SQL Server VM を SQL IaaS Agent 拡張機能に登録するRegister SQL Server VM with SQL IaaS Agent Extension

適用対象: Azure VM 上の SQL Server

ご使用の SQL Server VM を SQL IaaS Agent 拡張機能に登録すると、Azure VM 上の SQL Server に対する数多くの機能面の利点を活用できるようになります。Registering your SQL Server VM with the SQL IaaS Agent extension to unlock a wealth of feature benefits for your SQL Server on Azure VM.

この記事では、SQL IaaS Agent 拡張機能に 1 つの SQL Server VM を登録する方法について説明します。This article teaches you to register a single SQL Server VM with the SQL IaaS Agent extension. また、すべての SQL Server VM を自動的に登録することや、複数の VM を一括でスクリプト化して登録することもできます。Alternatively, you can register all SQL Server VMs automatically or multiple VMs scripted in bulk.

概要Overview

SQL Server IaaS Agent 拡張機能に登録すると、仮想マシン リソースとは "別の" リソースである、SQL 仮想マシン "リソース" がサブスクリプション内に作成されます。Registering with the SQL Server IaaS Agent extension creates the SQL virtual machine resource within your subscription, which is a separate resource from the virtual machine resource. 拡張機能から SQL Server VM を登録解除すると、SQL 仮想マシン "リソース" は削除されますが、実際の仮想マシンは削除されません。Unregistering your SQL Server VM from the extension will remove the SQL virtual machine resource but will not drop the actual virtual machine.

Azure portal を介して SQL Server VM の Azure Marketplace イメージをデプロイすると、その SQL Server VM が自動的に拡張機能に登録されます。Deploying a SQL Server VM Azure Marketplace image through the Azure portal automatically registers the SQL Server VM with the extension. ただし、Azure 仮想マシンに SQL Server を自分でインストールすること、またはカスタム VHD から Azure 仮想マシンをプロビジョニングすることを選択する場合は、機能面のすべての利点と管理の容易性を活用できるようにするために、SQL Server VM を SQL IaaS Agent 拡張機能に登録する必要があります。However, if you choose to self-install SQL Server on an Azure virtual machine, or provision an Azure virtual machine from a custom VHD, then you must register your SQL Server VM with the SQL IaaS Agent extension to to unlock full feature benefits and manageability.

SQL IaaS Agent 拡張機能を利用するには、最初に サブスクリプションを Microsoft.SqlVirtualMachine プロバイダーに登録する必要があります。これにより、SQL IaaS 拡張機能は、その特定のサブスクリプション内にリソースを作成できます。To utilize the SQL IaaS Agent extension, you must first register your subscription with the Microsoft.SqlVirtualMachine provider, which gives the SQL IaaS extension the ability to create resources within that specific subscription.

重要

SQL IaaS Agent 拡張機能を使用すると、Azure 仮想マシン内で SQL Server を使用する際に、お客様に追加のメリットを提供するという明確な目的のためにデータが収集されます。The SQL IaaS Agent extension collects data for the express purpose of giving customers optional benefits when using SQL Server within Azure Virtual Machines. Microsoft は、お客様の事前の同意なく、ライセンスの監査にこのデータを使用することはありません。Microsoft will not use this data for licensing audits without the customer's advance consent. 詳細については、「SQL Server のプライバシーの補足情報」を参照してください。See the SQL Server privacy supplement for more information.

前提条件Prerequisites

SQL Server VM を拡張機能に登録するには、以下のものが必要になります。To register your SQL Server VM with the extension, you'll need:

リソースプロバイダーを使用してサブスクリプションを登録するRegister subscription with RP

SQL Server VM を SQL IaaS Agent 拡張機能に登録するには、最初にサブスクリプションを Microsoft.SqlVirtualMachine プロバイダーに登録する必要があります。To register your SQL Server VM with the SQL IaaS Agent extension, you must first register your subscription with Microsoft.SqlVirtualMachine provider. これにより、SQL IaaS Agent 拡張機能は、サブスクリプション内にリソースを作成できます。This gives the SQL IaaS Agent extension the ability to create resources within your subscription. これは Azure portal、Azure CLI、または Azure PowerShell を使用して実行できます。You can do so by using the Azure portal, the Azure CLI, or Azure PowerShell.

Azure portalAzure portal

  1. Azure portal を開き、 [すべてのサービス] に移動します。Open the Azure portal and go to All Services.

  2. [サブスクリプション] に移動し、目的のサブスクリプションを選択します。Go to Subscriptions and select the subscription of interest.

  3. [サブスクリプション] ページで、 [拡張機能] に移動します。On the Subscriptions page, go to extensions.

  4. フィルターに「sql」と入力し、SQL 関連の拡張機能を表示します。Enter sql in the filter to bring up the SQL-related extensions.

  5. 必要なアクションに応じて、Microsoft.SqlVirtualMachine プロバイダーで [登録][再登録] 、または [登録解除] を選択します。Select Register, Re-register, or Unregister for the Microsoft.SqlVirtualMachine provider, depending on your desired action.

    プロバイダーの変更

コマンド ラインCommand line

Azure CLI または Azure PowerShell を使用して、Azure サブスクリプションを Microsoft.SqlVirtualMachine プロバイダーに登録します。Register your Azure subscription with the Microsoft.SqlVirtualMachine provider using either Azure CLI or Azure PowerShell.

# Register the SQL IaaS Agent extension to your subscription 
az provider register --namespace Microsoft.SqlVirtualMachine 

拡張機能に登録するRegister with extension

SQL Server IaaS Agent 拡張機能には 3 つの管理モードがあります。There are three management modes for the SQL Server IaaS Agent extension.

フル管理モードで拡張機能を登録すると、SQL Server サービスが再起動されるため、最初に軽量モードで拡張機能を登録してから、メンテナンス期間中にフルにアップグレードすることをお勧めします。Registering the extension in full management mode restarts the SQL Server service so it's recommended to register the extension in lightweight mode first, and then upgrade to full during a maintenance window.

軽量管理モードLightweight management mode

Azure CLI または Azure PowerShell を使用して、軽量モードで SQL Server VM を拡張機能に登録します。Use the Azure CLI or Azure PowerShell to register your SQL Server VM with the extension in lightweight mode. これにより、SQL Server サービスは再起動されません。This will not restart the SQL Server service. その後、いつでもフル モードにアップグレードできますが、これを行うと SQL Server サービスが再起動されるので、予定メンテナンス期間まで待つことをお勧めします。You can then upgrade to full mode at any time, but doing so will restart the SQL Server service so it is recommended to wait until a scheduled maintenance window.

SQL Server のライセンスの種類として、使用した分を支払う従量課金制 (PAYG)、独自のライセンスを使用する Azure ハイブリッド特典 (AHUB)、または 無料の DR レプリカ ライセンスをアクティブ化するディザスター リカバリー (DR) のいずれかを指定します。Provide the SQL Server license type as either pay-as-you-go (PAYG) to pay per usage, Azure Hybrid Benefit (AHUB) to use your own license, or disaster recovery (DR) to activate the free DR replica license.

フェールオーバー クラスター インスタンスとマルチインスタンス デプロイは、軽量モードでのみ SQL IaaS Agent 拡張機能に登録できます。Failover cluster instances and multi-instance deployments can only be registered with the SQL IaaS Agent extension in lightweight mode.

Azure CLI を使用して軽量モードで SQL Server VM を登録します。Register a SQL Server VM in lightweight mode with the Azure CLI:

# Register Enterprise or Standard self-installed VM in Lightweight mode
az sql vm create --name <vm_name> --resource-group <resource_group_name> --location <vm_location> --license-type <license_type> 

フル管理モードFull management mode

SQL Server VM をフル モードで登録すると、SQL Server サービスが再起動されます。Registering your SQL Server VM in full mode will restart the SQL Server service. 注意して進めてください。Please proceed with caution.

SQL Server VM をフル モードで直接登録するには (さらに、場合によっては SQL Server サービスを再起動するには)、次の Azure PowerShell コマンドを使用します。To register your SQL Server VM directly in full mode (and possibly restart your SQL Server service), use the following Azure PowerShell command:

# Get the existing  Compute VM
$vm = Get-AzVM -Name <vm_name> -ResourceGroupName <resource_group_name>
      
# Register with SQL IaaS Agent extension in full mode
New-AzSqlVM -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -SqlManagementType Full

NoAgent 管理モードNoAgent management mode

Windows Server 2008 (R2 ではない) にインストールされている SQL Server 2008 および 2008 R2 は、NoAgent モードで SQL IaaS Agent 拡張機能に登録できます。SQL Server 2008 and 2008 R2 installed on Windows Server 2008 (not R2) can be registered with the SQL IaaS Agent extension in the NoAgent mode. このオプションにより、コンプライアンスが確保され、SQL Server VM を Azure portal の限られた機能で監視できるようになります。This option assures compliance and allows the SQL Server VM to be monitored in the Azure portal with limited functionality.

