Azure Stack Hub 移行の計画Plan your Azure Stack Hub migration

この記事では、クラウド戦略に Azure Stack を組み入れる方法について確認し、その記事の例に沿って進めていることを前提としています。This article assumes that you've reviewed how to integrate Azure Stack into your cloud strategy and that your journey aligns with the examples in that article.

組織での移行作業に直接移る前に、Azure および Azure Stack Hub に関する期待値を適切に設定することが重要です。Before you move directly into your organization's migration efforts, it's important to set expectations appropriately about Azure and Azure Stack Hub. そうすることで、後になってプロジェクトで落とし穴や障壁が発生するのを防ぐことができます。Doing so can help avoid pitfalls or setbacks later in the project. 実装を成功させるために重要なのは、Azure を使用する局面と Azure Stack Hub を使用する局面についてよく理解していることです。The key to a successful implementation is a good understanding of when to use Azure and when to use Azure Stack Hub.

デジタル資産の配置Digital estate alignment

組織のデジタル資産の配置は、デジタル資産の合理化の完了時にいくつかの簡単な質問に答えるところから始まります。Alignment of your organization's digital estate starts with a few simple questions to ask when you complete your digital estate rationalization.

  • 規制要件、データ主権、またはコンプライアンスのニーズなど、アプリケーションとデータをオンプレミスで維持する動機は何ですか。What is the motivation, such as regulatory requirements, data gravity, or compliance needs, to keep applications and data on-premises?
  • 規制またはコンプライアンスに関する特定のどの要件が、データセンター内で維持するという意思決定に影響していますか。Which specific regulatory or compliance requirements affect the decision to stay in the datacenter?
  • データのプライバシーは、データの移行にどのように影響しますか。How will data privacy affect data migration?
  • 移行は、最新化の取り組みとして定義されていますか。Is migration defined as a modernization journey?
  • もしそうなら、移行後に必要な次のステップと目標を定義済みですか。If so, have you defined the next steps and the goals required after the migration?
  • サービス レベル アグリーメント、目標復旧ポイント、目標復旧時間、および可用性の要件は何ですか。What are the service-level agreement, recovery point objective, recovery time objective, and availability requirements?

一部のワークロードでは、これらの質問に対して答えることで、そのワークロードでの Azure の価値と Azure Stack Hub の価値の比較についての議論が促されます。For some workloads, your answers to these questions will fuel conversations about the value of Azure versus Azure Stack Hub for that workload.

評価のベスト プラクティスAssessment best practices

Azure Migrate によるデジタル資産の評価のベスト プラクティスを適用することによって、デジタル資産におけるワークロードおよび資産の評価と配置をさらに推し進めることができます。By applying the best practice for assessing a digital estate with Azure Migrate, you can accelerate the assessment and alignment of the workloads and assets in your digital estate. このベスト プラクティスによって、IT ポートフォリオ全体への分析情報がもたらされます。This best practice provides insight into your full IT portfolio. また、移行を進めるために容量、スケール、および構成に関する技術要件を特定するうえでも役立ちます。It also helps identify technical requirements for capacity, scale, and configuration to guide your migration.

適切な評価データを使用することで、クラウド導入チームは、Azure でパブリックまたはプライベート クラウド プラットフォームというオプションを評価するときに、より賢明な選択とより明確な優先順位付けを行うことができます。By using proper assessment data, your cloud adoption team can make wiser choices and establish clearer priorities when they evaluate options for public or private cloud platforms in Azure.

計画のベスト プラクティスPlanning best practices

次のリソースは、Azure と Azure Stack Hub の違いについて理解するうえで役立ちます。The following resources can help your team understand the differences between Azure and Azure Stack Hub:

各ワークロードの最適なプラットフォームについて理解したら、その意思決定をクラウド導入計画に組み入れて、パブリック クラウドとプライベート クラウドの移行を、対応すべき 1 つの作業として管理できます。When you understand the best platform for each workload, you can integrate your decisions into a cloud adoption plan to manage public and private cloud migrations as one aligned effort.

次のステップNext steps

クラウド導入の取り組みの特定の要素に関するガイダンスについては、以下を参照してください。For guidance on specific elements of the cloud adoption journey, see: