データ オプションを確認するReview your data options

クラウド導入のためのランディング ゾーン環境を準備するとき、ワークロードをホストするためのデータ要件を決定する必要があります。When you prepare your landing zone environment for your cloud adoption, you need to determine the data requirements for hosting your workloads. Azure のデータベース製品とサービスは、さまざまなデータ ストレージのシナリオと機能をサポートしています。Azure database products and services support a wide variety of data storage scenarios and capabilities. データ要件に対応するためのランディング ゾーン環境の構成方法は、ワークロードのガバナンス、技術的要件、ビジネス要件によって異なります。How you configure your landing zone environment to support your data requirements depends on your workload governance, technical, and business requirements.

データ サービスの要件を特定するIdentify data services requirements

ランディング ゾーンの評価と準備の一環として、ランディング ゾーンでサポートする必要があるデータ ストアを特定する必要があります。As part of your landing zone evaluation and preparation, you need to identify the data stores that your landing zone needs to support. このプロセスには、データ ストレージ要件とアクセス要件を決定するためにワークロードを構成する各アプリケーションとサービスを評価する作業が含まれます。The process involves assessing each of the applications and services that make up your workloads to determine their data storage and access requirements. これらの要件を特定して文書化すると、ランディング ゾーンのポリシーを作成して、ワークロードのニーズに基づいて許可されるリソースの種類を制御できます。After you identify and document these requirements, you can create policies for your landing zone to control allowed resource types based on your workload needs.

ランディング ゾーン環境にデプロイする各アプリケーションまたはサービスに対しては、次のデシジョン ツリーを出発点として使用すると、適切なデータ ストア サービスを決定して使用するのに役立ちます。For each application or service you'll deploy to your landing zone environment, use the following decision tree as a starting point to help you determine the appropriate data store services to use:

Azure データベース サービスのデシジョン ツリー 図 1: Azure データベース サービスのデシジョン ツリー。Azure database services decision tree Figure 1: An Azure database services decision tree.

主な質問Key questions

ワークロードに関する次の質問に答えると、Azure データベース サービスのデシジョン ツリーに基づいて意思決定を行うのに役立ちます。Answer the following questions about your workloads to help you make decisions based on the Azure database services decision tree:

  • データベース ソフトウェアやホスト OS の完全な制御または所有権が必要ですか?Do you need full control or ownership of your database software or host OS? 一部のシナリオでは、データベース ワークロードのソフトウェア構成とホスト サーバーに関する高度な制御または所有権が必要です。Some scenarios require you to have a high degree of control or ownership of the software configuration and host servers for your database workloads. これらのシナリオでは、データ サービスのデプロイと構成を完全に制御できるカスタムのサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) 仮想マシンをデプロイできます。In these scenarios, you can deploy custom infrastructure as a service (IaaS) virtual machines to fully control the deployment and configuration of data services. このような要件がない場合は、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) データベース サービスを使用すると、管理コストと運用コストが削減される可能性があります。If you don't have these requirements, platform as a service (PaaS) database services might reduce your management and operations costs.
  • ワークロードでリレーショナル データベース テクノロジを使用しますか?Will your workloads use a relational database technology? そうである場合は、どのようなテクノロジを使用する予定ですか?If so, what technology do you plan to use? Azure では、Azure SQL DatabaseMySQLPostgreSQLMariaDB に対する PaaS のマネージド データベース機能を提供します。Azure provides managed PaaS database capabilities for Azure SQL Database, MySQL, PostgreSQL, and MariaDB.
  • ワークロードで SQL Server を使用しますか?Will your workloads use SQL Server? Azure では、Azure Virtual Machines 上の SQL Server (IaaS ベース) または Azure SQL Database ホステッド サービス (PaaS ベース) でワークロードを実行できます。In Azure, you can have your workloads running in IaaS-based SQL Server on Azure Virtual Machines or on the PaaS-based Azure SQL Database hosted service. どちらのオプションを使用するかは、主に、データベースの管理、修正プログラムの適用、バックアップの実行を自分で行うか、あるいはこれらの操作を Azure に委任するかどうかの問題です。Choosing which option to use is primarily a question of whether you want to manage your database, apply patches, and take backups, or if you want to delegate these operations to Azure. シナリオによっては、互換性の問題により、IaaS でホストされる SQL Server の使用が必要になることがあります。In some scenarios, compatibility issues might require the use of IaaS-hosted SQL Server. ワークロードに適したオプションを選択する方法の詳細については、「Azure で適切な SQL Server オプションを選択する」を参照してください。For more information about how to choose the correct option for your workloads, see Choose the right SQL Server option in Azure.
  • ワークロードでキー/値データベース ストレージを使用しますか?Will your workloads use key/value database storage? Azure Cache for Redis は、高速でスケーラブルなアプリケーションを実現できる、高性能のキャッシュ キー/値データ ストレージ ソリューションを提供します。Azure Cache for Redis offers a high-performance cached key/value data storage solution that can power fast, scalable applications. Azure Cosmos DB も、汎用的なキー/値ストレージ機能を提供します。Azure Cosmos DB also provides general-purpose key/value storage capabilities.
  • ワークロードでドキュメントまたはグラフ データを使用しますか?Will your workloads use document or graph data? Azure Cosmos DB は、さまざまなデータ型と API をサポートするマルチモデル データベース サービスです。Azure Cosmos DB is a multi-model database service that supports a wide variety of data types and APIs. Azure Cosmos DB には、ドキュメントおよびグラフ データベースの機能もあります。Azure Cosmos DB also provides document and graph database capabilities.
  • ワークロードで列ファミリ データを使用しますか?Will your workloads use column-family data? Azure HDInsight の Apache HBase は、Apache Hadoop 上に構築されています。Apache HBase in Azure HDInsight is built on Apache Hadoop. 列ファミリ別に編成された、スキーマレス データベース内の大量の非構造化データおよび半構造化データがサポートされています。It supports large amounts of unstructured and semi-structured data in a schemaless database that's organized by column families.
  • ワークロードに大容量のデータ分析機能が必要ですか?Will your workloads require high-capacity data analytics capabilities? Azure SQL Data Warehouse を使用すると、構造化されたペタバイト規模のデータを効率的に格納し、クエリを実行できます。You can use Azure SQL Data Warehouse to effectively store and query structured petabyte-scale data. 非構造化ビッグ データ ワークロードの場合、Azure Data Lake を使用すると、ペタバイト規模のファイルと数兆個のオブジェクトを保存して分析できます。For unstructured big data workloads, you can use Azure data lake to store and analyze petabyte-size files and trillions of objects.
  • ワークロードに検索エンジンの機能が必要ですか?Will your workloads require search engine capabilities? Azure Search を使用すると、アプリケーションに統合できる、AI で強化されたクラウドベースの検索インデックスを作成できます。You can use Azure search to build AI-enhanced cloud-based search indexes that can be integrated into your applications.
  • ワークロードには時系列データを使用しますか?Will your workloads use time series data? Azure Time Series Insights は、IoT デバイスによって生成されたデータなどの大量の時系列データの格納、視覚化、クエリ実行のために構築されています。Azure time series insights is built to store, visualize, and query large amounts of time series data, such as data generated by IoT devices.

