作成を行うことができます。The options across the top allow you to start the runbook now, schedule a future start time, or create a webhook so that the runbook can be started through an HTTP call.

  4. [開始] を選択し、確認を求められたら [はい] をクリックして、Runbook を開始します。Select Start and then Yes when prompted to start the runbook.

  5. 作成した Runbook ジョブのジョブ ペインが開きます。A Job pane is opened for the runbook job that has been created. [ジョブの状態] フィールドに [完了] と表示されていることを確認します。Verify that the Job status field shows Completed .

  6. [出力] をクリックして [出力] ページを開くと、Hello World が表示されます。Click Output to open the Output page, where you can see Hello World displayed.

  7. [出力] ページを閉じます。Close the Output page.

  8. [すべてのログ] をクリックして、Runbook ジョブのストリーム ウィンドウを開きます。Click All Logs to open the Streams pane for the runbook job. 出力ストリームには Hello World のみが表示されます。You should only see Hello World in the output stream.

    Runbook で詳細ストリームやエラー ストリームに書き込まれている場合は、[ストリーム] ペインで Runbook ジョブの他のストリームも表示できることに注意してください。Note that the Streams pane can show other streams for a runbook job, such as Verbose and Error streams, if the runbook writes to them.

  9. [ストリーム] ペインと [ジョブ] ペインを閉じて、MyFirstRunbook-Graphical ページに戻ります。Close the Streams pane and the Job pane to return to the MyFirstRunbook-Graphical page.

  10. Runbook のすべてのジョブを表示するには、 [リソース][ジョブ] を選択します。To view all the jobs for the runbook, select Jobs under Resources . [ジョブ] ページには、自分の Runbook で作成されたすべてのジョブの一覧が表示されます。The Jobs page lists all the jobs created by your runbook. ジョブを 1 回実行しただけであるため、一覧に表示されるジョブは 1 つだけです。You should see only one job listed, since you have only run the job once.

  11. ジョブ名をクリックすると、Runbook を開始したときに表示されたのと同じ [ジョブ] ペインが開きます。Click the job name to open the same Job pane that you viewed when you started the runbook. Runbook に対して作成されたジョブの詳細を表示するには、このペインを使用します。Use this pane to view the details of any job created for the runbook.

手順 5 - 変数アセットを作成するStep 5 - Create variable assets

Runbook をテストして発行しましたが、これまでのところ Azure リソースの管理に役立つことは何もしていません。You've tested and published your runbook, but so far it doesn't do anything useful to manage Azure resources. 認証を行うように Runbook を構成する前に、サブスクリプション ID を保持する変数を作成し、認証を行うアクティビティを設定して、この変数を参照する必要があります。Before configuring the runbook to authenticate, you must create a variable to hold the subscription ID, set up an activity to authenticate, and then reference the variable. サブスクリプション コンテキストへの参照を含めると、複数のサブスクリプションを簡単に使用できます。Including a reference to the subscription context allows you to easily work with multiple subscriptions.

  1. ナビゲーション ペインの [サブスクリプション] オプションからサブスクリプション ID をコピーします。Copy your subscription ID from the Subscriptions option on the Navigation pane.

  2. [Automation アカウント] ページで、 [共有リソース][変数] を選択します。In the Automation Accounts page, select Variables under Shared Resources .

  3. [変数の追加] を選択します。Select Add a variable .

  4. [新しい変数] ページで、表示されるフィールドを次のように設定します。On the New variable page, make the following settings in the fields provided.

    • [名前] -- 「AzureSubscriptionId」と入力します。Name -- enter AzureSubscriptionId.
    • [値] -- サブスクリプション ID を入力します。Value -- enter your subscription ID.
    • [種類] -- 文字列を選択したままにします。Type -- keep string selected.
    • [暗号化] -- 既定値を使用します。Encryption -- use the default value.
  5. [作成] をクリックして変数を作成します。Click Create to create the variable.

手順 6 - 認証を追加するStep 6 - Add authentication

サブスクリプション ID を保持する変数を作成したので、サブスクリプションの実行資格情報を使用して認証を行うように Runbook を構成できます。Now that you have a variable to hold the subscription ID, you can configure the runbook to authenticate with the Run As credentials for your subscription. これを行うには、Azure 実行接続を資産として追加します。Do this by adding the Azure Run As connection as an asset. また、Connect-AzAccount コマンドレットと Set-AzContext コマンドレットをキャンバスに追加する必要もあります。You also must add the Connect-AzAccount cmdlet and the Set-AzContext cmdlet to the canvas.

