Azure Backup サービスとは

Azure Backup サービスは、データをバックアップし、それを Microsoft Azure クラウドから回復するための、シンプルで安全かつコスト効率の高いソリューションを提供します。

バックアップできるデータについて

Azure Backup の概要

Azure Backup を使用する理由

Azure Backup には、以下のような主な利点があります。

  • オンプレミス バックアップのオフロード: Azure Backup では、お客様のオンプレミス リソースをクラウドにバックアップするためのシンプルなソリューションが提供されます。 複雑なオンプレミス バックアップ ソリューションをデプロイせずに、短期および長期のバックアップを行えます。
  • Azure IaaS VM のバックアップ: Azure Backup では、元のデータが誤って破壊されることを防ぐために、独立して分離されたバックアップを提供しています。 バックアップは、復旧ポイントの管理機能をビルトインで備えた Recovery Services コンテナーに格納されます。 構成とスケーラビリティは単純で、バックアップは最適化され、必要に応じて簡単に復元することができます。
  • 容易なスケーリング - Azure Backup では、Azure クラウドの基盤となる機能と無制限のスケールを使用して、高可用性を実現します。その際、保守と監視のオーバーヘッドは発生しません。
  • 無制限のデータ転送が可能: Azure Backup では、転送するインバウンド データまたはアウトバウンド データの量に制限がなく、転送されるデータに料金はかかりません。
    • 送信データとは、復元操作中に Recovery Services コンテナーから転送されるデータを指します。
    • Azure Import/Export サービスを使用してオフライン初期バックアップを実行し、大量のデータをインポートした場合は、受信データに対してコストがかかります。 詳細については、こちらを参照してください
  • データの安全性の確保: Azure Backup には、転送中のデータと 保存データを保護するためのソリューションがあります。
  • 一元化された監視と管理: Azure Backup では、Recovery Services コンテナーに 組み込みの監視とアラートの機能が提供されています。 これらの機能は、管理インフラストラクチャを追加しなくても使用できます。 Azure Monitor を使用して監視とレポートの規模を拡大することもできます。
  • アプリ整合性のあるバックアップの取得: アプリケーション整合性バックアップは、バックアップ コピーを復元するために必要なすべてのデータが復旧ポイントにあることを意味します。 Azure Backup は、アプリケーション整合性バックアップを提供することで、追加の修正なしでデータを復元できるようにします。 アプリケーション整合性データの復元により復元時間が短縮され、迅速に実行状態に戻ることができます。
  • 短期および長期のデータの保持:短期および長期のデータ保持のために、Recovery Services コンテナーを使用することができます。
  • ストレージ管理の自動化 - ハイブリッド環境では、多くの場合、異種混在のストレージが必要です。つまり、ストレージの一部はオンプレミスに、一部はクラウドに存在していなければなりません。 Azure Backup では、オンプレミスのストレージ デバイスを使用するためのコストはありません。 Azure Backup は、従量制課金モデルを使用して、バックアップ ストレージを自動的に割り当てて管理します。 そのため支払いは、使用した分のストレージについてのみ発生します。 価格に関して詳しくは、こちらをご覧ください。
  • 複数のストレージ オプション - Azure Backup では、ストレージおよびデータの高可用性を維持するために、3 種類のレプリケーションが提供されます。
    • ローカル冗長ストレージ (LRS) では、データセンターのストレージ スケール ユニットにデータが 3 回レプリケートされます (データのコピーが 3 つ作成されます)。 データのすべてのコピーは、同じリージョン内に存在します。 LRS は、ローカル ハードウェアの障害からデータを保護するための低コストのオプションです。
    • geo 冗長ストレージ (GRS) は、既定の推奨レプリケーション オプションです。 GRS では、セカンダリ リージョン (ソース データのプライマリの場所から数百マイル離れた場所) にデータがレプリケートされます。 GRS は LRS よりもコストがかかりますが、地域的な障害が発生しても、より高いレベルのデータ持続性が確保されます。
    • ゾーン冗長ストレージ (ZRS) は、可用性ゾーン内のデータをレプリケートし、同じリージョン内でデータ所在地と回復性を保証します。 ZRS にダウンタイムはありません。 そのため、データ所在地を必要とし、なおかつダウンタイムが許されない重要なワークロードは、ZRS にバックアップすることができます。

次のステップ

  • さまざまなバックアップ シナリオのアーキテクチャとコンポーネントを確認します。
  • バックアップおよび Azure VM バックアップに関するサポート要件と制限を確認します。