Azure Cache for Redis 計画に関するよくあるご質問Azure Cache for Redis planning FAQs

この記事では、Azure Cache for Redis の計画に役立つ、よくある質問に対する回答について説明します。This article provides answers to common questions about how to plan for Azure Cache for Redis.

一般的な質問と回答Common questions and answers

このセクションでは、次のよくあるご質問を取り上げます。This section covers the following FAQs:

Azure Cache for Redis のパフォーマンスAzure Cache for Redis performance

次の表に、Azure Cache for Redis のエンドポイントに対して IaaS VM から redis-benchmark.exe を使用して、Standard および Premium キャッシュのさまざまなサイズをテストした際に測定された最大帯域幅を示します。The following table shows the maximum bandwidth values observed while testing various sizes of Standard and Premium caches using redis-benchmark.exe from an IaaS VM against the Azure Cache for Redis endpoint. TLS のスループットについては、Azure Cache for Redis エンドポイントに接続するため、Redis ベンチマークは stunnel と共に使用されています。For TLS throughput, redis-benchmark is used with stunnel to connect to the Azure Cache for Redis endpoint.

注意

これらの値は保証された値ではなく、これらの値の SLA もありません。これらの値は、標準的な値と考えてください。These values are not guaranteed and there is no SLA for these numbers, but should be typical. アプリケーションに最適なキャッシュ サイズを特定するには、アプリケーションに対してロード テストを実行する必要があります。You should load test your own application to determine the right cache size for your application. 定期的に新しい結果を公表しているため、これらの数字は変わる可能性があります。These numbers might change as we post newer results periodically.

この表からは次のような結論が得られます。From this table, we can draw the following conclusions:

  • キャッシュのサイズが同じ場合のスループットは、Standard レベルより Premium レベルの方が高くなります。Throughput for the caches that are the same size is higher in the Premium tier as compared to the Standard tier. たとえば、P1 のスループットは、6 GB キャッシュでは 180,000 要求/秒 (RPS) であるのに対し、C3 では 100,000 RPS となります。For example, with a 6 GB Cache, throughput of P1 is 180,000 requests per second (RPS) as compared to 100,000 RPS for C3.
  • Redis クラスタリングでは、クラスターのシャード (ノード) の数を増やすと、スループットもそれに比例して増加する。With Redis clustering, throughput increases linearly as you increase the number of shards (nodes) in the cluster. たとえば、10 個のシャードから成る P4 クラスターを作成すると、利用可能なスループットは 400,000 * 10 = 4 百万 RPS になります。For example, if you create a P4 cluster of 10 shards, then the available throughput is 400,000 * 10 = 4 million RPS.
  • キー サイズを大きくしたときのスループットは、Standard レベルより Premium レベルのほうが高い。Throughput for bigger key sizes is higher in the Premium tier as compared to the Standard Tier.
Pricing tierPricing tier サイズSize CPU コア数CPU cores 使用可能な帯域幅Available bandwidth 1 KB 値サイズ1-KB value size 1 KB 値サイズ1-KB value size
Standard のキャッシュ サイズStandard cache sizes メガビット/秒 (Mb/s) / メガバイト/秒 (MB/s)Megabits per sec (Mb/s) / Megabytes per sec (MB/s) 1 秒あたりの要求数 (RPS) 非 SSLRequests per second (RPS) Non-SSL 1 秒あたりの要求数 (RPS) SSLRequests per second (RPS) SSL
C0C0 250 MB250 MB 共有Shared 100 / 12.5100 / 12.5 15,00015,000 7,5007,500
C1C1 1 GB1 GB 11 500 / 62.5500 / 62.5 38,00038,000 20,72020,720
C2C2 2.5 GB2.5 GB 22 500 / 62.5500 / 62.5 41,00041,000 37,00037,000
C3C3 6 GB6 GB 44 1000 / 1251000 / 125 100,000100,000 90,00090,000
C4C4 13 GB13 GB 22 500 / 62.5500 / 62.5 60,00060,000 55,00055,000
C5C5 26 GB26 GB 44 1,000 / 1251,000 / 125 102,000102,000 93,00093,000
C6C6 53 GB53 GB 88 2,000 / 2502,000 / 250 126,000126,000 120,000120,000
Premium のキャッシュ サイズPremium cache sizes シャードあたりの CPU コア数CPU cores per shard メガビット/秒 (Mb/s) / メガバイト/秒 (MB/s)Megabits per sec (Mb/s) / Megabytes per sec (MB/s) 1 秒あたりの要求数 (RPS) 非 SSL、シャードあたりRequests per second (RPS) Non-SSL, per shard 1 秒あたりの要求数 (RPS) SSL、シャードあたりRequests per second (RPS) SSL, per shard
P1P1 6 GB6 GB 22 1,500 / 187.51,500 / 187.5 180,000180,000 172,000172,000
P2P2 13 GB13 GB 44 3,000 / 3753,000 / 375 350,000350,000 341,000341,000
P3P3 26 GB26 GB 44 3,000 / 3753,000 / 375 350,000350,000 341,000341,000
P4P4 53 GB53 GB 88 6,000 / 7506,000 / 750 400,000400,000 373,000373,000
P5P5 120 GB120 GB 2020 6,000 / 7506,000 / 750 400,000400,000 373,000373,000

stunnel の設定や redis-benchmark.exe などの Redis ツールのダウンロードの詳細については、「Redis コマンドの実行方法」を参照してください。For instructions on setting up stunnel or downloading the Redis tools such as redis-benchmark.exe, see How can I run Redis commands?.