注意

PowerShell Runbook の場合、Add-AzAccountAdd-AzureRMAccountConnect-AzAccount の別名です。For PowerShell runbooks, Add-AzAccount and Add-AzureRMAccount are aliases for Connect-AzAccount. これらの別名は、グラフィカルな Runbook では使用できないことに注意してください。Note that these aliases are not available for your graphical runbooks. グラフィカル Runbook で使用できるのは Connect-AzAccount 自体のみです。A graphical runbook can only use Connect-AzAccountitself.

  1. Runbook に戻り、MyFirstRunbook-Graphical ページの [編集] を選択します。Navigate to your runbook and select Edit on the MyFirstRunbook-Graphical page.

  2. Write Hello World to output エントリは不要になりました。You don't need the Write Hello World to output entry any more. 省略記号をクリックして、 [削除] を選択します。Just click the ellipsis and select Delete .

  3. ライブラリ コントロールで、 [資産][接続] の順に展開します。In the Library control, expand ASSETS , then Connections . [キャンバスに追加] を選択して、キャンバスに AzureRunAsConnection を追加します。Add AzureRunAsConnection to the canvas by selecting Add to canvas .

  4. AzureRunAsConnection の名前を Get Run As Connection に変更します。Rename AzureRunAsConnection to Get Run As Connection.

  5. ライブラリ コントロールの検索フィールドに「Connect-AzAccount」と入力します。In the Library control, type Connect-AzAccount in the search field.

  6. キャンバスに Connect-AzAccount を追加します。Add Connect-AzAccount to the canvas.

  7. Get Run As Connection にポインターを合わせて、図形の下部に円を表示します。Hover over Get Run As Connection until a circle appears on the bottom of the shape. 円をクリックし、矢印を Connect-AzAccount までドラッグしてリンクを作成します。Click the circle and drag the arrow to Connect-AzAccount to form a link. Runbook は Get Run As Connection で開始され、次に Connect-AzAccount が実行されます。The runbook starts with Get Run As Connection and then runs Connect-AzAccount.

    アクティビティ間のリンクの作成

  8. キャンバスで Connect-AzAccount を選択します。On the canvas, select Connect-AzAccount. [構成制御] ペインで、 [ラベル] フィールドに「 Login to Azure 」と入力します。In the Configuration control pane, type Login to Azure in the Label field.

  9. [パラメーター] をクリックすると、[アクティビティ パラメーターの構成] ページが表示されます。Click Parameters , and the Activity Parameter Configuration page appears.

  10. Connect-AzAccount コマンドレットには複数のパラメーター セットがあり、パラメーターの値を指定する前に、パラメーター セットを 1 つ選択する必要があります。The Connect-AzAccount cmdlet has multiple parameter sets, and you need to select one before providing parameter values. [パラメーター セット] をクリックしてから、 ServicePrincipalCertificateWithSubscriptionId を選択します。Click Parameter Set and then select ServicePrincipalCertificateWithSubscriptionId .

  11. このパラメーター セットのパラメーターが、[アクティビティ パラメーター構成] ページに表示されます。The parameters for this parameter set are displayed on the Activity Parameter Configuration page. [APPLICATIONID] をクリックします。Click APPLICATIONID .

    Azure アカウントのパラメーターを追加する

  12. [パラメーター値] ページで、次のように設定して、 [OK] をクリックします。On the Parameter Value page, make the following settings and then click OK .

  • [データ ソース] -- [アクティビティの出力] を選択します。Data source -- select Activity output .
  • データ ソース リスト -- Get Automation Connection を選択します。Data source list -- select Get Automation Connection .
  • [フィールド パス] -- 「ApplicationId」と入力します。Field path -- type ApplicationId. フィールド パスにプロパティ名を指定するのは、アクティビティによって複数のプロパティを持つオブジェクトが出力されるためです。You're specifying the name of the property for the field path because the activity outputs an object with multiple properties.
  1. CERTIFICATETHUMBPRINT をクリックし、[パラメーター値] ページで次のように設定して、 [OK] をクリックします。Click CERTIFICATETHUMBPRINT , and on the Parameter Value page, make the following settings and then click OK .