[ライセンスの種類] には、AHUBPAYG、または DR を指定します。For the license type, specify either: AHUB, PAYG, or DR. [image offer](イメージ オファー) には、SQL2008-WS2008 または SQL2008R2-WS2008 を指定します。For the image offer, specify either SQL2008-WS2008 or SQL2008R2-WS2008

Windows Server 2008 インスタンス上の SQL Server 2008 (SQL2008-WS2008) または 2008 R2 (SQL2008R2-WS2008) を登録するには、次の Azure CLI または Azure PowerShell のコード スニペットを使用します。To register your SQL Server 2008 (SQL2008-WS2008) or 2008 R2 (SQL2008R2-WS2008) on Windows Server 2008 instance, use the following Azure CLI or Azure PowerShell code snippet:

Azure CLI を使用して NoAgent モードで SQL Server 仮想マシンを登録します。Register your SQL Server virtual machine in NoAgent mode with the Azure CLI:

 az sql vm create -n sqlvm -g myresourcegroup -l eastus |
 --license-type <license type>  --sql-mgmt-type NoAgent 
 --image-sku Enterprise --image-offer <image offer> 

検証モードVerify mode

Azure PowerShell を次のように使用して、SQL Server IaaS Agent の現在のモードを確認できます。You can view the current mode of your SQL Server IaaS agent by using Azure PowerShell:

# Get the SqlVirtualMachine
$sqlvm = Get-AzSqlVM -Name $vm.Name  -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName
$sqlvm.SqlManagementType

フルへのアップグレードUpgrade to full

"軽量" モードで拡張機能に登録された SQL Server VM は、Azure portal、Azure CLI、または Azure PowerShell を使用して "フル" にアップグレードできます。SQL Server VMs that have registered the extension in lightweight mode can upgrade to full using the Azure portal, the Azure CLI, or Azure PowerShell. "No-Agent" モードの SQL Server VM は、OS が Windows 2008 R2 以上にアップグレードされた後、"フル" にアップグレードできます。SQL Server VMs in NoAgent mode can upgrade to full after the OS is upgraded to Windows 2008 R2 and above. ダウングレードすることはできません。それを行うには、SQL Server VM を SQL IaaS Agent 拡張機能から登録解除する必要があります。It is not possible to downgrade - to do so, you will need to unregister the SQL Server VM from the SQL IaaS Agent extension. それにより、SQL 仮想マシン の "リソース" が削除されますが、実際の仮想マシンは削除されません。Doing so will remove the SQL virtual machine resource, but will not delete the actual virtual machine.

注意

SQL IaaS 拡張機能の管理モードをフルにアップグレードすると、SQL Server サービスが再起動されます。When you upgrade the management mode for the SQL IaaS extension to full, it will restart the SQL Server service. 場合によっては、再起動によって、SQL Server サービスに関連付けられたサービス プリンシパル名 (SPN) が間違ったユーザー アカウントに変更されることがあります。In some cases, the restart may cause the service principal names (SPNs) associated with the SQL Server service to change to the wrong user account. 管理モードをフルにアップグレードした後に接続の問題が発生した場合は、SPN を登録解除してから再登録してくださいIf you have connectivity issues after upgrading the management mode to full, unregister and reregister your SPNs.

Azure portalAzure portal

Azure portal を使用して拡張機能をフル モードにアップグレードするには、これらの手順に従います。To upgrade the extension to full mode using the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. SQL 仮想マシン リソースに移動します。Go to your SQL virtual machines resource.

  3. ご利用の SQL Server VM を選択し、 [概要] を選択します。Select your SQL Server VM, and select Overview.

  4. IaaS モードが NoAgent または軽量である SQL Server VM では、SQL IaaS 拡張機能で利用できるのはライセンスの種類とエディションの更新のみ という内容のメッセージを選択します。For SQL Server VMs with the NoAgent or lightweight IaaS mode, select the Only license type and edition updates are available with the SQL IaaS extension message.

    ポータルでモードを変更するための選択

  5. [仮想マシンで SQL Server サービスを再起動することに同意します] チェック ボックスをオンにし、 [確認] を選択して IaaS モードを "フル" にアップグレードします。Select the I agree to restart the SQL Server service on the virtual machine check box, and then select Confirm to upgrade your IaaS mode to full.

    仮想マシンで SQL Server サービスを再起動することに同意するためのチェック ボックス

コマンド ラインCommand line

拡張機能をフル モードにアップグレードするには、次の Azure CLI コード スニペットを実行します。To upgrade the extension to full mode, run the following Azure CLI code snippet:

# Update to full mode
az sql vm update --name <vm_name> --resource-group <resource_group_name> --sql-mgmt-type full  

登録状態を確認するVerify registration status

お使いの SQL Server VM が既に SQL IaaS Agent 拡張機能に登録されているかどうかは、Azure portal、Azure CLI、または Azure PowerShell を使用して確認できます。You can verify if your SQL Server VM has already been registered with the SQL IaaS Agent extension by using the Azure portal, the Azure CLI, or Azure PowerShell.

