Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントを使用したバックアップのサポート マトリックスSupport matrix for backup with the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) agent

Azure Backup サービスを使用すると、オンプレミスのコンピューターとアプリをバックアップしたり、Azure 仮想マシン (VM) をバックアップしたりできます。You can use the Azure Backup service to back up on-premises machines and apps and to back up Azure virtual machines (VMs). この記事では、Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントを使用してコンピューターをバックアップする場合のサポートの設定および制限を要約しています。This article summarizes support settings and limitations when you use the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) agent to back up machines.

MARS エージェントThe MARS agent

Azure Backup は、MARS エージェントを使用して、オンプレミスのコンピューターや Azure VM から Azure の Backup Recovery Services コンテナーにデータをバックアップします。Azure Backup uses the MARS agent to back up data from on-premises machines and Azure VMs to a backup Recovery Services vault in Azure. MARS エージェントは次の動作が可能です。The MARS agent can:

  • Azure の Backup Recovery Services コンテナーに直接バックアップできるように、オンプレミスの Windows コンピューター上で動作できます。Run on on-premises Windows machines so that they can back up directly to a backup Recovery Services vault in Azure.
  • コンテナーに直接バックアップできるように、Windows VM 上で動作できます。Run on Windows VMs so that they can back up directly to a vault.
  • Microsoft Azure Backup Server (MABS) または System Center Data Protection Manager (DPM) サーバー上で動作できます。Run on Microsoft Azure Backup Server (MABS) or a System Center Data Protection Manager (DPM) server. このシナリオでは、コンピューターとワークロードは MABS または DPM サーバーにバックアップされます。In this scenario, machines and workloads back up to MABS or to the DPM server. その後、MARS エージェントがこのサーバーを Azure のコンテナーにバックアップします。The MARS agent then backs up this server to a vault in Azure.

注意

Azure Backup は、夏時間 (DST) の時計の自動調整をサポートしていません。Azure Backup doesn't support automatic adjustment of clock for daylight savings time (DST). 実際の時刻とスケジュールされたバックアップ時刻がずれないようにするため、夏時間を考慮に入れてポリシーを変更してください。Modify the policy to ensure daylight savings is taken into account to prevent discrepancy between the actual time and scheduled backup time.

バックアップ オプションは、エージェントがインストールされている場所によって異なります。Your backup options depend on where the agent is installed. 詳細については、MARS エージェントを使用した Azure Backup アーキテクチャに関するページを参照してください。For more information, see Azure Backup architecture using the MARS agent. MABS と DPM のバックアップ アーキテクチャについては、DPM または MABS へのバックアップに関するページを参照してください。For information about MABS and DPM backup architecture, see Back up to DPM or MABS. バックアップ アーキテクチャに関する要件も参照してください。Also see requirements for the backup architecture.

インストールInstallation 詳細Details
最新の MARS エージェントをダウンロードするDownload the latest MARS agent 最新バージョンのエージェントはコンテナーからダウンロードするか、または直接ダウンロードできます。You can download the latest version of the agent from the vault, or download it directly.
コンピューターに直接インストールするInstall directly on a machine MARS エージェントは、オンプレミスの Windows サーバー、またはいずれかのサポートされるオペレーティング システムを実行している Windows VM に直接インストールできます。You can install the MARS agent directly on an on-premises Windows server or on a Windows VM that's running any of the supported operating systems.
バックアップ サーバーにインストールするInstall on a backup server Azure にバックアップするように DPM または MABS を設定する場合は、そのサーバーに MARS エージェントをダウンロードしてインストールします。When you set up DPM or MABS to back up to Azure, you download and install the MARS agent on the server. バックアップ サーバーのサポート マトリックス内のサポートされるオペレーティング システムにエージェントをインストールできます。You can install the agent on supported operating systems in the backup server support matrix.

注意

既定では、バックアップが有効になっている Azure VM には Azure Backup 拡張機能がインストールされています。By default, Azure VMs that are enabled for backup have an Azure Backup extension installation. この拡張機能は、VM 全体をバックアップします。This extension backs up the entire VM. VM 全体ではなく、特定のフォルダーやファイルをバックアップする場合は、この拡張機能と共に MARS エージェントを Azure VM にインストールして実行できます。You can install and run the MARS agent on an Azure VM alongside the extension if you want to back up specific folders and files, rather than the complete VM. MARS エージェントは、Azure VM 上で実行されると、その VM 上の一時ストレージにあるファイルまたはフォルダーをバックアップします。When you run the MARS agent on an Azure VM, it backs up files or folders that are in temporary storage on the VM. それらのファイルまたはフォルダーが一時ストレージから削除されたり、一時ストレージが削除されたりすると、バックアップは失敗します。Backups fail if the files or folders are removed from the temporary storage or if the temporary storage is removed.

キャッシュ フォルダーのサポートCache folder support

MARS エージェントを使用してデータをバックアップする場合、エージェントはそのデータのスナップショットを取得し、それをローカルのキャッシュ フォルダーに格納してからデータを Azure に送信します。When you use the MARS agent to back up data, the agent takes a snapshot of the data and stores it in a local cache folder before it sends the data to Azure. キャッシュ (スクラッチ) フォルダーには、次のいくつかの要件があります。The cache (scratch) folder has several requirements:

CacheCache 詳細Details
サイズSize キャッシュ フォルダー内の空き領域は、バックアップ データのサイズ全体の少なくとも 5 ~ 10% である必要があります。Free space in the cache folder should be at least 5 to 10 percent of the overall size of your backup data.
場所Location キャッシュ フォルダーは、バックアップされるコンピューターにローカルに格納されており、かつオンラインである必要があります。The cache folder must be locally stored on the machine that's being backed up, and it must be online. キャッシュ フォルダーがネットワーク共有、リムーバブル メディア、またはオフライン ボリュームに存在していてはいけません。The cache folder shouldn't be on a network share, on removable media, or on an offline volume.
FolderFolder キャッシュ フォルダーは、重複除去されたボリューム上や、圧縮されたフォルダー、スパース フォルダー、または再解析ポイントを含むフォルダー内で暗号化されていてはいけません。The cache folder shouldn't be encrypted on a deduplicated volume or in a folder that's compressed, that's sparse, or that has a reparse point.
場所の変更Location changes キャッシュの場所は、バックアップ エンジンを停止し (net stop bengine)、キャッシュ フォルダーを新しいドライブにコピーすることによって変更できます。You can change the cache location by stopping the backup engine (net stop bengine) and copying the cache folder to a new drive. (新しいドライブに十分な領域があることを確認してください。)その後、HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows Azure Backup にある 2 つのレジストリ エントリ (Config/ScratchLocationConfig/CloudBackupProvider/ScratchLocation) を新しい場所に更新し、エンジンを再起動します。(Ensure the new drive has sufficient space.) Then update two registry entries under HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows Azure Backup (Config/ScratchLocation and Config/CloudBackupProvider/ScratchLocation) to the new location and restart the engine.

ネットワークとアクセスのサポートNetworking and access support

URL と IP アクセスURL and IP access

MARS エージェントには、次の URL へのアクセス権が必要です。The MARS agent needs access to these URLs:

  • http://www.msftncsi.com/ncsi.txt
  • *.Microsoft.com*.Microsoft.com
  • *.WindowsAzure.com*.WindowsAzure.com
  • *.MicrosoftOnline.com*.MicrosoftOnline.com
  • *.Windows.net*.Windows.net
  • www.msftconnecttest.com

これらの IP アドレスに対しては、次のようになります。And to these IP addresses:

  • 20.190.128.0/1820.190.128.0/18
  • 40.126.0.0/1840.126.0.0/18

上記のすべての URL と IP アドレスにアクセスするには、ポート 443 で HTTPS プロトコルを使用します。Access to all of the URLs and IP addresses listed above uses the HTTPS protocol on port 443.

