アプリケーションを介したエンゲージEngage via applications

データの民主化」で説明されているように、データは新しい "石油" です。As discussed in Democratize data, data is the new oil. データは、デジタル経済のほとんどのイノベーションの燃料です。It fuels most innovations across the digital economy. この例えで言うと、アプリケーションは、必要とする人々に燃料を届けるために必要な給油所であり、インフラストラクチャもあります。Building on that analogy, applications are the fueling stations and infrastructure required to get that fuel into the right hands.

場合によっては、データだけでも、変化を促し顧客のニーズを満たすには十分です。In some cases, data alone is enough to drive change and meet customer needs. しかし、一般的には、顧客のニーズに対するソリューションには、データを形にしてエクスペリエンスを生み出すアプリケーションが必要です。More commonly though, solutions to customer needs require applications to shape the data and create an experience. アプリケーションはユーザーを引き入れるための方法であり、顧客のトリガーに応えるために必要なプロセスのホームです。Applications are the way we engage the user and the home for the processes required to respond to customer triggers. アプリケーションは、顧客がデータを提供し、ガイダンスを受け取る方法です。Applications are how customers provide data and receive guidance. この記事では、検証予定の仮説に基づいて適切なアプリケーション ソリューションを組み立てるのに役立つ、いくつかの原則をまとめます。This article summarizes several principles that can help align you with the right application solution, based on the hypotheses to be validated.

アプリケーションを介したエンゲージ

共有コードShared code

顧客からのフィードバック、市場の変化、イノベーションの機会により迅速かつ正確に反応できるチームは、通常、それぞれの市場でイノベーションをリードします。Teams that more quickly and accurately respond to customer feedback, market changes, and opportunities to innovate typically lead their respective markets in innovation. 革新的なアプリケーションの最初の原則は、グロース マインドセットの概要に関する記事の「コードを共有する」にまとめられています。The first principle of innovative applications is summed up in the growth mindset overview: "Share the code." 時がたつにつれて、カルチャへのフォーカスからイノベーションが生まれます。Over time, innovation emerges from a cultural focus. イノベーションを維持するには、多様な視点と貢献が必要になります。To sustain innovation, diverse perspectives and contributions are required.

イノベーションに備えるために、すべてのアプリケーション開発を共有コード リポジトリから始める必要があります。To be ready for innovation, all application development should start with a shared code repository. コード リポジトリを管理するために最も広く採用されているツールは GitHub です。このツールでは、共有コード リポジトリをすばやく作成できます。The most widely adopted tool for managing code repositories is GitHub, which allows you to create a shared code repository quickly. または、Azure Repos は、コードの管理に使用できる Azure DevOps Services のバージョン管理ツールのセットです。Alternatively, Azure Repos is a set of version control tools in Azure DevOps Services that you can use to manage your code. Azure Repos では、次の 2 種類のバージョン管理が提供されています。Azure Repos provides two types of version control:

市民開発者Citizen developers

プロ開発者はイノベーションに欠かせない存在です。Professional developers are a vital component of innovation. 仮説が大筋で正しいことが証明されたら、大規模なソリューションを安定させて準備するためにプロ開発者が必要とされます。When a hypothesis proves accurate at scale, professional developers are required to stabilize and prepare the solution for scale. この記事で述べる原則のほとんどには、プロ開発者のサポートが必要です。Most of the principles referenced in this article require support from professional developers. 残念ながら、現在のトレンドでは、開発者よりプロ開発者の需要が多いことが示されています。Unfortunately, current trends suggest there's a greater demand for professional developers than there are developers. さらに、プロフェッショナル開発が要求されれば、イノベーションのコストとペースはいっそう不十分になる可能性があります。Moreover, the cost and pace of innovation can be less favorable when professional development is deemed necessary. これらの課題に対し、市民開発者は、開発作業を拡大し、初期仮説の検証を迅速化する手段を提供します。In response to these challenges, citizen developers provide a way to scale development efforts and accelerate early hypothesis testing.

