クイックスタート: Azure portal を使用して Azure Cache for Redis のイベントを Web エンドポイントにルーティングするQuickstart: Route Azure Cache for Redis events to web endpoint with the Azure portal

Azure Event Grid は、クラウドのイベント処理サービスです。Azure Event Grid is an eventing service for the cloud. このクイックスタートでは、Azure portal から Azure Cache for Redis インスタンスを作成してそのイベントをサブスクライブし、イベントをトリガーして結果を表示します。In this quickstart, you'll use the Azure portal to create an Azure Cache for Redis instance, subscribe to events for that instance, trigger an event, and view the results. 通常は、イベント データを処理し、アクションを実行するエンドポイントにイベントを送信します。Typically, you send events to an endpoint that processes the event data and takes actions. ただし単純化するために、このクイックスタートではメッセージを収集して表示する Web アプリにイベントを送信します。However, to simplify this quickstart, you'll send events to a web app that will collect and display the messages.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

最後に、イベント データが Web アプリに送信されたことを確認します。When you're finished, you'll see that the event data has been sent to the web app.

Azure Event Grid ビューアーで JSON 形式のスケーリングを表示する。

Azure Cache for Redis キャッシュ インスタンスを作成するCreate an Azure Cache for Redis cache instance

  1. キャッシュを作成するには、Azure portal にサインインし、 [リソースの作成] を選択します。To create a cache, sign in to the Azure portal and select Create a resource.

    左側のナビゲーション ペインの [リソースの作成] が強調表示されています。

  2. [新規] ページで、 [データベース] を選択し、 [Azure Cache for Redis] を選択します。On the New page, select Databases and then select Azure Cache for Redis.

    [新規] で、 [データベース] が強調表示され、[Azure Cache for Redis] が強調表示されています。

  3. [新規 Redis Cache] ページで、新しいキャッシュの設定を構成します。On the New Redis Cache page, configure the settings for your new cache.

    設定Setting 推奨値Suggested value 説明Description
    DNS 名DNS name グローバルに一意の名前を入力します。Enter a globally unique name. キャッシュ名は 1 から 63 文字の文字列で、数字、英字、ハイフンのみを使用する必要があります。The cache name must be a string between 1 and 63 characters that contains only numbers, letters, or hyphens. 名前の先頭と末尾には数字または文字を使用する必要があり、連続するハイフンを含めることはできません。The name must start and end with a number or letter, and can't contain consecutive hyphens. キャッシュ インスタンスの "ホスト名" は、 <DNS name>.redis.cache.windows.net になります。Your cache instance's host name will be <DNS name>.redis.cache.windows.net.
    サブスクリプションSubscription ドロップダウンで、ご自身のサブスクリプションを選択します。Drop down and select your subscription. この新しい Azure Cache for Redis インスタンスが作成されるサブスクリプション。The subscription under which to create this new Azure Cache for Redis instance.
    リソース グループResource group ドロップ ダウンでリソース グループを選択するか、 [新規作成] を選択し、新しいリソース グループの名前を入力します。Drop down and select a resource group, or select Create new and enter a new resource group name. その中にキャッシュやその他のリソースを作成するリソース グループの名前。Name for the resource group in which to create your cache and other resources. すべてのアプリ リソースを 1 つのリソース グループに配置することで、それらをまとめて簡単に管理または削除できます。By putting all your app resources in one resource group, you can easily manage or delete them together.
    場所Location ドロップ ダウンで場所を選択します。Drop down and select a location. キャッシュを使用する他のサービスの近くのリージョンを選択します。Select a region near other services that will use your cache.
    価格レベルPricing tier ドロップ ダウンで価格レベルを選択します。Drop down and select a Pricing tier. 価格レベルによって、キャッシュに使用できるのサイズ、パフォーマンス、および機能が決まります。The pricing tier determines the size, performance, and features that are available for the cache. 詳細については、Azure Cache for Redis の概要に関するページを参照してください。For more information, see Azure Cache for Redis Overview.
  4. [ネットワーク] タブを選択するか、ページの下部にある [ネットワーク] ボタンをクリックします。Select the Networking tab or click the Networking button at the bottom of the page.

  5. [ネットワーク] タブで、接続方法を選択します。In the Networking tab, select your connectivity method.

  6. [次へ: 詳細] タブを選択するか、ページの下部にある [次へ: 詳細] ボタンをクリックします。Select the Next: Advanced tab or click the Next: Advanced button on the bottom of the page.

  7. Basic または Standard のキャッシュ インスタンスの [詳細] タブで、非 TLS ポートを有効にする場合は有効トグルをオンにします。In the Advanced tab for a basic or standard cache instance, select the enable toggle if you want to enable a non-TLS port. 使用する Redis のバージョン 4 または (プレビュー) 6 を選択することもできます。You can also select which Redis version you would like use, either 4 or (PREVIEW) 6.

    Redis バージョン 4 または 6。

  8. Premium キャッシュ インスタンスの [詳細] タブで、非 TLS ポート、クラスタリング、データ永続化の設定を構成します。In the Advanced tab for premium cache instance, configure the settings for non-TLS port, clustering, and data persistence. 使用する Redis のバージョン 4 または (プレビュー) 6 を選択することもできます。You can also select which Redis version you would like use, either 4 or (PREVIEW) 6.

  9. [次へ: タグ] タブを選択するか、ページの下部にある [次へ: タグ] ボタンをクリックします。Select the Next: Tags tab or click the Next: Tags button at the bottom of the page.

  10. 必要に応じて、 [タグ] タブで、リソースを分類する場合は名前と値を入力します。Optionally, in the Tags tab, enter the name and value if you wish to categorize the resource.

  11. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create. [確認および作成] タブが表示され、Azure によって構成が検証されます。You're taken to the Review + create tab where Azure validates your configuration.

  12. 緑色の検証に成功のメッセージが表示された後、 [作成] を選択します。After the green Validation passed message appears, select Create.

キャッシュが作成されるまで、しばらく時間がかかります。It takes a while for the cache to create. Azure Cache for Redis の [概要] ページで進行状況を監視できます。You can monitor progress on the Azure Cache for Redis Overview page. [状態] に "実行中" と表示されている場合は、キャッシュを使用する準備ができています。When Status shows as Running, the cache is ready to use.

メッセージ エンドポイントの作成Create a message endpoint

キャッシュ インスタンスのイベントをサブスクライブする前に、イベント メッセージのエンドポイントを作成しましょう。Before subscribing to the events for the cache instance, let's create the endpoint for the event message. 通常、エンドポイントは、イベント データに基づくアクションを実行します。Typically, the endpoint takes actions based on the event data. このクイックスタートを簡素化するために、イベント メッセージを表示する構築済みの Web アプリをデプロしします。To simplify this quickstart, you'll deploy a pre-built web app that displays the event messages. デプロイされたソリューションには、App Service プラン、App Service Web アプリ、および GitHub からのソース コードが含まれています。The deployed solution includes an App Service plan, an App Service web app, and source code from GitHub.

  1. GitHub の README で [Deploy to Azure](Azure へのデプロイ) を選択して、ソリューションをサブスクリプションにデプロイします。Select Deploy to Azure in GitHub README to deploy the solution to your subscription.

[Deploy to Azure]\(Azure へのデプロイ\) ボタン。

  1. [カスタム デプロイ] ページで、次の手順を実行します。On the Custom deployment page, do the following steps:

    1. [リソース グループ] で、キャッシュ インスタンスの作成時に作成したリソース グループを選択します。For Resource group, select the resource group that you created when creating the cache instance. チュートリアルの完了後は、リソース グループを削除して容易にクリーンアップすることができます。It will be easier for you to clean up after you are done with the tutorial by deleting the resource group.
    2. [サイト名] に、Web アプリの名前を入力します。For Site Name, enter a name for the web app.
    3. Web アプリのホストに使用する App Service プランの名前を [ホスティング プラン名] に入力します。For Hosting plan name, enter a name for the App Service plan to use for hosting the web app.
    4. [上記の使用条件に同意する] のチェック ボックスをオンにします。Select the check box for I agree to the terms and conditions stated above.
    5. [購入] を選択します。Select Purchase.
    設定Setting 推奨値Suggested value 説明Description
    サブスクリプションSubscription ドロップダウンで、ご自身のサブスクリプションを選択します。Drop down and select your subscription. この Web アプリを作成するサブスクリプション。The subscription under which to create this web app.
    リソース グループResource group ドロップ ダウンでリソース グループを選択するか、 [新規作成] を選択し、新しいリソース グループの名前を入力します。Drop down and select a resource group, or select Create new and enter a new resource group name. すべてのアプリ リソースを 1 つのリソース グループに配置することで、それらをまとめて簡単に管理または削除できます。By putting all your app resources in one resource group, you can easily manage or delete them together.
    サイト名Site Name Web アプリの名前を入力します。Enter a name for your web app. この値は空にできません。This value cannot be empty.
    ホスティング プラン名Hosting plan name Web アプリをホストするために使用する App Service プランの名前を入力します。Enter a name for the App Service plan to use for hosting the web app. この値は空にできません。This value cannot be empty.
  2. ポータルでアラート (ベルのアイコン) を選択し、 [リソース グループに移動] を選択します。Select Alerts (bell icon) in the portal, and then select Go to resource group.