注意

各アプリケーションまたはサービスのデータベース オプションを評価する方法の詳細については、「Azure アプリケーション アーキテクチャ ガイド」で確認してください。Learn more about how to assess database options for each of your application or services in the Azure application architecture guide.

一般的なデータベース シナリオCommon database scenarios

次の表は、いくつかの一般的な使用シナリオの要件と、その処理に推奨されるデータベース サービスを示しています。The following table illustrates a few common use scenario requirements and the recommended database services for handling them:

シナリオScenario データ サービスData service
NoSQL の選択をサポートする、グローバルに分散されたマルチモデル データベースが必要です。I need a globally distributed, multi-model database with support for NoSQL choices. Azure Cosmos DBAzure Cosmos DB
迅速なプロビジョニングと即座のスケーリングが可能な、インテリジェンスとセキュリティを組み込んだ、フル マネージド リレーショナル データベースが必要です。I need a fully managed relational database that provisions quickly, scales on the fly, and includes built-in intelligence and security. Azure SQL DatabaseAzure SQL Database
高可用性とセキュリティを追加料金なしで組み込んだ、フル マネージドかつスケーラブルな MySQL リレーショナル データベースが必要です。I need a fully managed, scalable MySQL relational database that has high availability and security built in at no extra cost. Azure Database for MySQLAzure Database for MySQL
高可用性とセキュリティを追加料金なしで組み込んだ、フル マネージドかつスケーラブルな PostgreSQL リレーショナル データベースが必要です。I need a fully managed, scalable PostgreSQL relational database that has high availability and security built in at no extra cost. Azure Database for PostgreSQLAzure Database for PostgreSQL
クラウドでエンタープライズ SQL Server アプリをホストし、サーバー OS を完全に制御する予定です。I plan to host enterprise SQL Server apps in the cloud and have full control over the server OS. SQL Server on Virtual MachinesSQL Server on virtual machines
広範なセキュリティが追加料金なしであらゆるレベルに組み込まれた、フル マネージドのエラスティック データ ウェアハウスが必要です。I need a fully managed elastic data warehouse that has security at every level of scale at no extra cost. Azure SQL Data WarehouseAzure SQL Data Warehouse
Hadoop クラスターまたは HDFS データをサポートするデータ レイク用のストレージ リソースが必要です。I need Data Lake Storage resources that are capable of supporting Hadoop clusters or HDFS data. Azure Data LakeAzure data lake
高速でスケーラブルなアプリケーションをサポートするために、高スループットで、一貫性があり、待機時間の短いデータ アクセスが必要です。I need high throughput and consistent, low-latency access for my data to support fast, scalable applications. Azure Cache for RedisAzure Cache for Redis
高可用性とセキュリティを追加料金なしで組み込んだ、フル マネージドかつスケーラブルな MariaDB リレーショナル データベースが必要です。I need a fully managed, scalable MariaDB relational database that has high availability and security built in at no extra cost. Azure Database for MariaDBAzure Database for MariaDB

リージョン別の提供状況Regional availability

Azure を利用すれば、場所を問わず顧客とパートナーを獲得するために必要なスケールでサービスを提供できます。Azure lets you deliver services at the scale you need to reach your customers and partners, wherever they are. クラウドのデプロイを計画する際の重要な要素として、ワークロード リソースをホストする Azure リージョンの決定があります。A key factor in planning your cloud deployment is to determine what Azure region will host your workload resources.

ほとんどのデータベース サービスは、ほとんどの Azure リージョンで一般提供されています。Most database services are generally available in most Azure regions. しかし、これらの製品のサブセットのみをサポートするリージョンもいくつかあります (ほとんどの場合は政府機関の顧客が対象となります)。But there are a few regions, mostly targeting governmental customers, that support only a subset of these products. どのリージョンにデータベース リソースをデプロイするかを決定する前に、リージョン ページを参照して、利用可能なリージョンの最新の状態を確認することをお勧めします。Before you decide which regions you will deploy your database resources to, we recommend that you refer to the regions page to check the latest status of regional availability.

Azure のグローバル インフラストラクチャの詳細については、Azure リージョンのページを参照してください。To learn more about Azure global infrastructure, see the Azure regions page. また、各 Azure リージョンで利用可能なサービス全体の具体的な詳細については、リージョン別の利用可能な製品のページで確認できます。You can also view products available by region for specific details about the overall services that are available in each Azure region.

データの保存場所とコンプライアンスの要件Data residency and compliance requirements

多くの場合は、データ ストレージに関連した法律上および契約上の要件がワークロードに適用されます。Legal and contractual requirements that are related to data storage often will apply to your workloads. これらの要件は、組織の場所、データ ストアをホストしている物理的な資産の管轄区域、および該当する事業部門によって異なることがあります。These requirements might vary based on the location of your organization, the jurisdiction of the physical assets that host your data stores, and your applicable business sector. 考慮すべきデータに関する義務の要素には、データ分類、データの場所、および共同責任モデルに基づくデータ保護に関するそれぞれの責任が含まれます。Components of data obligations to consider include data classification, data location, and the respective responsibilities for data protection under the shared responsibility model. これらの要件の理解に役立つ情報として、ホワイト ペーパー「Azure を使用して基準に準拠しているデータの保存場所とセキュリティを実現する」をご覧ください。For help with understanding these requirements, see the white paper achieving compliant data residency and security with Azure.

コンプライアンスの取り組みの一環として、データベース リソースが物理的に配置されている場所の制御が必要になる場合があります。Part of your compliance efforts might include controlling where your database resources are physically located. Azure リージョンは地域と呼ばれるグループに編成されています。Azure regions are organized into groups called geographies. Azure の地域では、データの保存場所、主権、コンプライアンス、回復性に関する要件が地域的および政治的な境界内で確実に遵守されます。An Azure geography ensures that data residency, sovereignty, compliance, and resiliency requirements are honored within geographical and political boundaries. ワークロードがデータ主権やその他のコンプライアンス要件の影響を受ける場合は、要件に準拠している Azure 地域のリージョンにストレージ リソースをデプロイする必要があります。If your workloads are subject to data sovereignty or other compliance requirements, you must deploy your storage resources to regions in a compliant Azure geography.

データベース サービスの制御を設定するEstablish controls for database services

ランディング ゾーン環境を準備するときに、ユーザーがデプロイできるデータ ストアを制限する制御を設定できます。When you prepare your landing zone environment, you can establish controls that limit what data stores users can deploy. この制御は、開発者や IT チームがワークロードをサポートするために必要なリソースを引き続きデプロイおよび構成できるようにしながら、コストを管理し、セキュリティ リスクを制限するのに役立ちます。Controls can help you manage costs and limit security risks while still allowing developers and IT teams to deploy and configure resources that are needed to support your workloads.

ランディング ゾーンの要件を特定して文書化したら、Azure Policy を使用して、ユーザーに作成を許可するデータベース リソースを制御できます。After you identify and document your landing zone's requirements, you can use Azure Policy to control the database resources that you allow users to create. これらの制御は、データベース リソースの種類の作成を許可または拒否するという形をとることができます。Controls can take the form of allowing or denying the creation of database resource types. たとえば、ユーザーが Azure SQL Database リソースのみを作成するように制限することができます。For example, you might restrict users to creating only Azure SQL Database resources. また、ポリシーを使用して、リソースが作成されるときに指定可能なオプションを制御することもできます。たとえば、プロビジョニングできる SQL Database SKU を制限したり、IaaS VM へのインストールを特定バージョンの SQL Server のみ許可したりできます。You can also use policy to control the allowable options when a resource is created, like restricting what SQL Database SKUs can be provisioned or allowing only specific versions of SQL Server to be installed on an IaaS VM.

ポリシーは、リソース、リソース グループ、サブスクリプション、および管理グループにスコープを設定できます。Policies can be scoped to resources, resource groups, subscriptions, and management groups. これらのポリシーを Azure Blueprint の定義に含め、クラウド資産全体で繰り返し適用できます。You can include your policies in Azure blueprint definitions and apply them repeatedly throughout your cloud estate.