作業を開始しましょう。基本的なアラインメントに関する決定事項を理解し、文書化するGet started: Understand and document foundational alignment decisions

クラウド導入の取り組みにより、ビジネス、技術、組織は多くのメリットを得ることができます。The cloud adoption journey can unlock many business, technical, and organizational benefits. 何を達成しようとしているかにかかわらず、ご自分の取り組みにクラウドが関係する場合、最初のいくつかの決定事項を、関係するすべてのチームが理解している必要があります。Whatever you want to accomplish, if your journey involves the cloud, there are a few initial decisions that every team involved should understand.

注意

以下のリンクを選択すると、Azure 向けの Microsoft クラウド導入フレームワークの目次が表示されます。後でチームが関連するガイドダンスを実装するときに役立つさまざまな基本概念を検索してください。Selecting any of the following links might lead you to bounce around the table of contents for the Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure, looking for fundamental concepts that you'll use later to help the team implement the associated guidance. このチェックリストに頻繁に戻るには、このページにブックマークします。Bookmark this page to come back to this checklist often.

作業を開始する前にBefore your begin

このガイドに取り組む際に、最初の意思決定テンプレートを使用して、基本的な決定事項を記録します。As you work through this guide, record our foundational decisions using the initial decision template. このテンプレートを使用することにより、お使いのクラウド環境がどのように構成されているか、およびその理由を明確にすることで、クラウドの導入ライフサイクルに加わるチーム メンバーを迅速にオンボードできます。The template can help you quickly onboard team members who participate in the cloud adoption lifecycle by clarifying how your cloud environment is configured and why.

Azure で実行されている環境が既にある場合は、Azure のガバナンス ビジュアライザーを使用すると、素早くドキュメント化できます。If you already have an environment running in Azure, the Azure governance visualizer can help you accelerate your documentation. ポリシー、ロールベースのアクセス制御 (RBAC)、Azure Blueprints、サブスクリプションなどに関する分析情報を得ることができます。Gain insight into policies, role-based access control (RBAC), Azure Blueprints, subscriptions, and more. 収集されたデータから、このツールは階層マップに対する可視性を提供し、テナントの概要を作成し、管理グループとサブスクリプションに関する詳細なスコープの分析情報を作成します。From the collected data the tool provides visibility on your hierarchy map, creates a tenant summary, and builds granular scope insights about management groups and subscriptions.

手順 1:Azure のしくみを理解するStep 1: Understand how Azure works

クラウド導入の取り組みをサポートするクラウド プロバイダーとして Azure を選択された場合は、Azure のしくみを理解することが重要です。If you've chosen Azure as a cloud provider to support your cloud adoption journey, it's important to understand how Azure works.

関与するチーム、成果物、補助的なガイダンス:Involved teams, deliverables, and supporting guidance:

Azure のしくみについての基礎知識は、クラウド導入ライフサイクルに関係するすべての人が理解している必要があります。Everyone involved in the cloud adoption lifecycle should have a basic understanding of how Azure works.

手順 2:Azure の初期概念を理解するStep 2: Understand initial Azure concepts

Azure は、Azure を実装する場合の技術戦略で深く話し合われる必要がある、一連の基本概念に基づいて構成されています。Azure is built on a set of foundational concepts that are required for a deep conversation about the technical strategy for Azure implementations.

関与するチーム、成果物、補助的なガイダンス:Involved teams, deliverables, and supporting guidance:

基本概念の用語と定義は、Azure を実装する技術戦略にかかわるすべての人が理解している必要があります。Everyone involved in Azure implementation of the technology strategy should understand the terms and definitions in the foundational concepts.

手順 3:ポートフォリオを確認するStep 3: Review the portfolio

どのクラウド プロバイダーを選択した場合でも、クラウド ホスティングと環境に関するすべての意思決定は、ワークロードのポートフォリオを把握することから始まります。Whatever cloud provider you choose, all cloud hosting and environmental decisions start with an understanding of the portfolio of workloads. クラウド導入フレームワークには、ポートフォリオを理解して評価するためのツールがいくつか含まれています。The Cloud Adoption Framework includes a few tools for understanding and evaluating the portfolio.

成果物:Deliverables:

成果物の完成をサポートするためのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

  • 基本概念は、クラウドの導入を開始する前に、Azure の主要なトピックについて理解するのに役立ちます。Fundamental concepts help you understand key Azure topics before you begin your cloud adoption.
  • 運用管理ブックとビジネス アラインメント アプローチは、クラウド運用チームに移されたワークロードと資産を理解するのに役立ちます。The operations management workbook and business alignment approach help you understand the workloads and assets that have been transitioned to a cloud operations team.
  • クラウド導入計画では、クラウドに導入予定のワークロードと資産のバックログが提供されます。The cloud adoption plan provides a backlog of the workloads and assets that are slated for adoption in the cloud.
  • デジタル資産分析は、クラウドに導入予定の既存のワークロードと資産を文書化するためのアプローチです。Digital estate analysis is an approach to documenting existing workloads and assets that are slated for adoption in the cloud. Azure では、デジタル資産は Azure Migrate と呼ばれるツールで最も適切に表現されます。In Azure, the digital estate is best represented in a tool called Azure Migrate.