アプリケーション インターフェイスのための Power Apps、プロセスと予測のための AI Builder、ワークフローのための Microsoft Power Automate、データ利用のための Power BI といったツールを使用して初期仮説を検証できる場合、市民開発者を利用することが実用的で効果的な可能性があります。The use of citizen developers can be viable and effective when early hypotheses can be validated through tools like Power Apps for application interfaces, AI Builder for processes and predictions, Microsoft Power Automate for workflows, and Power BI for data consumption.

注意

仮説のテストを市民開発者に頼るときは、プロ開発者がサポート、レビュー、ガイダンスを提供できるようにしておくことが推奨されます。When you rely on citizen developers to test hypotheses, it's advisable to have some professional developers on hand to provide support, review, and guidance. 仮説が大筋で検証されたら、より堅牢なプログラミング モデルにアプリケーションを移行するプロセスによって、イノベーションの成果をさらに得られるようになります。After a hypothesis is validated at scale, a process for transitioning the application into a more robust programming model will accelerate returns on the innovation. 初期のプロセス定義にプロ開発者が関与すれば、後々の移行をよりクリーンにできる可能性があります。By involving professional developers in process definitions early on, you can realize cleaner transitions later.

インテリジェントなエクスペリエンスIntelligent experiences

インテリジェントなエクスペリエンスとは、最新の Web アプリケーションのスピードとスケールに、Cognitive Services やボットのインテリジェンスを融合したものです。Intelligent experiences combine the speed and scale of modern web applications with the intelligence of Cognitive Services and bots. これらの各テクノロジ単独でも、顧客のニーズを満たすには十分かもしれません。Alone, each of these technologies might be sufficient to meet your customers' needs. しかし、スマートに組み合わせれば、デジタル エクスペリエンスによって満たすことのできるニーズの範囲を広げながら、開発コストを抑えることができます。When smartly combined, they broaden the spectrum of needs that can be met through a digital experience, while helping to contain development costs.

最新の Web アプリModern web apps

顧客のニーズを満たすためにアプリケーションまたはエクスペリエンスが必要なとき、最速の方法は最新の Web アプリケーションです。When an application or experience is required to meet a customer need, modern web applications can be the fastest way to go. 最新の Web エクスペリエンスは、内部または外部の顧客をすばやく引き付けることができ、ソリューションのイテレーションを迅速化します。Modern web experiences can engage internal or external customers quickly and allow for rapid iteration on the solution.

インテリジェンスを使用するInfusing intelligence

機械学習と AI は、開発者にとってますます利用しやすくなっています。Machine learning and AI are increasingly available to developers. 予測機能を備えた共通 API を広く利用できるようになり、データや予測へのアクセスが広がったことで、開発者は、より良く顧客のニーズを満たすことができます。The wide-spread availability of common APIs with predictive capabilities allows developers to better meet the needs of the customer through expanded access to data and predictions.

ソリューションにインテリジェンスを追加することで、音声テキスト変換、テキスト翻訳、Computer Vision、さらに画像検索が可能になります。Adding intelligence to a solution can enable speech to text, text translation, Computer Vision, and even visual search. これらの拡張された機能によって、開発者はより簡単に、インテリジェンスを利用してインタラクティブな最新エクスペリエンスを提供するソリューションを構築できます。With these expanded capabilities, it's easier for developers to build solutions that take advantage of intelligence to create an interactive and modern experience.

ボットBots

ボットは、コンピューターを使用しているという感覚が薄く、人 (少なくとも知的なロボット) とやり取りしているように感じられるエクスペリエンスを提供します。Bots provide an experience that feels less like using a computer and more like dealing with a person — at least with an intelligent robot. もう人が直接介入する必要がないような、繰り返し発生する単純なタスク (ディナーの予約やプロファイル情報の収集など) を自動化されたシステムに移行するために使用できます。They can be used to shift simple, repetitive tasks (such as making a dinner reservation or gathering profile information) onto automated systems that might no longer require direct human intervention. ユーザーは、テキスト、インタラクティブ カード、および音声を使ってボットと会話します。Users converse with a bot through text, interactive cards, and speech. ボットとの対話では、簡単な質問と回答や、サービスへのアクセスをインテリジェントに提供する洗練された会話などが可能です。A bot interaction can range from a quick question-and-answer to a sophisticated conversation that intelligently provides access to services.

ボットは、最新の Web アプリケーションによく似ていて、インターネットに接続し、API を使ってメッセージを送受信します。Bots are a lot like modern web applications: they live on the internet and use APIs to send and receive messages. ボットの機能は、ボットの種類によって大きく異なります。What's in a bot varies widely depending on what kind of bot it is. 最新のボット ソフトウェアでは、さまざまなテクノロジーとツールを利用して、さまざまなプラットフォーム上でより複雑なエクスペリエンスを提供しています。Modern bot software relies on a stack of technology and tools to deliver increasingly complex experiences on a variety of platforms. 一方、シンプルなボットでは、コードをほとんど使わずに、メッセージを受信し、そのメッセージをそのままユーザーに返すことができます。However, a simple bot could just receive a message and echo it back to the user with very little code involved.

ボットは、ファイルの読み取りと書き込み、データベースや API の使用、一般的な計算タスクの処理といった、他の種類のソフトウェアと同じ操作を実行できます。Bots can do the same things as other types of software: read and write files, use databases and APIs, and handle regular computational tasks. ボットの特徴は、人と人のコミュニケーションによく見られるメカニズムを使用する点にあります。What makes bots unique is their use of mechanisms generally reserved for human-to-human communication.

クラウドネイティブ ソリューションCloud-native solutions

クラウドネイティブ アプリケーションは一から構築され、クラウドの規模やパフォーマンスに合わせて最適化されます。Cloud-native applications are built from the ground up, and they're optimized for cloud scale and performance. クラウドネイティブ アプリケーションは、通常、マイクロサービス、サーバーレス、イベントベース、またはコンテナーベースのアプローチを使用して構築されます。Cloud-native applications are typically built using a microservices, serverless, event-based, or container-based approaches. 一般に、クラウドネイティブ ソリューションでは、マイクロサービス アーキテクチャ、マネージド サービス、継続的デリバリーの組み合わせを使用することによって、信頼性が実現され、市場投入までの時間が短縮されます。Most commonly, cloud-native solutions use a combination of microservices architectures, managed services, and continuous delivery to achieve reliability and faster time to market.

クラウドネイティブ ソリューションにより、集中型の開発チームは、モノリシックな集中型ソリューションを必要とすることなく、ビジネス ロジックの制御を維持できます。A cloud-native solution allows centralized development teams to maintain control of the business logic without the need for monolithic, centralized solutions. このようなソリューションは、市民開発者と最新エクスペリエンスの入力の一貫性を推進する要としても機能します。This type of solution also creates an anchor to drive consistency across the input of citizen developers and modern experiences. 最後に、クラウドネイティブ ソリューションでは、市民開発者とプロフェッショナル開発者に、できるだけ阻害されずに安全にイノベーションを起こす自由を与えることで、イノベーションが加速されます。Finally, cloud-native solutions provide an innovation accelerator by freeing citizen and professional developers to innovate safely and with a minimum of blockers.

既存のソリューションによるイノベーションInnovate through existing solutions

多くの顧客仮説は、既存のソリューションを最新化したバージョンによって最も良く実現できます。Many customer hypotheses can best be delivered by a modernized version of an existing solution. 現在のビジネス ロジックで顧客のニーズが (ほぼ) 満たされている場合、最新化したソリューションを基盤に構築することで、イノベーションを加速できる場合があります。When the current business logic meets customer needs (or comes really close), you might be able to accelerate innovation by building on top of a modernized solution.

アプリケーションのわずかなリファクタリングなど、ほとんどの形式の最新化はクラウド導入フレームワークの移行方法論に含まれています。Most forms of modernization, including slight refactoring of the application, are included in the Migrate methodology within the Cloud Adoption Framework. その方法論により、クラウド導入チームがデジタル資産をクラウドに移行するプロセスがガイドされます。That methodology guides cloud adoption teams through the process of migrating a digital estate to the cloud. Azure 移行ガイドでは、同じ方法論に対して、少数のワークロードや単一のアプリケーションにも適した合理化されたアプローチを提供しています。The Azure migration guide provides a streamlined approach to the same methodology, which is suitable for a small number of workloads or even a single application.

ソリューションの移行と最新化が完了したら、さまざまな方法でソリューションを使用して、新しい革新的なソリューションを作成し、顧客のニーズに応えることができます。After a solution has been migrated and modernized, there are a variety of ways it can be used to create new, innovative solutions to customer needs. たとえば、市民開発者が仮説を検証したり、プロフェッショナル開発者がインテリジェントなエクスペリエンスクラウドネイティブ ソリューションを作成したりできます。For example, citizen developers could test hypotheses, or professional developers could create intelligent experiences or cloud-native solutions.

既存のソリューションを拡張するExtend an existing solution

ソリューションの拡張は、最新化の一般的な形式の 1 つです。Extending a solution is one common form of modernization. 顧客仮説が次の条件を満たす場合、このアプローチによって最速でイノベーションを実現できる可能性があります。This is approach can be the fastest path to innovation when the following are true of the customer hypothesis:

  • 既存のビジネス ロジックが既存の顧客ニーズを (ほぼ) 満たしている。Existing business logic should meet (or comes close to meeting) the existing customer need.
  • エクスペリエンスの改善によって、特定の顧客群のニーズ満足度が高まる。An improved experience would better meet the needs of a specific customer cohort.
  • 実用最小限の製品 (MVP) ソリューションに必要なビジネス ロジックが集中化されている。これは通常、n 層、Web サービス、API、またはマイクロサービス設計によって実現されます。The business logic required by the minimum viable product (MVP) solution has been centralized, usually via an n-tier, web services, API, or microservices design. このアプローチでは、クラウドでホストされる新しいエクスペリエンスで既存のソリューションをラップします。This approach consists of wrapping the existing solution within a new experience hosted in the cloud. Azure では、このソリューションは Azure App Service で運用される見込みです。In Azure, this solution would likely live in Azure App Service.

既存のソリューションを再構築するRebuild an existing solution

アプリケーションを簡単に拡張できない場合、ソリューションのリファクタリングが必要になることがあります。If an application can't be easily extended, it may be necessary to refactor the solution. このアプローチでは、ワークロードはクラウドに移行されます。In this approach, the workload is migrated to the cloud. アプリケーションを移行した後、その一部を Web サービスまたはマイクロサービスとして変更または複製し、既存のソリューションと並行してデプロイします。After the application is migrated, parts of it are modified or duplicated, as web services or microservices, which are deployed in parallel with the existing solution. 並列サービスベースのソリューションは、拡張されたソリューションと同様に扱うことができます。The parallel service-based solution could be treated like an extended solution. このソリューションでは、クラウドでホストされる新しいエクスペリエンスで既存のソリューションを単にラップします。This solution would simply wrap the existing solution with a new experience hosted in the cloud. Azure では、このソリューションは Azure App Service で運用される見込みです。In Azure, this solution would likely live in Azure App Service.

注意事項

ソリューションのリファクタリングや再設計、またはビジネス ロジックの一元化は、顧客価値を生み出すのではなく、時間を消費する技術的スパイクをすぐに引き起こす可能性があります。Refactoring or rearchitecting solutions or centralizing business logic can quickly trigger a time-consuming technical spike instead of a source of customer value. これは、イノベーションにとって、特に仮説検証の初期においてはリスクになります。This is a risk to innovation, especially early in hypothesis validation. ソリューションの設計をわずかに創造的にするだけで、既存のソリューションのリファクタリングを必要としない MVP への道が開けるはずです。With a bit of creativity in the design of a solution, there should be a path to MVP that doesn't require refactoring of existing solutions. 初期仮説を大筋で検証できるまでは、リファクタリングを遅らせるのが賢明です。It's wise to delay refactoring until the initial hypothesis can be validated at scale.

