Azure Stack Managed Disks: 相違点と考慮事項Azure Stack Managed Disks: differences and considerations

この記事は、Azure Stack の Managed DisksAzure の Managed Disks の既知の相違点をまとめたものです。This article summarizes the known differences between Azure Stack Managed Disks and Managed Disks for Azure. Azure Stack と Azure の違いの概要については、「主な考慮事項」をご覧ください。To learn about high-level differences between Azure Stack and Azure, see the Key considerations article.

マネージド ディスクを使用すると、VM ディスクに関連付けられているストレージ アカウントを管理できるため、IaaS VM のディスク管理が簡素化されます。Managed Disks simplifies disk management for IaaS VMs by managing the storage accounts associated with the VM disks.

注意

Azure Stack の Managed Disks は 1808 更新プログラムから使用できます。Managed Disks on Azure Stack is available from 1808 update. 1811 更新プログラムから Azure Stack ポータルを使用して仮想マシンを作成すると、既定で有効になります。It is enabled by default when creating virtual machines using the Azure Stack portal from 1811 update.

チート シート:マネージド ディスクの相違点Cheat sheet: Managed disk differences

機能Feature Azure (グローバル)Azure (global) Azure StackAzure Stack
保存データの暗号化Encryption for Data at Rest Azure Storage Service Encryption (SSE)、Azure Disk Encryption (ADE)Azure Storage Service Encryption (SSE), Azure Disk Encryption (ADE) BitLocker 128 ビット AES 暗号化BitLocker 128-bit AES encryption
ImageImage マネージド カスタム イメージのサポートSupport managed custom image サポートされていますSupported
バックアップ オプションBackup options Azure Backup サービスのサポートSupport Azure Backup Service まだサポートされていませんNot yet supported
ディザスター リカバリーのオプションDisaster recovery options Azure Site Recovery のサポートSupport Azure Site Recovery まだサポートされていませんNot yet supported
ディスクの種類Disk types Premium SSD、Standard SSD (プレビュー)、および Standard HDDPremium SSD, Standard SSD (Preview), and Standard HDD Premium SSD、Standard HDDPremium SSD, Standard HDD
Premium DiskPremium disks 完全にサポートされますFully supported プロビジョニング可能ですがパフォーマンス制限や保証がありませんCan be provisioned, but no performance limit or guarantee
Premium Disk の IOPPremium disks IOPs ディスク サイズによって異なりますDepends on disk size ディスクあたりの 2300 IOP2300 IOPs per disk
Premium ディスクのスループットPremium disks throughput ディスク サイズによって異なりますDepends on disk size ディスクあたり 145 MB/秒145 MB/second per disk
ディスク サイズDisk size Azure Premium ディスク:P4 (32 GiB) ~ P80 (32 TiB)Azure Premium Disk: P4 (32 GiB) to P80 (32 TiB)
Azure Standard SSD ディスク:E10 (128 GiB) ~ E80 (32 TiB)Azure Standard SSD Disk: E10 (128 GiB) to E80 (32 TiB)
Azure Standard HDD ディスク:S4 (32 GiB) ~ S80 (32 TiB)Azure Standard HDD Disk: S4 (32 GiB) to S80 (32 TiB)
M4:32 GiBM4: 32 GiB
M6:64 GiBM6: 64 GiB
M10:128 GiBM10: 128 GiB
M15:256 GiBM15: 256 GiB
M20:512 GiBM20: 512 GiB
M30:1,024 GiBM30: 1024 GiB
ディスクのスナップショット コピーDisks snapshot copy 実行中の VM にアタッチされている Azure のマネージド ディスクのスナップショットはサポートされていますSnapshot Azure managed disks attached to a running VM supported まだサポートされていませんNot yet supported
ディスクのパフォーマンス分析Disks performance analytic サポートされる合計メトリックおよびディスクあたりのメトリックAggregate metrics and per disk metrics supported まだサポートされていませんNot yet supported
移行Migration VM を再作成する必要なしに既存のアンマネージド Azure Resource Manager VM から移行するためのツールが提供されますProvide tool to migrate from existing un-managed Azure Resource Manager VMs without the need to recreate the VM まだサポートされていませんNot yet supported