MARS エージェントを使用して Azure VM からファイルとフォルダーをバックアップする場合、アクセスを許可するように Azure 仮想ネットワークを構成する必要もあります。When backing up files and folders from Azure VMs using the MARS Agent, the Azure virtual network also needs to be configured to allow access. ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) を使用する場合は、AzureBackup サービス タグを使用して、Azure Backup への発信アクセスを許可します。If you use Network Security Groups (NSG), use the AzureBackup service tag to allow outbound access to Azure Backup. Azure Backup タグに加えて、Azure AD (AzureActiveDirectory) および Azure Storage (Storage) に対して同様の NSG 規則を作成することによって、認証とデータ転送のための接続を許可する必要もあります。In addition to the Azure Backup tag, you also need to allow connectivity for authentication and data transfer by creating similar NSG rules for Azure AD (AzureActiveDirectory) and Azure Storage(Storage). 次の手順では、Azure Backup タグの規則を作成するプロセスについて説明します。The following steps describe the process to create a rule for the Azure Backup tag:

  1. [すべてのサービス] で、 [ネットワーク セキュリティ グループ] に移動して、ネットワーク セキュリティ グループを選択します。In All Services, go to Network security groups and select the network security group.
  2. [設定][送信セキュリティ規則] を選択します。Select Outbound security rules under Settings.
  3. [追加] を選択します。Select Add. セキュリティ規則の設定の説明に従って、新しい規則を作成するために必要なすべての詳細を入力します。Enter all the required details for creating a new rule as described in security rule settings. オプション [宛先][サービス タグ] に、 [宛先サービス タグ][AzureBackup] に設定されていることを確認します。Ensure the option Destination is set to Service Tag and Destination service tag is set to AzureBackup.
  4. [追加] を選択して、新しく作成した送信セキュリティ規則を保存します。Select Add to save the newly created outbound security rule.

Azure Storage と Azure AD に対する NSG 送信セキュリティ規則も、同様に作成できます。You can similarly create NSG outbound security rules for Azure Storage and Azure AD. サービス タグの詳細については、こちらの記事を参照してください。For more information on service tags, see this article.

Azure ExpressRoute のサポートAzure ExpressRoute support

パブリック ピアリング (古い回線で使用可能) と Microsoft ピアリングを使用して、Azure ExpressRoute 経由でデータをバックアップできます。You can back up your data over Azure ExpressRoute with public peering (available for old circuits) and Microsoft peering. プライベート ピアリング経由のバックアップはサポートされていません。Backup over private peering isn't supported.

パブリック ピアリングを使用して、次のドメインまたはアドレスへのアクセスを確保します。With public peering: Ensure access to the following domains/addresses:

  • URLURLs
    • www.msftncsi.com
    • *.Microsoft.com
    • *.WindowsAzure.com
    • *.microsoftonline.com
    • *.windows.net
    • www.msftconnecttest.com
  • IP アドレスIP addresses
    • 20.190.128.0/1820.190.128.0/18
    • 40.126.0.0/1840.126.0.0/18

Microsoft ピアリングの使用時には、サービス、リージョン、関連するコミュニティについて以下の値を選択します。With Microsoft peering, select the following services/regions and relevant community values:

  • Azure Backup (Recovery Services コンテナーの場所による)Azure Backup (according to the location of your Recovery Services vault)
  • Azure Active Directory (12076:5060)Azure Active Directory (12076:5060)
  • Azure Storage (Recovery Services コンテナーの場所による)Azure Storage (according to the location of your Recovery Services vault)

詳細については、「ExpressRoute ルーティングの要件」を参照してください。For more information, see the ExpressRoute routing requirements.

注意

パブリック ピアリングは、新しい回線では非推奨です。Public Peering is deprecated for new circuits.

