Azure VM での SAP HANA データベースのバックアップBack up SAP HANA databases in Azure VMs

SAP HANA データベースは、低い回復ポイントの目標値 (RPO) と長期リテンション期間を必要とする重要なワークロードです。SAP HANA databases are critical workloads that require a low recovery-point objective (RPO) and long-term retention. Azure Backup を使用して、Azure 仮想マシン (VM) 上で稼働している SAP HANA データベースをバックアップできます。You can back up SAP HANA databases running on Azure virtual machines (VMs) by using Azure Backup.

この記事では、Azure VM 上で稼働している SAP HANA データベースを Azure Backup Recovery Services コンテナーにバックアップする方法について説明します。This article shows how to back up SAP HANA databases that are running on Azure VMs to an Azure Backup Recovery Services vault.

この記事では、次の方法について学習します。In this article, you'll learn how to:

  • コンテナーを作成して構成するCreate and configure a vault
  • データベースを検出するDiscover databases
  • バックアップを構成するConfigure backups
  • オンデマンド バックアップ ジョブを実行するRun an on-demand backup job

注意

2020 年 8 月 1 日の時点で、RHEL (7.4、7.6、7.7、8.1) 用の SAP HANA バックアップは一般提供されています。As of August 1st, 2020, SAP HANA backup for RHEL (7.4, 7.6, 7.7 & 8.1) is generally available.

注意

Azure VM での SQL Server の論理的な削除と Azure VM ワークロードでの SAP HANA の論理的な削除が、プレビューで利用できるようになりました。Soft delete for SQL server in Azure VM and soft delete for SAP HANA in Azure VM workloads is now available in preview.
プレビューにサインアップするには、AskAzureBackupTeam@microsoft.com 宛てにご連絡ください。To sign up for the preview, write to us at AskAzureBackupTeam@microsoft.com.

前提条件Prerequisites

バックアップ用にデータベースを設定するには、「前提条件」と「事前登録スクリプトで実行される処理」のセクションを参照してください。Refer to the prerequisites and the What the pre-registration script does sections to set up the database for backup.

ネットワーク接続を確立するEstablish network connectivity

すべての操作において、Azure VM で実行されている SAP HANA データベースには Azure Backup サービス、Azure Storage、Azure Active Directory への接続が必要です。For all operations, an SAP HANA database running on an Azure VM requires connectivity to the Azure Backup service, Azure Storage, and Azure Active Directory. これは、プライベート エンドポイントを使用するか、必要なパブリック IP アドレスまたは FQDN へのアクセスを許可することによって実現できます。This can be achieved by using private endpoints or by allowing access to the required public IP addresses or FQDNs. 必要な Azure サービスへの適切な接続を許可しないと、データベースの検出、バックアップの構成、バックアップの実行、データの復元などの操作の失敗につながる可能性があります。Not allowing proper connectivity to the required Azure services may lead to failure in operations like database discovery, configuring backup, performing backups, and restoring data.

次の表に、接続の確立に使用できるさまざまな選択肢を示します。The following table lists the various alternatives you can use for establishing connectivity:

オプションOption 長所Advantages 短所Disadvantages
プライベート エンドポイントPrivate endpoints 仮想ネットワーク内のプライベート IP 経由でのバックアップを可能にするAllow backups over private IPs inside the virtual network

ネットワークとコンテナーの側で詳細な制御を提供するProvide granular control on the network and vault side
標準のプライベート エンドポイント コストが発生するIncurs standard private endpoint costs
NSG サービス タグNSG service tags 範囲の変更が自動的にマージされるため管理しやすいEasier to manage as range changes are automatically merged

追加のコストが発生しないNo additional costs
NSG でのみ使用可能Can be used with NSGs only

サービス全体へのアクセスを提供するProvides access to the entire service
Azure Firewall の FQDN タグAzure Firewall FQDN tags 必要な FQDN が自動的に管理されるため管理しやすいEasier to manage since the required FQDNs are automatically managed Azure Firewall でのみ使用可能Can be used with Azure Firewall only
サービスの FQDN/IP へのアクセスを許可するAllow access to service FQDNs/IPs 追加のコストが発生しないNo additional costs

