コスト管理規範の改善Cost Management discipline improvement

コスト管理規範で、クラウドベースのワークロードをホストする場合に発生する費用に関連するコア ビジネス リスクへの対処を試みます。The Cost Management discipline attempts to address core business risks related to expenses incurred when hosting cloud-based workloads. クラウド ガバナンスの 5 つの規範の中で、Cost Management の規範は、計画的なコスト サイクルを作成して維持することを目的とした、クラウド リソースのコストと使用の管理に関連しています。Within the Five Disciplines of Cloud Governance, the Cost Management discipline is involved in controlling cost and usage of cloud resources with the goal of creating and maintaining a planned cost cycle.

この記事では、コスト管理規範を作成し、成熟させるために会社が実行できる可能性があるタスクについて概要を説明します。This article outlines potential tasks your company perform to develop and mature your Cost Management discipline. これらのタスクは、クラウド ソリューションの実装の、計画、構築、導入、および運用のフェーズに分類できます。These tasks can be broken down into planning, building, adopting, and operating phases of implementing a cloud solution. その後は、クラウド ガバナンスへの増分型アプローチを開発できるようにタスクを繰り返します。The tasks are then iterated on to allow the development of an incremental approach to cloud governance.

クラウド ガバナンスに対する増分型アプローチのフェーズ。

"図 1:クラウド ガバナンスに対する増分型アプローチのフェーズ。 "Figure 1: Phases of an incremental approach to cloud governance.

1 つのドキュメントですべてのビジネスの要件を説明することはできません。No single document can account for the requirements of all businesses. そのため、この記事ではガバナンス成熟プロセスのフェーズごとに、推奨される最小限のアクティビティと、考えられるアクティビティの例を示します。As such, this article outlines suggested minimum and potential example activities for each phase of the governance maturation process. これらのアクティビティの最初の目標は、お客様がポリシーの MVP を構築し、段階的にポリシーを向上させるためのフレームワークを確立できるように支援することです。The initial objective of these activities is to help you build a policy MVP and establish a framework for incremental policy improvement. クラウド ガバナンス チームは、Cost Management の規範の機能を強化するために、これらのアクティビティにどれだけ投資するかを決定する必要があります。Your cloud governance team will need to decide how much to invest in these activities to improve your Cost Management discipline capabilities.

注意事項

この記事で概要を説明する最小限のアクティビティと潜在的なアクティビティのどちらも、特定の企業ポリシーやサードパーティのコンプライアンス要件には整合していません。Neither the minimum or potential activities outlined in this article are aligned to specific corporate policies or third-party compliance requirements. このガイダンスは、両方の要件とクラウド ガバナンス モデルの整合に導く会話の促進に役立つように設計されています。This guidance is designed to help facilitate the conversations that will lead to alignment of both requirements with a cloud governance model.

計画と準備状況Planning and readiness

ガバナンス成熟のこのフェーズは、ビジネス成果とアクションにつながる戦略の間にあるギャップの橋渡しをします。This phase of governance maturity bridges the divide between business outcomes and actionable strategies. このプロセス中に、リーダーシップ チームは具体的なメトリックを定義し、そのメトリックをデジタル資産にマップして、全体的な移行作業の計画を開始します。During this process, the leadership team defines specific metrics, maps those metrics to the digital estate, and begins planning the overall migration effort.

最小限の推奨されるアクティビティ:Minimum suggested activities:

  • コスト管理ツールチェーンの選択肢を評価します。Evaluate your Cost Management toolchain options.
  • アーキテクチャ ガイドラインのドラフト ドキュメントを作成し、主な利害関係者に配布します。Develop a draft document for architecture guidelines and distribute to key stakeholders.
  • アーキテクチャ ガイドラインの開発によって影響を受ける人とチームを教育し、関与させます。Educate and involve the people and teams affected by the development of architecture guidelines.

潜在的なアクティビティ:Potential activities:

  • クラウド戦略に対して業務の妥当性を裏付ける予算上の決定を確実に行います。Ensure budgetary decisions that support the business justification for your cloud strategy.
  • 資金配分の成功に関する報告に使用する学習メトリックを検証します。Validate learning metrics that you use to report on the successful allocation of funding.
  • クラウド コストの計算方法に影響する、目的のクラウド アカウンティング モデルを理解します。Understand the desired cloud accounting model that affects how cloud costs should be accounted for.
  • デジタル資産プランをよく理解し、正確な原価計算を検証します。Become familiar with the digital estate plan and validate accurate costing expectations.
  • 購入の選択肢を評価して、"従量課金制" にする方法と、エンタープライズ契約を購入して事前にコミットする方法のどちらが良いかを判断します。Evaluate buying options to determine whether it's better to "pay as you go" or to make a precommitment by purchasing an Enterprise Agreement.
  • 計画された予算にビジネスの目標を合わせ、必要に応じて予算計画を調整します。Align business goals with planned budgets and adjust budgetary plans as necessary.
  • 各コスト サイクルの最後に、技術およびビジネスの関係者に通知するための目標と予算の報告メカニズムを作成します。Develop a goals and budget reporting mechanism to notify technical and business stakeholders at the end of each cost cycle.

構築とデプロイ前準備Build and predeployment

環境を適切に移行するには、技術的な前提条件と技術面以外のさまざまな前提条件が必要です。Several technical and nontechnical prerequisites are required to successfully migrate an environment. このプロセスでは、移行を進める意思決定、準備状況、およびコア インフラストラクチャに重点を置いています。This process focuses on the decisions, readiness, and core infrastructure that proceeds a migration.