注意

Azure Stack のマネージド ディスクの IOP とスループットは、プロビジョニングされた数値に代わりの上限数です。これは Azure Stack で実行されているハードウェアとワークロードによって影響を受ける可能性があります。Managed Disks IOPs and throughput in Azure Stack is a cap number instead of a provisioned number, which may impacted by hardware and workloads running in Azure Stack.

メトリックMetrics

ストレージ メトリックにも相違点があります。There are also differences with storage metrics:

  • Azure Stack では、ストレージ メトリックのトランザクション データで、内部と外部のネットワーク帯域幅は区別されません。With Azure Stack, the transaction data in storage metrics does not differentiate internal or external network bandwidth.
  • ストレージ メトリックの Azure Stack トランザクション データには、マウントされたディスクへの仮想マシンのアクセスは含まれません。Azure Stack transaction data in storage metrics does not include virtual machine access to the mounted disks.

API のバージョンAPI versions

Azure Stack のマネージド ディスクは次の API バージョンをサポートしています。Azure Stack Managed Disks supports the following API versions:

  • 2017-03-302017-03-30
  • 2017-12-012017-12-01

マネージド イメージManaged images

Azure Stack ではマネージド イメージがサポートされています。これにより、汎用化された VM (アンマネージドとマネージドの両方) でマネージド イメージ オブジェクトを作成できます。以降、このオブジェクトではマネージド ディスク VM のみを作成できます。Azure Stack supports managed images, which enable you to create a managed image object on a generalized VM (both unmanaged and managed) that can only create managed disk VMs going forward. マネージド イメージにより、次の 2 つのシナリオが可能になります。Managed images enable the following two scenarios:

  • 汎用化されたアンマネージド VM があり、今後はマネージド ディスクを使用する。You have generalized unmanaged VMs and want to use managed disks going forward.
  • 汎用化されたマネージド VM があり、同様のマネージド VM を複数作成する。You have a generalized managed VM and would like to create multiple, similar managed VMs.

アンマネージド VM をマネージド ディスクに移行するMigrate unmanaged VMs to managed disks

こちらの指示に従い、ストレージ アカウントで、汎用化された VHD からマネージド イメージを作成します。Follow the instructions here to create a managed image from a generalized VHD in a storage account. 以降、このイメージはマネージド VM の作成に使用できます。This image can be used to create managed VMs going forward.

VM からマネージド イメージを作成するCreate managed image from VM

こちらのスクリプトを使って既存のマネージド ディスク VM からイメージを作成した後、次のサンプル スクリプトで、既存のイメージ オブジェクトから類似の Linux VM を作成します。After creating an image from an existing managed disk VM using the script here , the following example script creates a similar Linux VM from an existing image object:

# Variables for common values
$resourceGroup = "myResourceGroup"
$location = "redmond"
$vmName = "myVM"
$imagerg = "managedlinuxrg"
$imagename = "simplelinuxvmm-image-2019122"

# Create user object
$cred = Get-Credential -Message "Enter a username and password for the virtual machine."

# Create a resource group
New-AzureRmResourceGroup -Name $resourceGroup -Location $location

# Create a subnet configuration
$subnetConfig = New-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name mySubnet -AddressPrefix 192.168.1.0/24

# Create a virtual network
$vnet = New-AzureRmVirtualNetwork -ResourceGroupName $resourceGroup -Location $location `
  -Name MYvNET -AddressPrefix 192.168.0.0/16 -Subnet $subnetConfig

# Create a public IP address and specify a DNS name
$pip = New-AzureRmPublicIpAddress -ResourceGroupName $resourceGroup -Location $location `
  -Name "mypublicdns$(Get-Random)" -AllocationMethod Static -IdleTimeoutInMinutes 4