すべてのネットワーク セキュリティ アプライアンスとファイアウォールで動作するWorks with all network security appliances and firewalls
広範な IP または FQDN のセットへのアクセスが必要になる場合があるA broad set of IPs or FQDNs may be required to be accessed
HTTP プロキシを使用するUse an HTTP proxy VM に対するインターネット アクセスを単一の場所で実現Single point of internet access to VMs プロキシ ソフトウェアで VM を実行するための追加のコストが発生するAdditional costs to run a VM with the proxy software

これらのオプションを使用する方法の詳細については、以下を参照してください。More details around using these options are shared below:

プライベート エンドポイントPrivate endpoints

プライベート エンドポイントを使用すると、仮想ネットワーク内のサーバーから Recovery Services コンテナーに安全に接続できます。Private endpoints allow you to connect securely from servers inside a virtual network to your Recovery Services vault. プライベート エンドポイントでは、お使いのコンテナーの VNET アドレス空間からの IP アドレスが使用されます。The private endpoint uses an IP from the VNET address space for your vault. 仮想ネットワーク内のリソースとコンテナー間のネットワーク トラフィックは、仮想ネットワークと Microsoft のバックボーン ネットワーク上のプライベート リンクを経由します。The network traffic between your resources inside the virtual network and the vault travels over your virtual network and a private link on the Microsoft backbone network. これにより、パブリック インターネットへの露出が排除されます。This eliminates exposure from the public internet. こちらから、Azure Backup のプライベート エンドポイントの詳細を参照してください。Read more on private endpoints for Azure Backup here.

NSG タグNSG tags

ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) を使用する場合は、AzureBackup サービス タグを使用して、Azure Backup への発信アクセスを許可します。If you use Network Security Groups (NSG), use the AzureBackup service tag to allow outbound access to Azure Backup. Azure Backup タグに加えて、Azure AD (AzureActiveDirectory) および Azure Storage (Storage) に対して同様の NSG 規則を作成することによって、認証とデータ転送のための接続を許可する必要もあります。In addition to the Azure Backup tag, you also need to allow connectivity for authentication and data transfer by creating similar NSG rules for Azure AD (AzureActiveDirectory) and Azure Storage(Storage). 次の手順では、Azure Backup タグの規則を作成するプロセスについて説明します。The following steps describe the process to create a rule for the Azure Backup tag:

  1. [すべてのサービス] で、 [ネットワーク セキュリティ グループ] に移動して、ネットワーク セキュリティ グループを選択します。In All Services, go to Network security groups and select the network security group.

  2. [設定][送信セキュリティ規則] を選択します。Select Outbound security rules under Settings.

  3. [追加] を選択します。Select Add. セキュリティ規則の設定の説明に従って、新しい規則を作成するために必要なすべての詳細を入力します。Enter all the required details for creating a new rule as described in security rule settings. オプション [宛先][サービス タグ] に、 [宛先サービス タグ][AzureBackup] に設定されていることを確認します。Ensure the option Destination is set to Service Tag and Destination service tag is set to AzureBackup.

  4. [追加] を選択して、新しく作成した送信セキュリティ規則を保存します。Select Add to save the newly created outbound security rule.

Azure Storage と Azure AD に対する NSG 送信セキュリティ規則も、同様に作成できます。You can similarly create NSG outbound security rules for Azure Storage and Azure AD. サービス タグの詳細については、こちらの記事を参照してください。For more information on service tags, see this article.

Azure Firewall タグAzure Firewall tags

Azure Firewall を使用している場合は、AzureBackup Azure Firewall FQDN タグを使用してアプリケーション規則を作成します。If you're using Azure Firewall, create an application rule by using the AzureBackup Azure Firewall FQDN tag. これにより、Azure Backup へのすべての発信アクセスが許可されます。This allows all outbound access to Azure Backup.

サービスの IP 範囲へのアクセスを許可するAllow access to service IP ranges

サービスの IP へのアクセスを許可することを選択した場合は、こちらから利用可能な IP 範囲の JSON ファイルを参照してください。If you choose to allow access service IPs, refer to the IP ranges in the JSON file available here. Azure Backup、Azure Storage、および Azure Active Directory に対応する IP へのアクセスを許可する必要があります。You'll need to allow access to IPs corresponding to Azure Backup, Azure Storage, and Azure Active Directory.

