Azure Backup でのオフライン バックアップのワークフローOffline-backup workflow in Azure Backup

Azure Backup はさまざまな面で効率性に優れ、Azure への初回完全バックアップ時にネットワークとストレージのコストを抑えます。Azure Backup has several built-in efficiencies that save network and storage costs during the initial full backups of data to Azure. 初回完全バックアップでは通常、大量のデータが転送されます。その後の差分/増分のみを転送するバックアップと比べると、多くのネットワーク帯域幅が必要です。Initial full backups typically transfer large amounts of data and require more network bandwidth when compared to subsequent backups that transfer only the deltas/incrementals. Azure Backup では、初回バックアップが圧縮されます。Azure Backup compresses the initial backups. オフライン シード処理プロセスによって、Azure Backup でディスクを使用し、圧縮済みの初回バックアップ データをオフラインで Azure にアップロードすることができます。Through the process of offline seeding, Azure Backup can use disks to upload the compressed initial backup data offline to Azure.

Azure Backup のオフライン シード処理プロセスは Azure Import/Export サービス と緊密に統合されており、ディスクを使用してデータを Azure に転送できます。The offline-seeding process of Azure Backup is tightly integrated with the Azure Import/Export service that enables you to transfer data to Azure by using disks. 待ち時間が長く、低帯域幅のネットワークで転送する必要がある初回バックアップ データが数 TB (テラバイト) ある場合は、オフライン シード処理ワークフローを使用して、1 台以上のハード ドライブ上にある初回バックアップ コピーを Azure データセンターに発送できます。If you have terabytes (TBs) of initial backup data that needs to be transferred over a high-latency and low-bandwidth network, you can use the offline-seeding workflow to ship the initial backup copy on one or more hard drives to an Azure datacenter. この記事では、このワークフローを完了するための手順の概要について説明します。This article provides an overview of the steps that complete this workflow.

概要Overview

Azure Backup のオフライン シード処理機能と Azure Import/Export を使用すると、ディスクを使ってオフラインで Azure にデータを簡単にアップロードできます。With the offline-seeding capability of Azure Backup and Azure Import/Export, it is simple to upload the data offline to Azure by using disks. ネットワーク経由で完全な初期コピーを転送する代わりに、 ステージング場所にバックアップ データを書き込みます。Instead of transferring the initial full copy over the network, the backup data is written to a staging location. Azure Import/Export ツールを使用したステージング場所へのコピーが完了すると、このデータは、データの量に応じて 1 台以上の SATA ドライブに書き込まれます。After the copy to the staging location is completed by using the Azure Import/Export tool, this data is written to one or more SATA drives, depending on the amount of data. 最終的に、これらのドライブは最も近くにある Azure データセンターに発送されます。These drives are eventually shipped to the nearest Azure datacenter.

Azure Backup の更新プログラム 2016 年 8 月 (以降) には、AzureOfflineBackupDiskPrep という名前の "Azure Disk Preparation ツール" が付属しています。このツールでは、次の操作を行うことができます。The August 2016 update of Azure Backup (and later) includes the Azure Disk Preparation tool, named AzureOfflineBackupDiskPrep, that:

  • Azure Import/Export ツールを使用して、Azure Import 用のドライブの準備を容易にする。Helps you prepare your drives for Azure Import by using the Azure Import/Export tool.
  • Azure Portal で、Azure Import/Export サービスの Azure Import ジョブを自動的に作成する。Automatically creates an Azure Import job for the Azure Import/Export service in the Azure portal.

Azure へのバックアップ データのアップロードが完了した後、Azure Backup は、バックアップ データをバックアップ コンテナーにコピーし、増分バックアップをスケジュールします。After the upload of the backup data to Azure is finished, Azure Backup copies the backup data to the backup vault and the incremental backups are scheduled.

注意

Azure Disk Preparation ツールを使用するために、Azure Backup の更新プログラム 2016 年 8 月 (以降) を必ずインストールしておきます。ワークフローの手順はすべて、その更新プログラムを使用して実行します。To use the Azure Disk Preparation tool, ensure that you have installed the August 2016 update of Azure Backup (or later), and perform all the steps of the workflow with it. 以前のバージョンの Azure Backup を使用している場合は、この記事の後のセクションで詳しく説明するように、Azure Import/Export ツールを使って SATA ドライブを準備できます。If you are using an older version of Azure Backup, you can prepare the SATA drive by using the Azure Import/Export tool as detailed in later sections of this article.

前提条件Prerequisites

  • Azure Import/Export のワークフローについて理解を深めますFamiliarize yourself with the Azure Import/Export workflow.
  • ワークフローを開始する前に、次のことを確認します。Before initiating the workflow, ensure the following:
    • Azure Backup コンテナーが作成されている。An Azure Backup vault has been created.
    • コンテナー資格情報がダウンロードされている。Vault credentials have been downloaded.
    • Windows Server、Windows クライアント、または System Center Data Protection Manager サーバーに Azure Backup エージェントがインストール済みであり、Azure Backup コンテナーにコンピューターが登録されている。The Azure Backup agent has been installed on either Windows Server/Windows client or System Center Data Protection Manager server, and the computer is registered with the Azure Backup vault.
  • Azure 発行ファイル設定をダウンロード します。Download the Azure Publish file settings on the computer from which you plan to back up your data.
  • ステージング場所を準備します。Prepare a staging location, which might be a network share or additional drive on the computer. これには、コンピューター上のネットワーク共有や追加ドライブを使用できます。The staging location is transient storage and is used temporarily during this workflow. ステージング場所は一時ストレージであり、このワークフロー中に一時的に使用されます。Ensure that the staging location has enough disk space to hold your initial copy. ステージング場所には、初期コピーを保持するのに十分なディスク領域があることを確認します。For example, if you are trying to back up a 500-GB file server, ensure that the staging area is at least 500 GB. たとえば、500 GB のファイル サーバーをバックアップする場合は、ステージング領域が 500 GB 以上あることを確認します (圧縮処理により、使用量はこれよりも少なくなります)。(A smaller amount is used due to compression.)
  • サポートされているドライブを使用していることを確認します。Make sure that you’re using a supported drive. Import/Export サービスで使用できるのは、2.5 インチ SSD か、2.5 または 3.5 インチ SATA II/III の内部ハード ドライブだけです。Only 2.5 inch SSD, or 2.5 or 3.5-inch SATA II/III internal hard drives are supported for use with the Import/Export service. 最大 10 TB のハード ドライブを使用できます。You can use hard drives up to 10 TB. サービスでサポートされている最新のドライブについては、Azure Import/Export サービスのドキュメントをご覧ください。Check the Azure Import/Export service documentation for the latest set of drives that the service supports.
  • SATA ドライブ ライターが接続されているコンピューターで BitLocker を有効にします。Enable BitLocker on the computer to which the SATA drive writer is connected.
  • Azure Import/Export ツールをダウンロード します。Download the Azure Import/Export tool to the computer to which the SATA drive writer is connected. Azure Backup の更新プログラム 2016 年 8 月 (以降) をインストールした場合、この手順は不要です。This step is not required if you have downloaded and installed the August 2016 update of Azure Backup (or later).

ワークフローWorkflow

このセクションの情報は、オフライン バックアップ ワークフローを完了するためのものなので、このデータを Azure データセンターに配信したり、Azure Storage にアップロードしたりできます。The information in this section helps you complete the offline-backup workflow so that your data can be delivered to an Azure datacenter and uploaded to Azure Storage. インポート サービスやプロセスの他の側面について質問がある場合は、上記で参照した サービスの概要に関するページ を参照してください。If you have questions about the Import service or any aspect of the process, see the Import service overview documentation referenced earlier.

オフライン バックアップを開始するInitiate offline backup

  1. バックアップのスケジュールを設定するとき、次の画面が表示されます (Windows Server、Windows クライアント、または System Center Data Protection Manager)。When you schedule a backup, you see the following screen (in Windows Server, Windows client, or System Center Data Protection Manager).

