クラウド移行機能Cloud migration functions

クラウド移行チームは、技術実装チームやプロジェクト チームの現代版です。Cloud migration teams are the modern-day equivalent of technical implementation teams or project teams. ただし、クラウドの性質上、より流動的なチーム構成が必要になる場合があります。But the nature of the cloud may require a more fluid team structure. クラウドの移行に集中的に取り組んでいる移行チームもあれば、クラウド テクノロジを利用したイノベーションに専念している移行チームもあります。Some migration teams focus exclusively on cloud migration, while others focus on innovations that take advantage of cloud technologies. データセンターの完全な移行など、大規模な導入作業を完了するために必要な幅広い技術に関する専門知識を含む場合もあれば、より厳密な技術的焦点を持ち、特定の目標を達成するためにプロジェクト間を移動する場合もあります。たとえば、SQL VM を SQL PaaS インスタンスに変換するのを支援するデータ プラットフォーム スペシャリストのチームです。Some include the broad technical expertise required to complete large adoption efforts, like a full datacenter migration, while others have a tighter technical focus and may move between projects to accomplish specific goals, for example, a team of data platform specialists who help convert SQL VMs to SQL PaaS instances.

クラウド移行チームの種類や数に関係なく、通常、このようなチームは IT、ビジネス分析、または実装パートナーに専門知識を提供します。Regardless of the type or number of cloud migration teams, these teams generally provides subject matter expertise for IT, business analysis, or implementation partners.

前提条件Prerequisites

  • Azure アカウントの作成:Azure を使用する最初の手順では、アカウントを作成します。Create an Azure account: The first step to using Azure is to create an account.
  • Azure ポータル:Azure portal の機能とサービスのツアーを実行し、ポータルをカスタマイズします。Azure portal: Tour the Azure portal features and services, and customize the portal.
  • Azure 入門:Azure を使ってみましょう。Introduction to Azure: Get started with Azure. クラウドに最初の仮想マシンを作成して構成します。Create and configure your first virtual machine in the cloud.
  • Azure の基礎:クラウドの概念を学習し、利点を理解し、基本的な戦略を比較対照して、Azure で利用できる幅広いサービスを確認します。Azure fundamentals: Learn cloud concepts, understand the benefits, compare and contrast basic strategies, and explore the breadth of services available in Azure.
  • 移行手法を確認します。Review the Migrate methodology.

最小スコープMinimum scope

クラウド導入のあらゆる取り組みの中核となるのがクラウド移行チームです。The nucleus of all cloud adoption efforts is the cloud migration team. このチームは、導入を可能にする技術的な変更を推進します。This team drives the technical changes that enable adoption. このチームには、導入作業の目標に応じて、技術的なタスクやビジネス タスクに幅広く対応する多様なチーム メンバーが集められます。Depending on the objectives of the adoption effort, this team may include a diverse range of team members who handle a broad set of technical and business tasks.

少なくとも、チームのスコープには次のものが含まれます。At a minimum, the team scope includes:

成果物Deliverable

クラウド移行チームからの主な成果物は、使用可能なテクノロジ、ツール、自動化ソリューションを使用して、ガバナンス要件とビジネス成果に合わせた、導入計画に記載されている技術ソリューションのタイムリーで高品質な実装です。The primary deliverable from any cloud migration team is the timely, high-quality implementation of the technical solutions outlined in the adoption plan, in alignment with governance requirements and business outcomes, using the technology, tools, and automation solutions that are available.

継続的な月単位のタスクOngoing monthly tasks

チームの調整Team cadence

クラウド導入機能を提供するチームは、フルタイムで取り組みに専念することをお勧めします。We recommend that teams providing cloud adoption capability be dedicated to the effort full-time.

これらのチームが自己組織的なミーティングを毎日持つことが理想です。It's best if these teams meet daily in a self-organizing way. 毎日のミーティングの目標は、バックログを迅速に更新すること、および完了した内容、今日行うべき作業、追加の外部サポートを必要とするブロックされた内容を伝えることです。The goal of daily meetings is to quickly update the backlog, and to communicate what has been completed, what is to be done today, and what things are blocked, requiring additional external support.

リリース スケジュールとイテレーション期間は会社ごとに固有です。Release schedules and iteration durations are unique to each company. ただし、イテレーションごとに 1 週間から 4 週間の範囲が平均期間であるようです。But a range of one to four weeks per iteration seems to be the average duration. イテレーションやリリースの頻度に関係なく、各リリースの終わりにチームがすべてのサポート チームとミーティングを持ち、リリースの結果を伝え、今後の取り組みを再優先順位付けすることをお勧めします。Regardless of iteration or release cadence, we recommend that the team meets all supporting teams at the end of each release to communicate the outcome of the release, and to reprioritize upcoming efforts. また、クラウド センター オブ エクセレンスクラウド ガバナンス チームとともに、各スプリントの最後にチームとして集まり、共通の取り組みとサポートの必要性に常に対応できるようにすることも重要です。It's also valuable to meet as a team at the end of each sprint, with the cloud center of excellence or cloud governance team to stay aligned on common efforts and any needs for support.

クラウドの導入に関連する技術的なタスクの中には、繰り返し発生するものもあります。Some of the technical tasks associated with cloud adoption can become repetitive. 従業員の満足度に関する問題を回避し、関連するスキルを維持するためには、チーム メンバーが 3 か月から 6 か月ごとに交代する必要があります。Team members should rotate every 3–6 months to avoid employee satisfaction issues and maintain relevant skills. クラウド センター オブ エクセレンスクラウド ガバナンス チームのメンバーを定期的に交代することにより、従業員を常に新鮮な気持ちに保ち、新しいイノベーションを活用することできる絶好の機会を提供できます。A rotating seat on cloud center of excellence or cloud governance team can provide an excellent opportunity to keep employees fresh and harness new innovations.

ベースライン機能Baseline capability

必要なビジネス成果に応じて、完全なクラウド導入機能を提供するために必要なスキルには、以下が含まれます。Depending on the desired business outcomes, the skills needed to provide full cloud adoption capabilities could include:

  • インフラストラクチャの実装者Infrastructure implementers
  • DevOps のエンジニアDevOps engineers
  • アプリケーション開発者Application developers
  • データ サイエンティストData scientists
  • データまたはアプリケーション プラットフォームのスペシャ リストData or application platform specialists

最適なコラボレーションと効率を確保するために、クラウド導入チームは平均 6 人のチームで編成することをお勧めします。For optimal collaboration and efficiency, we recommend that cloud adoption teams have an average team size of six people. これらのチームは、技術的な実行の観点から自己組織化する必要があります。These teams should be self-organizing from a technical execution perspective. アジャイルやスクラムといった反復モデルの豊富な経験に基づくプロジェクト管理のノウハウを含めることも強くお勧めします。We highly recommend that these teams also include project management expertise, with deep experience in agile, scrum, or other iterative models. このチームは、フラットな構造で管理される場合に最も効果的です。This team is most effective when managed using a flat structure.

対象範囲外Out of scope

既存の IT スタッフによる追加のサポートが必要になる場合があります。Additional support from existing IT staff may be needed. IT は、イノベーションやビジネスの機敏性のためのクラウド ブローカーやパートナーになることにより、クラウドの導入に対する価値のある貢献者になることができます。IT can be a valuable contributor to cloud adoption by becoming a cloud broker and a partner for innovation and business agility.

参照トピックWhat's next

導入は多くの利点をもたらしますが、管理されていない導入によって予期しない結果が生じる場合があります。Adoption is great, but ungoverned adoption can produce unexpected results. クラウド ガバナンス チームと連携し、ビジネスとテクノロジのリスクを軽減しながら、導入とベスト プラクティスを迅速に行います。Align with the cloud governance team to accelerates adoption and best practices, while reducing business and technical risks.

これら 2 つのチームは、クラウド導入の取り組みに関してバランスを取ることができますが、持続可能でない可能性があるため、MVP と見なされます。These two teams create balance across cloud adoption efforts, but is considered an MVP because it may not be sustainable. "実行責任、説明責任、助言、通知" (RACI) チャートで示されるように、各チームが多くの役割を担います。Each team is wearing many hats, as outlined in the responsible, accountable, consulted, informed (RACI) charts.

組織のアンチパターン: サイロと封土」で詳細を確認してください。Learn more about organizational antipatterns: silos and fiefdoms.