Azure Stack Hub 移行のためのクラウド環境を準備するReady your cloud environment for Azure Stack Hub migration

この記事では、クラウド戦略への Azure Stack の組み入れを決定し、Azure Stack Hub 移行用の計画を作成していることを前提としています。This article assumes that you've decided to integrate Azure Stack into your cloud strategy and you've developed a plan for Azure Stack Hub migration.

最初に、対応する必要があるインフラストラクチャの依存関係を評価します。Assess the infrastructure dependencies that must be addressed first:

  • IDIdentity
  • 接続Connectivity
  • セキュリティSecurity
  • 暗号化Encryption

ハイブリッド環境の構成Hybrid environment configuration

あるハイブリッド環境で、IT ポートフォリオの一部を Azure パブリック クラウドに置き、その他を Azure Stack Hub プライベート クラウドに置きます。In a hybrid environment, some parts of your IT portfolio are in the Azure public cloud and others are in your Azure Stack Hub private cloud. このような環境を開発するには、まず、パブリック クラウドで基本的な要素をいくつか構成する必要があります。To develop such an environment, you'll first want to configure a few basic elements in the public cloud. パブリック クラウドでランディング ゾーンの確立を開始するには、クラウド導入に合わせて環境を準備する方法に関するページを参照してください。To begin establishing landing zones in the public cloud, see Ensure that your environment is prepared for cloud adoption.

ランディング ゾーンとクラウド プラットフォーム接続:そのプロセスの中で、現在のデータセンターと Azure 間に安定したネットワーク接続を確保します。Landing zone and cloud platform connections: During the process, ensure that you have a stable network connection between your current datacenter and Azure. ネットワーク接続が確立されたら、Azure への接続の待機時間、帯域幅、信頼性をテストします。After you've established the network connection, test the latency, bandwidth, and reliability of the connection to Azure.

ガバナンスと操作:両方のクラウドに移行する場合には、環境に影響を与えるいくつかの初期の意思決定を行う必要があります。Governance and operations: When you migrate to both clouds, you need to make a few early decisions that will affect the environment. ベスト プラクティスを適用することで、パブリック クラウド内で実行されるクラウド ネイティブの操作とガバナンス ツールの上に構築します。By applying best practices, you build on cloud-native operations and governance tools that run in the public cloud. このアプローチによって、データセンター内での高価なシステムの実行や Azure Stack Hub 上の容量の消費で生じるコストが軽減されます。This approach reduces the cost of running expensive systems in your datacenter or consuming capacity on your Azure Stack Hub. いずれかの形式のクラウドに移行するとき、運用、ガバナンス、変更管理のために、ベスト プラクティスに従うか、既存のシステムの使用を継続する必要があります。When you migrate to either form of the cloud, you need to either follow best practices or continue using existing systems for operations, governance, and change management.

プライベート クラウド環境Private cloud environment

Azure のプライベート クラウド バージョンである Azure Stack Hub のみを使用することを選択した場合、同じ意思決定のポイントを考慮する必要があります。If you choose to only use the private cloud version of Azure, an Azure Stack Hub, you'll need to consider the same decision points:

オンプレミスのガバナンスと操作:ベスト プラクティスでは、Azure のパブリック クラウド バージョン内にあるクラウド ネイティブの操作とガバナンス ツールを使用することが引き続き提示されます。On-premises governance and operations: The best practice still suggests using the cloud-native operations and governance tools found in the public cloud version of Azure. このベスト プラクティスを早期に評価し、それが自分のシナリオに当てはまるかどうかを判断することが重要です。It's important to evaluate this best practice early and determine whether it's applicable to your scenario.

ランディング ゾーンとクラウド プラットフォーム接続:ワークロード移行が Azure Stack Hub にデプロイされる場合、エンド ユーザーと Azure Stack アプライアンス間のネットワーク ルートの待機時間、帯域幅、信頼性を文書化してテストすることが重要になります。Landing zone and cloud platform connections: If your workload migrations will be deployed to your Azure Stack Hub, it will be important to document and test the latency, bandwidth, and reliability of the network routes between end users and your Azure Stack appliance.

次のステップNext steps

クラウド導入の取り組みの特定の要素に関するガイダンスについては、以下を参照してください。For guidance on specific elements of the cloud adoption journey, see: