Azure Backup でのオフライン バックアップのワークフローOffline-backup workflow in Azure Backup

Azure Backup はさまざまな面で効率性に優れ、Azure への初回完全バックアップ時にネットワークとストレージのコストを抑えます。Azure Backup has several built-in efficiencies that save network and storage costs during the initial full backups of data to Azure. 初回完全バックアップでは通常、大量のデータが転送されます。その後の差分/増分のみを転送するバックアップと比べると、多くのネットワーク帯域幅が必要です。Initial full backups typically transfer large amounts of data and require more network bandwidth when compared to subsequent backups that transfer only the deltas/incrementals. オフライン シード処理プロセスにより、Azure Backup はディスクを使ってオフライン バックアップ データを Azure にアップロードすることができます。Through the process of offline seeding, Azure Backup can use disks to upload the offline backup data to Azure.

Azure Backup のオフライン シード処理プロセスは Azure Import/Export サービス と緊密に統合されており、ディスクを使用して初期バックアップ データを Azure に転送できます。The Azure Backup offline-seeding process is tightly integrated with the Azure Import/Export service that enables you to transfer initial backup data to Azure by using disks. 待ち時間が長く、低帯域幅のネットワークで転送する必要がある初回バックアップ データが数 TB (テラバイト) ある場合は、オフライン シード処理ワークフローを使用して、1 台以上のハード ドライブ上にある初回バックアップ コピーを Azure データセンターに発送できます。If you have terabytes (TBs) of initial backup data that needs to be transferred over a high-latency and low-bandwidth network, you can use the offline-seeding workflow to ship the initial backup copy, on one or more hard drives, to an Azure datacenter. 次の図では、ワークフローの手順の概要を示します。The following image provides an overview of the steps in the workflow.

オフラインでのインポート ワークフロー プロセスの概要

オフライン バックアップ プロセスには次の手順があります。The offline backup process involves the following steps:

  1. ネットワーク経由でバックアップ データを送信する代わりに、ステージングの場所にバックアップ データを書き込みます。Instead of sending the backup data over the network, write the backup data to a staging location.
  2. AzureOfflineBackupDiskPrep ユーティリティを使って、ステージングの場所のデータを、1 つまたは複数の SATA ディスクに書き込みます。Use the AzureOfflineBackupDiskPrep utility to write the data in the staging location to one or more SATA disks.
  3. 準備作業の一環として、AzureOfflineBackupDiskPrep ユーティリティは Azure Import ジョブを作成します。As part of the preparatory work, the AzureOfflineBackupDiskPrep utility creates an Azure Import job. SATA ドライブを最も近い Azure データセンターに送り、インポート ジョブを参照してアクティビティを接続します。Send the SATA drives to the nearest Azure datacenter, and reference the import job to connect the activities.
  4. Azure データセンターでは、ディスク上のデータが Azure ストレージ アカウントにコピーされます。At the Azure datacenter, the data on the disks is copied to an Azure storage account.
  5. Azure Backup によってストレージ アカウントから Recovery Services コンテナーにバックアップ データがコピーされ、増分バックアップがスケジュールされます。Azure Backup copies the backup data from the storage account to the Recovery Services vault, and incremental backups are scheduled.

サポートされている構成Supported configurations

Azure Backup の次の機能またはワークロードは、オフライン バックアップの使用をサポートします。The following Azure Backup features or workloads support use of Offline Backup.

  • Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェント (Azure Backup エージェントとも呼ばれます) によるファイルとフォルダーのバックアップ。Backup of files and folders with the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) agent, also referred to as the Azure Backup agent.
  • System Center Data Protection Manager (SC DPM) でのすべてのワークロードとファイルのバックアップBackup of all workloads and files with System Center Data Protection Manager (SC DPM)
  • Microsoft Azure Backup Server でのすべてのワークロードとファイルのバックアップBackup of all workloads and files with Microsoft Azure Backup Server

注意

Azure Backup エージェントを使用して行われたシステム状態のバックアップでは、オフライン バックアップはサポートされません。Offline Backup is not supported for System State backups done using the Azure Backup agent.

