Windows Virtual Desktop のデプロイまたは移行Windows Virtual Desktop deployment or migration

この記事のガイダンスは、既に Windows Virtual Desktop の計画を作成し、デスクトップのデプロイ要件を評価し、概念実証を完了しており、Windows Virtual Desktop インスタンスを移行またはデプロイする準備ができていることを前提としています。The guidance in this article assumes that you've established a plan for Windows Virtual Desktop), assessed the desktop deployment requirements, completed a proof of concept, and are now ready to migrate or deploy your Windows Virtual Desktop instances.

初期のスコープInitial scope

Windows Virtual Desktop インスタンスのデプロイは、概念実証プロセスと同様のプロセスに従います。The deployment of Windows Virtual Desktop instances follows a process that's similar to the proof of concept process. この初期のスコープをベースラインとして使用して、評価の出力に必要なさまざまなスコープ変更を説明します。Use this initial scope as a baseline to explain the various scope changes that are required by the output of the assessment.

デプロイおよび移行は、ペルソナの移行、アプリケーションの移行、ユーザー プロファイルの移行で構成されます。Deployment and migration consist of persona migration, application migration, and user profile migration. ワークロード評価の結果によっては、これらの移行タスクのそれぞれに変更が生じる可能性があります。Depending on the results of the workload assessment, there will likely be changes to each of those migration tasks. この記事は、評価のフィードバックに基づいてスコープがどのように変化するかを判断するのに役立ちます。This article helps identify ways that the scope would change based on the assessment feedback.

繰り返しの方法論Iterative methodology

各ペルソナで、前に説明した初期のスコープの繰り返しが必要になる可能性があり、結果として複数のホスト プールが必要となります。Each persona will likely require an iteration of the previously outlined initial scope, resulting in multiple host pools. Windows Virtual Desktop の評価に応じて、採用チームはペルソナの数またはペルソナごとのユーザー数に基づいて、繰り返しを定義する必要があります。Depending on the Windows Virtual Desktop assessment, the adoption team should define iterations that are based on the number of personas or users per persona. プロセスをペルソナ主導の繰り返しに分割すると、変化の速さによるビジネスへの影響を低減でき、チームはそれぞれのペルソナのプールに対する適切なテストやオンボードに集中できるようになります。Breaking the process into persona-driven iterations helps to reduce the change velocity impact on the business and allows the team to focus on proper testing or onboarding of each of the persona pools.

スコープに関する考慮事項Scope considerations

次に示す一連の考慮事項のそれぞれを、移行またはデプロイされる各ペルソナ グループの設計ドキュメントに含める必要があります。Each of the following sets of considerations should be included in the design documentation for each persona group to be migrated or deployed. スコープに関する考慮事項を前に説明した初期のスコープに織り込んだら、デプロイまたは移行を開始できます。After the scope considerations are factored in to the previously discussed initial scope, the deployment or migration can begin.

Azure ランディング ゾーンに関する考慮事項Azure landing zone considerations

ペルソナ グループをデプロイする前に、デプロイされる各ペルソナをサポートするのに必要なランディング ゾーンを、Azure リージョンに作成する必要があります。Before you deploy the persona groups, a landing zone should be created in the Azure region that's required to support each persona to be deployed. 割り当てられたそれぞれのランディング ゾーンは、ランディング ゾーンのレビュー要件に照らして評価する必要があります。Each assigned landing zone should be evaluated against the landing zone review requirements.

割り当てられた Azure ランディング ゾーンが要件を満たさない場合、環境に対して行う修正をスコープに追加する必要があります。If the assigned Azure landing zone doesn't meet your requirements, scope should be added for any modifications to be made to the environment.

アプリケーションとデスクトップに関する考慮事項Application and desktop considerations

一部のペルソナは、Windows 10 マルチセッションと互換性のない従来のソリューションに依存している可能性があります。Some personas might have a dependency on legacy solutions, which are not compatible with Windows 10 multi-session. そのような場合、一部のペルソナでは専用のデスクトップが必要になる場合があります。In these cases, some personas might require dedicated desktops. この依存関係は、デプロイとテストを行うまでわからないことがあります。This dependency might not be discovered until deployment and testing.

プロセスの後の方で発覚した場合、レガシ アプリケーションのモダナイゼーションまたは移行に対して将来的な繰り返しを割り当てる必要があります。If they're discovered late in the process, future iterations should be allocated to modernization or migration of the legacy application. これにより、デスクトップ エクスペリエンスの長期的なコストが削減されます。This will reduce the long-term cost of the desktop experience. このような将来的な繰り返しは、モダン化にかかる価格の全体的な影響と専用デスクトップに関連する余分なコストを比較することにより、優先度付けして実施する必要があります。Those future iterations should be prioritized and completed based on the overall pricing impact of modernization versus the extra cost associated with dedicated desktops. パイプラインの中断を回避し、ビジネスの成果を実現するには、この優先順位付けが現在の繰り返しに影響を与えないようにする必要があります。To avoid pipeline disruptions and the realization of business outcomes, this prioritization should not affect current iterations.

目標とするエンドユーザー エクスペリエンスをサポートするために、一部のアプリケーションでは修復、モダナイゼーション、Azure への移行が必要になることがあります。Some applications might require remediation, modernization, or migration to Azure to support the desired end-user experience. これらの変更はおそらく、リリース後に必要になるでしょう。Those changes are likely to come after release. また、デスクトップの待機時間がビジネス機能に影響を与える場合は、アプリケーションの変更により、一部のペルソナの移行を妨げる依存関係が生じることがあります。Alternately, when desktop latency can affect business functions, the application changes might create blocking dependencies for the migration of some personas.

ユーザー プロファイルに関する考慮事項User profile considerations

初期のスコープでは、VM ベースの FSLogix ユーザー プロファイル コンテナーの使用が想定されています。The initial scope assumes that you're using a VM-based FSLogix user profile container.

ユーザー プロファイルをホストするために Azure NetApp Files を使用できます。You can use Azure NetApp Files to host user profiles. それを行うには、次を含むいくつかの追加のステップがスコープで必要になります。Doing so will require a few extra steps in the scope, including:

  • NetApp インスタンスごと: NetApp ファイル、ボリューム、Active Directory 接続を構成する。Per NetApp instance: Configure NetApp files, volumes, and Active Directory connections.
  • ホストまたはペルソナごと: セッション ホスト仮想マシンでの FSLogix の構成。Per host/persona: Configure FSLogix on session host virtual machines.
  • ユーザーごと: ホスト セッションへのユーザーの割り当て。Per user: Assign users to the host session.

Azure Files を使用して、ユーザー プロファイルをホストすることもできます。You can also use Azure Files to host user profiles. それを行うには、次を含むいくつかの追加のステップがスコープで必要になります。Doing so will require a few extra steps in the scope, including:

  • Azure Files インスタンスごと: ストレージ アカウント、ディスクの種類、Active Directory 接続 (Active Directory Domain Services (AD DS) もサポートされています) を構成し、Active Directory ユーザー グループにロールベースのアクセス制御アクセスを割り当て、ニュー テクノロジ ファイル システムのアクセス許可を適用し、ストレージ アカウントのアクセスキーを取得する。Per Azure Files instance: Configure the storage account, disk type, and Active Directory connection (Active Directory Domain Services (AD DS) is also supported, assign role-based access control access for an Active Directory user group, apply new technology file system permissions, and get the storage account access key.
  • ホストまたはペルソナごと: セッション ホスト仮想マシンでの FSLogix の構成。Per host/persona: Configure FSLogix on session host virtual machines.
  • ユーザーごと: ホスト セッションへのユーザーの割り当て。Per user: Assign users to the host session.

一部のペルソナまたはユーザーのユーザー プロファイルでも、データの移行作業が必要になることがあります。その場合、ローカルの Active Directory または個々のユーザー デスクトップ内でユーザー プロファイルが修正できるようになるまで、特定のペルソナの移行が遅延する可能性があります。The user profiles for some personas or users might also require a data migration effort, which can delay the migration of specific personas until user profiles can be remediated within your local Active Directory or individual user desktops. この遅延は、Windows Virtual Desktop のシナリオ以外では、スコープに大きな影響を与える可能性があります。This delay could significantly affect the scope outside of the Windows Virtual Desktop scenario. 修正が完了したら、初期のスコープと上記のアプローチを再開することができます。After they've been remediated, the initial scope and the preceding approaches can be resumed.

Windows Virtual Desktop をデプロイまたは移行するDeploy or migrate Windows Virtual Desktop

すべての考慮事項を Windows Virtual Desktop の移行またはデプロイの運用スコープに織り込んだら、プロセスを開始できます。After all considerations are factored into your production scope for the Windows Virtual Desktop migration or deployment, the process can begin. 繰り返しを行う際に、採用チームはホスト プール、アプリケーション、ユーザー プロファイルをデプロイできます。On an iterative cadence, the adoption team will now deploy host pools, applications, and user profiles. このフェーズが完了したら、デプロイ後の作業であるテストとユーザーのオンボードを開始できます。After this phase is completed, the post deployment effort of testing and onboarding users can begin.

次のステップNext steps

Windows Virtual Desktop のデプロイを運用環境にリリースするRelease your Windows Virtual Desktop deployment to production