    • [データ ソース] -- [アクティビティの出力] を選択します。Data source -- select Activity output .
    • データ ソース リスト -- Get Automation Connection を選択します。Data source list -- select Get Automation Connection .
    • [フィールド パス] -- 「CertificateThumbprint」と入力します。Field path -- type CertificateThumbprint.
  2. [SERVICEPRINCIPAL] をクリックし、[パラメーター値] ページで [データ ソース] フィールドの [ConstantValue] を選択します。Click SERVICEPRINCIPAL , and on the Parameter Value page, select ConstantValue for the Data source field. [True] オプションをクリックし、 [OK] をクリックします。Click the option True , and then click OK .

  3. TENANTID をクリックし、[パラメーター値] ページで次のように設定します。Click TENANTID , and make the following settings on the Parameter Value page. 終わったら、 [OK] を 2 回クリックします。When finished, click OK twice.

    • [データ ソース] -- [アクティビティの出力] を選択します。Data source -- select Activity output .
    • データ ソース リスト -- Get Automation Connection を選択します。Data source list -- select Get Automation Connection .
    • [フィールド パス] -- 「TenantId」と入力します。Field path -- type TenantId.
  4. ライブラリ コントロールの検索フィールドに「Set-AzContext」と入力します。In the Library control, type Set-AzContext in the search field.

  5. キャンバスに Set-AzContext を追加します。Add Set-AzContext to the canvas.

  6. キャンバスで Set-AzContext を選択します。Select Set-AzContext on the canvas. [構成制御] ペインで、 [ラベル] フィールドに「Specify Subscription Id」と入力します。In the Configuration control pane, enter Specify Subscription Id in the Label field.

  7. [パラメーター] をクリックすると、[アクティビティ パラメーターの構成] ページが表示されます。Click Parameters and the Activity Parameter Configuration page appears.

  8. Set-AzContext コマンドレットには複数のパラメーター セットがあり、パラメーターの値を指定する前に、パラメーター セットを 1 つ選択する必要があります。The Set-AzContext cmdlet has multiple parameter sets, and you need to select one before providing parameter values. [パラメーター セット] をクリックしてから SubscriptionId を選択します。Click Parameter Set and then select SubscriptionId .

  9. このパラメーター セットのパラメーターが、[アクティビティ パラメーター構成] ページに表示されます。The parameters for this parameter set are displayed on the Activity Parameter Configuration page. SubscriptionID をクリックします。Click SubscriptionID .

  10. [パラメーター値] ページで、 [データ ソース][変数資産] を選択し、ソース リストから AzureSubscriptionId を選択します。On the Parameter Value page, select Variable Asset for the Data source field and select AzureSubscriptionId from the source list. 終わったら、 [OK] を 2 回クリックします。When finished, click OK twice.

  11. Login to Azure にポインターを合わせて、図形の下部に円を表示します。Hover over Login to Azure until a circle appears on the bottom of the shape. 円をクリックし、矢印を Specify Subscription Id までドラッグします。Click the circle and drag the arrow to Specify Subscription Id. この時点で、Runbook は次のようになります。Your runbook should look like the following at this point.

    矢印を [Specify Subscription ID] にドラッグした後の Runbook のスクリーンショット。

手順 7 - 仮想マシンを開始するアクティビティを追加するStep 7 - Add activity to start a virtual machine

ここで、仮想マシンを起動する Start-AzVM アクティビティを追加する必要があります。Now you must add a Start-AzVM activity to start a virtual machine. Azure サブスクリプション内の任意の仮想マシンを選択できます。ここでは、その名前を Start-AzVM コマンドレットにハードコーディングします。You can pick any VM in your Azure subscription, and for now you are hardcoding its name into the Start-AzVM cmdlet.

  1. ライブラリ コントロールの検索フィールドに「Start-Az」と入力します。In the Library control, type Start-Az in the search field.

  2. キャンバスに Start-AzVM を追加してから、それをクリックして Specify Subscription Id の下にドラッグします。Add Start-AzVM to the canvas and then click and drag it underneath Specify Subscription Id.