サービスの FQDN へのアクセスを許可するAllow access to service FQDNs

次の FQDN を使用することで、サーバーから必要なサービスへのアクセスを許可することもできます。You can also use the following FQDNs to allow access to the required services from your servers:

サービスService アクセスするドメイン名Domain names to be accessed
Azure BackupAzure Backup *.backup.windowsazure.com
Azure StorageAzure Storage *.blob.core.windows.net

*.queue.core.windows.net
Azure ADAzure AD この記事に従って、セクション 56 および 59 の FQDN へのアクセスを許可しますAllow access to FQDNs under sections 56 and 59 according to this article

トラフィックをルーティングするために HTTP プロキシ サーバーを使用するUse an HTTP proxy server to route traffic

Azure VM で実行されている SAP HANA データベースをバックアップする場合、VM 上のバックアップ拡張機能によって HTTPS API が使用され、管理コマンドが Azure Backup に送信されてデータが Azure Storage に送信されます。When you back up an SAP HANA database running on an Azure VM, the backup extension on the VM uses the HTTPS APIs to send management commands to Azure Backup and data to Azure Storage. また、バックアップ拡張機能では、認証に Azure AD を使用します。The backup extension also uses Azure AD for authentication. HTTP プロキシ経由でこれらの 3 つのサービスのバックアップ拡張機能のトラフィックをルーティングします。Route the backup extension traffic for these three services through the HTTP proxy. 必要なサービスへのアクセスを許可するには、上記で説明した IP と FQDN の一覧を使用します。Use the list of IPs and FQDNs mentioned above for allowing access to the required services. 認証済みプロキシ サーバーはサポートされません。Authenticated proxy servers aren't supported.

Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault

Recovery Services コンテナーは、時間の経過と共に作成された復旧ポイントを格納する管理エンティティであり、バックアップ関連の操作を実行するためのインターフェイスが用意されています。A Recovery Services vault is a management entity that stores recovery points created over time and provides an interface to perform backup related operations. たとえば、オンデマンドのバックアップの作成、復元の実行、バックアップ ポリシーの作成などの操作です。These include taking on-demand backups, performing restores, and creating backup policies.

Recovery Services コンテナーを作成するには、次の手順に従います。To create a Recovery Services vault, follow these steps.

  1. Azure Portal でサブスクリプションにサインインします。Sign in to your subscription in the Azure portal.

  2. 左側のメニューから、 [すべてのサービス] を選択します。On the left menu, select All services.

    [すべてのサービス] を選択する

  3. [すべてのサービス] ダイアログ ボックスに、「Recovery Services」と入力します。In the All services dialog box, enter Recovery Services. 入力に従って、リソースの一覧がフィルター処理されます。The list of resources filters according to your input. リソースの一覧から [Recovery Services コンテナー] を選択します。In the list of resources, select Recovery Services vaults.

    [Recovery Services コンテナー] と入力して選択する

    サブスクリプションに Recovery Services コンテナーの一覧が表示されます。The list of Recovery Services vaults in the subscription appears.

  4. [Recovery Services コンテナー] ダッシュボードで [追加] を選択します。On the Recovery Services vaults dashboard, select Add.

    [Recovery Services コンテナー] を追加する

    [Recovery Services コンテナー] ダイアログ ボックスが開きます。The Recovery Services vault dialog box opens. [名前][サブスクリプション][リソース グループ][場所] に値を入力します。Provide values for the Name, Subscription, Resource group, and Location.

    [Recovery Services コンテナー] を構成する

    • Name:コンテナーを識別するフレンドリ名を入力します。Name: Enter a friendly name to identify the vault. 名前は Azure サブスクリプションに対して一意である必要があります。The name must be unique to the Azure subscription. 2 文字以上で、50 文字以下の名前を指定します。Specify a name that has at least 2 but not more than 50 characters. 名前の先頭にはアルファベットを使用する必要があります。また、名前に使用できるのはアルファベット、数字、ハイフンのみです。The name must start with a letter and consist only of letters, numbers, and hyphens.

    • サブスクリプション:使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Choose the subscription to use. 1 つのサブスクリプションのみのメンバーの場合は、その名前が表示されます。If you're a member of only one subscription, you'll see that name. どのサブスクリプションを使用すればよいかがわからない場合は、既定 (推奨) のサブスクリプションを使用してください。If you're not sure which subscription to use, use the default (suggested) subscription. 職場または学校アカウントが複数の Azure サブスクリプションに関連付けられている場合に限り、複数の選択肢が存在します。There are multiple choices only if your work or school account is associated with more than one Azure subscription.

    • [リソース グループ] :既存のリソース グループを使用するか、新しいリソース グループを作成します。Resource group: Use an existing resource group or create a new one. サブスクリプションの使用可能なリソース グループの一覧を表示するには、 [既存のものを使用] を選択し、ドロップダウン リストからリソースを選択します。To see the list of available resource groups in your subscription, select Use existing, and then select a resource from the drop-down list. 新しいリソース グループを作成するには、 [新規作成] を選択し、名前を入力します。To create a new resource group, select Create new and enter the name. リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。For more information about resource groups, see Azure Resource Manager overview.

    • [場所] :コンテナーの地理的リージョンを選択します。Location: Select the geographic region for the vault. 任意のデータ ソースを保護するためのコンテナーを作成するには、コンテナーがデータ ソースと同じリージョンにある "必要があります"。To create a vault to protect any data source, the vault must be in the same region as the data source.

      重要

      データ ソースの場所がわからない場合は、ダイアログ ボックスを閉じます。If you're not sure of the location of your data source, close the dialog box. ポータルの自分のリソースの一覧に移動します。Go to the list of your resources in the portal. 複数のリージョンにデータ ソースがある場合は、リージョンごとに Recovery Services コンテナーを作成します。If you have data sources in multiple regions, create a Recovery Services vault for each region. まず最初の場所にコンテナーを作成してから、別の場所にコンテナーを作成します。Create the vault in the first location before you create the vault for another location. バックアップ データを格納するためにストレージ アカウントを指定する必要はありません。There's no need to specify storage accounts to store the backup data. Recovery Services コンテナーと Azure Backup で自動的に処理されます。The Recovery Services vault and Azure Backup handle that automatically.

  5. 値を指定したら、 [確認と作成] を選択します。After providing the values, select Review + create.

    Recovery Services コンテナーを作成するプロセスにおける [確認と作成] ボタンのスクリーンショット。

  6. Recovery Services コンテナーを作成する準備ができたら、 [作成] を選択します。When you're ready to create the Recovery Services vault, select Create.

    [Recovery Services コンテナー] を作成する

    Recovery Services コンテナーの作成に時間がかかることがあります。It can take a while to create the Recovery Services vault. [通知] 領域 (ポータルの右上隅) で、状態の通知を監視します。Monitor the status notifications in the Notifications area at the upper-right corner of the portal. コンテナーが作成されると、Recovery Services コンテナーの一覧に表示されます。After your vault is created, it's visible in the list of Recovery Services vaults. コンテナーが表示されない場合は、 [最新の情報に更新] を選択します。If you don't see your vault, select Refresh.

    バックアップ コンテナーの一覧を更新する

重要

コンテナーでバックアップを構成する前に、 [ストレージ レプリケーションの種類][セキュリティ設定] の既定の設定を確認することを強くお勧めします。We highly recommend you review the default settings for Storage Replication type and Security settings before configuring backups in the vault. 詳細については、「ストレージ冗長性の設定」セクションを参照してください。For more information, see the Set Storage redundancy section.

データベースを検出するDiscover the databases

  1. コンテナーの [作業の開始] で、 [バックアップ] を選択します。In the vault, in Getting Started, select Backup. [ワークロードはどこで実行されていますか?] で、 [Azure VM の SAP HANA] を選択します。In Where is your workload running?, select SAP HANA in Azure VM.

  2. [検出の開始] を選択します。Select Start Discovery. これで、コンテナー リージョン内の保護されていない Linux VM の検出が開始されます。This initiates discovery of unprotected Linux VMs in the vault region.

