ボットを Microsoft Teams に接続する

適用対象: SDK v4

Microsoft Teams を使用してユーザーと通信するようにボットを構成できます。 この記事では、Teams で Teams アプリを作成し、ボットを Azure の Teams アプリに接続し、Teams でボットをテストする方法について説明します。

前提条件

Azure でボットを構成する

  1. Azure portal を開きます。
  2. ボットの Azure Bot リソース ブレードを開きます。
  3. チャネルを開き、Microsoft Teams を選択します。
    1. 利用規約を読んで同意します。
    2. [ メッセージング ] タブで、ボットのクラウド環境を選択します。 詳細については、「Teams 機能を使用してアプリを計画する」の「ビルド後」セクションを参照してください。
    3. [適用] を選択します。
  4. [ ボットの埋め込みコードの取得] を選択し、Teams の埋め込みコードを見つけて、コードの https 部分をコピーします。 たとえば、「 https://teams.microsoft.com/l/chat/0/0?users=28:b8a22302e-9303-4e54-b348-343232 」のように入力します。 このコードを使用して、Teams でボットをテストできます。

![ヒント]

  • [ 通話 ] タブでは、Teams 通話機能がサポートされています。 詳細については、「 Microsoft Teams の通話と会議ボットを登録する」を参照してください。
  • [ 発行 ] タブには、Teams アプリを Teams ストアに発行する方法に関する情報が含まれています。

Teams でボットをテストする

運用環境のボットは、Teams アプリの一部として Teams に追加する必要があります。 詳細については、「 アプリのテスト」を参照してください

重要

テスト以外の目的のために、GUID によってボットを追加することはお勧めできません。 そのようにすると、ボットの機能が厳しく制限されます。 運用環境のボットは、アプリの一部として Teams に追加する必要があります。

  1. ブラウザーで、埋め込みコードからコピーした URL を開き、ボットを Teams に追加するために使用する Microsoft Teams アプリ (クライアントまたは Web) を選択します。 Microsoft Teams でメッセージを送受信できる連絡先としてボットが一覧表示されているのを確認できる必要があります。
  2. Teams でボットと対話します。

ヒント

ローカル開発、ステージング、運用環境を切り替えるとエンドポイントが変更されるため、環境ごとに 1 つのボット チャネル登録を使用します。

Teams チャネル登録を削除すると、再び有効になると、新しいキーペアが生成されます。 これにより、ボットがプロアクティブ メッセージング用に保存した可能性がある 29:xxx ID と a:xxx ID がすべて無効になります。

Teams でボットを発行する

アプリを発行する方法については、「 Microsoft Teams アプリを配布する」を参照してください。

追加情報