キャッシュを配置するリージョンIn what region should I locate my cache?

最大限のパフォーマンスと最短の待機時間を実現するには、キャッシュ クライアント アプリケーションと同じリージョンに Azure Cache for Redis を配置します。For best performance and lowest latency, locate your Azure Cache for Redis in the same region as your cache client application.

キャッシュ データが存在する場所Where do my cached data reside?

Azure Cache for Redis は、レベルに応じて、キャッシュをホストする VM の RAM にアプリケーション データを格納します。Azure Cache for Redis stores your application data in the RAM of the VM or VMs, depending on the tier, that host your cache. データは、既定で選択した Azure リージョンに厳密に格納されます。Your data reside strictly in the Azure region you've selected by default. データがリージョンの外に出る可能性があるケースが 2 つあります。There are two cases where your data may leave a region:

  • キャッシュでの永続化を有効にすると、Azure Cache for Redis によって、自分が所有している Azure Storage アカウントにデータがバックアップされます。When you enable persistence on the cache, Azure Cache for Redis will backup your data to an Azure Storage account you own. 指定したストレージ アカウントがたまたま別のリージョンにある場合、データのコピーは最終的にはそこに格納されます。If the storage account you provide happens to be in another region, a copy of your data will end up there.
  • geo レプリケーションを設定し、セカンダリ キャッシュが別のリージョンにある場合 (通常はこのケース)、データはそのリージョンにレプリケートされます。If you set up geo-replication and your secondary cache is in a different region, which would be the case normally, your data will be replicated to that region.

これらの機能を使用するように、Azure Cache for Redis を明示的に構成する必要があります。You'll need to explicitly configure Azure Cache for Redis to use these features. また、ストレージ アカウントまたはセカンダリ キャッシュが配置されているリージョンを完全に制御することもできます。You also have complete control over the region that the storage account or secondary cache is located.

Azure Cache for Redis の課金方法How am I billed for Azure Cache for Redis?

Azure Cache for Redis の価格はここに記載されています。Azure Cache for Redis pricing is here. 価格ページには、1 時間単位の価格と月額料金が表示されます。The pricing page lists pricing as an hourly and monthly rate. キャッシュは、キャッシュが作成された時間から削除された時間までの期間に関して、分単位で課金されます。Caches are billed on a per-minute basis from the time that the cache is created until the time that a cache is deleted. キャッシュの課金を停止または一時停止するオプションはありません。There is no option for stopping or pausing the billing of a cache.

Azure Cache for Redis を Azure Government Cloud、Azure China 21Vianet Cloud、または Microsoft Azure Germany で使用できるかCan I use Azure Cache for Redis with Azure Government Cloud, Azure China 21Vianet Cloud, or Microsoft Azure Germany?

はい。Azure Cache for Redis は、Azure Government Cloud、Azure China 21Vianet Cloud、Microsoft Azure Germany で使用できます。Yes, Azure Cache for Redis is available in Azure Government Cloud, Azure China 21Vianet Cloud, and Microsoft Azure Germany. ただし、Azure Cache for Redis のアクセスと管理を行うための URL については、これらのクラウドと、Azure パブリック クラウドとで異なります。The URLs for accessing and managing Azure Cache for Redis are different in these clouds compared with Azure Public Cloud.

クラウドCloud Redis の DNS サフィックスDns Suffix for Redis
パブリックPublic *.redis.cache.windows.net*.redis.cache.windows.net
US GovUS Gov *. redis.cache.usgovcloudapi.net*.redis.cache.usgovcloudapi.net
ドイツGermany *.redis.cache.cloudapi.de*.redis.cache.cloudapi.de
中国China *.redis.cache.chinacloudapi.cn*.redis.cache.chinacloudapi.cn

その他のクラウドで Azure Cache for Redis を使用するときの考慮事項の詳細については、次のリンクを参照してください。For more information on considerations when using Azure Cache for Redis with other clouds, see the following links.

Azure Government Cloud、Azure China 21Vianet Cloud、Microsoft Azure Germany での PowerShell を使用した Azure Cache for Redis の利用の詳細については、他のクラウドに接続する方法 - Azure Cache for Redis PowerShell に関するページを参照してください。For information on using Azure Cache for Redis with PowerShell in Azure Government Cloud, Azure China 21Vianet Cloud, and Microsoft Azure Germany, see How to connect to other clouds - Azure Cache for Redis PowerShell.

次の手順Next steps

その他の Azure Cache for Redis のよくあるご質問について。Learn about other Azure Cache for Redis FAQs.