Azure portalAzure portal

Azure portal を使用して登録状態を確認するには、これらの手順に従います。To verify the registration status using the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. ご利用の SQL Server VM にアクセスします。Go to your SQL Server VMs.

  3. 一覧から SQL Server VM を選択します。Select your SQL Server VM from the list. お使いの SQL Server VM がここに表示されていない場合は、SQL IaaS Agent 拡張機能に登録されていない可能性があります。If your SQL Server VM is not listed here, it likely hasn't been registered with the SQL IaaS Agent extension.

  4. [状態] の値を確認します。View the value under Status. [状態][成功] の場合は、その SQL Server VM が正常に SQL IaaS Agent 拡張機能に登録されています。If Status is Succeeded, then the SQL Server VM has been registered with the SQL IaaS Agent extension successfully.

    SQL RP 登録による状態を確認する

コマンド ラインCommand line

Azure CLI または Azure PowerShell を使用して現在の SQL Server VM の登録状態を確認します。Verify current SQL Server VM registration status using either Azure CLI or Azure PowerShell. 登録が成功していれば、ProvisioningStateSucceeded と表示されます。ProvisioningState will show Succeeded if registration was successful.

Azure CLI を使用して登録状態を確認するには、次のコード スニペットを実行します。To verify the registration status using the Azure CLI, run the following code snippet:

az sql vm show -n <vm_name> -g <resource_group>

エラーは、SQL Server VM が拡張機能に登録されていないことを示します。An error indicates that the SQL Server VM has not been registered with the extension.

拡張機能から登録を解除するUnregister from extension

SQL IaaS Agent 拡張機能との SQL Server VM の登録を解除するには、Azure portal または Azure CLI を使用して、SQL 仮想マシン "リソース" を削除します。To unregister your SQL Server VM with the SQL IaaS Agent extension, delete the SQL virtual machine resource using the Azure portal or Azure CLI. SQL 仮想マシン "リソース" を削除しても、SQL Server VM は削除されません。Deleting the SQL virtual machine resource does not delete the SQL Server VM. ただし、"リソース" を削除しようとしたときに仮想マシンが誤って削除される可能性があるため、注意して慎重に手順に従ってください。However, use caution and follow the steps carefully because it is possible to inadvertently delete the virtual machine when attempting to remove the resource.

SQL IaaS Agent 拡張機能との SQL 仮想マシンの登録を解除するには、管理モードをフルからダウングレードする必要があります。Unregistering the SQL virtual machine with the SQL IaaS Agent extension is necessary to downgrade the management mode from full.

Azure portalAzure portal

Azure portal を使用して拡張機能から SQL Server VM の登録を解除するには、これらの手順に従います。To unregister your SQL Server VM from the extension using the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign into the Azure portal.

  2. SQL VM リソースに移動します。Navigate to the SQL VM resource.

    SQL 仮想マシン リソース

  3. [削除] を選択します。Select Delete.

    上部のナビゲーションの [削除] を選択します

  4. SQL 仮想マシンの名前を入力し、仮想マシンの横にあるチェック ボックスをオフにしますType the name of the SQL virtual machine and clear the check box next to the virtual machine.

    実際の仮想マシンが削除されないように仮想マシンのボックスをオフにし、[削除] を選択して SQL VM リソースの削除を続行します

    警告

    仮想マシン名の横にあるチェックボックスをオフにしないと、仮想マシンが完全に "削除" されます。Failure to clear the checkbox next to the virtual machine name will delete the virtual machine entirely. 拡張機能から SQL Server VM の登録を解除する一方で、"実際の仮想マシンを削除しない" 場合は、このチェックボックスをオフにしてください。Clear the checkbox to unregister the SQL Server VM from the extension but not delete the actual virtual machine.

  5. [削除] を選択して、SQL Server VM ではなく、SQL 仮想マシン "リソース" の削除を確認します。Select Delete to confirm the deletion of the SQL virtual machine resource, and not the SQL Server VM.

コマンド ラインCommand line

Azure CLI を使用して拡張機能から SQL Server VM の登録を解除するには、az sql vm delete コマンドを使用します。To unregister your SQL Server VM from the extension with Azure CLI, use the az sql vm delete command. これにより、SQL Server VM "リソース" が削除されますが、仮想マシンは削除されません。This will remove the SQL Server VM resource but will not delete the virtual machine.

az sql vm delete 
  --name <SQL VM resource name> |
  --resource-group <Resource group name> |
  --yes 

次のステップNext steps

詳細については、次の記事を参照してください。For more information, see the following articles: