Azure Backup Server を使用して Exchange サーバーを Azure にバックアップするBack up an Exchange server to Azure with Azure Backup Server

この記事では、Microsoft Exchange Server を Azure にバックアップするために Microsoft Azure Backup Server (MABS) を構成する方法を説明します。This article describes how to configure Microsoft Azure Backup Server (MABS) to back up a Microsoft Exchange server to Azure.

前提条件Prerequisites

Azure Backup Server をインストールして準備したことを確認してから、次の手順に進んでください。Before you continue, make sure that Azure Backup Server is installed and prepared.

MABS 保護エージェントMABS protection agent

Exchange サーバーに MABS 保護エージェントをインストールするには、次の手順に従います。To install the MABS protection agent on the Exchange server, follow these steps:

  1. ファイアウォールが正しく構成されていることを確認します。Make sure that the firewalls are correctly configured. エージェントに対するファイアウォール例外の構成」を参照してください。See Configure firewall exceptions for the agent.
  2. MABS 管理コンソールで [管理] > [エージェント] > [インストール] の順に選択することによって、Exchange サーバーにエージェントをインストールします。Install the agent on the Exchange server by selecting Management > Agents > Install in MABS Administrator Console. 詳細な手順については、「MABS 保護エージェントのインストール」を参照してください。See Install the MABS protection agent for detailed steps.

Exchange サーバーの保護グループを作成するCreate a protection group for the Exchange server

  1. MABS 管理コンソールで [保護] を選択し、次にツール リボンの [新規] を選択して、 [新しい保護グループの作成] ウィザードを開きます。In the MABS Administrator Console, select Protection, and then select New on the tool ribbon to open the Create New Protection Group wizard.

  2. ウィザードの [ようこそ] 画面で [次へ] を選択します。On the Welcome screen of the wizard, select Next.

  3. [保護グループの種類の選択] 画面で、 [サーバー] を選択し、 [次へ] を選択します。On the Select protection group type screen, select Servers and select Next.

  4. 保護する Exchange サーバー データベースを選択し、 [次へ] を選択します。Select the Exchange server database that you want to protect and select Next.

    注意

    Exchange 2013 を保護する場合は、「 Exchange 2013 の前提条件」を確認してください。If you are protecting Exchange 2013, check the Exchange 2013 prerequisites.

    次の例では、Exchange 2010 データベースが選択されています。In the following example, the Exchange 2010 database is selected.

    グループ メンバーの選択

  5. データ保護方法を選択します。Select the data protection method.

    保護グループに名前を付けて、次のオプションの両方を選択します。Name the protection group, and then select both of the following options:

    • ディスクを使用した短期的な保護を利用するI want short-term protection using Disk.
    • オンライン保護を利用するI want online protection.
  6. [次へ] を選択します。Select Next.

  7. Exchange Server データベースの整合性を確認する場合は、 [Eseutil を実行してデータの整合性をチェックする] オプションを選択します。Select the Run Eseutil to check data integrity option if you want to check the integrity of the Exchange Server databases.

    このオプションを選択すると、Exchange サーバー上で eseutil コマンドを実行したときに I/O トラフィックが生成されるのを防ぐために、MABS 上でバックアップの整合性チェックが実行されます。After you select this option, backup consistency checking will be run on MABS to avoid the I/O traffic that's generated by running the eseutil command on the Exchange server.

    注意

    このオプションを使用するには、MABS サーバー上の C:\Program Files\Microsoft Azure Backup\DPM\DPM\bin ディレクトリに Ese.dll ファイルと Eseutil.exe ファイルをコピーする必要があります。To use this option, you must copy the Ese.dll and Eseutil.exe files to the C:\Program Files\Microsoft Azure Backup\DPM\DPM\bin directory on the MABS server. これを行わないと、次のエラーがトリガーされます。Otherwise, the following error is triggered:
    eseutil エラーeseutil error

  8. [次へ] を選択します。Select Next.

  9. [コピー バックアップ] 用のデータベースを選択し、 [次へ] を選択します。Select the database for Copy Backup, and then select Next.

    注意

    データベースの少なくとも 1 つの DAG コピーに対して "完全バックアップ" が選択されていない場合、ログは切り捨てられません。If you don't select "Full backup" for at least one DAG copy of a database, logs won't be truncated.

  10. [短期的なバックアップ] の目標を構成し、 [次へ] を選択します。Configure the goals for Short-Term backup, and then select Next.

  11. 使用可能なディスク領域を確認し、 [次へ] を選択します。Review the available disk space, and then select Next.

  12. MABS サーバーで初期レプリケーションを作成する時刻を選択し、 [次へ] を選択します。Select the time at which the MABS Server will create the initial replication, and then select Next.

  13. 整合性チェック オプションを選択し、 [次へ] を選択します。Select the consistency check options, and then select Next.

  14. Azure にバックアップするデータベースを選択し、 [次へ] を選択します。Choose the database that you want to back up to Azure, and then select Next. 次に例を示します。For example:

    オンライン保護データの指定

  15. Azure Backup のスケジュールを定義し、 [次へ] を選択します。Define the schedule for Azure Backup, and then select Next. 次に例を示します。For example:

    オンライン バックアップ スケジュールの指定

    注意

    オンライン回復ポイントは高速完全回復ポイントに基づいています。Note Online recovery points are based on express full recovery points. そのため、オンライン回復ポイントは、高速完全回復ポイントに指定した時刻より後にスケジュールする必要があります。Therefore, you must schedule the online recovery point after the time that's specified for the express full recovery point.

  16. Azure Backup のアイテム保持ポリシーを構成し、 [次へ] を選択します。Configure the retention policy for Azure Backup, and then select Next.

  17. オンライン レプリケーション オプションを選択し、 [次へ] を選択します。Choose an online replication option and select Next.

    データベースの規模が大きい場合は、ネットワーク経由で最初のバックアップを作成するのに時間がかかる可能性があります。If you have a large database, it could take a long time for the initial backup to be created over the network. この問題を回避するには、オフライン バックアップを作成します。To avoid this issue, you can create an offline backup.

    オンライン保持ポリシーの指定

  18. 設定を確認し、 [グループの作成] を選択します。Confirm the settings, and then select Create Group.

  19. [閉じる] を選択します。Select Close.

Exchange データベースを回復するRecover the Exchange database

  1. Exchange データベースを回復するには、MABS 管理コンソールで [回復] を選択します。To recover an Exchange database, select Recovery in the MABS Administrator Console.
  2. 回復する Exchange データベースを特定します。Locate the Exchange database that you want to recover.
  3. [回復時刻] ドロップダウン リストからオンライン回復ポイントを選択します。Select an online recovery point from the recovery time drop-down list.
  4. [回復] を選択して、回復ウィザードを開始します。Select Recover to start the Recovery Wizard.

オンライン回復ポイントでは、5 種類の回復があります。For online recovery points, there are five recovery types:

  • 元の Exchange Server の場所に回復する: データは元の Exchange サーバーに回復します。Recover to original Exchange Server location: The data will be recovered to the original Exchange server.

  • Exchange Server 上の別のデータベースに回復する: データは別の Exchange サーバー上の別のデータベースに回復します。Recover to another database on an Exchange Server: The data will be recovered to another database on another Exchange server.

  • 回復用データベースに回復する: データは Exchange 回復データベース (RDB) に回復します。Recover to a Recovery Database: The data will be recovered to an Exchange Recovery Database (RDB).

  • 回復用データベースに回復する: データはネットワーク フォルダーに回復します。Copy to a network folder: The data will be recovered to a network folder.

  • テープにコピーする: テープ ライブラリまたはスタンドアロンのテープ ドライブが MABS に接続され、そこで構成されている場合、復旧ポイントは空きテープにコピーされます。Copy to tape: If you have a tape library or a stand-alone tape drive attached and configured on MABS, the recovery point will be copied to a free tape.

    オンライン レプリケーションの選択

次のステップNext steps