    Azure portal デプロイ通知。

  3. [リソース グループ] ページのリソースの一覧で、作成した Web アプリを選択します。On the Resource group page, in the list of resources, select the web app that you created. この一覧には、App Service プランとキャッシュ インスタンスも表示されます。You'll also see the App Service plan and the cache instance in this list.

  4. Web アプリの [App Service] ページで、Web サイトに移動するための URL を選択します。On the App Service page for your web app, select the URL to navigate to the web site. この URL は、https://<your-site-name>.azurewebsites.net 形式になっている必要があります。The URL should be in this format: https://<your-site-name>.azurewebsites.net.

  5. サイトは表示されますが、イベントはまだ送信されていないことを確認します。Confirm that you see the site but no events have been posted to it yet.

    空の Event Grid ビューアー サイト。

Event Grid リソース プロバイダーを有効にするEnable Event Grid resource provider

Azure サブスクリプションで Event Grid を使用したことがない場合は、Event Grid リソース プロバイダーを登録する必要がある可能性があります。If you haven't previously used Event Grid in your Azure subscription, you may need to register the Event Grid resource provider.

Azure Portal で次の操作を行います。In the Azure portal:

  1. 左メニューの [サブスクリプション] を選択します。Select Subscriptions on the left menu.
  2. Event Grid に使用するサブスクリプションを選択します。Select the subscription you're using for Event Grid.
  3. 左側のメニューの [設定] で、 [リソース プロバイダー] を選択します。On the left menu, under Settings, select Resource providers.
  4. Microsoft.EventGrid を探します。Find Microsoft.EventGrid.
  5. 登録されていない場合は、 [登録] を選択します。If not registered, select Register.

登録完了まで少し時間がかかることがあります。It may take a moment for the registration to finish. [最新の情報に更新] を選択して、状態を更新します。Select Refresh to update the status. [状態][登録済み] に になったら、次に進めることができます。When Status is Registered, you're ready to continue.

Azure Cache for Redis インスタンスをサブスクライブするSubscribe to the Azure Cache for Redis instance

この手順では、トピックをサブスクライブすることによって、追跡するイベントとそれらのイベントの送信先を Event Grid に伝えます。In this step, you'll subscribe to a topic to tell Event Grid which events you want to track, and where to send the events.

  1. ポータルで、先ほど作成したキャッシュ インスタンスに移動します。In the portal, navigate to your cache instance that you created earlier.

  2. [Azure Cache for Redis] ページの左側のメニューで [イベント] を選択します。On the Azure Cache for Redis page, select Events on the left menu.

  3. [webhook] を選択します。Select Web Hook. エンドポイントの Web hook を使用して、ビューアー アプリにイベントを送信します。You are sending events to your viewer app using a web hook for the endpoint.

    Azure portal の [イベント] ページ。

  4. [イベント サブスクリプションの作成] ページで、次の値を入力します。On the Create Event Subscription page, enter the following:

    設定Setting 推奨値Suggested value 説明Description
    名前Name イベント サブスクリプションの名前を入力します。Enter a name for the event subscription. 値の長さは 3 から 64 文字にする必要があります。The value must be between 3 and 64 characters long. 使用できるのは、英字、数字、ダッシュのみです。It can only contain letters, numbers, and dashes.
    イベントの種類Event Types 宛先にプッシュするイベントの種類をドロップ ダウンから選択します。Drop down and select which event type(s) you want to get pushed to your destination. このクイックスタートでは、キャッシュ インスタンスをスケーリングします。For this quickstart, we'll be scaling our cache instance. パッチ適用、スケーリング、インポート、エクスポートを選択できます。Patching, scaling, import and export are the available options.
    エンドポイントの種類Endpoint Type [webhook] を選択します。Select Web Hook. イベントを受信するイベント ハンドラー。Event handler to receive your events.
    エンドポイントEndpoint [エンドポイントの選択] をクリックし、Web アプリの URL を入力して、ホーム ページの URL に api/updates を追加し (例: https://cache.azurewebsites.net/api/updates)、 [選択の確認] を選択します。Click Select an endpoint, and enter the URL of your web app and add api/updates to the home page URL (for example: https://cache.azurewebsites.net/api/updates), and then select Confirm Selection. これは先ほど作成した Web アプリの URL です。This is the URL of your web app that you created earlier.
  5. 次に、 [イベント サブスクリプションの作成] ページの [作成] を選択して、イベント サブスクリプションを作成します。Now, on the Create Event Subscription page, select Create to create the event subscription.