プライベート エンドポイントのサポートPrivate Endpoint support

プライベート エンドポイントを使用して、サーバーから Recovery Services コンテナーにデータを安全にバックアップできるようになりました。You can now use Private Endpoints to back up your data securely from servers to your Recovery Services vault. Azure Active Directory は現在、プライベート エンドポイントをサポートしていないため、Azure Active Directory に必要な IP および FQDN には、別個に送信アクセスを許可する必要があります。Since Azure Active Directory doesn't currently support private endpoints, IPs and FQDNs required for Azure Active Directory will need to be allowed outbound access separately.

MARS エージェントを使用してオンプレミスのリソースをバックアップする場合は、バックアップ対象のリソースが含まれるオンプレミスのネットワークが、コンテナー用のプライベート エンドポイントが含まれる Azure VNet と確実にピアリングされているようにします。When you use the MARS Agent to back up your on-premises resources, make sure your on-premises network (containing your resources to be backed up) is peered with the Azure VNet that contains a private endpoint for the vault. その後で、MARS エージェントのインストールを続行し、バックアップを構成することができます。You can then continue to install the MARS agent and configure backup. ただし、バックアップ用のすべての通信が、ピアリングされたネットワークのみを介して行われるようにする必要があります。However, you must ensure all communication for backup happens through the peered network only.

MARS エージェントの登録後にそのコンテナー用のプライベート エンドポイントを削除した場合は、コンテナーを Recovery Services コンテナーに再登録する必要があります。If you remove private endpoints for the vault after a MARS agent has been registered to it, you'll need to re-register the container with the vault. それらに対する保護を停止する必要はありません。You don't need to stop protection for them.

Azure Backup のプライベート エンドポイントの詳細を確認してください。Read more about private endpoints for Azure Backup.

調整のサポートThrottling support

機能Feature 詳細Details
帯域幅の制御Bandwidth control サポートされています。Supported. MARS エージェントで、 [プロパティの変更] を使用して帯域幅を調整します。In the MARS agent, use Change Properties to adjust bandwidth.
Network throttlingNetwork throttling Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 SP2、または Windows 7 を実行しているバックアップ済みのコンピューターでは使用できません。Not available for backed-up machines that run Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008 SP2, or Windows 7.

サポートされるオペレーティング システムSupported operating systems

注意

MARS エージェントは、Windows Server Core SKU をサポートしていません。The MARS agent does not support Windows Server Core SKUs.

MARS エージェントを使用すると、次のように実行されている一部のオペレーティング システム上の Azure に直接バックアップできます。You can use the MARS agent to back up directly to Azure on the operating systems listed below that run on:

  1. オンプレミスの Windows ServerOn-premises Windows Servers
  2. Windows を実行中の Azure VMAzure VMs running Windows

これらのオペレーティング システムは 64 ビットであり、かつ最新の Service Pack および更新プログラムが実行されている必要があります。The operating systems must be 64 bit and should be running the latest services packs and updates. 次の表は、これらのオペレーティング システムをまとめたものです。The following table summarizes these operating systems:

