チュートリアル:Azure portal を使用してホスト プールを作成するTutorial: Create a host pool with the Azure portal

重要

このコンテンツは、Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop オブジェクトを含む Windows Virtual Desktop に適用されます。This content applies to Windows Virtual Desktop with Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop objects. Azure Resource Manager オブジェクトなしで Windows Virtual Desktop (classic) を使用している場合は、この記事を参照してください。If you're using Windows Virtual Desktop (classic) without Azure Resource Manager objects, see this article. Windows Virtual Desktop (classic) を使用して作成したオブジェクトは、Azure portal では管理できません。Any objects you create with Windows Virtual Desktop (classic) can't be managed with the Azure portal.

ホスト プールは、Windows Virtual Desktop 環境内にある 1 つまたは複数の同一の仮想マシン (VM) をまとめたものです。Host pools are a collection of one or more identical virtual machines (VMs) within Windows Virtual Desktop environments. 各ホスト プールには、物理デスクトップの場合と同じようにユーザーが利用できるアプリ グループを含めることができます。Each host pool can contain an app group that users can interact with as they would on a physical desktop.

この記事では、Azure portal を使用して Windows Virtual Desktop 環境のホスト プールを作成するためのセットアップ プロセスについて説明します。This article will walk you through the setup process for creating a host pool for a Windows Virtual Desktop environment through the Azure portal. この方法では、ブラウザーベースのユーザー インターフェイスを使って Windows Virtual Desktop にホスト プールを作成し、Azure サブスクリプション内の VM を使用してリソース グループを作成し、それらの VM を Azure Active Directory (AD) ドメインに参加させて、VM を Windows Virtual Desktop に登録します。This method provides a browser-based user interface to create a host pool in Windows Virtual Desktop, create a resource group with VMs in an Azure subscription, join those VMs to the Azure Active Directory (AD) domain, and register the VMs with Windows Virtual Desktop.

前提条件Prerequisites

ホスト プールを作成するには、次のパラメーターを入力する必要があります。You'll need to enter the following parameters to create a host pool:

  • VM イメージ名The VM image name
  • VM 構成VM configuration
  • ドメインとネットワークのプロパティDomain and network properties
  • Windows Virtual Desktop のホスト プールのプロパティWindows Virtual Desktop host pool properties

次の情報も把握しておく必要があります。You'll also need to know the following things:

  • 使用するイメージのソースがある場所。Where the source of the image you want to use is. Azure ギャラリーから取得したものか。それともカスタム イメージか。Is it from Azure Gallery or is it a custom image?
  • ドメイン参加資格情報。Your domain join credentials.

さらに、Microsoft.DesktopVirtualization リソースプロバイダーが登録されていることを確認します。Also, make sure you've registered the Microsoft.DesktopVirtualization resource provider. まだ行っていない場合は、 [サブスクリプション] に移動し、お使いのサブスクリプションの名前を選択して、 [リソース プロバイダー] を選択します。If you haven't already, go to Subscriptions, select the name of your subscription, and then select Resource providers. DesktopVirtualization を検索し、[Microsoft.DesktopVirtualization] を選択して、[登録] を選択します。Search for DesktopVirtualization, select Microsoft.DesktopVirtualization, and then select Register.

Azure Resource Manager テンプレートを使用して Windows Virtual Desktop ホスト プールを作成するときに、Azure ギャラリー、マネージド イメージ、またはアンマネージド イメージから仮想マシンを作成できます。When you create a Windows Virtual Desktop host pool with the Azure Resource Manager template, you can create a virtual machine from the Azure gallery, a managed image, or an unmanaged image. VM イメージの作成方法については、「Azure にアップロードする Windows VHD または VHDX を準備する」、および「Azure で一般化された VM の管理対象イメージを作成する」をご覧ください。To learn more about how to create VM images, see Prepare a Windows VHD or VHDX to upload to Azure and Create a managed image of a generalized VM in Azure.

Azure サブスクリプションをまだお持ちでない場合は、これらの手順に従う前に、必ずアカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription already, make sure to create an account before you start following these instructions.

ホスト プールのセットアップ プロセスの開始Begin the host pool setup process

新しいホスト プールの作成を開始するには:To start creating your new host pool:

  1. Azure Portal https://portal.azure.com にサインインします。Sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

    注意

    US Gov ポータルにサインインする場合は、代わりに https://portal.azure.us/ にアクセスしてください。If you're signing in to the US Gov portal, go to https://portal.azure.us/ instead.

