デプロイ高速化規範での動機とビジネス リスクMotivations and business risks in the Deployment Acceleration discipline

この記事では、お客様が一般的に、クラウド ガバナンス戦略の中のデプロイ高速化の規範を採用する理由について説明します。This article discusses the reasons that customers typically adopt a Deployment Acceleration discipline within a cloud governance strategy. ポリシー ステートメントを追いやるビジネス リスクの例もいくつか示します。It also provides a few examples of business risks that drive policy statements.

関連性Relevance

オンプレミス システムは、多くの場合、ベースライン イメージまたはインストール スクリプトを使用してデプロイされます。On-premises systems are often deployed using baseline images or installation scripts. 通常は追加の構成が必要で、複数の手順やユーザーの介入が必要になることがあります。Additional configuration is usually necessary, which may involve multiple steps or human intervention. これらの手動プロセスではエラーが発生しやすく、多くの場合 "構成ドリフト" に至るため、時間のかかるトラブルシューティングや修復のタスクが必要になります。These manual processes are error-prone and often result in "configuration drift", requiring time-consuming troubleshooting and remediation tasks.

ほとんどの Azure リソースは、Azure portal からのデプロイと手動での構成が可能です。Most Azure resources can be deployed and configured manually via the Azure portal. 管理対象のリソースがいくつかあるだけの場合は、このアプローチで十分な可能性があります。This approach may be sufficient for your needs when only have a few resources to manage. クラウド資産が増加するにつれて、組織は、手動プロセスによって発生するクラウド リソースの構成ドリフトやその他の問題を確実に回避するために、デプロイ プロセスへの自動化の統合を開始する必要があります。As your cloud estate grows, your organization should begin to integrate automation into your deployment processes to ensure your cloud resources avoid configuration drift or other problems introduced by manual processes. クラウドを導入するための取り組みが十分に行わえているとき、DevOps または DevSecOps アプローチを採用することは、多くの場合、デプロイを管理するための最適な方法です。Adopting a DevOps or DevSecOps approach is often the best way to manage your deployments as you cloud adoption efforts mature.

確固としたデプロイ高速化の計画によって、クラウド リソースが確実に、正しく一貫してデプロイ、更新、構成されてその状態が維持されるようにします。A robust deployment acceleration plan ensures that your cloud resources are deployed, updated, and configured correctly and consistently, and remain that way. デプロイ高速化戦略の成熟度は、コスト管理戦略においても非常に重要な要因になる場合があります。The maturity of your Deployment Acceleration strategy can also be a significant factor in your Cost Management strategy. クラウド リソースの自動プロビジョニングおよび構成を行うと、需要が少なかったり期間限定であったりするときに、スケール ダウンやリソース割り当ての解除をすることができます。そうすれば、必要なときにだけリソースの料金を支払うことができます。Automated provisioning and configuration of your cloud resources allows you to scale down or deallocate resources when demand is low or time-bound, so you only pay for resources as you need them.

ビジネス リスクBusiness risk

デプロイ高速化の規範は、以下のビジネス リスクへの対処を試みるものです。The Deployment Acceleration discipline attempts to address the following business risks. クラウドの導入時に、関連性がないか以下の各項目を監視します。During cloud adoption, monitor each of the following for relevance:

  • サービスの中断: 予測可能かつ繰り返し可能なデプロイ プロセスがないか、システム構成に対する管理されていない変更のため、通常業務が中断され、生産性や商機の逸失に至る可能性があります。Service disruption: Lack of predictable repeatable deployment processes or unmanaged changes to system configurations can disrupt normal operations and can result in lost productivity or lost business.
  • コストの超過: システム リソースの構成において予期しない変更があると、問題の根本原因を特定することがより困難になり、開発、運用、および保守のコストが上昇する可能性があります。Cost overruns: Unexpected changes in configuration of system resources can make identifying root cause of issues more difficult, raising the costs of development, operations, and maintenance.
  • 組織の非効率性: 開発、運用、およびセキュリティのチーム間に障壁があると、クラウド テクノロジの効果的な導入と、統合されたクラウド ガバナンス モデルの開発に、多数の問題が引き起こされる可能性があります。Organizational inefficiencies: Barriers between development, operations, and security teams can cause numerous challenges to effective adoption of cloud technologies and the development of a unified cloud governance model.

次のステップNext steps

デプロイ高速化規範テンプレートを使用して、現在のクラウド導入計画によって生じる可能性が高いビジネス リスクを文書化します。Use the Deployment Acceleration discipline template to document business risks that are likely to be introduced by the current cloud adoption plan.

現実的なビジネス リスクについての理解が確実に得られたら、リスクに対する企業の許容範囲と、その許容範囲を監視するための指標と主なメトリックについて文書化することが、次の手順となります。Once an understanding of realistic business risks is established, the next step is to document the business's tolerance for risk and the indicators and key metrics to monitor that tolerance.