  3. Specify Subscription Id にポインターを合わせて、図形の下部に円を表示します。Hover over Specify Subscription Id until a circle appears on the bottom of the shape. 円をクリックし、矢印を Start-AzVM までドラッグします。Click the circle and drag the arrow to Start-AzVM.

  4. [Start-AzVM] を選択します。Select Start-AzVM. [パラメーター][パラメーター セット] の順にクリックし、アクティビティに対するセットを表示します。Click Parameters and then Parameter Set to view the sets for the activity.

  5. パラメーター セットには、 ResourceGroupNameParameterSetName を選択します。Select ResourceGroupNameParameterSetName for the parameter set. [ResourceGroupName][Name] フィールドの横に付いている感嘆符は、それらが必須のパラメーターであることを示します。The fields ResourceGroupName and Name have exclamation marks next to them to indicate that they are required parameters. どちらのフィールドも文字列値が想定されていることに注意してください。Note that both fields expect string values.

  6. 一覧から Name してください。Select Name . [データ ソース] フィールドに対して [PowerShell 式] を選択します。Choose PowerShell expression for the Data source field. この Runbook を開始するために使用する VM として、二重引用符で囲んだコンピューター名を入力します。For the VM that you use to start this runbook, type in the machine name surrounded with double quotes. [OK] をクリックします。Click OK .

  7. 一覧から ResourceGroupName してください。Select ResourceGroupName . [データ ソース] フィールドの値として [PowerShell 式] を使用し、リソース グループの名前を二重引用符で囲んで入力します。Use the value PowerShell expression for the Data source field, and type in the name of the resource group surrounded with double quotes. [OK] をクリックします。Click OK .

  8. テスト ウィンドウ をクリックして、Runbook をテストできるようにします。Click Test pane so that you can test the runbook.

  9. [開始] をクリックしてテストを開始します。Click Start to begin the test. 終わったら、VM が開始されたことを確認します。Once it completes, make sure that the VM has started. この時点で、Runbook は次のようになります。Your runbook should look like the following at this point.

    Runbook Start-AzVM の出力

手順 8 - 追加の入力パラメーターを追加するStep 8 - Add additional input parameters

Runbook ではこの時点で、Start-AzVM コマンドレットに対して指定したリソース グループ内の VM が起動されます。Your runbook currently starts the VM in the resource group that you specified for the Start-AzVM cmdlet. Runbook を開始するときに名前とリソース グループの両方を指定できれば、Runbook はいっそう便利になります。The runbook will be more useful if you specify both name and resource group when the runbook is started. その機能を提供するための入力パラメーターを Runbook に追加してみましょう。Let's add input parameters to the runbook to provide that functionality.

  1. MyFirstRunbook-Graphical ページで [編集] をクリックして、グラフィカル エディターを開きます。Open the graphical editor by clicking Edit on the MyFirstRunbook-Graphical page.

  2. [入力と出力][入力の追加] の順に選択して、Runbook 入力パラメーター ウィンドウを開きます。Select Input and output and then Add input to open the Runbook Input Parameter pane.

  3. 表示されるフィールドを次のように設定して、 [OK] をクリックします。Make the following settings in the provided fields and then click OK .

    • [名前] -- 「VMName」と指定します。Name -- specify VMName.
    • [種類] -- 文字列の設定のままにします。Type -- keep the string setting.
    • [必須] -- 値を [はい] に変更します。Mandatory -- change the value to Yes .
  4. ResourceGroupName という名前の 2 番目の必須入力パラメーターを作成し、 [OK] をクリックして [入力と出力] ペインを閉じます。Create a second mandatory input parameter called ResourceGroupName and then click OK to close the Input and Output pane.

    Runbook の入力パラメーター

  5. Start-AzVM アクティビティを選択し、 [パラメーター] をクリックします。Select the Start-AzVM activity and then click Parameters .

  6. Name[データ ソース] フィールドを [Runbook の入力] に変更します。Change the Data source field for Name to Runbook input . 次に、 VMName を選択します。Then select VMName .

  7. ResourceGroupName[データ ソース] フィールドを [Runbook の入力] に変更し、 ResourceGroupName を選択します。Change the Data source field for ResourceGroupName to Runbook input and then select ResourceGroupName .