  2. 検索バーに「Windows Virtual Desktop」と入力し、[サービス] にある [Windows Virtual Desktop] を見つけて選択します。Enter Windows Virtual Desktop into the search bar, then find and select Windows Virtual Desktop under Services.

  3. Windows Virtual Desktop の概要ページで、 [Create a host pool](ホスト プールの作成) を選択します。In the Windows Virtual Desktop overview page, select Create a host pool.

  4. [基本] タブのプロジェクトの詳細で、正しいサブスクリプションを選択します。In the Basics tab, select the correct subscription under Project details.

  5. [新規作成] を選択して新しいリソース グループを作成するか、ドロップダウン メニューから既存のリソース グループを選択します。Either select Create new to make a new resource group or select an existing resource group from the drop-down menu.

  6. ホスト プールの一意の名前を入力します。Enter a unique name for your host pool.

  7. [場所] フィールドで、ホスト プールの作成先にしたいリージョンをドロップダウン メニューから選択します。In the Location field, select the region where you want to create the host pool from the drop-down menu.

    ご自分が選択したリージョンに関連付けられている Azure 地域は、このホスト プールとその関連オブジェクトのメタデータが格納される場所です。The Azure geography associated with the regions you selected is where the metadata for this host pool and its related objects will be stored. サービス メタデータの格納先にしたい地域内のリージョンを選択していることを確認します。Make sure you choose the regions inside the geography you want the service metadata to be stored in.

    米国東部の場所が選択されている [場所] フィールドを示す Azure portal のスクリーンショット。A screenshot of the Azure portal showing the Location field with the East US location selected. このフィールドの横には、"メタデータは米国東部に格納されます。" というテキストが表示されます。Next to the field is text that says, "Metadata will be stored in East US."

  8. [Host pool type](ホスト プールの種類) で、自分のホスト プールを [個人用][Pooled](プール) のいずれにするかを選択します。Under Host pool type, select whether your host pool will be Personal or Pooled.

    • [個人用] を選択した場合は、[割り当ての種類] フィールドで [自動] または [ダイレクト] を選択します。If you choose Personal, then select either Automatic or Direct in the Assignment Type field.

      [割り当ての種類] フィールドのドロップダウン メニューのスクリーンショット。A screenshot of the assignment type field drop-down menu. ユーザーは [自動] を選択しています。The user has selected Automatic.

  9. [Pooled](プール) を選択した場合は、次の情報を入力します。If you choose Pooled, enter the following information:

    • [Max session limit](最大セッション数) で、1 つのセッション ホストに負荷分散するユーザーの最大数を入力します。For Max session limit, enter the maximum number of users you want load-balanced to a single session host.

    • [負荷分散アルゴリズム] には、使用パターンに応じて [breadth-first](幅優先) と [depth-first](深さ優先) のいずれかを選択します。For Load balancing algorithm, choose either breadth-first or depth-first, based on your usage pattern.

      [Pooled](プール) が選択された [割り当ての種類] フィールドのスクリーンショット。A screenshot of the assignment type field with "Pooled" selected. ユーザーは負荷分散のドロップダウン メニューの [breadth-first](幅優先) にカーソルを合わせています。The User is hovering their cursor over Breadth-first on the load balancing drop-down menu.

  10. [Next:仮想マシン >] を選択します。Select Next: Virtual Machines >.

  11. 仮想マシンを既に作成していて、それらを新しいホスト プールで使用する場合は、 [いいえ] を選択し、 [次へ:ワークスペース >] を選択して、 [ワークスペース情報] セクションに移動します。If you've already created virtual machines and want to use them with the new host pool, select No, select Next: Workspace > and jump to the Workspace information section. 新しい仮想マシンを作成して新しいホスト プールに登録したい場合は、 [はい] を選択します。If you want to create new virtual machines and register them to the new host pool, select Yes.

最初のパートを完了したところで、セットアップ プロセスの次のパートに移って VM を作成しましょう。Now that you've completed the first part, let's move on to the next part of the setup process where we create the VM.

仮想マシンの詳細Virtual machine details

最初のパートを完了したら、次は VM を設定する必要があります。Now that we're through the first part, you'll have to set up your VM.

ホスト プールのセットアップ プロセス中に仮想マシンを設定するには:To set up your virtual machine within the host pool setup process:

  1. [リソース グループ] で、仮想マシンを作成するリソース グループを選択します。Under Resource group, choose the resource group where you want to create the virtual machines. これは、ホスト プールに使用したリソース グループとは別のものにできます。This can be a different resource group than the one you used for the host pool.