  6. Web アプリをもう一度表示し、その Web アプリにサブスクリプションの検証イベントが送信されたことに注目します。View your web app again, and notice that a subscription validation event has been sent to it. 目のアイコンを選択してイベント データを展開します。Select the eye icon to expand the event data. Event Grid は検証イベントを送信するので、エンドポイントはイベント データを受信することを確認できます。Event Grid sends the validation event so the endpoint can verify that it wants to receive event data. Web アプリには、サブスクリプションを検証するコードが含まれています。The web app includes code to validate the subscription.

    Azure Event Grid ビューアー。

エンドポイントへのイベントの送信Send an event to your endpoint

では、イベントをトリガーして、Event Grid がメッセージをエンドポイントに配信するようすを見てみましょう。Now, let's trigger an event to see how Event Grid distributes the message to your endpoint. Azure Cache for Redis インスタンスをスケーリングします。We'll be scaling your Azure Cache for Redis instance.

  1. Azure portal で、Azure Cache for Redis インスタンスに移動し、左側のメニューの [スケール] を選択します。In the Azure portal, navigate to your Azure Cache for Redis instance and select Scale on the left menu.

  2. [スケール] ページから希望の価格レベルを選択し、 [選択] をクリックします。Select the desired pricing tier from the Scale page and click Select.

    別の価格レベルにスケーリングできますが、次のような制約があります。You can scale to a different pricing tier with the following restrictions:

    • 上位の価格レベルから下位の価格レベルにスケーリングすることはできません。You can't scale from a higher pricing tier to a lower pricing tier.
      • Premium キャッシュから Standard または Basic キャッシュにスケールすることはできません。You can't scale from a Premium cache down to a Standard or a Basic cache.
      • Standard キャッシュから Basic キャッシュにスケールすることはできません。You can't scale from a Standard cache down to a Basic cache.
    • Basic キャッシュから Standard キャッシュにスケールすることはできますが、同時にサイズを変更することはできません。You can scale from a Basic cache to a Standard cache but you can't change the size at the same time. サイズを変更する必要がある場合、後続のスケーリング操作でサイズを変更できます。If you need a different size, you can do a subsequent scaling operation to the desired size.
    • Basic キャッシュから直接 Premium キャッシュにスケールすることはできません。You can't scale from a Basic cache directly to a Premium cache. まず、1 回のスケーリング操作で Basic から Standard にスケーリングし、その後の操作で Standard から Premium にスケーリングします。First, scale from Basic to Standard in one scaling operation, and then from Standard to Premium in a subsequent scaling operation.
    • C0 (250 MB) サイズにそれより大きなサイズからスケールダウンすることはできません。You can't scale from a larger size down to the C0 (250 MB) size.

    キャッシュを新しい価格レベルにスケーリングするときに、 [Azure Cache for Redis] ブレードで状態が [拡大中] と表示されます。While the cache is scaling to the new pricing tier, a Scaling status is displayed in the Azure Cache for Redis blade. スケーリングが完了すると、状態が [拡大中] から [実行中] に変わります。When scaling is complete, the status changes from Scaling to Running.

  3. 以上でイベントがトリガーされ、そのメッセージが、Event Grid によってサブスクライブ時に構成したエンドポイントに送信されました。You've triggered the event, and Event Grid sent the message to the endpoint you configured when subscribing. メッセージは JSON 形式であり、1 つまたは複数のイベントの配列が含まれています。The message is in the JSON format and it contains an array with one or more events. 次の例の JSON メッセージには、1 つのイベントの配列が含まれています。In the following example, the JSON message contains an array with one event. Web アプリを表示して、ScalingCompleted イベントが受信されたことを確認します。View your web app and notice that a ScalingCompleted event was received.

    Azure Event Grid ビューアーで JSON 形式のスケーリングを表示する。

リソースをクリーンアップするClean up resources

引き続きこのイベントを使用する場合は、このクイックスタートで作成したリソースをクリーンアップしないでください。If you plan to continue working with this event, don't clean up the resources created in this quickstart. それ以外の場合は、このクイックスタートで作成したリソースを削除してください。Otherwise, delete the resources you created in this quickstart.

リソース グループを選択し、 [リソース グループの削除] を選択します。Select the resource group, and select Delete resource group.

次のステップNext steps

カスタム トピックを作成し、イベントをサブスクライブする方法がわかったら、Event Grid でできることについて、さらに情報を収集しましょう。Now that you know how to create custom topics and event subscriptions, learn more about what Event Grid can help you do: