Azure VM での SQL Server Backup についてAbout SQL Server Backup in Azure VMs

Azure Backup からは、Azure VM で実行されている SQL Server をバックアップする、ストリームベースの特別なソリューションがあります。Azure Backup offers a stream-based, specialized solution to back up SQL Server running in Azure VMs. このソリューションは、ゼロインフラストラクチャ バックアップ、長期間保存、中央管理といった Azure Backup の長所と足並みをそろえるものです。This solution aligns with Azure Backup's benefits of zero-infrastructure backup, long-term retention, and central management. さらに、SQL Server だけには次の長所があります。It additionally provides the following advantages specifically for SQL Server:

  1. 完全、差分、ログという全種類のバックアップに対応するワークロード対応バックアップWorkload aware backups that support all backup types - full, differential, and log
  2. 15 分間の RPO (回復ポイントの目標) と頻繁に行われるログのバックアップ15 minute RPO (recovery point objective) with frequent log backups
  3. 特定の時点に復旧 (1 秒まで)Point-in-time recovery up to a second
  4. 個々のデータベース レベルのバックアップと復旧Individual database level backup and restore

現在サポートされているバックアップと復元のシナリオを確認するには、サポートマトリックスを参照してください。To view the backup and restore scenarios that we support today, refer to the support matrix.

バックアップ プロセスBackup process

このソリューションでは、SQL ネイティブ API シリーズを活用して、SQL データベースのバックアップを作成します。This solution leverages the SQL native APIs to take backups of your SQL databases.

  • SQL Server VM (保護対象で、その中のデータベースに対してクエリを実行するもの) を指定すると、Azure Backup サービスにより、AzureBackupWindowsWorkload 拡張機能という名前のワークロード バックアップ拡張機能が VM 上にインストールされます。Once you specify the SQL Server VM that you want to protect and query for the databases in it, Azure Backup service will install a workload backup extension on the VM by the name AzureBackupWindowsWorkload extension.

  • この拡張機能は、コーディネーターと SQL プラグインで構成されています。This extension consists of a coordinator and a SQL plugin. コーディネーターは、バックアップの構成、バックアップ、復元など、さまざまな操作のワークフローのトリガーを処理し、プラグインは実際のデータ フローを処理します。While the coordinator is responsible for triggering workflows for various operations like configure backup, backup and restore, the plugin is responsible for actual data flow.

  • この VM 上のデータベースを検出できるようにするために、Azure Backup により、アカウント NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc が作成されます。To be able to discover databases on this VM, Azure Backup creates the account NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc. このアカウントはバックアップと復元に使用され、SQL sysadmin アクセス許可を必要とします。This account is used for backup and restore and requires SQL sysadmin permissions. NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc アカウントは仮想サービス アカウントであるため、パスワードの管理は不要です。The NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc account is a Virtual Service Account, and so doesn't require any password management. Azure Backup では、データベースの検出と照会に NT AUTHORITY\SYSTEM アカウントが使用されます。そのため、このアカウントは SQL 上でパブリック ログインである必要があります。Azure Backup uses the NT AUTHORITY\SYSTEM account for database discovery/inquiry, so this account needs to be a public login on SQL. SQL Server VM を Azure Marketplace から作成しなかった場合、エラー UserErrorSQLNoSysadminMembership が発生する可能性があります。If you didn't create the SQL Server VM from Azure Marketplace, you might receive an error UserErrorSQLNoSysadminMembership. これが発生した場合、こちらの手順に従ってくださいIf this occurs follow these instructions.

  • 選択したデータベースに対して保護の構成をトリガーすると、バックアップ サービスにより、コーディネーターに対してバックアップ スケジュールとその他のポリシーの詳細が設定されます。これにより、拡張機能が VM 内にローカルにキャッシュされます。Once you trigger configure protection on the selected databases, the backup service sets up the coordinator with the backup schedules and other policy details, which the extension caches locally on the VM.

  • スケジュールされた時刻になると、コーディネーターがプラグインと通信し、VDI を使用して SQL サーバーからバックアップ データのストリーム配信を開始します。At the scheduled time, the coordinator communicates with the plugin and it starts streaming the backup data from the SQL server using VDI.

  • プラグインは Recovery Services コンテナーに直接データを送信するため、ステージングの場所が必要ありません。The plugin sends the data directly to the Recovery Services vault, thus eliminating the need for a staging location. データは Azure Backup サービスによって暗号化され、ストレージ アカウント内に格納されます。The data is encrypted and stored by the Azure Backup service in storage accounts.

  • データ転送が完了すると、コーディネーターはバックアップ サービスを使用してコミットを確認します。When the data transfer is complete, coordinator confirms the commit with the backup service.

    SQL のバックアップ アーキテクチャ

開始する前にBefore you start

開始する前に、次の要件を確認します。Before you start, verify the following requirements:

  1. Azure で SQL Server インスタンスを稼働させていることを確認する。Make sure you have a SQL Server instance running in Azure. マーケットプレースで SQL Server インスタンスをすばやく作成できます。You can quickly create a SQL Server instance in the marketplace.
  2. 機能に関する考慮事項シナリオのサポートを確認する。Review the feature considerations and scenario support.
  3. このシナリオに関する一般的な質問を確認する。Review common questions about this scenario.

VM のアクセス許可を設定するSet VM permissions

SQL Server で検出を実行すると、Azure Backup により以下が行われます。When you run discovery on a SQL Server, Azure Backup does the following:

  • AzureBackupWindowsWorkload 拡張機能を追加します。Adds the AzureBackupWindowsWorkload extension.
  • 仮想マシン上のデータベースを検出するために、NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc アカウントが作成されます。Creates an NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc account to discover databases on the virtual machine. このアカウントはバックアップと復元に使用され、SQL sysadmin アクセス許可を必要とします。This account is used for a backup and restore and requires SQL sysadmin permissions.
  • VM 上で実行されているデータベースを検出します。Azure Backup は NT AUTHORITY\SYSTEM アカウントを使用します。Discovers databases that are running on a VM, Azure Backup uses the NT AUTHORITY\SYSTEM account. このアカウントは SQL でのパブリック サインインである必要があります。This account must be a public sign-in on SQL.

Azure Marketplace で SQL Server VM を作成しなかった場合、または SQL 2008 または 2008 R2 を使用している場合、UserErrorSQLNoSysadminMembership エラーが発生する可能性があります。If you didn't create the SQL Server VM in Azure Marketplace or if you're on SQL 2008 or 2008 R2, you might receive a UserErrorSQLNoSysadminMembership error.

Windows 2008 R2 で SQL 2008 および 2008 R2 を実行している場合にアクセス許可を付与するには、こちらを参照してください。For giving permissions in the case of SQL 2008 and 2008 R2 running on Windows 2008 R2, refer to here.

その他のすべてのバージョンでは、次の手順を使用してアクセス許可を修正します。For all other versions, fix permissions with the following steps:

  1. SQL Server sysadmin アクセス許可があるアカウントを使用して、SQL Server Management Studio (SSMS) にサインインします。Use an account with SQL Server sysadmin permissions to sign in to SQL Server Management Studio (SSMS). 特殊な権限が必要でない限り、Windows 認証が機能するはずです。Unless you need special permissions, Windows authentication should work.

  2. SQL Server で、Security/Logins フォルダーを開きます。On the SQL Server, open the Security/Logins folder.

    セキュリティ/ログイン フォルダーを開いてアカウントを表示する

  3. [ログイン] フォルダーを右クリックし、 [新しいログイン] を選択します。Right-click the Logins folder and select New Login. [ログイン - 新規作成][検索] を選択します。In Login - New, select Search.

    [ログイン - 新規作成] ダイアログ ボックスで [検索] を選択する

  4. Windows 仮想サービス アカウント NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc は、仮想マシンの登録と SQL 検出フェーズ中に作成済みです。The Windows virtual service account NT SERVICE\AzureWLBackupPluginSvc was created during the virtual machine registration and SQL discovery phase. [選択するオブジェクト名を入力します] に示されているようにアカウント名を入力します。Enter the account name as shown in Enter the object name to select. [名前の確認] を選択して名前解決を行います。Select Check Names to resolve the name. [OK] を選択します。Select OK.

    [名前の確認] を選択して不明なサービス名を解決する

  5. [サーバー ロール] で、sysadmin ロールが選択されていることを確認します。In Server Roles, make sure the sysadmin role is selected. [OK] を選択します。Select OK. この時点で、必要な権限が揃っているはずです。The required permissions should now exist.

    sysadmin サーバー ロールが選択されていることを確認する

  6. 次にデータベースを Recovery Services コンテナーと関連付けます。Now associate the database with the Recovery Services vault. Azure portal の [保護されたサーバー] 一覧で、エラー状態にあるサーバーを右クリックし、 [DB の再検出] を選択します。In the Azure portal, in the Protected Servers list, right-click the server that's in an error state > Rediscover DBs.

    サーバーに適切な権限があることを確認する

  7. [通知] 領域で進行状況をチェックします。Check progress in the Notifications area. 選択したデータベースが検出されたら、成功のメッセージが表示されます。When the selected databases are found, a success message appears.

    デプロイの成功メッセージ

注意

SQL Server に SQL Server の複数のインスタンスがインストールされている場合は、すべての SQL インスタンスに NT Service\AzureWLBackupPluginSvc アカウントに対する sysadmin アクセス許可を追加する必要があります。If your SQL Server has multiple instances of SQL Server installed, then you must add sysadmin permission for NT Service\AzureWLBackupPluginSvc account to all SQL instances.

SQL sysadmin に SQL 2008 および SQL 2008 R2 のアクセス許可を付与するGive SQL sysadmin permissions for SQL 2008 and SQL 2008 R2

SQL Server インスタンスに NT AUTHORITY\SYSTEM および NT Service\AzureWLBackupPluginSvc ログインを追加します。Add NT AUTHORITY\SYSTEM and NT Service\AzureWLBackupPluginSvc logins to the SQL Server Instance:

  1. オブジェクト エクスプローラーで SQL Server インスタンスにアクセスします。Go the SQL Server Instance in the Object explorer.

  2. [セキュリティ] -> [ログイン] に移動しますNavigate to Security -> Logins

  3. [ログイン] を右クリックし、 [新しいログイン] を選択しますRight-click on the logins and select New Login…

    SSMS を使用した新しいログイン

  4. [全般] タブに移動し、ログイン名として「NT AUTHORITY\SYSTEM」と入力します。Go to the General tab and enter NT AUTHORITY\SYSTEM as the Login Name.

    SSMS のログイン名

  5. [サーバー ロール] に移動し、 [public] および [sysadmin] ロールを選択します。Go to Server Roles and choose public and sysadmin roles.

    SSMS でのロールの選択

  6. [状態] に移動します。Go to Status. データベース エンジンに接続するためのアクセス許可を付与し、ログインを有効にします。Grant the Permission to connect to database engine and Login as Enabled.

    SSMS でのアクセス許可の付与

  7. [OK] を選択します。Select OK.

  8. 同じ一連の手順 (上記の 1 から 7) を繰り返して、SQL Server インスタンスに NT Service\AzureWLBackupPluginSvc ログインを追加します。Repeat the same sequence of steps (1-7 above) to add NT Service\AzureWLBackupPluginSvc login to the SQL Server instance. ログインが既に存在する場合は、そのログインに sysadmin サーバー ロールがあることを確認します。また [状態] で、そのログインにデータベース エンジンに接続するためのアクセス許可が付与されていること、およびそのログインが有効になっていることを確認します。If the login already exists, make sure it has the sysadmin server role and under Status it has Grant the Permission to connect to database engine and Login as Enabled.

  9. アクセス許可を付与した後、ポータルで DB を再検出します: コンテナー -> バックアップ インフラストラクチャ -> Azure VM でのワークロード。After granting permission, Rediscover DBs in the portal: Vault -> Backup Infrastructure -> Workload in Azure VM:

    Azure portal での DB の再検出

または、管理者モードで次の PowerShell コマンドを実行して、アクセス許可の付与を自動化できます。Alternatively, you can automate giving the permissions by running the following PowerShell commands in admin mode. インスタンス名は、既定では MSSQLSERVER に設定されます。The instance name is set to MSSQLSERVER by default. 必要に応じて、スクリプトでインスタンス名引数を変更します。Change the instance name argument in script if need be:

param(
    [Parameter(Mandatory=$false)]
    [string] $InstanceName = "MSSQLSERVER"
)
if ($InstanceName -eq "MSSQLSERVER")
{
    $fullInstance = $env:COMPUTERNAME   # In case it is the default SQL Server Instance
}
else
{
    $fullInstance = $env:COMPUTERNAME + "\" + $InstanceName   # In case of named instance
}
try
{
    sqlcmd.exe -S $fullInstance -Q "sp_addsrvrolemember 'NT Service\AzureWLBackupPluginSvc', 'sysadmin'" # Adds login with sysadmin permission if already not available
}
catch
{
    Write-Host "An error occurred:"
    Write-Host $_.Exception|format-list -force
}
try
{
    sqlcmd.exe -S $fullInstance -Q "sp_addsrvrolemember 'NT AUTHORITY\SYSTEM', 'sysadmin'" # Adds login with sysadmin permission if already not available
}
catch
{
    Write-Host "An error occurred:"
    Write-Host $_.Exception|format-list -force
}

次のステップNext steps