    • 検出後、保護されていない VM は、ポータルで名前およびリソース グループ別に一覧表示されます。After discovery, unprotected VMs appear in the portal, listed by name and resource group.
    • VM が予期したとおりに一覧表示されない場合は、それが既にコンテナーにバックアップされているかどうかを確認してください。If a VM isn't listed as expected, check whether it's already backed up in a vault.
    • 複数の VM を同じ名前にすることはできますが、それらは異なるリソース グループに属しています。Multiple VMs can have the same name but they belong to different resource groups.
  3. [仮想マシンの選択] で、リンクをクリックして、データベースの検出のために SAP HANA VM へのアクセス許可を Azure Backup サービスに与えるスクリプトをダウンロードします。In Select Virtual Machines, select the link to download the script that provides permissions for the Azure Backup service to access the SAP HANA VMs for database discovery.

  4. バックアップする SAP HANA データベースをホストしている各 VM でスクリプトを実行します。Run the script on each VM hosting SAP HANA databases that you want to back up.

  5. VM でスクリプトを実行した後、 [仮想マシンの選択] で、VM を選択します。After running the script on the VMs, in Select Virtual Machines, select the VMs. 次に、 [データベースを検出] を選択します。Then select Discover DBs.

  6. Azure Backup によって、VM 上のすべての SAP HANA データベースが検出されます。Azure Backup discovers all SAP HANA databases on the VM. 検出中に、Azure Backup によって VM がコンテナーに登録され、VM に拡張機能がインストールされます。During discovery, Azure Backup registers the VM with the vault, and installs an extension on the VM. エージェントはデータベースにインストールされません。No agent is installed on the database.

    SAP HANA データベースを検出する

バックアップの構成Configure backup

ここでバックアップを有効にします。Now enable backup.

  1. 手順 2 で、 [バックアップの構成] を選択します。In Step 2, select Configure Backup.

    バックアップの構成

  2. [バックアップする項目の選択] で、保護するデータベースをすべて選択し、 [OK] を選びます。In Select items to back up, select all the databases you want to protect > OK.

    バックアップする項目を選択する

  3. [バックアップ ポリシー] > [バックアップ ポリシーの選択] で、以下の手順に従って、データベースの新しいバックアップ ポリシーを作成します。In Backup Policy > Choose backup policy, create a new backup policy for the databases, in accordance with the instructions below.

    バックアップ ポリシーを選択する

  4. ポリシーを作成した後、 [バックアップ] メニュー[バックアップの有効化] を選択します。After creating the policy, on the Backup menu, select Enable backup.

    バックアップの有効化

  5. ポータルの [通知] 領域で、バックアップ構成の進行状況を追跡します。Track the backup configuration progress in the Notifications area of the portal.

バックアップ ポリシーの作成Create a backup policy

バックアップ ポリシーでは、バックアップが取得されるタイミングと、それらが保持される期間を定義します。A backup policy defines when backups are taken, and how long they're retained.

  • ポリシーはコンテナー レベルで作成されます。A policy is created at the vault level.
  • 複数のコンテナーでは同じバックアップ ポリシーを使用できますが、各コンテナーにバックアップ ポリシーを適用する必要があります。Multiple vaults can use the same backup policy, but you must apply the backup policy to each vault.

注意

Azure Backup では、Azure VM で実行されている SAP HANA データベースをバックアップしている場合、夏時間変更に合わせた自動調整は行われません。Azure Backup doesn’t automatically adjust for daylight saving time changes when backing up a SAP HANA database running in an Azure VM.

必要に応じて手動でポリシーを変更してください。Modify the policy manually as needed.

次のように、ポリシー設定を指定します。Specify the policy settings as follows:

  1. [ポリシー名] に新しいポリシーの名前を入力します。In Policy name, enter a name for the new policy.

    ポリシー名を入力する

  2. 完全バックアップのポリシー[バックアップ頻度] を選択し、 [毎日] または [毎週] を選びます。In Full Backup policy, select a Backup Frequency, choose Daily or Weekly.

    • 日次:バックアップ ジョブが開始される、時刻とタイム ゾーンを選択します。Daily: Select the hour and time zone in which the backup job begins.
      • 完全バックアップを実行する必要があります。You must run a full backup. このオプションをオフにすることはできません。You can't turn off this option.
      • [完全バックアップ] を選択し、ポリシーを表示します。Select Full Backup to view the policy.
      • 日次の完全バックアップを選択する場合は、差分バックアップを作成できません。You can't create differential backups for daily full backups.
    • 毎週:バックアップ ジョブが実行される、曜日、時刻、およびタイム ゾーンを選択します。Weekly: Select the day of the week, hour, and time zone in which the backup job runs.

