カスタム イメージを使用して Linux で関数を作成するCreate a function on Linux using a custom image

Azure Functions を使用して、独自のカスタム コンテナー内の Linux 上で関数をホストできます。Azure Functions lets you host your functions on Linux in your own custom container. 既定の Azure App Service コンテナー上でホストすることもできます。You can also host on a default Azure App Service container. この機能には Functions 2.x ランタイムが必要です。This functionality requires the Functions 2.x runtime.

このチュートリアルでは、関数をカスタム Docker イメージとして Azure にデプロイする方法について説明します。In this tutorial, you learn how to deploy your functions to Azure as a custom Docker image. このパターンは、組み込みのコンテナー イメージをカスタマイズする必要がある場合に便利です。This pattern is useful when you need to customize the built-in container image. 特定の言語バージョン、特定の依存関係、または組み込みイメージで提供されない構成が関数に必要になるときに、カスタム イメージを使用することがあります。You may want to use a custom image when your functions need a specific language version or require a specific dependency or configuration that isn't provided within the built-in image. Azure Functions でサポートされている基本イメージについては、Azure Functions 基本イメージ リポジトリを参照してください。Supported base images for Azure Functions are found in the Azure Functions base images repo.

このチュートリアルでは、Azure Functions Core Tools を使用して、カスタム Linux イメージに関数を作成する方法について説明します。This tutorial walks you through how to use Azure Functions Core Tools to create a function in a custom Linux image. このイメージを、Azure CLI を使用して作成された Azure の関数アプリに発行します。You publish this image to a function app in Azure, which was created using the Azure CLI. 後で、Azure Queue storage に接続するように関数を更新します。Later, you update your function to connect to Azure Queue storage. 有効にすることもできます。You also enable.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • Core Tools を使用して関数アプリと Dockerfile を作成します。Create a function app and Dockerfile using Core Tools.
  • Docker を使用してカスタム イメージをビルドします。Build a custom image using Docker.
  • カスタム イメージをコンテナー レジストリに発行します。Publish a custom image to a container registry.
  • Azure ストレージ アカウントを作成します。Create an Azure Storage account.
  • Premium ホスティング プランを作成します。Create a Premium hosting plan.
  • Docker Hub から Function App をデプロイします。Deploy a function app from Docker Hub.
  • Function App にアプリケーション設定を追加します。Add application settings to the function app.
  • 継続的デプロイを有効にします。Enable continuous deployment.
  • Application Insights の監視を追加します。Add Application Insights monitoring.

次の手順は、Mac、Windows、または Linux コンピューターでサポートされます。The following steps are supported on a Mac, Windows, or Linux computer.

前提条件Prerequisites

このサンプルを実行する前に、以下が必要です。Before running this sample, you must have the following:

  • Azure Core Tools バージョン 2.x をインストールします。Install Azure Core Tools version 2.x.

  • Azure CLI をインストールします。Install the Azure CLI. この記事では、Azure CLI バージョン 2.0.46 以降が必要です。This article requires the Azure CLI version 2.0 or later. お使いのバージョンを確認するには、az --version を実行します。Run az --version to find the version you have.
    Azure Cloud Shell を使用することもできます。You can also use the Azure Cloud Shell.

  • 有効な Azure サブスクリプションAn active Azure subscription.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

ローカルの関数アプリ プロジェクトを作成するCreate the local function app project

コマンド ラインから次のコマンドを実行し、現在のローカル ディレクトリの MyFunctionProj フォルダー内に関数アプリ プロジェクトを作成します。Run the following command from the command line to create a function app project in the MyFunctionProj folder of the current local directory. Python プロジェクトの場合は、仮想環境で実行する必要がありますFor a Python project, you must be running in a virtual environment.

func init MyFunctionProj --docker

--docker オプションを含めると、プロジェクト用に Dockerfile が生成されます。When you include the --docker option, a dockerfile is generated for the project. このファイルは、プロジェクトの実行先となるカスタム コンテナーを作成するために使用されます。This file is used to create a custom container in which to run the project. 使用される基本イメージは、選択されたワーカー ランタイム言語によって異なります。The base image used depends on the worker runtime language chosen.

メッセージが表示されたら、次の言語からワーカー ランタイムを選択します。When prompted, choose a worker runtime from the following languages:

  • dotnet: .NET Core クラス ライブラリ プロジェクト (.csproj) を作成します。dotnet: creates a .NET Core class library project (.csproj).
  • node: JavaScript プロジェクトを作成します。node: creates a JavaScript project.
  • python: Python プロジェクトを作成します。python: creates a Python project.