# Create an inbound network security group rule for port 3389
$nsgRuleRDP = New-AzureRmNetworkSecurityRuleConfig -Name myNetworkSecurityGroupRuleRDP  -Protocol Tcp `
  -Direction Inbound -Priority 1000 -SourceAddressPrefix * -SourcePortRange * -DestinationAddressPrefix * `
  -DestinationPortRange 3389 -Access Allow

# Create a network security group
$nsg = New-AzureRmNetworkSecurityGroup -ResourceGroupName $resourceGroup -Location $location `
  -Name myNetworkSecurityGroup -SecurityRules $nsgRuleRDP

# Create a virtual network card and associate with public IP address and NSG
$nic = New-AzureRmNetworkInterface -Name myNic -ResourceGroupName $resourceGroup -Location $location `
  -SubnetId $vnet.Subnets[0].Id -PublicIpAddressId $pip.Id -NetworkSecurityGroupId $nsg.Id

$image = get-azurermimage -ResourceGroupName $imagerg -ImageName $imagename
# Create a virtual machine configuration
$vmConfig = New-AzureRmVMConfig -VMName $vmName -VMSize Standard_D1 | `
Set-AzureRmVMOperatingSystem -Linux -ComputerName $vmName -Credential $cred | `
Set-AzureRmVMSourceImage -Id $image.Id | `
Add-AzureRmVMNetworkInterface -Id $nic.Id

# Create a virtual machine
New-AzureRmVM -ResourceGroupName $resourceGroup -Location $location -VM $vmConfig

詳細については、Azure マネージド イメージに関する記事「Azure で汎用化された VM のマネージド イメージを作成する」および「マネージド イメージから VM を作成する」を参照してください。For more information, see the Azure managed image articles Create a managed image of a generalized VM in Azure and Create a VM from a managed image.

構成Configuration

1808 以降の更新プログラムを適用した後、Managed Disks を使用する前に次の構成を実行する必要があります。After applying the 1808 update or later, you must perform the following configuration before using Managed Disks:

  • 1808 更新プログラムの前にサブスクリプションが作成された場合は、次の手順に従ってサブスクリプションを更新します。If a subscription was created before the 1808 update, follow below steps to update the subscription. そうでないと、このサブスクリプションに VM をデプロイする操作がエラー メッセージ "ディスク マネージャーでの内部エラーです" で失敗することがあります。Otherwise, deploying VMs in this subscription might fail with an error message “Internal error in disk manager.”
    1. テナント ポータルで、[サブスクリプション] に移動して、サブスクリプションを検索します。In the Tenant portal, go to Subscriptions and find the subscription. [リソース プロバイダー] をクリックし、[Microsoft.Compute] をクリックした後、[再登録] をクリックします。Click Resource Providers, then click Microsoft.Compute, and then click Re-register.
    2. 同じサブスクリプションで、[アクセス制御 (IAM)] に移動し、[Azure Stack – マネージド ディスク] がリストに含まれていることを確認します。Under the same subscription, go to Access Control (IAM), and verify that Azure Stack – Managed Disk is listed.
  • マルチテナント環境を使用している場合は、この記事の次の手順に従って、各ゲスト ディレクトリを再構成するように (お客様の組織内またはサービス プロバイダーからの) クラウド オペレーターに依頼してください。If you use a multi-tenant environment, ask your cloud operator (who may be in your own organization, or from the service provider) to reconfigure each of your guest directories following the steps in this article. そうでないと、そのゲスト ディレクトリに関連付けられているサブスクリプションに VM をデプロイする操作がエラー メッセージ "ディスク マネージャーでの内部エラーです" で失敗することがあります。Otherwise, deploying VMs in a subscription associated with that guest directory might fail with an error message "Internal error in disk manager."

次の手順Next steps