    バックアップの頻度を選択する

  3. [リテンション期間] で、完全バックアップのリテンション期間の設定を構成します。In Retention Range, configure retention settings for the full backup.

    • 既定では、すべてのオプションが選択されています。By default all options are selected. 使用しないリテンション期間の制限をすべてクリアして、使用するものを設定します。Clear any retention range limits you don't want to use, and set those that you do.
    • あらゆる種類のバックアップ (完全、差分、ログ) の最小保持期間は 7 日間です。The minimum retention period for any type of backup (full/differential/log) is seven days.
    • 復旧ポイントは、そのリテンション期間の範囲に基づいて、リテンション期間に対してタグ付けされます。Recovery points are tagged for retention based on their retention range. たとえば、日次での完全バックアップを選択した場合、日ごとにトリガーされる完全バックアップは 1 回だけです。For example, if you select a daily full backup, only one full backup is triggered each day.
    • 特定の曜日のバックアップがタグ付けされ、週次でのリテンション期間と設定に基づいて保持されます。The backup for a specific day is tagged and retained based on the weekly retention range and setting.
    • 月次および年次のリテンション期間の範囲でも、同様の動作になります。The monthly and yearly retention ranges behave in a similar way.
  4. 完全バックアップのポリシー メニューで、 [OK] を選択して設定を確定します。In the Full Backup policy menu, select OK to accept the settings.

  5. [差分バックアップ] を選択して、差分ポリシーを追加します。Select Differential Backup to add a differential policy.

  6. 差分バックアップのポリシーで、 [有効] を選択して頻度とリテンション期間の制御を開きます。In Differential Backup policy, select Enable to open the frequency and retention controls.

    • 最多で、1 日に 1 回の差分バックアップをトリガーできます。At most, you can trigger one differential backup per day.
    • 差分バックアップは、最大 180 日間保持できます。Differential backups can be retained for a maximum of 180 days. より長いリテンション期間が必要な場合は、完全バックアップを使用する必要があります。If you need longer retention, you must use full backups.

    差分バックアップ ポリシー

    注意

    増分バックアップは現在、サポートされていません。Incremental backups aren't currently supported.

  7. [OK] を選択してポリシーを保存し、 [バックアップ ポリシー] のメイン メニューに戻ります。Select OK to save the policy and return to the main Backup policy menu.

  8. [ログ バックアップ] を選択し、トランザクション ログ バックアップ ポリシーを追加します。Select Log Backup to add a transactional log backup policy,

    • [ログ バックアップ] で、 [有効化] を選択します。In Log Backup, select Enable. すべてのログ バックアップは SAP HANA で管理されるため、これを無効にすることはできません。This can't be disabled, since SAP HANA manages all log backups.
    • 頻度とリテンション期間の制御を設定します。Set the frequency and retention controls.

    注意

    ログ バックアップでは、完全バックアップが正常に完了した後にのみ、フローが開始されます。Log backups only begin to flow after a successful full backup is completed.

  9. [OK] を選択してポリシーを保存し、 [バックアップ ポリシー] のメイン メニューに戻ります。Select OK to save the policy and return to the main Backup policy menu.

  10. バックアップ ポリシーの定義が完了した後、 [OK] を選択します。After you finish defining the backup policy, select OK.

注意

各ログ バックアップは、復旧チェーンを形成するために、以前の完全バックアップにチェーンされています。Each log backup is chained to the previous full backup to form a recovery chain. この完全バックアップは、前回のログ バックアップのリテンション期間が終了するまで保持されます。This full backup will be retained until the retention of the last log backup has expired. これは、完全バックアップのリテンション期間を追加して、すべてのログが確実に復旧されるようにすることを意味します。This might mean that the full backup is retained for an extra period to make sure all the logs can be recovered. ユーザーが、週単位の完全バックアップ、日単位の差分、2 時間ごとのログを実行しているとしましょう。Let's assume a user has a weekly full backup, daily differential and 2 hour logs. これらのすべてが 30 日間保持されます。All of them are retained for 30 days. ただし、週単位の完全バックアップは、次の完全バックアップが利用可能になった後でのみ、すなわち 30 + 7 日後に、実際にクリーンアップまたは削除することができます。But, the weekly full can be really cleaned up/deleted only after the next full backup is available, that is, after 30 + 7 days. たとえば、週単位の完全バックアップが 11 月 16 日に行われたとします。For example, a weekly full backup happens on Nov 16th. 保持ポリシーに従って、12 月 16 日まで保持されます。According to the retention policy, it should be retained until Dec 16th. この完全バックアップに対する前回のログ バックアップは、11 月 22 日に予定されている次の完全バックアップの前に行われます。The last log backup for this full happens before the next scheduled full, on Nov 22nd. このログが 12 月 22 日までに利用可能になるまでは、11 月 16 日の完全バックアップは削除されません。Until this log is available until Dec 22nd, the Nov 16th full can't be deleted. そのため、11 月 16 日の完全バックアップは、12 月 22 日までは保持されます。So, the Nov 16th full is retained until Dec 22nd.

オンデマンド バックアップを実行するRun an on-demand backup

バックアップは、ポリシー スケジュールに従って実行されます。Backups run in accordance with the policy schedule. 次のように、バックアップ オンデマンを実行できます。You can run a backup on-demand as follows:

  1. コンテナー メニューで [バックアップ項目] を選択します。In the vault menu, select Backup items.
  2. [バックアップ項目] で、SAP HANA データベースを実行している VM を選択してから、 [今すぐバックアップ] を選択します。In Backup Items, select the VM running the SAP HANA database, and then select Backup now.
  3. [今すぐバックアップ] で、実行するバックアップの種類を選択します。In Backup Now, choose the type of backup you want to perform. [OK] をクリックします。Then select OK. このバックアップ項目に関連付けられているポリシーに従って、このバックアップが保持されます。This backup will be retained according to the policy associated with this backup item.
  4. ポータルの通知を監視します。Monitor the portal notifications. コンテナー ダッシュボードの [バックアップ ジョブ] > [進行中] でジョブの進行状況を監視できます。You can monitor the job progress in the vault dashboard > Backup Jobs > In progress. データベースのサイズによっては、最初のバックアップの作成に時間がかかる場合があります。Depending on the size of your database, creating the initial backup may take a while.

既定では、オンデマンド バックアップの保持期間は 45 日です。By default, the retention of on-demand backups is 45 days.

Azure Backup が有効になっているデータベースで SAP HANA Studio のバックアップを実行するRun SAP HANA Studio backup on a database with Azure Backup enabled

Azure Backup でバックアップされているデータベースの (HANA Studio を使用する) ローカル バックアップを作成する場合は、次の操作を行います。If you want to take a local backup (using HANA Studio) of a database that's being backed up with Azure Backup, do the following:

  1. データベースの完全バックアップまたはログ バックアップがすべて完了するまで待ちます。Wait for any full or log backups for the database to finish. SAP HANA Studio/Cockpit で状態を確認します。Check the status in SAP HANA Studio / Cockpit.
  2. ログ バックアップを無効にし、関連するデータベースのファイル システムにバックアップ カタログを設定します。Disable log backups, and set the backup catalog to the file system for relevant database.
  3. これを行うには、systemdb > [構成] > [データベースの選択] > [Filter (Log)](フィルター (ログ)) の順にダブルクリックします。To do this, double-click systemdb > Configuration > Select Database > Filter (Log).
  4. [enable_auto_log_backup][No] に設定します。Set enable_auto_log_backup to No.
  5. [log_backup_using_backint][False] に設定します。Set log_backup_using_backint to False.
  6. [catalog_backup_using_backint][False] に設定します。Set catalog_backup_using_backint to False.
  7. データベースのオンデマンド完全バックアップを作成します。Take an on-demand full backup of the database.
  8. 完全バックアップとカタログ バックアップが完了するまで待ちます。Wait for the full backup and catalog backup to finish.
  9. 前の設定を Azure のものに戻します。Revert the previous settings back to those for Azure:
    • [enable_auto_log_backup][Yes] に設定します。Set enable_auto_log_backup to Yes.
    • [log_backup_using_backint][True] に設定します。Set log_backup_using_backint to True.
    • [catalog_backup_using_backint][True] に設定します。Set catalog_backup_using_backint to True.

次のステップNext steps