コマンドを実行すると、次のような出力が表示されます。When the command executes, you see something like the following output:

Writing .gitignore
Writing host.json
Writing local.settings.json
Writing Dockerfile

次のコマンドを使用して、新しい MyFunctionProj プロジェクト フォルダーに移動します。Use the following command to navigate to the new MyFunctionProj project folder.

cd MyFunctionProj

関数を作成するCreate a function

次のコマンドは、HTTP でトリガーされる MyHttpTrigger という名前の関数を作成します。The following command creates an HTTP-triggered function named MyHttpTrigger.

func new --name MyHttpTrigger --template "HttpTrigger"

コマンドを実行すると、次のような出力が表示されます。When the command executes, you see something like the following output:

The function "MyHttpTrigger" was created successfully from the "HttpTrigger" template.

関数をローカルで実行するRun the function locally

次のコマンドで関数アプリを起動します。The following command starts the function app. アプリは、Azure 内にある同じ Azure Functions ランタイムを使用して実行されます。The app runs using the same Azure Functions runtime that is in Azure. 起動コマンドは、使用するプロジェクトの言語によって異なります。The start command varies, depending on your project language.

C#C#

func start --build

JavaScriptJavaScript

func start

TypeScriptTypeScript

npm install
npm start     

Functions ホストが起動すると、次のような出力が表示されます。この出力は、読みやすいように切り詰められています。When the Functions host starts, it writes something like the following output, which has been truncated for readability:


                  %%%%%%
                 %%%%%%
            @   %%%%%%    @
          @@   %%%%%%      @@
       @@@    %%%%%%%%%%%    @@@
     @@      %%%%%%%%%%        @@
       @@         %%%%       @@
         @@      %%%       @@
           @@    %%      @@
                %%
                %

...

Content root path: C:\functions\MyFunctionProj
Now listening on: http://0.0.0.0:7071
Application started. Press Ctrl+C to shut down.

...

Http Functions:

        HttpTrigger: http://localhost:7071/api/MyHttpTrigger

[8/27/2018 10:38:27 PM] Host started (29486ms)
[8/27/2018 10:38:27 PM] Job host started

ランタイム出力から HttpTrigger 関数の URL をコピーして、それをブラウザーのアドレス バーに貼り付けます。Copy the URL of your HttpTrigger function from the runtime output and paste it into your browser's address bar. この URL にクエリ文字列 ?name=<yourname> を追加して、要求を実行します。Append the query string ?name=<yourname> to this URL and execute the request. ローカルの関数によって返された GET 要求に対するブラウザーでの応答を次に示します。The following shows the response in the browser to the GET request returned by the local function:

ブラウザーでローカルにテストする

ローカルで関数を実行したので、これで、Azure で関数アプリとその他の必要なリソースを作成できます。Now that you have run your function locally, you can create the function app and other required resources in Azure.

Docker ファイルからイメージを作成するBuild the image from the Docker file

プロジェクトのルート フォルダーで Dockerfile を確認します。Take a look at the Dockerfile in the root folder of the project. このファイルには、Linux 上で Function App を実行するために必要な環境が記述されています。This file describes the environment that is required to run the function app on Linux. 次の例は、JavaScript (Node.js) ワーカー ランタイムで関数アプリを実行するコンテナーを作成する Dockerfile です。The following example is a Dockerfile that creates a container that runs a function app on the JavaScript (Node.js) worker runtime:

FROM mcr.microsoft.com/azure-functions/node:2.0

ENV AzureWebJobsScriptRoot=/home/site/wwwroot
COPY . /home/site/wwwroot

注意

Azure Functions でサポートされている基本イメージの詳細な一覧については、Azure Functions 基本イメージ ページを参照してください。The complete list of supported base images for Azure Functions can be found in the Azure Functions base image page.

build コマンドを実行しますRun the build command

ルート フォルダーで、docker build コマンドを実行し、名前に mydockerimage、タグに v1.0.0 を指定します。In the root folder, run the docker build command, and provide a name, mydockerimage, and tag, v1.0.0. <docker-id> を Docker Hub アカウント ID で置換します。Replace <docker-id> with your Docker Hub account ID. このコマンドでは、コンテナーの Docker イメージがビルドされます。This command builds the Docker image for the container.

docker build --tag <docker-id>/mydockerimage:v1.0.0 .