説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームは、ポートフォリオを表示するビューを定義する責任を負います。The cloud strategy team is accountable for defining a way to view the portfolio.
  • 複数のチームが、次のガイダンスを使用してそれらのビューを作成します。Multiple teams will use the following guidance to create those views. ポートフォリオ ビューの場所は、クラウド導入に関係するすべての人が、プロセスの後の方での決定に使用できるよう、把握している必要があります。Everyone involved in cloud adoption should know where to find the portfolio view to support decisions later in the process.
  • 手順 4:ポートフォリオを調整するためのポートフォリオ階層の深さを定義するStep 4: Define portfolio-hierarchy depth to align the portfolio

    クラウドでの資産とワークロードのホスティングは、1 つのワークロードとそのサポート資産で構成される単純なものである場合もあります。Hosting assets and workloads in the cloud can be simple, consisting of a single workload and its supporting assets. その他のお客様の場合、クラウド導入戦略には、何千ものワークロードや、その他多数のサポート資産が含まれることがあります。For other customers, the cloud adoption strategy might include thousands of workloads and many more supporting assets. ポートフォリオ階層では、共通名が各レベルに付与されます。これは、クラウド プロバイダーに関係なく、組織の共通語を作成するのに役立ちます。The portfolio hierarchy gives common names for each level to help create a common language for organization, regardless of the cloud provider.

    成果物:Deliverables:

    成果物の完成をサポートするためのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド ガバナンス チームは、クラウドでの企業のポリシーを形成するために、ポートフォリオ階層を定義、適用、自動化する責任を負います。The cloud governance team is accountable for defining, enforcing, and automating the portfolio hierarchy to shape corporate policy in the cloud.
  • クラウド導入の技術戦略に関係するすべての人が、ポートフォリオ階層と、現在使用されている階層レベルを理解している必要があります。Everyone involved in the technical strategy for cloud adoption should be familiar with the portfolio hierarchy and the levels of the hierarchy in use today.
  • 手順 5:ポートフォリオ全体で名前付けとタグ付けの標準を確立するStep 5: Establish a naming and tagging standard across the portfolio

    既存のすべてのワークロードと資産には、名前付けとタグ付けの標準に従って適切な名前を付け、タグを付ける必要があります。All existing workloads and assets should be properly named and tagged in accordance with a naming and tagging standard. それらの標準を文書化し、すべてのチーム メンバーが参照として利用できるようにする必要があります。Those standards should be documented and available as a reference for all team members. 可能であれば、タグ付けの要件を最小限にするために、標準を自動的に適用する必要もあります。When possible, the standards should also be automatically enforced to ensure minimum tagging requirements.

    成果物:Deliverables:

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド ガバナンス チームは、ポートフォリオ全体の一貫性を確保するために、名前付けとタグ付けの標準を定義、適用、自動化する責任を負います。The cloud governance team is accountable for defining, enforcing, and automating the naming and tagging standards to ensure consistency across the portfolio.
  • クラウド導入の技術戦略に関係するすべての人が、クラウドにデプロイする前に、名前付けとタグ付けの標準をよく理解している必要があります。Everyone involved in the technical strategy for cloud adoption should be familiar with the naming and tagging standards before deployment to the cloud.
  • 手順 6:ポートフォリオ階層を実装するためのリソース組織の設計を作成するStep 6: Create a resource organization design to implement the portfolio hierarchy

    ポートフォリオ階層の決定事項との一貫性を確保するには、リソース組織の設計を作成することが重要です。To ensure consistent alignment with the portfolio hierarchy decisions, it's important to create a design for resource organization. このような設計により、クラウド プロバイダーの組織ツールを、ご自分のクラウド導入計画をサポートするのに必要なポートフォリオ階層に合わせることができます。Such a design aligns organizational tools from the cloud provider with the portfolio hierarchy required to support your cloud adoption plan. この設計は、クラウド環境内の特定の境界にデプロイできる資産を明確にすることで、実装のガイドとなります。This design will guide implementation by clarifying which assets can be deployed into specific boundaries within the cloud environments.

    成果物:Deliverables:

    成果物の完成をサポートするためのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    サブスクリプション戦略の構築:Build a subscription strategy:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド ガバナンス チームは、ポートフォリオ全体にわたってリソース組織の設計を定義、実装、自動化する責任を負います。The cloud governance team is accountable for defining, implementing, and automating the resource organization design across the portfolio.
  • クラウド導入の技術戦略に関係するすべての人が、クラウドにデプロイする前に、リソース組織の設計について理解している必要があります。Everyone involved in the technical strategy for cloud adoption should be familiar with the resource organization design before deployment to the cloud.
  • 手順 7:機能、チーム、RACI を基本概念にマップするStep 7: Map capabilities, teams, and RACI to fundamental concepts

    ポートフォリオ階層の複雑さは、さまざまなチームの日常業務のガイドとなるように、組織の構造や手法に情報を提供するのに役立ちます。Complexity of the portfolio hierarchy will help inform organizational structures and methodologies to guide the day-to-day activities of various teams.

    成果物:Deliverables:

    • これらの概念に基づき組織の足並みをそろえるために、ファースト ステップ ガイドを完了してください。Complete the getting-started guides for organizational alignment based on these concepts.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームは、クラウド導入ライフサイクルを確実に成功させるために、仮想または専用の組織構造を調整する責任を負います。The cloud strategy team is accountable for aligning virtual or dedicated organizational structures to ensure success of the cloud adoption lifecycle.
  • クラウド導入ライフサイクルに関係するすべての人が、人員の配置とアカウンタビリティのレベルを理解している必要があります。Everyone involved in the cloud adoption lifecycle should be familiar with the alignment of people and levels of accountability.
  • 参照トピックWhat's next

    これらの基本概念を基に、クラウド導入フレームワークのこのセクションにある一連のファースト ステップ ガイドを使用して構築します。Build on this set of fundamental concepts through the series of getting-started guides in this section of the Cloud Adoption Framework.