    Start-AzVM のパラメーター

  8. Runbook を保存してテスト ウィンドウを開きます。Save the runbook and open the Test pane. テストで使用する 2 つの入力変数の値を指定できるようになりました。You can now provide values for the two input variables that you use in the test.

  9. テスト ウィンドウを閉じます。Close the Test pane.

  10. [発行] をクリックして、新しいバージョンの Runbook を発行します。Click Publish to publish the new version of the runbook.

  11. 前に起動した VM を停止します。Stop the VM that you started previously.

  12. [開始] をクリックして Runbook を開始します。Click Start to start the runbook. 起動しようとしている VM の VMNameResourceGroupName の値を入力します。Type in the values for VMName and ResourceGroupName for the VM that you're going to start.

  13. Runbook が完了したら、VM が起動されていることを確認します。When the runbook completes, ensure that the VM has been started.

次に、まだ起動されていない場合にのみ VM の起動を試みるように Runbook を変更できます。You can now modify the runbook so that it only attempts to start the VM if it is not already started. これを行うには、VM のインスタンス レベルの状態を取得する Get-AzVM コマンドレットを追加します。Do this by adding a Get-AzVM cmdlet that retrieves the instance-level status of the VM. 次に、Get Status という名前の PowerShell ワークフロー コード モジュールを追加できます。これには、VM の状態が実行中か停止しているかを確認するための PowerShell コード スニペットが含まれています。Then you can add a PowerShell Workflow code module called Get Status with a snippet of PowerShell code to determine if the VM state is running or stopped. Get Status モジュールの条件付きリンクでは、現在の実行状態が停止の場合にのみ、Start-AzVM が実行されます。A conditional link from the Get Status module only runs Start-AzVM if the current running state is stopped. この手順の最後では、Runbook でWrite-Output コマンドレットを使用して、VM が正常に起動されたかどうかを通知するメッセージを出力します。At the end of this procedure, your runbook uses the Write-Output cmdlet to output a message to inform you if the VM was successfully started.

  1. グラフィカル エディターで MyFirstRunbook-Graphical を開きます。Open MyFirstRunbook-Graphical in the graphical editor.

  2. Specify Subscription IdStart-AzVM の間のリンクを削除するには、リンクをクリックしてから [削除] を押します。Remove the link between Specify Subscription Id and Start-AzVM by clicking on it and then pressing Delete .

  3. ライブラリ コントロールの検索フィールドに「Get-Az」と入力します。In the Library control, type Get-Az in the search field.

  4. キャンバスに Get-AzVM を追加します。Add Get-AzVM to the canvas.

  5. Get-AzVM[パラメーター セット] の順に選択して、コマンドレットのセットを表示します。Select Get-AzVM and then click Parameter Set to view the sets for the cmdlet.

  6. GetVirtualMachineInResourceGroupNameParamSet パラメーター セットを選択します。Select the GetVirtualMachineInResourceGroupNameParamSet parameter set. [ResourceGroupName][Name] フィールドの横に付いている感嘆符は、それらが必須のパラメーターであることを示しています。The ResourceGroupName and Name fields have exclamation marks next to them, indicating that they specify required parameters. どちらのフィールドも文字列値が想定されていることに注意してください。Note that both fields expect string values.

  7. Name[データ ソース][Runbook の入力] を選択し、 VMName を選択します。Under Data source for Name , select Runbook input , then VMName . [OK] をクリックします。Click OK .

  8. ResourceGroupName[データ ソース] で、 [Runbook の入力] を選択し、 ResourceGroupName を選択します。Under Data source for ResourceGroupName , select Runbook input , then ResourceGroupName . [OK] をクリックします。Click OK .

  9. Status[データ ソース] で、 [定数値] を選択し、 [True] を選択します。Under Data source for Status , select Constant value , then True . [OK] をクリックします。Click OK .

  10. Specify Subscription Id から Get-AzVM へのリンクを作成します。Create a link from Specify Subscription Id to Get-AzVM.

  11. ライブラリ コントロールで [Runbook の制御] を展開し、 Code をキャンバスに追加します。In the Library control, expand Runbook Control and add Code to the canvas.