MARS エージェントをアップグレードするUpgrade the MARS agent

2.0.9083.0 より前のバージョンの Microsoft Azure Recovery Service (MARS) エージェントには、Azure Access Control Service (ACS) との依存関係があります。Versions of the Microsoft Azure Recovery Service (MARS) Agent below 2.0.9083.0 have a dependency on the Azure Access Control service (ACS). 2018 年に、Azure は Azure Access Control Service (ACS) を非推奨にしますIn 2018 Azure will deprecate the Azure Access Control service (ACS). 2018 年 3 月 19 日以降、2.0.9083.0 より前のすべてのバージョンの MARS エージェントでバックアップが失敗します。Beginning March 19, 2018, all versions of the MARS agent below 2.0.9083.0 will experience backup failures. バックアップの失敗を回避または解決するには MARS エージェントを最新バージョンにアップグレードします。To avoid or resolve backup failures, upgrade your MARS Agent to the latest version. MARS エージェントのアップグレードが必要なサーバーを識別するには、Azure Backup エージェントのアップグレードに関するバックアップ ブログの手順に従ってください。To identify servers that require a MARS Agent upgrade, follow the steps in the Backup blog for upgrading Azure Backup agents. MARS エージェントを使って、次のデータ型を Azure にバックアップします。The MARS agent is used to back up the following data types to Azure:

  • ファイルFiles
  • システム状態データSystem state data
  • System Center DPM を Azure にバックアップbacking up System Center DPM to Azure
  • Azure Backup Server (MABS)Azure Backup Server (MABS)

前提条件Prerequisites

注意

次の前提条件およびワークフローは、最新の MARS エージェントを使ったファイルとフォルダーのオフライン バックアップにのみ適用されます。The following prerequisites and workflow apply only to Offline backup of files and folders using the latest MARS agent. System Center DPM または Azure Backup Server を使ってワークロードのオフライン バックアップを実行する場合は、こちらの記事をご覧ください。To perform Offline backups for workloads using System Center DPM or Azure Backup Server, refer to this article.

オフライン バックアップ ワークフローを開始する前に、次の前提条件を完了します。Before initiating the Offline Backup workflow, complete the following prerequisites:

