SQL IaaS Agent 拡張機能への自動登録Automatic registration with SQL IaaS Agent extension

適用対象: Azure VM 上の SQL Server

Azure portal で自動登録機能を有効にすると、Azure Virtual Machines (VM) 上の既存および今後のすべての SQL Server は軽量モードで SQL IaaS Agent 拡張機能に自動的に登録されます。Enable the automatic registration feature in the Azure portal to automatically register all current and future SQL Server on Azure Virtual Machines (VMs) with the SQL IaaS Agent extension in lightweight mode.

この記事では、自動登録機能を有効にする方法について説明します。This article teaches you to enable the automatic registration feature. また、SQL IaaS Agent 拡張機能に 1 つの VM を登録することや、複数の VM を一括で登録することもできます。Alternatively, you can register a single VM, or register your VMs in bulk with the SQL IaaS Agent extension.

概要Overview

ご使用の SQL Server VM を SQL IaaS Agent 拡張機能に登録すると、特典の完全な機能セットがロック解除されます。Registering your SQL Server VM with the SQL IaaS Agent extension to unlock a full feature set of benefits.

自動登録が有効になっている場合、サブスクリプション内のすべての未登録の VM に SQL Server がインストールされているかどうかを検出するため、ジョブが毎日実行されます。When automatic registration is enabled, a job runs daily to detect whether or not SQL Server is installed on all the unregistered VMs in the subscription. これを行うには、SQL IaaS Agent 拡張機能バイナリを VM にコピーし、SQL Server レジストリ ハイブをチェックする 1 回限りのユーティリティを実行します。This is done by copying the SQL IaaS agent extension binaries to the VM, then running a one-time utility that checks for the SQL Server registry hive. SQL Server ハイブが検出された場合、仮想マシンは軽量モードで拡張機能に登録されます。If the SQL Server hive is detected, the virtual machine is registered with the extension in lightweight mode. レジストリに SQL Server ハイブが存在しない場合は、バイナリが削除されます。If no SQL Server hive exists in the registry, the binaries are removed.

サブスクリプションに対して自動登録を有効にすると、SQL Server が既にインストールされている、または今後インストールされる VM が、軽量モードで SQL IaaS Agent 拡張機能に登録されます。Once automatic registration is enabled for a subscription, all current and future VMs that have SQL Server installed will be registered with the SQL IaaS Agent extension in lightweight mode. 完全な機能セットを使用するには、完全管理モードに手動でアップグレードする必要があります。You still need to manually upgrade to full manageability mode to take advantage of the full feature set.

重要

SQL IaaS Agent 拡張機能を使用すると、Azure 仮想マシン内で SQL Server を使用する際に、お客様に追加のメリットを提供するという明確な目的のためにデータが収集されます。The SQL IaaS Agent extension collects data for the express purpose of giving customers optional benefits when using SQL Server within Azure Virtual Machines. Microsoft は、お客様の事前の同意なく、ライセンスの監査にこのデータを使用することはありません。Microsoft will not use this data for licensing audits without the customer's advance consent. 詳細については、「SQL Server のプライバシーの補足情報」を参照してください。See the SQL Server privacy supplement for more information.

前提条件Prerequisites

SQL Server VM を拡張機能に登録するには、以下のものが必要になります。To register your SQL Server VM with the extension, you'll need:

有効化Enable

Azure portal で SQL Server VM の自動登録を有効にするには、これらの手順を実行します。To enable automatic registration of your SQL Server VMs in the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure portal にサインインします。Sign into the Azure portal.

  2. [SQL 仮想マシン] リソース ページに移動します。Navigate to the SQL virtual machines resource page.

  3. [Automatic SQL Server VM registration](自動 SQL Server VM 登録) を選択して [Automatic registration](自動登録) ページを開きます。Select Automatic SQL Server VM registration to open the Automatic registration page.

    [Automatic SQL Server VM registration]\(自動 SQL Server VM 登録\) を選択して [Automatic registration]\(自動登録\) ページを開きます

  4. ドロップダウンから使用するサブスクリプションを選択します。Choose your subscription from the drop-down.

  5. 条項を読み、同意する場合は [同意する] を選択します。Read through the terms and if you agree, select I accept.

  6. [登録] を選択すると、この機能が有効になり、既存および今後のすべての SQL Server VM が SQL IaaS Agent 拡張機能に自動的に登録されるようになります。Select Register to enable the feature and automatically register all current and future SQL Server VMs with the SQL IaaS Agent extension. これにより、どの VM 上の SQL Server サービスも再起動されません。This will not restart the SQL Server service on any of the VMs.

無効Disable

自動登録機能を無効にするには、Azure CLI または Azure PowerShell を使用します。Use the Azure CLI or Azure PowerShell to disable the automatic registration feature. 自動登録機能が無効になっている場合、サブスクリプションに追加された SQL Server VM は、SQL IaaS Agent 拡張機能に手動で登録する必要があります。When the automatic registration feature is disabled, SQL Server VMs added to the subscription need to be manually registered with the SQL IaaS Agent extension. これにより、既に登録されている既存の SQL Server VM の登録が解除されることはありません。This will not unregister existing SQL Server VMs that have already been registered.

Azure CLI を使用して自動登録を無効にするには、次のコマンドを実行します。To disable automatic registration using Azure CLI, run the following command:

az feature unregister --namespace Microsoft.SqlVirtualMachine --name BulkRegistration

複数のサブスクリプションに対して有効にするEnable for multiple subscriptions

PowerShell を使用すると、複数の Azure サブスクリプションの自動登録機能を有効にすることができます。You can enable the automatic registration feature for multiple Azure subscriptions by using PowerShell.

これを行うには、次の手順に従います。To do so, follow these steps:

  1. このスクリプトEnableBySubscription.ps1 などの .ps1 ファイルに保存します。Save this script to a .ps1 file, such as EnableBySubscription.ps1.

  2. 管理コマンド プロンプトまたは PowerShell ウィンドウを使用して、スクリプトを保存した場所に移動します。Navigate to where you saved the script by using an administrative Command Prompt or PowerShell window.

  3. Azure に接続します (az login)。Connect to Azure (az login).

  4. スクリプトを実行し、SubscriptionIds を次のようなパラメーターとして渡します。Execute the script, passing in SubscriptionIds as parameters such as
    .\EnableBySubscription.ps1 -SubscriptionList SubscriptionId1,SubscriptionId2

    次に例を示します。For example:

    .\EnableBySubscription.ps1 -SubscriptionList a1a1a-aa11-11aa-a1a1-a11a111a1,b2b2b2-bb22-22bb-b2b2-b2b2b2bb
    

登録の失敗エラーは、.ps1 スクリプトの保存と実行に使用したものと同じディレクトリ内にある RegistrationErrors.csv に格納されます。Failed registration errors are stored in RegistrationErrors.csv located in the same directory where you saved and executed the .ps1 script from.

次のステップNext steps

管理モードを完全にアップグレードして、SQL IaaS Agent 拡張機能によって提供される完全な機能セットを使用します。Upgrade your manageability mode to full to take advantage of the full feature set provided to you by the SQL IaaS Agent extension.