コスト管理のサンプル ポリシー ステートメントCost Management sample policy statements

個々のクラウド ポリシー ステートメントは、リスクの評価プロセスで識別された特定のリスクに対処するためのガイドラインとなります。Individual cloud policy statements are guidelines for addressing specific risks identified during your risk assessment process. これらのステートメントでは、リスクとそれらのリスクに対処する計画の簡潔な概要を提供する必要があります。These statements should provide a concise summary of risks and plans to deal with them. 各ステートメント定義には、以下の情報を含める必要があります。Each statement definition should include these pieces of information:

  • ビジネス リスク: このポリシーで対処されるリスクの概要。Business risk: A summary of the risk this policy will address.
  • ポリシー ステートメント: ポリシーの要件の端的な概要説明です。Policy statement: A clear summary explanation of the policy requirements.
  • 設計オプション: 実践的な推奨事項、仕様、または IT チームおよび開発者がポリシーの実装時に使用できるその他のガイダンス。Design options: Actionable recommendations, specifications, or other guidance that IT teams and developers can use when implementing the policy.

次のサンプル ポリシー ステートメントは、一般的なコスト関連のビジネス リスクに対処しています。The following sample policy statements address common cost-related business risks. これらのステートメントの例は、組織のニーズに対応するポリシー ステートメントを作成するときに参照できます。These statements are examples you can reference when drafting policy statements to address your organization's needs. これらの例は規範となるものではなく、識別された各リスクに対処するためのポリシー オプションはいくつか存在する可能性があります。These examples are not meant to be prescriptive, and there are potentially several policy options for dealing with each identified risk. ビジネスおよび IT チームと緊密に協力して、固有の一連のリスクに最適なポリシーを識別してください。Work closely with business and IT teams to identify the best policies for your unique set of risks.

将来性Future-proofing

ビジネス リスク: 現在はガバナンス チームからの Cost Management 規範への投資が保証されない状況ですが、今後そのような投資が予測されます。Business risk: Current criteria that don't warrant an investment in a Cost Management discipline from the governance team, but you anticipate such an investment in the future.

ポリシー ステートメント: クラウドにデプロイされたすべての資産を課金単位およびアプリケーション/ワークロードに関連付ける必要があります。Policy statement: You should associate all assets deployed to the cloud with a billing unit and application or workload. このポリシーにより、Cost Management 規範の効果が高まります。This policy will ensure that your Cost Management discipline is effective.

設計オプション: 将来性のある基礎を確立する方法については、クラウド導入フレームワーク ガイダンスの一部として含まれている使用可能な設計ガイドに関するページにあるガバナンス MVP の作成に関連した説明を参照してください。Design options: For information on establishing a future-proof foundation, see the discussions related to creating a governance MVP in the actionable design guides included as part of the Cloud Adoption Framework guidance.

予算超過Budget overruns

ビジネス リスク: セルフ サービス デプロイには、予算オーバーというリスクがあります。Business risk: Self-service deployment creates a risk of overspending.

ポリシー ステートメント: 承認済み予算と予算制限のメカニズムを使用して、請求単位にクラウド デプロイを割り当てる必要があります。Policy statement: Any cloud deployment must be allocated to a billing unit with approved budget and a mechanism for budgetary limits.

設計オプション: Azure では、Azure Cost Management + Billing を使用して予算を制御することができます。Design options: In Azure, budget can be controlled with Azure Cost Management + Billing.

過小使用Underutilization

ビジネス リスク: 会社はクラウド サービスの料金を一括で払っているか、年間コミットメントを利用して一定額を支払っています。Business risk: The company has prepaid for cloud services or has made an annual commitment to spend a specific amount. 合意された金額が使用されず、それによって投資が失われるリスクが存在します。There is a risk that the agreed-on amount won't be used, resulting in a lost investment.

ポリシー ステートメント: クラウド予算が割り当てられた各請求単位を集め、年に一度、予算を設定し、四半期ごとに予算を調整し、毎月、計画された支出と実際の支出を確認するための時間を割り当てます。Policy statement: Each billing unit with an allocated cloud budget will meet annually to set budgets, quarterly to adjust budgets, and monthly to allocate time for reviewing planned versus actual spending. 毎月、請求単位のリーダーと 20% を超える偏差について話し合います。Discuss any deviations greater than 20% with the billing unit leader monthly. 追跡目的で、すべての資産を課金単位に割り当てます。For tracking purposes, assign all assets to a billing unit.

設計オプション:Design options:

  • Azure では、計画された支出と実際の支出を、Azure Cost Management + Billing を使用して管理することができます。In Azure, planned versus actual spending can be managed via Azure Cost Management + Billing.
  • 課金単位でリソースをグループ化するためのオプションがいくつかあります。There are several options for grouping resources by billing unit. Azure で、ガバナンス チームと協力して、リソースの整合性モデルを選択し、すべての資産に適用する必要があります。In Azure, a resource consistency model should be chosen in conjunction with the governance team and applied to all assets.