オペレーティング システムOperating system ファイル/フォルダーFiles/folders システム状態System state ソフトウェア/モジュールの要件Software/Module requirements
Windows 10 (Enterprise、Pro、Home)Windows 10 (Enterprise, Pro, Home) はいYes いいえNo ソフトウェア/モジュールの要件に対応するサーバーのバージョンをご確認くださいCheck the corresponding server version for software/module requirements
Windows 8.1 (Enterprise、Pro)Windows 8.1 (Enterprise, Pro) はいYes いいえNo ソフトウェア/モジュールの要件に対応するサーバーのバージョンをご確認くださいCheck the corresponding server version for software/module requirements
Windows 8 (Enterprise、Pro)Windows 8 (Enterprise, Pro) はいYes いいえNo ソフトウェア/モジュールの要件に対応するサーバーのバージョンをご確認くださいCheck the corresponding server version for software/module requirements
Windows Server 2016 (Standard、Datacenter、Essentials)Windows Server 2016 (Standard, Datacenter, Essentials) はいYes はいYes - .NET 4.5- .NET 4.5
- Windows PowerShell- Windows PowerShell
- 互換性のある最新の Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ- Latest Compatible Microsoft VC++ Redistributable
- Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0- Microsoft Management Console (MMC) 3.0
Windows Server 2012 R2 (Standard、Datacenter、Foundation、Essentials)Windows Server 2012 R2 (Standard, Datacenter, Foundation, Essentials) はいYes はいYes - .NET 4.5- .NET 4.5
- Windows PowerShell- Windows PowerShell
- 互換性のある最新の Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ- Latest Compatible Microsoft VC++ Redistributable
- Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0- Microsoft Management Console (MMC) 3.0
Windows Server 2012 (Standard、Datacenter、Foundation)Windows Server 2012 (Standard, Datacenter, Foundation) はいYes はいYes - .NET 4.5- .NET 4.5
- Windows PowerShell-Windows PowerShell
- 互換性のある最新の Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ- Latest Compatible Microsoft VC++ Redistributable
- Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0- Microsoft Management Console (MMC) 3.0
- 展開イメージのサービスと管理 (DISM.exe)- Deployment Image Servicing and Management (DISM.exe)
Windows Storage Server 2016/2012 R2/2012 (Standard、Workgroup)Windows Storage Server 2016/2012 R2/2012 (Standard, Workgroup) はいYes いいえNo - .NET 4.5- .NET 4.5
- Windows PowerShell- Windows PowerShell
- 互換性のある最新の Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ- Latest Compatible Microsoft VC++ Redistributable
- Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0- Microsoft Management Console (MMC) 3.0
Windows Server 2019 (Standard、Datacenter、Essentials)Windows Server 2019 (Standard, Datacenter, Essentials) はいYes はいYes - .NET 4.5- .NET 4.5
- Windows PowerShell- Windows PowerShell
- 互換性のある最新の Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ- Latest Compatible Microsoft VC++ Redistributable
- Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0- Microsoft Management Console (MMC) 3.0

詳細については、「サポートされている MABS および DPM オペレーティング システム」を参照してください。For more information, see Supported MABS and DPM operating systems.

サポート終了のオペレーティング システムOperating Systems at end of support

以下のオペレーティング システムはサポートが終了しました。引き続き保護された状態を維持するため、オペレーティング システムをアップグレードすることを強くお勧めします。The following operating systems are at the end of support and it's strongly recommended to upgrade the operating system to continue to stay protected.

既存のコミットメントによってオペレーティング システムをアップグレードできない場合は、Windows Server を Azure VM に移行し、Azure VM バックアップを利用して、保護された状態を継続することを検討してください。If existing commitments prevent upgrading the operating system, consider migrating the Windows servers to Azure VMs and leverage Azure VM backups to continue staying protected. Windows Server の移行の詳細については、こちらの移行に関するページを参照してください。Visit the migration page here for more information about migrating your Windows server.

オペレーティング システムのアップグレードや Azure への移行ができないオンプレミス環境やホストされた環境の場合は、引き続き保護とサポートの対象となる状態に留まるため、マシンに対する拡張セキュリティ更新プログラムをアクティブにしてください。For on-premises or hosted environments, where you can't upgrade the operating system or migrate to Azure, activate Extended Security Updates for the machines to continue staying protected and supported. 拡張セキュリティ更新プログラムの対象となるのは、特定のエディションのみであること注意してください。Notice that only specific editions are eligible for Extended Security Updates. 詳細については、FAQ ページを参照してください。Visit the FAQ page to learn more.

オペレーティング システムOperating system ファイル/フォルダーFiles/folders システム状態System state ソフトウェア/モジュールの要件Software/Module requirements
Windows 7 (Ultimate、Enterprise、Pro、Home Premium/Basic、Starter)Windows 7 (Ultimate, Enterprise, Pro, Home Premium/Basic, Starter) はいYes いいえNo ソフトウェア/モジュールの要件に対応するサーバーのバージョンをご確認くださいCheck the corresponding server version for software/module requirements
Windows Server 2008 R2 (Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation)Windows Server 2008 R2 (Standard, Enterprise, Datacenter, Foundation) はいYes はいYes - .NET 3.5、.NET 4.5- .NET 3.5, .NET 4.5
- Windows PowerShell- Windows PowerShell
- 互換性のある Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ- Compatible Microsoft VC++ Redistributable
- Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0- Microsoft Management Console (MMC) 3.0
- 展開イメージのサービスと管理 (DISM.exe)- Deployment Image Servicing and Management (DISM.exe)
Windows Server 2008 SP2 (Standard、Datacenter、Foundation)Windows Server 2008 SP2 (Standard, Datacenter, Foundation) はいYes いいえNo - .NET 3.5、.NET 4.5- .NET 3.5, .NET 4.5
- Windows PowerShell- Windows PowerShell
- 互換性のある Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ- Compatible Microsoft VC++ Redistributable
- Microsoft 管理コンソール (MMC) 3.0- Microsoft Management Console (MMC) 3.0
- 展開イメージのサービスと管理 (DISM.exe)- Deployment Image Servicing and Management (DISM.exe)
- Virtual Server 2005 base + KB KB948515- Virtual Server 2005 base + KB KB948515

Backup の制限Backup limits

サイズ制限Size limits

Azure Backup では、バックアップできるファイルまたはフォルダー データ ソースのサイズが制限されています。Azure Backup limits the size of a file or folder data source that can be backed up. 1 つのボリュームからバックアップする項目が、次の表に要約されているサイズを超えることはできません。The items that you back up from a single volume can't exceed the sizes summarized in this table:

オペレーティング システムOperating system サイズの制限Size limit
Windows Server 2012 またはそれ以降Windows Server 2012 or later 54,400 GB54,400 GB
Windows Server 2008 R2 SP1Windows Server 2008 R2 SP1 1,700 GB1,700 GB
Windows Server 2008 SP2Windows Server 2008 SP2 1,700 GB1,700 GB
Windows 8 以降Windows 8 or later 54,400 GB54,400 GB
Windows 7Windows 7 1,700 GB1,700 GB

最小保有期間の制限Minimum retention limits

さまざまな回復ポイントに対して設定できる最小の保有期間は次のとおりです。The following are the minimum retention durations that can be set for the different recovery points:

回復ポイントRecovery point DurationDuration
日次の回復ポイントDaily recovery point 7 日7 days
週次の回復ポイントWeekly recovery point 4 週間4 weeks
月次の回復ポイントMonthly recovery point 3 か月3 months
年次の回復ポイントYearly recovery point 1 年1 year

その他の制限事項Other limitations

  • MARS では、1 つのコンテナーに対して、同じ名前を持つ複数のマシンの保護をサポートしていません。MARS doesn't support protection of multiple machines with the same name to a single vault.

バックアップ用にサポートされるファイルの種類Supported file types for backup

TypeType サポートSupport
暗号化*Encrypted* サポートされています。Supported.
CompressedCompressed サポートされています。Supported.
スパースSparse サポートされています。Supported.
圧縮 + スパースCompressed and sparse サポートされています。Supported.
ハード リンクHard links サポートされていません。Not supported. スキップされます。Skipped.
再解析ポイントReparse point サポートされていません。Not supported. スキップされます。Skipped.
暗号化 + スパースEncrypted and sparse サポートされていません。Not supported. スキップされます。Skipped.
圧縮ストリームCompressed stream サポートされていません。Not supported. スキップされます。Skipped.
スパース ストリームSparse stream サポートされていません。Not supported. スキップされます。Skipped.
OneDrive (同期されるファイルはスパース ストリーム)OneDrive (synced files are sparse streams) サポートされていません。Not supported.
DFS レプリケーションが有効になっているフォルダーFolders with DFS Replication enabled サポートされていません。Not supported.

* MARS エージェントが、暗号化されたファイルにアクセスするために必要な証明書にアクセスできることを確認してください。* Ensure that the MARS agent has access to the required certificates to access the encrypted files. アクセスできないファイルはスキップされます。Inaccessible files will be skipped.

バックアップ用にサポートされるドライブまたはボリュームSupported drives or volumes for backup

ドライブ/ボリュームDrive/volume サポートSupport 詳細Details
読み取り専用ボリュームRead-only volumes サポートされていませんNot supported ボリューム コピー シャドウ サービス (VSS) は、ボリュームが書き込み可能な場合にのみ機能します。Volume Copy Shadow Service (VSS) works only if the volume is writable.
オフライン ボリュームOffline volumes サポートされていませんNot supported VSS は、ボリュームがオンラインである場合にのみ機能します。VSS works only if the volume is online.
ネットワーク共有Network share サポートされていませんNot supported サーバー上でボリュームがローカルである必要があります。The volume must be local on the server.
BitLocker でロックされているボリュームBitLocker-locked volumes サポートされていませんNot supported バックアップを開始する前に、ボリュームのロックを解除する必要があります。The volume must be unlocked before the backup starts.
ファイル システムの識別File system identification サポートされていませんNot supported NTFS のみがサポートされます。Only NTFS is supported.
リムーバブル メディアRemovable media サポートされていませんNot supported バックアップ項目のすべてのソースが 固定 の状態である必要があります。All backup item sources must have a fixed status.
重複除去されたドライブDeduplicated drives サポートされていますSupported Azure Backup は、重複除去されたデータを通常のデータに変換します。Azure Backup converts deduplicated data to normal data. データを最適化および暗号化して格納し、コンテナーに送信します。It optimizes, encrypts, stores, and sends the data to the vault.

初期のオフライン バックアップのサポートSupport for initial offline backup

Azure Backup は、ディスクを使用して初期バックアップ データを Azure に転送する オフライン シード処理 をサポートしています。Azure Backup supports offline seeding to transfer initial backup data to Azure by using disks. このサポートは、初期バックアップが数テラバイト (TB) のサイズ範囲にある可能性がある場合に役立ちます。This support is helpful if your initial backup is likely to be in the size range of terabytes (TBs). オフライン バックアップのサポート対象は次のとおりです。Offline backup is supported for:

  • MARS エージェントを実行しているオンプレミスのコンピューター上でのファイルやフォルダーの直接バックアップ。Direct backup of files and folders on on-premises machines that are running the MARS agent.
  • DPM サーバーまたは MABS からのワークロードやファイルのバックアップ。Backup of workloads and files from a DPM server or MABS.

オフライン バックアップはシステム状態ファイルには使用できません。Offline backup can't be used for system state files.

データ復元のサポートSupport for data restoration

Azure Backup のインスタント リストア機能を使用すると、データをコンテナーにコピーされる前に復元できます。By using the Instant Restore feature of Azure Backup, you can restore data before it's copied to the vault. バックアップするコンピューターが .NET Framework 4.5.2 以降を実行している必要があります。The machine you're backing up must be running .NET Framework 4.5.2 or higher.

バックアップを、以前のバージョンのオペレーティング システムを実行しているターゲット コンピューターに復元することはできません。Backups can't be restored to a target machine that's running an earlier version of the operating system. たとえば、Windows 7 を実行しているコンピューターから取得されたバックアップは Windows 8 以降で復元できます。For example, a backup taken from a computer that's running Windows 7 can be restored on Windows 8 or later. ただし、Windows 7 を実行しているコンピューター上で、Windows 8 を実行しているコンピューターから取得されたバックアップを復元することはできません。But a backup taken from a computer that's running Windows 8 can't be restored on a computer that's running Windows 7.

次のステップNext steps