    Import screen

    System Center Data Protection Manager の対応する画面を次に示します。Here's the corresponding screen in System Center Data Protection Manager:
    DPM のインポート画面DPM import screen

    この画面では、次の内容を入力します。The description of the inputs is as follows:

    • ステージングの場所: 初回バックアップ コピーが書き込まれる一時的なストレージの場所。Staging Location: The temporary storage location to which the initial backup copy is written. これには、ネットワーク共有またはローカル コンピューター上の場所を使用できます。This might be on a network share or a local computer. コピー用コンピューターとソース コンピューターが異なる場合は、ステージング場所の完全なネットワーク パスを指定することをお勧めします。If the copy computer and source computer are different, we recommended that you specify the full network path of the staging location.
    • Azure インポート ジョブ名: ディスクを使用して Azure に送信されたデータを、Azure インポート サービスと Azure Backup が追跡するときに使用する一意の名前。Azure Import Job Name: The unique name by which Azure Import service and Azure Backup track the transfer of data sent on disks to Azure.
    • Azure 発行設定: サブスクリプション プロファイルに関する情報が含まれる XML ファイル。Azure Publish Settings: An XML file that contains information about your subscription profile. サブスクリプションに関連付けられている、セキュリティで保護された資格情報も含まれています。It also contains secure credentials that are associated with your subscription. ファイルをダウンロードすることができます。You can download the file. 発行設定ファイルへのローカル パスを指定します。Provide the local path to the publish settings file.
    • Azure サブスクリプション ID: Azure インポート ジョブを開始するサブスクリプションの Azure サブスクリプション ID。Azure Subscription ID: The Azure subscription ID for the subscription where you plan to initiate the Azure Import job. 複数の Azure サブスクリプションを使用している場合は、インポート ジョブに関連付けるサブスクリプションの ID を使用します。If you have multiple Azure subscriptions, use the ID of the subscription that you want to associate with the import job.
    • Azure Storage アカウント: Azure インポート ジョブに関連付けられる Azure サブスクリプションのストレージ アカウント。Azure Storage Account: The storage account in the Azure subscription associated with the Azure Import job.
    • Azure ストレージ コンテナー: このジョブのデータをインポートする先の Azure ストレージ アカウントのストレージ BLOB の名前。Azure Storage Container: The name of the destination storage blob in the Azure storage account where this job’s data is imported.

      注意

      バックアップの Azure Portal から Azure Recovery Services コンテナーにサーバーを登録していて、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) サブスクリプションがない場合は、引き続き Azure Portal からストレージ アカウントを作成して、オフライン バックアップ ワークフローで使用できます。If you have registered your server to an Azure Recovery Services vault from the Azure portal for your backups and are not on a Cloud Solution Provider (CSP) subscription, you can still create a storage account from the Azure portal and use it for the offline-backup workflow.

      後の手順でもう一度入力する必要があるため、この情報はすべて保存しておいてください。Save all this information because you need to enter it again in following steps. Azure Disk Preparation ツールを使用してディスクを準備した場合は、" ステージングの場所 " のみが必須です。Only the staging location is required if you used the Azure Disk Preparation tool to prepare the disks.

  2. ワークフローが完了したら、Azure Backup 管理コンソールで [今すぐバックアップ] を選択して、オフラインのバックアップ コピーを開始します。Complete the workflow, and then select Back Up Now in the Azure Backup management console to initiate the offline-backup copy. 初期バックアップが、この手順の一部としてステージング領域に書き込まれます。The initial backup is written to the staging area as part of this step.

    今すぐバックアップ

    System Center Data Protection Manager で対応するワークフローを完了するには、[保護グループ] を右クリックし、[回復ポイントの作成] を選択します。To complete the corresponding workflow in System Center Data Protection Manager, right-click the Protection Group, and then choose the Create recovery point option. 次に、 [オンライン保護] オプションを選択します。You then choose the Online Protection option.

    DPM backup now

    操作が完了すると、ステージング場所を使用してディスクを準備できるようになります。After the operation finishes, the staging location is ready to be used for disk preparation.

    Backup progress

Azure Disk Preparation ツールを使用して SATA ドライブを準備し、Azure インポート ジョブを作成するPrepare a SATA drive and create an Azure Import job by using the Azure Disk Preparation tool

Azure Disk Preparation ツールは、次のパスにある Recovery Services エージェント (更新プログラム 2016 年 8 月以降) のインストール ディレクトリに含まれています。The Azure Disk Preparation tool is available in installation directory of the Recovery Services agent (August 2016 update and later) in the following path.

\Microsoft Azure Recovery Services Agent\Utils*\Microsoft* Azure Recovery Services *Agent\Utils*

  1. このディレクトリに移動し、 AzureOfflineBackupDiskPrep ディレクトリを、準備するドライブがマウントされているコピー用コンピューターにコピーします。Go to the directory, and copy the AzureOfflineBackupDiskPrep directory to a copy computer on which the drives to be prepared are mounted. コピー用コンピューターについて、次を確認します。Ensure the following with regard to the copy computer:

    • コピー用コンピューターが、 オフライン バックアップの開始 ワークフロー中に指定されたのと同じネットワーク パスを使用して、オフライン シード処理ワークフローのステージング場所にアクセスできる。The copy computer can access the staging location for the offline-seeding workflow by using the same network path that was provided in the Initiate offline backup workflow.
    • コンピューターで BitLocker が有効になっている。BitLocker is enabled on the computer.
    • コンピューターで Azure Portal にアクセスできる。The computer can access the Azure portal.

      必要に応じて、コピー用コンピューターをソース コンピューターと同じにすることができます。If necessary, the copy computer can be the same as the source computer.

  2. コピー用コンピューターで、Azure Disk Preparation ツールのディレクトリを現在のディレクトリとして使用して管理者特権のコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。Open an elevated command prompt on the copy computer with the Azure Disk Preparation tool directory as the current directory, and run the following command:

    *.\AzureOfflineBackupDiskPrep.exe* s:<*Staging Location Path*> [p:<*Path to PublishSettingsFile*>]

    パラメーターParameter [説明]Description
    s:<ステージング場所のパス>s:<Staging Location Path> 必須。オフライン バックアップの開始ワークフローで入力したステージング場所へのパスを指定します。Mandatory input that's used to provide the path to the staging location that you entered in the Initiate offline backup workflow.
    p:<PublishSettingsFile へのパス>p:<Path to PublishSettingsFile> オプション。オフライン バックアップの開始ワークフローで入力した Azure 発行設定ファイルへのパスを指定します。Optional input that's used to provide the path to the Azure Publish Settings file that you entered in the Initiate offline backup workflow.

    注意

    コピー用コンピューターとソース コンピューターが異なる場合は、<PublishSettingsFile へのパス>の値を必ず入力する必要があります。The <Path to PublishSettingFile> value is mandatory when the copy computer and source computer are different.

    コマンドを実行すると、準備する必要があるドライブに対応する Azure インポート ジョブを選択するよう求められます。When you run the command, the tool requests the selection of the Azure Import job that corresponds to the drives that need to be prepared. 指定されたステージング場所に関連付けられているインポート ジョブが 1 つのみの場合は、次のような画面が表示されます。If only a single import job is associated with the provided staging location, you see a screen like the one that follows.

    Azure Disk Preparation tool input

  3. Azure への転送を準備する、マウント済みディスクのドライブ文字を入力します (末尾のコロンを除く)。Enter the drive letter without the trailing colon for the mounted disk that you want to prepare for transfer to Azure. メッセージが表示されたら、ドライブをフォーマットすることを確認します。Provide confirmation for the formatting of the drive when prompted.

    これにより、バックアップ データでのディスクの準備が開始されます。The tool then begins to prepare the disk with the backup data. 指定したディスクにバックアップ データを格納するための領域が十分にない場合は、メッセージが表示されます。その場合は、追加のディスクを接続する必要があります。You may need to attach additional disks when prompted by the tool in case the provided disk does not have sufficient space for the backup data.

    ツールが適切に実行されたら、指定した 1 つ以上のディスクを Azure に発送する準備は完了です。At the end of successful execution of the tool, one or more disks that you provided are prepared for shipping to Azure. さらに、オフライン バックアップの開始ワークフローで指定した名前のインポート ジョブが Azure Portal に作成されます。In addition, an import job with the name you provided during the Initiate offline backup workflow is created in the Azure portal. 最後に、ディスクの送付先である Azure データセンターの住所と、Azure Portal でインポート ジョブを特定するためのリンクが表示されます。Finally, the tool displays the shipping address to the Azure datacenter where the disks need to be shipped and the link to locate the import job on the Azure portal.

    Azure disk preparation complete

  4. 表示された住所にディスクを発送し、後で参照できるように追跡番号を控えておきます。Ship the disks to the address that the tool provided and keep the tracking number for future reference.

  5. ツールに表示されたリンクに移動すると、 オフライン バックアップの開始 ワークフロー中に指定した Azure ストレージ アカウントが表示されます。When you go to the link that the tool displayed, you see the Azure storage account that you specified in the Initiate offline backup workflow. このストレージ アカウントの [インポート/エクスポート] タブで、新しく作成されたインポート ジョブを確認できます。Here you can see the newly created import job on the IMPORT/EXPORT tab of the storage account.

    Created import job

  6. ページ下部の [発送情報] をクリックすると、次の画面に示すように、連絡先の詳細が更新されます。Click SHIPPING INFO at the bottom of the page to update your contact details as shown in the following screen. インポート ジョブが完了した後、Microsoft はこの情報を使用してディスクを返送します。Microsoft uses this info to ship your disks back to you after the import job is finished.

    連絡先情報

  7. 次の画面で発送に関する詳細情報を入力します。Enter the shipping details on the next screen. [配送業者][問い合わせ番号] に、Azure データセンターに発送したディスクの詳細情報を入力します。Provide the Delivery Carrier and Tracking Number details that correspond to the disks that you shipped to the Azure datacenter.

    [発送情報]

ワークフローを完了するComplete the workflow

インポート ジョブが完了すると、初回バックアップ データをストレージ アカウントで使用できます。After the import job finishes, initial backup data is available in your storage account. その後、Recovery Services エージェントは、データの内容を、このアカウントから、使用可能なバックアップ コンテナーまたは Recovery Services コンテナーにコピーします。The Recovery Services agent then copies the contents of the data from this account to the Backup vault or Recovery Services vault, whichever is applicable. 次回のスケジュール バックアップでは、Azure Backup エージェントは、初回バックアップ コピーに対する増分バックアップを実行します。In the next scheduled backup time, the Azure Backup agent performs the incremental backup over the initial backup copy.

注意

以降のセクションは、Azure Disk Preparation ツールを利用できない、以前の Azure Backup のユーザーに適用されます。The following sections apply to users of earlier versions of Azure Backup who do not have access to the Azure Disk Preparation tool.

SATA ドライブを準備するPrepare a SATA drive

  1. Microsoft Azure Import/Export ツール をコピー用コンピューターにダウンロードします。Download the Microsoft Azure Import/Export Tool to the copy computer. ステージング場所が、次の一連のコマンドを実行するコンピューターからアクセスできることを確認します。Ensure that the staging location is accessible from the computer in which you plan to run the next set of commands. 必要に応じて、コピー用コンピューターをソース コンピューターと同じにすることができます。If necessary, the copy computer can be the same as the source computer.

  2. WAImportExport.zip ファイルを解凍します。Unzip the WAImportExport.zip file. WAImportExport ツールを実行すると、SATA ドライブがフォーマットされ、SATA ドライブにバックアップ データが書き込まれて暗号化されます。Run the WAImportExport tool that formats the SATA drive, writes the backup data to the SATA drive, and encrypts it. 次のコマンドを実行する前に、BitLocker がコンピューターで有効になっていることを確認します。Before you run the following command, ensure that BitLocker is enabled on the computer.