オーバープロビジョニングの資産Overprovisioned assets

ビジネス リスク: 従来のオンプレミス データセンターでは、遠い将来の成長に備えて余分なキャパシティ プランニングを行って資産をデプロイするのが一般的な方法です。Business risk: In traditional on-premises datacenters, it is common practice to deploy assets with extra capacity planning for growth in the distant future. クラウドでは、従来の機器より迅速にスケーリングすることができます。The cloud can scale more quickly than traditional equipment. クラウド内の資産も技術的なキャパシティに基づいて課金されます。Assets in the cloud are also priced based on the technical capacity. クラウド支出を人為的に増やす古いオンプレミスの方法にはリスクがあります。There is a risk of the old on-premises practice artificially inflating cloud spending.

ポリシー ステートメント: クラウドにデプロイされた資産は、使用率を監視し、使用率が 50% を超えるキャパシティを報告できるプログラムに登録する必要があります。Policy statement: Any asset deployed to the cloud must be enrolled in a program that can monitor utilization and report any capacity in excess of 50% of utilization. クラウドにデプロイされた資産は、論理的な方法でグループ化またはタグ付けする必要があります。これにより、ガバナンス チームのメンバーは、オーバープロビジョニングの資産の最適化について、ワークロード所有者を関与させることができます。Any asset deployed to the cloud must be grouped or tagged in a logical manner, so governance team members can engage the workload owner regarding any optimization of overprovisioned assets.

設計オプション:Design options:

  • Azure では、Azure Advisor により、最適化に関する推奨事項を提供することができます。In Azure, Azure Advisor can provide optimization recommendations.
  • 課金単位でリソースをグループ化するためのオプションがいくつかあります。There are several options for grouping resources by billing unit. Azure で、ガバナンス チームと協力して、リソースの整合性モデルを選択し、すべての資産に適用する必要があります。In Azure, a resource consistency model should be chosen in conjunction with the governance team and applied to all assets.

過剰な最適化Overoptimization

ビジネス リスク: 効果的なコスト管理により、新しいリスクが発生する場合があります。Business risk: Effective cost management creates new risks. 支出の最適化は、システム パフォーマンスとは反比例します。Optimization of spending is inverse to system performance. コストを削減すると、支出を抑え過ぎ、ユーザー エクスペリエンスが低下するリスクがあります。When reducing costs, there is a risk of overtightening spending and producing poor user experiences.

ポリシー ステートメント: カスタマー エクスペリエンスに直接影響するすべての資産を、グループ化またはタグ付けによって識別する必要があります。Policy statement: Any asset that directly affects customer experiences must be identified through grouping or tagging. カスタマー エクスペリエンスに影響を与える資産を最適化する前に、クラウド ガバナンス チームは、少なくとも 90 日間の使用率の傾向に基づいて最適化を調整する必要があります。Before optimizing any asset that affects customer experience, the cloud governance team must adjust optimization based on at least 90 days of utilization trends. 資産を最適化する際に考慮される、季節またはイベント ドリブンの急増を文書化します。Document any seasonal or event-driven bursts considered when optimizing assets.

設計オプション:Design options:

  • Azure では、Azure Monitor の Insights 機能が、システム利用率の分析に役立つ場合があります。In Azure, Azure Monitor's insights features can help with analysis of system utilization.
  • ロールに基づいて、リソースをグループ化およびタグ付けするためのオプションがいくつかあります。There are several options for grouping and tagging resources based on roles. Azure で、ガバナンス チームと協力して、リソースの整合性モデルを選択し、すべての資産にこれを適用する必要があります。In Azure, you should choose a resource consistency model in conjunction with the governance team and apply this to all assets.

次のステップNext steps

この記事で説明されているサンプルを開始点として使用し、クラウドの導入計画に合致する特定のビジネス上のリスクに対処するポリシーを作成します。Use the samples mentioned in this article as a starting point to develop policies that address specific business risks that align with your cloud adoption plans.

Cost Management に関連する独自のカスタム ポリシー ステートメントの作成を開始するには、Cost Management ポリシー テンプレートをダウンロードします。To begin developing your own custom Cost Management policy statements, download the Cost Management policy template.

この規範の導入を促進するには、ご使用の環境に最も合う実践的なガバナンス ガイドを選択します。To accelerate adoption of this discipline, choose the actionable governance guide that most closely aligns with your environment. その後、設計を変更して、特定の企業ポリシーの決定を組み込みます。Then modify the design to incorporate your specific corporate policy decisions.

リスクと許容度に基づいて、Cost Management ポリシーの遵守を管理および伝達するためのプロセスを確立します。Building on risks and tolerance, establish a process for governing and communicating Cost Management policy adherence.