  • Recovery Services コンテナーを作成します。Create a Recovery Services vault. コンテナーの作成手順については、こちらの記事をご覧くださいTo create a vault, refer to the steps in this article
  • 最新バージョンの Azure Backup エージェントだけが Windows Server/Windows クライアントにインストールされ、Recovery Services コンテナーにコンピューターが登録されていることを確認します。Make sure that only the latest version of the Azure Backup agent has been installed on the Windows Server/Windows client, as applicable and the computer is registered with the Recovery Services Vault.
  • Azure Backup エージェントを実行しているコンピューターには Azure PowerShell 3.7.0 が必要です。Azure PowerShell 3.7.0 is required on the computer running Azure Backup agent. バージョン 3.7.0 の Azure PowerShell をダウンロードしてインストールすることをお勧めします。It is recommended that you download and install the 3.7.0 version of Azure PowerShell.
  • Azure Backup エージェントを実行しているコンピューターで、Microsoft Edge または Internet Explorer 11 がインストールされ、JavaScript が有効になっていることを確認します。On the computer running Azure Backup agent, make sure Microsoft Edge or Internet Explorer 11 is installed, and JavaScript is enabled.
  • Recovery Services コンテナーと同じサブスクリプションを使って、Azure ストレージ アカウントを作成します。Create an Azure Storage account in the same subscription as the Recovery Services vault.
  • Azure Active Directory アプリケーションを作成するのに必要なアクセス許可があることを確認します。Make sure you have the necessary permissions to create the Azure Active Directory application. オフライン バックアップ ワークフローは、Azure ストレージ アカウントに関連付けられているサブスクリプションに Azure Active Directory アプリケーションを作成します。The Offline Backup workflow creates an Azure Active Directory application in the subscription associated with the Azure Storage account. アプリケーションの目的は、オフライン バックアップ ワークフローに必要な、Azure インポート サービスに対するセキュリティで保護されて範囲を制限されたアクセスを、Azure Backup に提供することです。The goal of the application is to provide Azure Backup with secure and scoped access to the Azure Import Service, required for the Offline Backup workflow.
  • Azure ストレージ アカウントを含むサブスクリプションに Microsoft.ImportExport リソース プロバイダーを登録します。Register the Microsoft.ImportExport resource provider with the subscription containing the Azure Storage account. リソース プロバイダーを登録するには:To register the resource provider:
    1. メイン メニューで [サブスクリプション] をクリックします。In the main menu, Click Subscriptions.
    2. 複数のサブスクリプションをサブスクライブしている場合は、オフライン バックアップに使っているサブスクリプションを選びます。If you are subscribed to multiple subscriptions, select the subscription you're using for the offline backup. 使っているサブスクリプションが 1 つだけの場合は、そのサブスクリプションが表示されます。If you use only one subscription, then your subscription appears.
    3. サブスクリプションのメニューで、[リソース プロバイダー] をクリックしてプロバイダーの一覧を表示します。In the subscription menu, click Resource Providers to view the list of providers.
    4. プロバイダーの一覧で、Microsoft.ImportExport まで下にスクロールします。In the list of providers scroll down to Microsoft.ImportExport. 状態が [NotRegistered](未登録) の場合は、[登録] をクリックします。If the Status is NotRegistered, click Register. リソース プロバイダーの登録registering the resource provider
  • ステージング場所 (ネットワーク共有、または最初のコピーを保持するのに十分なディスク領域がある内部または外部コンピューター上の追加ドライブ) が作成されていること。A staging location, which might be a network share or any additional drive on the computer, internal or external, with enough disk space to hold your initial copy, is created. ステージング場所には、初期コピーを保持するのに十分なディスク領域があることを確認します。For example, if you are trying to back up a 500-GB file server, ensure that the staging area is at least 500 GB. たとえば、500 GB のファイル サーバーをバックアップする場合は、ステージング領域が 500 GB 以上あることを確認します (圧縮処理により、使用量はこれよりも少なくなります)。(A smaller amount is used due to compression.)
  • ディスクを Azure に送付するときは、2.5 インチの SSD、あるいは 2.5 インチまたは 3.5 インチの SATA II/III 内蔵ハード ドライブのみを使用ってください。When sending disks to Azure, use only 2.5 inch SSD, or 2.5-inch or 3.5-inch SATA II/III internal hard drives. 最大 10 TB のハード ドライブを使用できます。You can use hard drives up to 10 TB. サービスでサポートされている最新のドライブについては、Azure Import/Export サービスのドキュメントをご覧ください。Check the Azure Import/Export service documentation for the latest set of drives that the service supports.
  • SATA ドライブは、"ステージング場所" から SATA ドライブへのバックアップ データのコピーが行われるコンピューター ("コピー用コンピューター" と呼ばれます) に接続されている必要があります。The SATA drives must be connected to a computer (referred to as a copy computer) from where the copy of backup data from the staging location to the SATA drives is done. "コピー用コンピューター" で BitLocker が有効になっていることを確認しますEnsure that Bitlocker is enabled on the copy computer.

ワークフローWorkflow

このセクションでは、データを Azure データセンターに送付したり、Azure Storage にアップロードしたりできるように、オフライン バックアップ ワークフローについて説明します。This section describes the offline-backup workflow so that your data can be delivered to an Azure datacenter and uploaded to Azure Storage. インポート サービスやプロセスの他の側面について質問がある場合は、インポート サービスの概要に関するページをご覧ください。If you have questions about the Import service or any aspect of the process, see the Import service overview documentation.

オフライン バックアップを開始するInitiate offline backup

  1. MARS エージェントでバックアップをスケジュールするときは、次の画面が表示されます。When you schedule a backup on the MARS Agent, you see the following screen.

    Import screen

    この画面では、次の内容を入力します。The description of the inputs is as follows:

    • ステージングの場所: 初回バックアップ コピーが書き込まれる一時的なストレージの場所。Staging Location: The temporary storage location to which the initial backup copy is written. ステージング場所には、ネットワーク共有またはローカル コンピューター上の場所を使用できます。Staging location might be on a network share or a local computer. コピー用コンピューターとソース コンピューターが異なる場合は、ステージング場所の完全なネットワーク パスを指定することをお勧めします。If the copy computer and source computer are different, we recommended that you specify the full network path of the staging location.
    • Azure Resource Manager ストレージ アカウント: Azure サブスクリプションに含まれる種類が Resource Manager のストレージ アカウントの名前。Azure Resource Manager Storage Acccount: The name of the Resource Manager type storage account in any Azure subscription.
    • Azure ストレージ コンテナー: Recovery Services コンテナーにコピーする前に、バックアップ データをインポートする先の Azure ストレージアカウントのストレージ BLOB の名前。Azure Storage Container: The name of the destination storage blob in the Azure Storage account where the backup data is imported before being copied to the Recovery Services vault.
    • Azure サブスクリプション ID: Azure ストレージ アカウントを作成する Azure サブスクリプションの ID。Azure Subscription ID: The ID for the Azure subscription where the Azure Storage account is created.
    • Azure インポート ジョブ名: ディスクを使用して Azure に送信されたデータを、Azure インポート サービスと Azure Backup が追跡するときに使用する一意の名前。Azure Import Job Name: The unique name by which Azure Import service and Azure Backup track the transfer of data sent on disks to Azure.