    *.\WAImportExport.exe PrepImport /j:<*JournalFile*>.jrn /id: <*SessionId*> /sk:<*StorageAccountKey*> /BlobType:**PageBlob** /t:<*TargetDriveLetter*> /format /encrypt /srcdir:<*staging location*> /dstdir: <*DestinationBlobVirtualDirectory*>/*

    注意

    Azure Backup の更新プログラム 2016 年 8 月 (以降) をインストールした場合は、入力したステージング場所が、 [今すぐバックアップ] 画面のものと同じであること、また、このステージング場所に AIB と基本 BLOB が含まれていることを確認します。If you have installed the August 2016 update of Azure Backup (or later), ensure that the staging location that you entered is the same as the one on the Back Up Now screen and contains AIB and Base Blob files.

パラメーターParameter [説明]Description
/j:<ジャーナル ファイル>/j:<JournalFile> ジャーナル ファイルへのパス。The path to the journal file. 各ドライブには、ジャーナル ファイルが必ず 1 つあります。Each drive must have exactly one journal file. ターゲット ドライブには、ジャーナル ファイルは存在しません。The journal file must not be on the target drive. ジャーナル ファイルの拡張子は .jrn で、このコマンドの実行の一部として作成されます。The journal file extension is .jrn and is created as part of running this command.
/id:<セッション ID>/id:<SessionId> セッション ID はコピー セッションを識別します。The session ID identifies a copy session. 中断されたコピー セッションを正しく復元するために使用されます。It is used to ensure accurate recovery of an interrupted copy session. コピー セッションでコピーされるファイルは、ターゲット ドライブ上のセッション ID の名前が付いたディレクトリに格納されます。Files that are copied in a copy session are stored in a directory named after the session ID on the target drive.
/sk:<ストレージ アカウント キー>/sk:<StorageAccountKey> データのインポート先ストレージ アカウントのアカウント キー。The account key for the storage account to which the data is imported. キーは、バックアップ ポリシー/保護グループ作成時に入力されたものと同じにする必要があります。The key needs to be the same as it was entered during backup policy/protection group creation.
/BlobType/BlobType BLOB の種類。The type of blob. このワークフローは、PageBlob が指定されている場合にのみ成功します。This workflow succeeds only if PageBlob is specified. これは既定のオプションではありません。このコマンドに記述する必要があります。This is not the default option and should be mentioned in this command.
/t:<ターゲット ドライブ文字>/t:<TargetDriveLetter> 現在のコピー セッションのターゲットのハード ドライブのドライブ文字 (末尾のコロンは含めません)。The drive letter without the trailing colon of the target hard drive for the current copy session.
/format/format ドライブをフォーマットするオプション。The option to format the drive. ドライブをフォーマットする必要がある場合は、このパラメーターを指定します。それ以外の場合は省略します。Specify this parameter when the drive needs to be formatted; otherwise, omit it. ツールによってドライブがフォーマットされる前に、確認を求めるメッセージがコンソールに表示されます。Before the tool formats the drive, it prompts for a confirmation from the console. 確認メッセージを非表示にするには、/silentmode パラメーターを指定します。To suppress the confirmation, specify the /silentmode parameter.
/encrypt/encrypt ドライブを暗号化するオプション。The option to encrypt the drive. ドライブが BitLocker で暗号化されていないため、ツールで暗号化する必要がある場合は、このパラメーターを指定します。Specify this parameter when the drive has not yet been encrypted with BitLocker and needs to be encrypted by the tool. ドライブが既に BitLocker で暗号化されている場合は、このパラメーターを省略して /bk パラメーターを指定し、既存の BitLocker キーを入力します。If the drive has already been encrypted with BitLocker, omit this parameter, specify the /bk parameter, and provide the existing BitLocker key. /format パラメーターを指定する場合も、/encrypt パラメーターを指定する必要があります。If you specify the /format parameter, you must also specify the /encrypt parameter.
/srcdir:<ソース ディレクトリ>/srcdir:<SourceDirectory> ターゲット ドライブにコピーされるファイルを含むソース ディレクトリ。The source directory that contains files to be copied to the target drive. ディレクトリ名は相対パスではなく完全パスで指定してください。Ensure that the specified directory name has a full rather than relative path.
/dstdir:<コピー先 BLOB 仮想ディレクトリ>/dstdir:<DestinationBlobVirtualDirectory> Azure ストレージ アカウントのコピー先の仮想ディレクトリへのパス。The path to the destination virtual directory in your Azure storage account. コピー先の仮想ディレクトリや BLOB を指定する場合は、有効なコンテナー名を使用してください。Be sure to use valid container names when you specify the destination virtual directories or blobs. コンテナー名は小文字にする必要があります。Keep in mind that container names must be lowercase. このコンテナー名は、バックアップ ポリシー/保護グループの作成時に入力したコンテナー名である必要があります。This container name should be the one that you entered during backup policy/protection group creation.