  12. Get-AzVM から Code へのリンクを作成します。Create a link from Get-AzVM to Code.

  13. Code をクリックし、構成ペインでラベルを Get Status に変更します。Click Code and, in the Configuration pane, change the label to Get Status .

  14. Code を選択すると、[コード エディター] ページが表示されます。Select Code and the Code Editor page appears.

  15. 次のコード スニペットをエディター ページに貼り付けます。Paste the following code snippet into the editor page.

    $Statuses = $ActivityOutput['Get-AzVM'].Statuses
    $StatusOut = ""
    foreach ($Status in $Statuses) {
      if($Status.Code -eq "Powerstate/running")
        {$StatusOut = "running"}
      elseif ($Status.Code -eq "Powerstate/deallocated")
        {$StatusOut = "stopped"}
    }
    $StatusOut
    
  16. Get Status から Start-AzVM へのリンクを作成します。Create a link from Get Status to Start-AzVM.

    コード モジュールを含む Runbook

  17. リンクを選択し、構成ペインで [条件の適用][はい] に変更します。Select the link and, in the Configuration pane, change Apply condition to Yes . リンクが、条件が true の場合にのみ対象のアクティビティが実行されることを示す破線になることに注意してください。Note that the link becomes a dashed line, indicating that the target activity only runs if the condition resolves to true.

  18. [条件式] に「$ActivityOutput['Get Status'] -eq "Stopped"」と入力します。For Condition expression , type $ActivityOutput['Get Status'] -eq "Stopped". Start-AzVM は、VM が停止している場合にのみ実行されるようになりました。Start-AzVM now only runs if the VM is stopped.

  19. ライブラリ コントロールで CmdletsMicrosoft.PowerShell.Utility の順に展開します。In the Library control, expand Cmdlets and then Microsoft.PowerShell.Utility .

  20. キャンバスに Write-Output を 2 回追加します。Add Write-Output to the canvas twice.

  21. 1 つ目の Write-Output コントロールで、 [パラメーター] をクリックし、 [ラベル] の値を Notify VM Started に変更します。For the first Write-Output control, click Parameters and change the Label value to Notify VM Started .

  22. [InputObject][データ ソース][PowerShell 式] に変更し、式に「$VMName successfully started.」と入力します。For InputObject , change Data source to PowerShell expression , and type in the expression $VMName successfully started..

  23. 2 つ目の Write-Output コントロールで、 [パラメーター] をクリックし、 [ラベル] の値を Notify VM Start Failed に変更します。On the second Write-Output control, click Parameters and change the Label value to Notify VM Start Failed .

  24. [InputObject][データ ソース][PowerShell 式] に変更し、式に「$VMName could not start」と入力します。For InputObject , change Data source to PowerShell expression , and type in the expression $VMName could not start.

  25. Start-AzVM から Notify VM Started および Notify VM Start Failed へのリンクを作成します。Create links from Start-AzVM to Notify VM Started and Notify VM Start Failed.

  26. Notify VM Started へのリンクを選択し、 [条件の適用] を true に変更します。Select the link to Notify VM Started and change Apply condition to true.

  27. [条件式] に「$ActivityOutput['Start-AzVM'].IsSuccessStatusCode -eq $true」と入力します。For the Condition expression , type $ActivityOutput['Start-AzVM'].IsSuccessStatusCode -eq $true. これで、この Write-Output コントロールは、VM が正常に起動された場合にのみ実行されるようになりました。This Write-Output control now only runs if the VM starts successfully.

  28. Notify VM Start Failed へのリンクを選択し、 [条件の適用] を true に変更します。Select the link to Notify VM Start Failed and change Apply condition to true.

  29. [条件式] フィールドに「$ActivityOutput['Start-AzVM'].IsSuccessStatusCode -ne $true」と入力します。For the Condition expression field, type $ActivityOutput['Start-AzVM'].IsSuccessStatusCode -ne $true. これで、この Write-Output コントロールは、VM が正常に起動されなかった場合にのみ実行されるようになりました。This Write-Output control now only runs if the VM is not successfully started. Runbook は次の図のようになります。Your runbook should look like the following image.

    Write-Output がある Runbook

  30. Runbook を保存してテスト ウィンドウを開きます。Save the runbook and open the Test pane.

  31. VM が停止している状態で Runbook を開始すると、マシンが起動します。Start the runbook with the VM stopped, and the machine should start.

次のステップNext steps