    画面で情報を入力し、[次へ] をクリックします。Provide the inputs on the screen and click Next. ディスクの準備に必要な情報であるため、指定した "ステージング場所" と "Azure インポート ジョブ名" を保存します。Save the provided Staging location and the Azure Import Job Name, as this information is required to prepare the disks.

  2. メッセージ表示されたら、Azure サブスクリプションにサインインします。When prompted, sign into your Azure subscription. Azure Backup が Azure Active Directory アプリケーションを作成し、Azure インポート サービスへのアクセスに必要なアクセス許可を提供できるようにするため、サインインする必要があります。You must sign in so that Azure Backup can create the Azure Active Directory application, and provide the required permissions to access the Azure Import Service.

    今すぐバックアップ

  3. ワークフローを完了し、Azure Backup エージェント コンソールで [今すぐバックアップ] をクリックします。Complete the workflow, and in the Azure Backup agent console click Back Up Now.

    今すぐバックアップ

  4. ウィザードの [確認] ページで、[バックアップ] をクリックします。In the Confirmation page of the wizard, click Back Up. 初期バックアップが、セットアップの一部としてステージング領域に書き込まれます。The initial backup is written to the staging area as part of the setup.

    バックアップの準備ができたことを確認する

    操作が完了すると、ステージング場所を使用してディスクを準備できるようになります。After the operation finishes, the staging location is ready to be used for disk preparation.

    今すぐバックアップ

SATA ドライブの準備と Azure への発送Prepare SATA drives and ship to Azure

AzureOfflineBackupDiskPrep ユーティリティは、最寄りの Azure データセンターに送る SATA ドライブを準備します。The AzureOfflineBackupDiskPrep utility prepares the SATA drives that are sent to the nearest Azure datacenter. このユーティリティは、Azure Backup エージェントのインストール ディレクトリにあります (次のパス)。This utility is available in the Azure Backup agent installation directory (in the following path):

\Microsoft Azure Recovery Services Agent\Utils\\Microsoft Azure Recovery Services Agent\Utils\

  1. このディレクトリに移動し、AzureOfflineBackupDiskPrep ディレクトリを、SATA ドライブが接続されている別のコンピューターにコピーします。Go to the directory and copy the AzureOfflineBackupDiskPrep directory to another computer where the SATA drives are connected. SATA ドライブが接続されたコンピューターで、次のことを確認します。On the computer with the connected SATA drives, ensure:

    • コピー用コンピューターが、 オフライン バックアップの開始 ワークフロー中に指定されたのと同じネットワーク パスを使用して、オフライン シード処理ワークフローのステージング場所にアクセスできる。The copy computer can access the staging location for the offline-seeding workflow by using the same network path that was provided in the Initiate offline backup workflow.
    • コピー用コンピューターで BitLocker が有効になっている。BitLocker is enabled on the copy computer.
    • Azure PowerShell 3.7.0 がインストールされている。Azure PowerShell 3.7.0 is installed.
    • 最新の互換性のあるブラウザー (Edge または Internet Explorer 11) がインストールされていて、JavaScript が有効になっている。The latest compatible browsers (Edge or Internet Explorer 11) are installed and JavaScript is enabled.
    • コピー用コンピューターで Azure Portal にアクセスできる。The copy computer can access the Azure portal. 必要に応じて、コピー用コンピューターをソース コンピューターと同じにすることができます。If necessary, the copy computer can be the same as the source computer.

      重要

      ソース コンピューターが仮想マシンの場合、コピー用コンピューターはソース コンピューターとは異なる物理サーバーまたはクライアント マシンである必要があります。If the source computer is a virtual machine, then the copy computer must be a different physical server or client machine from the source computer.

  2. コピー用コンピューターで、AzureOfflineBackupDiskPrep ユーティリティのディレクトリを現在のディレクトリとして使用して管理者特権でのコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。Open an elevated command prompt on the copy computer with the AzureOfflineBackupDiskPrep utility directory as the current directory, and run the following command:

    .\AzureOfflineBackupDiskPrep.exe s:<Staging Location Path>

    パラメーターParameter 説明Description
    s:<ステージング場所のパス>s:<Staging Location Path> 必須。オフライン バックアップの開始ワークフローで入力したステージング場所へのパスを指定します。Mandatory input used to provide the path to the staging location that you entered in the Initiate offline backup workflow.
    p:<PublishSettingsFile へのパス>p:<Path to PublishSettingsFile> オプション。オフライン バックアップの開始ワークフローで入力した Azure 発行設定ファイルへのパスを指定します。Optional input that's used to provide the path to the Azure Publish Settings file that you entered in the Initiate offline backup workflow.

    コマンドを実行すると、準備する必要があるドライブに対応する Azure インポート ジョブを選択するよう求められます。When you run the command, the utility requests the selection of the Azure Import job that corresponds to the drives that need to be prepared. 指定されたステージング場所に関連付けられているインポート ジョブが 1 つのみの場合は、次のような画面が表示されます。If only a single import job is associated with the provided staging location, you see a screen like the one that follows.

    Azure Disk Preparation tool input

  3. Azure への転送を準備する、マウント済みディスクのドライブ文字を入力します (末尾のコロンを除く)。Enter the drive letter without the trailing colon for the mounted disk that you want to prepare for transfer to Azure.

  4. メッセージが表示されたら、ドライブをフォーマットすることを確認します。Provide confirmation for the formatting of the drive when prompted.
  5. Azure サブスクリプションへのサインインを求められます。You are prompted to sign into your Azure subscription. 資格情報を入力します。Provide your credentials.

    Azure Disk Preparation tool input

    これにより、ディスクとバックアップ データのコピーの準備が開始されます。The tool then begins to prepare the disk and copying the backup data. 指定したディスクにバックアップ データを格納するための領域が十分にない場合は、メッセージが表示されます。その場合は、追加のディスクを接続する必要があります。You may need to attach additional disks when prompted by the tool in case the provided disk does not have sufficient space for the backup data.

    ツールが正常に実行されると、最後に、コマンド プロンプトで 3 つの情報が提供されます。At the end of successful execution of the tool, the command prompt provides three pieces of information:

    1. 提供した 1 つまたは複数のディスクが、Azure への発送用に準備されます。One or more disks you provided are prepared for shipping to Azure.
    2. インポート ジョブが作成されたことの確認が表示されます。You receive confirmation that your import job has been created. インポート ジョブには指定した名前が使われています。The import job uses the name you provided.
    3. ツールで、Azure データセンターの発送先住所が表示されます。The tool displays the shipping address for the Azure datacenter.

      Azure disk preparation complete

  6. コマンド実行の最後に、発送情報を更新できます。At the end of the command execution, you can update the shipping information.

  7. 表示された住所にディスクを発送し、後で参照できるように追跡番号を控えておきます。Ship the disks to the address that the tool provided and keep the tracking number for future reference.

    重要

    2 つの Azure インポート ジョブが同じ追跡番号を持つことはできません。No two Azure Import Jobs can have the same tracking number. 単一の Azure インポート ジョブでユーティリティによって準備されたドライブが単一のパッケージで発送されることと、パッケージに 1 つの一意の追跡番号があることを確認します。Ensure that drives prepared by the utility under a single Azure Import job are shipped together in a single package and that there is a single unique tracking number for the package. 単一パッケージ内の異なる Azure インポート ジョブの一部として準備されたドライブは結合しないでください。Do not combine drives prepared as part of separate Azure Import jobs in a single package.

Azure インポート ジョブで発送の詳細を更新するUpdate shipping details on the Azure Import job

次の手順では、Azure インポート ジョブの送付の詳細を更新します。The following procedure updates the Azure Import job shipping details. この情報には、以下に関する詳細が含まれます。This information includes details about:

  • ディスクを Azure に配達する配送業者の名前the name of the carrier who delivers the disks to Azure
  • ディスクの返送先の詳細return shipping details for your disks
  1. Azure サブスクリプションにサインインします。Sign in to your Azure subscription.
  2. メイン メニューで [すべてのサービス] をクリックし、[すべてのサービス] ダイアログで「インポート」と入力します。In the main menu, click All services and in the All services dialog, type Import. [インポート/エクスポート ジョブ] が表示されたら、それをクリックします。When you see Import/Export jobs, click it. 発送情報の入力Entering Shipping Information

    [インポート/エクスポート ジョブ] メニューの一覧が開き、選択したサブスクリプション内のすべてのインポート/エクスポート ジョブの一覧が表示されます。The list of Import/export jobs menu opens, and the list of all Import/export jobs in the selected subscription appears.

  3. 複数のサブスクリプションがある場合は、バックアップ データのインポートに使ったサブスクリプションを選択します。If you have multiple subscriptions, be sure to select the subscription used to import the backup data. 新しく作成されたインポート ジョブを選んで詳細を表示します。Then select the newly created Import job to open its details.

    発送情報の確認

  4. インポート ジョブの [設定] メニューで、[発送情報の管理] をクリックして、返送の詳細を入力します。On the Settings menu for the Import job, click Manage Shipping Info and enter the return shipping details.

    発送情報の格納

  5. 配送業者の追跡番号がある場合は、Azure インポートジョブの概要ページでバナーをクリックして、次の詳細を入力します。When you have the tracking number from your shipping carrier, click the banner in the Azure Import job overview page and enter the following details:

    重要

    Azure インポート ジョブを作成してから 2 週間以内に、配送業者の情報と追跡番号が更新されたことを確認します。Ensure that the carrier information and tracking number are updated within two weeks of Azure import job creation. 2 週間以内にこの情報を確認しないと、ジョブが削除され、ドライブが処理されない可能性があります。Failure to verify this information within two weeks can result in the job being deleted, and drives not being processed.

    発送情報の格納

    発送情報の格納

ドライブの処理の所要時間Time to process the drives

Azure インポート ジョブの処理にかかる時間は、運送時間、ジョブの種類、コピーするデータの種類とサイズ、用意されたディスクのサイズなど、さまざまな要素によって変わります。The amount of time it takes to process an Azure import job varies depending on different factors such as shipping time, job type, type and size of the data being copied, and the size of the disks provided. Azure Import/Export サービスに SLA はありませんが、ディスクの到着後 7 日から 10 日以内に Azure ストレージ アカウントへのバックアップ データ コピーが完了するよう努力しております。The Azure Import/Export service does not have an SLA but after the disks are received the service strives to complete the backup data copy to your Azure storage account in 7 to 10 days.

Azure インポート ジョブの状態の監視Monitoring Azure Import Job status

Azure portal で [インポート/エクスポート ジョブ] ページに移動してジョブを選ぶことにより、インポート ジョブの状態を監視できます。You can monitor the status of your Import job from the Azure portal by navigating to the Import/Export jobs page and selecting your job. インポート ジョブの状態について詳しくは、ストレージのインポート/エクスポート サービスに関するページをご覧ください。For more information on the status of the Import jobs, see the Storage Import Export service article.

ワークフローを完了するComplete the workflow

インポート ジョブが正常に完了すると、初回バックアップ データをストレージ アカウントで使用できます。After the import job successfully completes, initial backup data is available in your storage account. 次回のスケジュール バックアップでは、Azure Backup は次のようにストレージ アカウントのデータのコンテンツを Recovery Services コンテナーにコピーします。At the time of the next scheduled backup, Azure Backup copies the contents of the data from the storage account to the Recovery Services vault as shown below:

Recovery Services コンテナーへのデータのコピー

次回のスケジュール バックアップでは、Azure Backup は増分バックアップを実行します。At the time of the next scheduled backup, Azure Backup performs an incremental backup.

リソースのクリーンアップCleaning up resources

初回バックアップが完了したら、Azure ストレージ コンテナーにインポートしたデータおよびステージングの場所にあるバックアップ データ を安全に削除することができます。Once the initial backup is complete, you can safely delete the data imported to the Azure Storage Container and the backup data in the Staging Location.

次の手順Next steps