運用モデルのイノベーションOperating model innovations

アプリケーションを作成するための最新の革新的なアプローチに加えて、アプリケーションの運用においても注目すべきイノベーションがあります。In addition to modern innovative approaches to application creation, there have been notable innovations in application operations. これらのアプローチによって、多くの組織に変化が生じました。These approaches have spawned many organizational movements. 最も顕著なものの 1 つは、クラウドのセンター オブ エクセレンス運用モデルです。One of the most prominent is the cloud center of excellence operating model. 優れた人員が揃い、成熟したビジネス チームには、ソリューションに対して独自の運用サポートを提供するという選択肢があります。When fully staffed and mature, business teams have the option to provide their own operational support for a solution.

クラウドのセンター オブ エクセレンスにみられる、このようなセルフサービス型の運用管理モデルでは、ソリューション環境内で制御を厳格化し、イテレーションを迅速化することができます。The type of self-service operational management model found in a cloud center of excellence allows for tighter controls and faster iterations within the solution environment. これらの目標は、運用管理と説明責任をビジネス チームに移管することによって達成されます。These goals are accomplished by transferring operational control and accountability to the business team.

既存のソリューションのグローバル需要をスケーリングまたは充足しようとするのであれば、顧客仮説の検証にはこのアプローチで十分かもしれません。If you're trying to scale or meet global demand for an existing solution, this approach might be sufficient to validate a customer hypothesis. ソリューションを移行して若干最新化した後、ビジネス チームはそれを拡張してさまざまな仮説をテストできます。After a solution is migrated and slightly modernized, the business team can scale it to test a variety of hypotheses. これらには、一般に、パフォーマンス、グローバル配信、および IT 運用によって妨げられているその他の顧客ニーズに関心を持つ顧客コーホートが含まれます。These typically involve customer cohorts who are concerned with performance, global distribution, and other customer needs hindered by IT operations.

オーバーヘッドと管理を削減するReduce overhead and management

ソリューション内で保守するものが多ければ多いほど、ソリューションのイテレーションには時間がかかります。The more there is to maintain within a solution, the slower that solution will iterate. これは、利用可能な帯域幅に対する運用の影響を減らすことで、イノベーションを加速できることを意味します。This means you can accelerate innovation by reducing the impact of operations on available bandwidth.

革新的なソリューションを提供するために必要な多くのイテレーションに備えるには、先を読むことが重要です。To prepare for the many iterations required to deliver an innovative solution, it's important to think ahead. たとえば、サーバーレス オプションを優先することによって、プロセス初期の運用負担を最小化します。For example, minimize operational burdens early in the process by favoring serverless options. Azure では、Azure App Serviceコンテナーをサーバーレス アプリケーションの選択肢に含めることができます。In Azure, serverless application options could include Azure App Service or containers.

これと並行して、Azure では、同じくオーバーヘッドを削減するサーバーレスのトランザクション データという選択肢が提供されます。In parallel, Azure provides serverless transaction data options that also reduce overhead. Azure 製品カタログ には、完全なデータ プラットフォームを必要とせずにデータをホストするためのデータベース オプションが用意されています。The Azure product catalog provides database options that host data without the need for a full data platform.

次のステップNext steps

仮説とソリューションにもよりますが、この記事の原則は、MVP の定義を満たしてユーザーを引き付けるアプリケーションの設計に役立てることができます。Depending on the hypothesis and solution, the principles in this article can aid in designing applications that meet MVP definitions and engage users. 次に紹介する導入の強化の原則では、アプリケーションとデータをより速く効率的に顧客のもとに届ける方法を示します。Up next are the principles for empowering adoption, which offer ways to get the application and data into the hands of customers more quickly and efficiently.