最小限の推奨されるアクティビティ:Minimum suggested activities:

  • デプロイ前フェーズ中にロールアウトすることによって、コスト管理ツールチェーンを実装します。Implement your Cost Management toolchain by rolling out in a predeployment phase.
  • アーキテクチャ ガイドラインのドキュメントを更新し、主な利害関係者に配布します。Update the architecture guidelines document and distribute to key stakeholders.
  • ユーザー導入の促進に役立つ教材やドキュメント、認識の伝達、インセンティブなどのプログラムを開発します。Develop educational materials and documentation, awareness communications, incentives, and other programs to help drive user adoption.
  • 購入要件が予算と目標に沿っているかどうかを判断します。Determine whether your purchase requirements align with your budgets and goals.

潜在的なアクティビティ:Potential activities:

  • 予算計画が、コア所有モデルを定義しているサブスクリプション戦略と矛盾がないようにします。Align your budgetary plans with the subscription strategy that defines your core ownership model.
  • リソースの整合性規範の戦略に従って、長い期間をかけてアーキテクチャとコストのガイドラインを適用します。Use the Resource Consistency discipline strategy to enforce architecture and cost guidelines over time.
  • コストの異常が導入計画と移行計画に影響を与えていないかどうかを確認します。Determine whether any cost anomalies affect your adoption and migration plans.

導入と移行Adopt and migrate

移行は増分型のプロセスであり、その焦点は既存のデジタル資産の中のアプリケーションまたはワークロードの移動、テスト、導入です。Migration is an incremental process that focuses on the movement, testing, and adoption of applications or workloads in an existing digital estate.

最小限の推奨されるアクティビティ:Minimum suggested activities:

  • コスト管理ツールチェーンをデプロイ前準備から運用環境に移行します。Migrate your Cost Management toolchain from predeployment to production.
  • アーキテクチャ ガイドラインのドキュメントを更新し、主な利害関係者に配布します。Update the architecture guidelines document and distribute to key stakeholders.
  • ユーザー導入の促進に役立つ教材やドキュメント、認識の伝達、インセンティブなどのプログラムを開発します。Develop educational materials and documentation, awareness communications, incentives, and other programs to help drive user adoption.

潜在的なアクティビティ:Potential activities:

  • クラウド アカウンティング モデルを実装します。Implement your cloud accounting model.
  • リリースごとに予算に実際の支出が反映されていることを確認し、必要に応じて調整します。Ensure that your budgets reflect your actual spending during each release and adjust as necessary.
  • 予算計画の変化を監視し、追加のサインオフが必要な場合は関係者に確認を取ります。Monitor changes in budgetary plans and validate with stakeholders if additional sign-offs are needed.
  • アーキテクチャ ガイドラインのドキュメントを更新し、実際のコストを反映させます。Update changes to the architecture guidelines document to reflect actual costs.

運用と実装後Operate and post-implementation

変換の完了後、アプリケーションまたはワークロードの自然なライフサイクルに対してガバナンスと運用を続行する必要があります。After the transformation is complete, governance and operations must live on for the natural lifecycle of an application or workload. ガバナンス成熟のこのフェーズの焦点は、ソリューションが実装されて変換サイクルが安定し始めた後に一般的に行われるアクティビティです。This phase of governance maturity focuses on the activities that commonly come after the solution is implemented and the transformation cycle begins to stabilize.

最小限の推奨されるアクティビティ:Minimum suggested activities:

  • 組織の変化するニーズに基づいて、Cost Management ツールチェーンをカスタマイズします。Customize your Cost Management toolchain based on your organization's changing needs.
  • 通知やレポート (ある場合) を自動化して実際の支出を反映することを検討します。Consider automating any notifications and reports to reflect actual spending.
  • 将来の導入プロセスのガイドとなるようにアーキテクチャ ガイドラインを改良します。Refine architecture guidelines to guide future adoption processes.
  • 影響を受けるチームの教育を定期的に実施し、継続してアーキテクチャ ガイドラインに準拠するようにします。Educate affected teams on a periodic basis to ensure ongoing adherence to the architecture guidelines.

潜在的なアクティビティ:Potential activities:

  • 四半期ごとにクラウド ビジネス レビューを実行し、ビジネスにもたらされる価値とそれに関連するコストを伝えます。Execute a quarterly cloud business review to communicate value delivered to the business and associated costs.
  • 四半期ごとにプランを調整して実際の支出への変更を反映します。Adjust plans quarterly to reflect changes to actual spending.
  • 事業部門のサブスクリプションについて、損益に対する財務上の調整を判断します。Determine financial alignment to P&Ls for business unit subscriptions.
  • 関係者の価値とコストの報告方法を毎月分析します。Analyze stakeholder value and cost reporting methods on a monthly basis.
  • 使用率の低い資産を修正し、継続する価値があるかどうかを判断します。Remediate underused assets and determine whether they're worth continuing.
  • 支出の計画と実績の間にある不整合や異常を検出します。Detect misalignments and anomalies between the plan and actual spending.
  • クラウド導入チームとクラウド戦略チームがこのような異常を把握して解決できるように支援します。Assist the cloud adoption teams and the cloud strategy team with understanding and resolving these anomalies.

次のステップNext steps

クラウド コストのガバナンスの概念を理解したので、コスト管理の規範のベスト プラクティスを確認し、全体的な支出を削減する方法を見つけます。Now that you understand the concept of cloud cost governance, review the Cost Management discipline best practices to find ways to reduce your overall spend.