注意

ジャーナル ファイルは WAImportExport フォルダーに作成され、ワークフロー全体の情報を収集します。A journal file is created in the WAImportExport folder that captures the entire information of the workflow. このファイルは、Azure Portal でインポート ジョブを作成するときに必要です。You need this file when you create an import job in the Azure portal.

PowerShell の出力

Azure Portal でインポート ジョブを作成するCreate an import job in the Azure portal

  1. Azure Portal でストレージ アカウントに移動し、作業ウィンドウで [インポート/エクスポート][インポート ジョブの作成] の順にクリックします。Go to your storage account in the Azure portal, click Import/Export, and then Create Import Job in the task pane.

    Import/export tab in the Azure portal

  2. ウィザードのステップ 1. で、ドライブの準備ができており、ドライブのジャーナル ファイルが使用可能であることを示します。In step 1 of the wizard, indicate that you have prepared your drive and that you have the drive journal file available.

  3. ウィザードのステップ 2. で、このインポート ジョブの担当者の連絡先情報を入力します。In step 2 of the wizard, provide contact information for the person who's responsible for this import job.

  4. ステップ 3. で、前のセクションで取得したドライブのジャーナル ファイルをアップロードします。In step 3, upload the drive journal files that you obtained in the previous section.

  5. ステップ 4. で、バックアップ ポリシー/保護グループの作成時に入力したインポート ジョブにわかりやすい名前を入力します。In step 4, enter a descriptive name for the import job that you entered during backup policy/protection group creation. 名前に含めることができるのは、アルファベットの小文字、数字、ハイフン、アンダースコアだけです。また、先頭の文字はアルファベットにします。スペースを含めることはできません。The name that you enter may contain only lowercase letters, numbers, hyphens, and underscores, must start with a letter, and cannot contain spaces. 選択した名前は、ジョブの進行中と完了後にそのジョブを追跡するために使用されます。The name that you choose is used to track your jobs while they are in progress and after they are completed.

  6. 次に、データセンターのリージョンを一覧から選択します。Next, select your datacenter region from the list. データセンターのリージョンに、パッケージの発送先となるデータセンターとその住所が示されます。The datacenter region indicates the datacenter and address to which you must ship your package.

    Select datacenter region

  7. ステップ 5. で、返送に利用する宅配業者を一覧から選択し、業者のアカウント番号を入力します。In step 5, select your return carrier from the list, and enter your carrier account number. Microsoft では、インポート ジョブの完了後、このアカウントを使用してドライブを返送します。Microsoft uses this account to ship your drives back to you after your import job is completed.

  8. ディスクを発送して問い合わせ番号を入力し、出荷の状態を追跡します。Ship the disk and enter the tracking number to track the status of the shipment. ディスクがデータセンターに到着すると、ストレージ アカウントにコピーされ、状態が更新されます。After the disk arrives in the datacenter, it is copied to the storage account, and the status is updated.

    Completed status

ワークフローを完了するComplete the workflow

ストレージ アカウントで初回バックアップ データが使用可能になると、Microsoft Azure Recovery Services エージェントは、データの内容を、このアカウントから、使用可能なバックアップ コンテナーまたは Recovery Services コンテナーにコピーします。After the initial backup data is available in your storage account, the Microsoft Azure Recovery Services agent copies the contents of the data from this account to the Backup vault or Recovery Services vault, whichever is applicable. 次回のスケジュール バックアップで、Azure Backup エージェントは初期バックアップ コピーの上に増分バックアップを実行します。In the next schedule backup time, the Azure Backup agent performs the incremental backup over the initial backup copy.

次の手順Next steps