コマンドを実行すると、次のような出力が表示されます。この場合は、JavaScript ワーカー ランタイムに関する出力です。When the command executes, you see something like the following output, which in this case is for a JavaScript worker runtime:

Sending build context to Docker daemon  17.41kB
Step 1/3 : FROM mcr.microsoft.com/azure-functions/node:2.0
2.0: Pulling from azure-functions/node
802b00ed6f79: Pull complete
44580ea7a636: Pull complete
73eebe8d57f9: Pull complete
3d82a67477c2: Pull complete
8bd51cd50290: Pull complete
7bd755353966: Pull complete
Digest: sha256:480e969821e9befe7c61dda353f63298f2c4b109e13032df5518e92540ea1d08
Status: Downloaded newer image for mcr.microsoft.com/azure-functions/node:2.0
 ---> 7c71671b838f
Step 2/3 : ENV AzureWebJobsScriptRoot=/home/site/wwwroot
 ---> Running in ed1e5809f0b7
Removing intermediate container ed1e5809f0b7
 ---> 39d9c341368a
Step 3/3 : COPY . /home/site/wwwroot
 ---> 5e196215935a
Successfully built 5e196215935a
Successfully tagged <docker-id>/mydockerimage:v1.0.0

ローカルでのイメージのテストTest the image locally

ローカルのコンテナーで Docker イメージを実行して、ビルドしたイメージの動作を確認します。Verify that the image you built works by running the Docker image in a local container. docker run コマンドを発行し、イメージの名前とタグを渡します。Issue the docker run command and pass the name and tag of the image to it. 必ず -p 引数を使用してポートを指定してください。Be sure to specify the port using the -p argument.

docker run -p 8080:80 -it <docker-ID>/mydockerimage:v1.0.0

ローカルの Docker コンテナーでカスタム イメージを実行させながら、http://localhost:8080 に移動して Function App とコンテナーが正しく機能していることを確認します。With the custom image running in a local Docker container, verify the function app and container are functioning correctly by browsing to http://localhost:8080.

Function App をローカルでテストします。

必要に応じて、もう一度関数をテストできます。今回は、次の URL を使用してローカルのコンテナーでテストします。You can optionally test your function again, this time in the local container using the following URL:

http://localhost:8080/api/myhttptrigger?name=<yourname>

コンテナー内に Function App を確認した後で、実行を停止します。After you have verified the function app in the container, stop the execution. これで、カスタム イメージを Docker Hub アカウントにプッシュできます。Now, you can push the custom image to your Docker Hub account.

Docker Hub へのカスタム イメージのプッシュPush the custom image to Docker Hub

レジストリは、イメージをホストし、サービス イメージとコンテナー サービスを提供するアプリケーションです。A registry is an application that hosts images and provides services image and container services. イメージを共有するには、レジストリにプッシュする必要があります。To share your image, you must push it to a registry. Docker Hub は Docker イメージのレジストリであり、パブリックまたはプライベートの独自のリポジトリをホストすることができます。Docker Hub is a registry for Docker images that allows you to host your own repositories, either public or private.

イメージをプッシュする前に、docker login コマンドを使用して Docker Hub にサインインする必要があります。Before you can push an image, you must sign in to Docker Hub using the docker login command. <docker-id> をアカウント名に置き換え、プロンプトで、コンソールにパスワードを入力します。Replace <docker-id> with your account name and type in your password into the console at the prompt. その他の Docker Hub パスワード オプションについては、docker login コマンドのドキュメントを参照してください。For other Docker Hub password options, see the docker login command documentation.

docker login --username <docker-id>

「ログインに成功しました」のメッセージで、ログインしていることを確認します。A "login succeeded" message confirms that you are logged in. サインインしたら、docker push コマンドを使用して Docker Hub にイメージをプッシュします。After you have signed in, you push the image to Docker Hub by using the docker push command.

docker push <docker-id>/mydockerimage:v1.0.0

コマンドの出力を調べて、プッシュが成功したことを確認します。Verify that the push succeeded by examining the command's output.

The push refers to a repository [docker.io/<docker-id>/mydockerimage:v1.0.0]
24d81eb139bf: Pushed
fd9e998161c9: Mounted from <docker-id>/mydockerimage
e7796c35add2: Mounted from <docker-id>/mydockerimage
ae9a05b85848: Mounted from <docker-id>/mydockerimage
45c86e20670d: Mounted from <docker-id>/mydockerimage
v1.0.0: digest: sha256:be080d80770df71234eb893fbe4d... size: 1796

これで、Azure の新しい Function App のデプロイ ソースとして、このイメージを使用できます。Now, you can use this image as the deployment source for a new function app in Azure.

リソース グループの作成Create a resource group

az group create でリソース グループを作成します。Create a resource group with the az group create. Azure リソース グループとは、Function App、データベース、ストレージ アカウントなどの Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理コンテナーです。An Azure resource group is a logical container into which Azure resources like function apps, databases, and storage accounts are deployed and managed.

次の例では、myResourceGroup という名前のリソース グループを作成します。The following example creates a resource group named myResourceGroup.
Cloud Shell を使用していない場合は、まず az login でサインインします。If you are not using Cloud Shell, sign in first using az login.

az group create --name myResourceGroup --location westeurope

通常は、近くのリージョンにリソース グループおよびリソースを作成します。You generally create your resource group and the resources in a region near you.

Azure Storage アカウントの作成Create an Azure Storage account

Functions は、関数に関する状態その他の情報を維持するために Azure Storage の汎用のアカウントを使用します。Functions uses a general-purpose account in Azure Storage to maintain state and other information about your functions. az storage account create コマンドを使用して作成したリソース グループ内に汎用のストレージ アカウントを作成します。Create a general-purpose storage account in the resource group you created by using the az storage account create command.

次のコマンドでは、<storage_name> プレースホルダーをグローバルに一意なストレージ アカウント名で置き換えます。In the following command, substitute a globally unique storage account name where you see the <storage_name> placeholder. ストレージ アカウント名の長さは 3 ~ 24 文字で、数字と小文字のみを使用できます。Storage account names must be between 3 and 24 characters in length and may contain numbers and lowercase letters only.

az storage account create --name <storage_name> --location westeurope --resource-group myResourceGroup --sku Standard_LRS

Premium プランを作成するCreate a Premium plan

カスタム Functions コンテナーの Linux ホスティングは、専用 (App Service) プランおよび Premium プランでサポートされています。Linux hosting for custom Functions containers supported on Dedicated (App Service) plans and Premium plans. このチュートリアルでは、必要に応じて拡張できる Premium プランを使用します。This tutorial uses a Premium plan, which can scale as needed. ホスティングについて詳しくは、「Azure Functions のホスティング プランの比較」をご覧ください。To learn more about hosting, see Azure Functions hosting plans comparison.

次の例では、Elastic Premium 1 価格レベル (--sku EP1) の myPremiumPlan という名前の Premium プランを米国西部リージョン (-location WestUS) で Linux コンテナー (--is-linux) に作成します。The following example creates a Premium plan named myPremiumPlan in the Elastic Premium 1 pricing tier (--sku EP1), in the West US region (-location WestUS), and in a Linux container (--is-linux).

az functionapp plan create --resource-group myResourceGroup --name myPremiumPlan \
--location WestUS --number-of-workers 1 --sku EP1 --is-linux

カスタム イメージの作成とデプロイCreate and deploy the custom image

関数アプリは、ホスティング プランでの関数の実行を管理します。The function app manages the execution of your functions in your hosting plan. az functionapp create コマンドを使用して Docker Hub イメージから Function App を作成します。Create a function app from a Docker Hub image by using the az functionapp create command.

次のコマンドでは、<app_name> プレースホルダーを一意の Function App 名で、<storage_name> をストレージ アカウント名で置き換えます。In the following command, substitute a unique function app name where you see the <app_name> placeholder and the storage account name for <storage_name>. <app_name> は、Function App の既定の DNS ドメインとして使用されます。そのため、名前は Azure のすべてのアプリ間で一意である必要があります。The <app_name> is used as the default DNS domain for the function app, and so the name needs to be unique across all apps in Azure. 以前と同様に、<docker-id> は Docker アカウント名です。As before, <docker-id> is your Docker account name.

az functionapp create --name <app_name> --storage-account  <storage_name>  --resource-group myResourceGroup \
--plan myPremiumPlan --deployment-container-image-name <docker-id>/mydockerimage:v1.0.0

deployment-container-image-name パラメーターは、Function App を作成するために使用する、Docker Hub でホストされているイメージを示します。The deployment-container-image-name parameter indicates the image hosted on Docker Hub to use to create the function app. デプロイに使用されているイメージに関する情報を表示するには、az functionapp config container show コマンドを使用します。Use the az functionapp config container show command to view information about the image used for deployment. 別のイメージからデプロイするには、az functionapp config container set コマンドを使用します。Use the az functionapp config container set command to deploy from a different image.

Function App を構成するConfigure the function app

関数が既定のストレージ アカウントに接続するには接続文字列が必要です。The function needs the connection string to connect to the default storage account. カスタム イメージをプライベート コンテナー アカウントに発行するときは、ENV 命令などを使用して、代わりにこれらのアプリケーション設定を Dockerfile の環境変数として設定する必要があります。When you are publishing your custom image to a private container account, you should instead set these application settings as environment variables in the Dockerfile using the ENV instruction, or something similar.

ここでは、<storage_name> は作成したストレージ アカウントの名前です。In this case, <storage_name> is the name of the storage account you created. az storage account show-connection-string コマンドで接続文字列を取得します。Get the connection string with the az storage account show-connection-string command. az functionapp config appsettings set コマンドで、これらのアプリケーション設定を Function App に追加します。Add these application settings in the function app with the az functionapp config appsettings set command.

storageConnectionString=$(az storage account show-connection-string \
--resource-group myResourceGroup --name <storage_name> \
--query connectionString --output tsv)

az functionapp config appsettings set --name <app_name> \
--resource-group myResourceGroup \
--settings AzureWebJobsDashboard=$storageConnectionString \
AzureWebJobsStorage=$storageConnectionString

注意

コンテナーがプライベートである場合、次のアプリケーション設定も設定する必要があります。If your container is private, you would have to set the following application settings as well

  • DOCKER_REGISTRY_SERVER_USERNAMEDOCKER_REGISTRY_SERVER_USERNAME
  • DOCKER_REGISTRY_SERVER_PASSWORDDOCKER_REGISTRY_SERVER_PASSWORD

これらの値を適用するためには、関数アプリを停止してから起動する必要があります。You will have to stop and then start your function app for these values to be picked up

これで、Linux 上で実行される関数を Azure でテストできます。You can now test your functions running on Linux in Azure.

Azure で関数をテストするTest the function in Azure

cURL を使用して、デプロイした関数をテストします。Use cURL to test the deployed function. 前の手順からコピーした URL を関数キーも含めて使用して、URL にクエリ文字列 &name=<yourname> を追加します。Using the URL, including the function key, that you copied from the previous step, append the query string &name=<yourname> to the URL.

cURL を使用した Azure の関数の呼び出し。

コピーした URL を、関数キーも含めて、Web ブラウザーのアドレスに貼り付けることもできます。You can also paste the copied URL, including the function key, in to the address of your web browser. 繰り返しになりますが、要求を実行する前に、URL にクエリ文字列 &name=<yourname> を追加してください。Again, append the query string &name=<yourname> to the URL before you execute the request.

Web ブラウザーを使用した関数の呼び出し。

継続的配置を有効にするEnable continuous deployment

コンテナーを使用する利点の 1 つは、コンテナーがレジストリで更新されたときに自動的に更新プログラムを配置できることです。One of the benefits of using containers is being able to automatically deploy updates when containers are updated in the registry. az functionapp deployment container config コマンドを使用して、継続的配置を有効にします。Enable continuous deployment with the az functionapp deployment container config command.

az functionapp deployment container config --enable-cd \
--query CI_CD_URL --output tsv \
--name <app_name> --resource-group myResourceGroup

継続的配置を有効にすると、このコマンドから配置 Webhook URL が返されます。This command returns the deployment webhook URL after continuous deployment is enabled. az functionapp deployment container show-cd-url コマンドを使用してこの URL を返すこともできます。You can also use the az functionapp deployment container show-cd-url command to return this URL.

配置 URL をコピーし、DockerHub リポジトリを参照し、 [Webhook] タブを選択し、Webhook の [webhook 名] を入力し、 [Webhook URL] に URL を貼り付けます。次にプラス記号 ( + ) を選択します。Copy the deployment URL and browse to your DockerHub repo, choose the Webhooks tab, type a Webhook name for the webhook, paste your URL in Webhook URL, and then choose the plus sign (+).

DockerHub リポジトリに Webhook を追加する

Webhook を設定して、DockerHub のリンクされたイメージを更新すると、関数アプリで最新のイメージがダウンロードされ、インストールされます。With the webhook set, any updates to the linked image in DockerHub result in the function app downloading and installing the latest image.

Application Insights を有効にするEnable Application Insights

関数の実行を監視するための推奨される方法は、関数アプリを Azure Application Insights と統合することです。The recommended way to monitor the execution of your functions is by integrating your function app with Azure Application Insights. Azure Portal で関数アプリを作成する場合、この統合は、既定で自動的に行われます。When you create a function app in the Azure portal, this integration is done for you by default. ただし、Azure CLI を使用して関数アプリを作成する場合は、Azure で関数アプリの統合は実行されません。However, when you create your function app by using the Azure CLI, the integration in your function app in Azure isn't done.

関数アプリ用に Application Insights を有効にするには:To enable Application Insights for your function app:

Functions を使用すると、Azure portal から関数アプリに Application Insights 統合を簡単に追加できます。Functions makes it easy to add Application Insights integration to a function app from the Azure portal.

  1. ポータル で、 [すべてのサービス] > [Function App] を選択し、関数アプリを選択してから、ウィンドウの上部にある Application Insights バナーを選択しますIn the portal, select All services > Function Apps, select your function app, and then select the Application Insights banner at the top of the window

    ポータルから Application Insights を有効にする

  2. 画像の下の表に指定されている設定を使用して、Application Insights リソースを作成します。Create an Application Insights resource by using the settings specified in the table below the image.

    Application Insights リソースの作成

    SettingSetting 推奨値Suggested value DescriptionDescription
    NameName 一意のアプリ名Unique app name 関数アプリと同じ名前を使用するのが最も簡単です。この名前は、サブスクリプション内で一意である必要があります。It's easiest to use the same name as your function app, which must be unique in your subscription.
    LocationLocation 西ヨーロッパWest Europe 可能であれば、お使いの関数アプリと同じリージョン、または近隣のリージョンを使用してください。If possible, use the same region as your function app, or one that's close to that region.
  3. [OK] を選択します。Select OK. Application Insights リソースは、関数アプリと同じリソース グループおよびサブスクリプションに作成されます。The Application Insights resource is created in the same resource group and subscription as your function app. リソースが作成されたら、Application Insights ウィンドウを閉じます。After the resource is created, close the Application Insights window.

  4. 対象の関数アプリに戻り、 [アプリケーション設定] を選択し、 [アプリケーション設定] まで下にスクロールします。Back in your function app, select Application settings, and then scroll down to Application settings. APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY という設定が表示された場合は、Azure で実行されている関数アプリに対して Application Insights 統合が有効になっています。If you see a setting named APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY, Application Insights integration is enabled for your function app running in Azure.

詳細については、「Azure Functions を監視する」を参照してください。To learn more, see Monitor Azure Functions.

リソースのクリーンアップClean up resources

このコレクションの他のクイックスタートは、このクイックスタートに基づいています。Other quickstarts in this collection build upon this quickstart. 引き続きクイックスタートまたはチュートリアルの作業を行う場合は、このクイックスタートで作成したリソースをクリーンアップしないでください。If you plan to continue on with subsequent quickstarts or with the tutorials, don't clean up the resources created in this quickstart. 作業する予定がない場合は、次のコマンドを使用して、このクイックスタートで作成したすべてのリソースを削除してください。If you don't plan to continue, use the following command to delete all resources created in this quickstart:

az group delete --name myResourceGroup

メッセージが表示されたら、y を選択します。Select y when prompted.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、以下の内容を学習しました。In this tutorial, you learned how to:

  • Core Tools を使用して関数アプリと Dockerfile を作成します。Create a function app and Dockerfile using Core Tools.
  • Docker を使用してカスタム イメージをビルドします。Build a custom image using Docker.
  • カスタム イメージをコンテナー レジストリに発行します。Publish a custom image to a container registry.
  • Azure ストレージ アカウントを作成します。Create an Azure Storage account.
  • Linux Premium プランを作成します。Create a Linux Premium plan.
  • Docker Hub から Function App をデプロイします。Deploy a function app from Docker Hub.
  • Function App にアプリケーション設定を追加します。Add application settings to the function app.
  • 継続的デプロイを有効にします。Enable continuous deployment.
  • Application Insights の監視を追加します。Add Application Insights monitoring.