  2. 仮想マシンを作成する仮想マシンの場所を選択します。Choose the Virtual machine location where you want to create the virtual machines. これらは、ホスト プール用に選択したリージョンと同じでも、異なっていてもかまいません。They can be the same or different from the region you selected for the host pool.

  3. 次に、使用する仮想マシン サイズを選択します。Next, choose the Virtual machine size you want to use. 既定のサイズのままにすることも、 [サイズの変更] を選択してサイズを変更することもできます。You can either keep the default size as-is or select Change size to change the size. [サイズの変更] を選択した場合は、表示されるウィンドウで、ワークロードに適した仮想マシンのサイズを選択してください。If you select Change size, in the window that appears, choose the size of the virtual machine suitable for your workload.

  4. [Number of VMs](VM の数) で、ホスト プール用に作成する VM の数を指定します。Under Number of VMs, provide the number of VMs you want to create for your host pool.

    注意

    セットアップ プロセスでは、ホスト プールの設定中に最大 400 個の VM を作成できます。各 VM セットアップ プロセスでは、リソース グループに 4 つのオブジェクトが作成されます。The setup process can create up to 400 VMs while setting up your host pool, and each VM setup process creates four objects in your resource group. この作成プロセスではサブスクリプションのクォータがチェックされません。そのため、入力する VM の数が、ご自分のリソース グループおよびサブスクリプションの Azure VM と API の制限の範囲内になるようにしてください。Since the creation process doesn't check your subscription quota, make sure the number of VMs you enter is within the Azure VM and API limits for your resource group and subscription. VM はホスト プールの作成完了後にも追加できます。You can add more VMs after you finish creating your host pool.

  5. その後、名前のプレフィックスを指定して、セットアップ プロセスで作成される仮想マシンの名前を指定します。After that, provide a Name prefix to name the virtual machines the setup process creates. サフィックスは、- に 0 から始まる番号が付いた形式になります。The suffix will be - with numbers starting from 0.

  6. 次に、仮想マシンを作成するために使用する必要があるイメージを選択します。Next, choose the image that needs to be used to create the virtual machine. [ギャラリー] または [ストレージ BLOB] を選択できます。You can choose either Gallery or Storage blob.

    • [ギャラリー] を選択した場合は、ドロップダウン メニューから推奨イメージを 1 つ選択します。If you choose Gallery, select one of the recommended images from the drop-down menu:

      • Windows 10 Enterprise マルチセッション、バージョン 1909Windows 10 Enterprise multi-session, Version 1909
      • Windows 10 Enterprise マルチセッション、バージョン 1909 + Microsoft 365 AppsWindows 10 Enterprise multi-session, Version 1909 + Microsoft 365 Apps
      • Windows Server 2019 DatacenterWindows Server 2019 Datacenter
      • Windows 10 Enterprise マルチセッション、バージョン 2004Windows 10 Enterprise multi-session, Version 2004
      • Windows 10 Enterprise マルチセッション、バージョン 2004 + Microsoft 365 AppsWindows 10 Enterprise multi-session, Version 2004 + Microsoft 365 Apps

    目的のイメージが表示されない場合は、 [すべてのイメージとディスクを参照する] を選択すると、ギャラリー内の別のイメージ、または Microsoft や他の発行元から提供されたイメージを選択できます。If you don't see the image you want, select Browse all images and disks, which lets you select either another image in your gallery or an image provided by Microsoft and other publishers.

    Microsoft 提供のイメージが一覧表示されたマーケットプレースのスクリーンショット。A screenshot of the Marketplace with a list of images from Microsoft displayed.

    また、 [マイ アイテム] に移動して、既にアップロード済みのカスタム イメージを選択することもできます。You can also go to My Items and choose a custom image you've already uploaded.

    [マイ アイテム] タブのスクリーンショット。A screenshot of the My Items tab.

    • [Storage Blob](ストレージ BLOB) を選択した場合は、Hyper-v または Azure VM で独自のイメージ ビルドを利用できます。If you choose Storage Blob, you can leverage your own image build through Hyper-V or on an Azure VM. ストレージ BLOB 内のイメージの場所を URI として入力するだけでかまいません。All you have to do is enter the location of the image in the storage blob as a URI.
  7. 自分の VM で使用したい OS ディスクの種類を選択します。Standard SSD、Premium SSD、Standard HDD。Choose what kind of OS disks you want your VMs to use: Standard SSD, Premium SSD, or Standard HDD.

  8. [Network and security](ネットワークとセキュリティ) で、作成する仮想マシンの配置先となる仮想ネットワークサブネットを選択します。Under Network and security, select the Virtual network and Subnet where you want to put the virtual machines you create. 仮想ネットワーク内の仮想マシンをドメインに参加させる必要があるため、仮想ネットワークでドメイン コントローラーに接続できることを確認します。Make sure the virtual network can connect to the domain controller, since you'll need to join the virtual machines inside the virtual network to the domain. 選択した仮想ネットワークの DNS サーバーは、ドメイン コントローラーの IP を使用するように構成する必要があります。The DNS servers of the virtual network you selected should be configured to use the IP of the domain controller.

  9. 次に、仮想マシンにパブリック IP が必要かどうかを選択します。Next, select whether you want a public IP for the virtual machines. プライベート IP の方が安全であるため、 [いいえ] を選択することをお勧めします。We recommend you select No because a private IP is more secure.

  10. 使用するセキュリティ グループの種類を選択します ( [基本][高度][なし] )。Select what kind of security group you want: Basic, Advanced, or None.

    [基本] を選択した場合は、受信ポートを開くかどうかを選択する必要があります。If you select Basic, you'll have to select whether you want any inbound port open. [はい] を選択した場合は、受信接続を許可する標準ポートの一覧から選択を行います。If you select Yes, choose from the list of standard ports to allow inbound connections to.

    注意

    セキュリティを強化するために、パブリック受信ポートは開かないことをお勧めします。For greater security, we recommend that you don't open public inbound ports.

    ドロップダウン メニューで使用可能なポートの一覧を示すセキュリティ グループ ページのスクリーンショット。A screenshot of the security group page that shows a list of available ports in a drop-down menu.

    [高度] を選択した場合は、既に構成が済んでいる既存のネットワーク セキュリティ グループを選択します。If you choose Advanced, select an existing network security group that you've already configured.

  11. その後、特定のドメインと組織単位に仮想マシンを参加させるかどうかを選択します。After that, select whether you want the virtual machines to be joined to a specific domain and organizational unit. [はい] を選択した場合は、参加するドメインを指定します。If you choose Yes, specify the domain to join. 必要に応じて、仮想マシンの配置先にする特定の組織単位を追加できます。You can optionally add a specific organizational unit you want the virtual machines to be in. [いいえ] を選択した場合、VM は AD ドメイン参加 UPN のサフィックスと一致するドメインに参加します。If you choose No, the VMs will be joined to the domain matching the suffix of the AD domain join UPN.

  • 組織単位を指定するときは、必ず完全なパス (識別名) を引用符なしで使用してください。When specifying an OU, make sure you use the full path (Distinguished Name) and without quotation marks.
  1. [管理者アカウント] で、選択した仮想ネットワークの Active Directory ドメイン管理者の資格情報を入力します。Under Administrator account, enter the credentials for the Active Directory Domain admin of the virtual network you selected. このアカウントでは、多要素認証 (MFA) を有効にすることはできません。This account can't have multi-factored authentication (MFA) enabled. Azure Active Directory Domain Services (Azure AD DS) ドメインに参加する場合、アカウントは Azure AD DC 管理者グループに属している必要があり、アカウント パスワードは Azure AD DS で機能する必要があります。When joining to an Azure Active Directory Domain Services (Azure AD DS) domain, the account must be part of the Azure AD DC Administrators group and the account password must work in Azure AD DS.

  2. [Next:ワークスペース >] を選択します。Select Next: Workspace >.

これで、ホスト プール設定の次の段階を開始し、アプリ グループをワークスペースに登録する準備が整いました。With that, we're ready to start the next phase of setting up your host pool: registering your app group to a workspace.

ワークスペース情報Workspace information

ホスト プールのセットアップ プロセスでは、既定でデスクトップ アプリケーション グループが作成されます。The host pool setup process creates a desktop application group by default. ホスト プールを意図したとおりに機能させるには、このアプリ グループをユーザーまたはユーザー グループに発行する必要があります。また、アプリ グループをワークスペースに登録する必要があります。For the host pool to work as intended, you'll need to publish this app group to users or user groups, and you must register the app group to a workspace.

デスクトップ アプリ グループをワークスペースに登録するには:To register the desktop app group to a workspace:

  1. [はい] を選択します。Select Yes.

    [いいえ] を選択した場合は、後でアプリ グループを登録できますが、ホスト プールが正常に機能するように、できる限り早くワークスペースを登録することをお勧めします。If you select No, you can register the app group later, but we recommend you get the workspace registration done as soon as you can so your host pool works properly.

  2. 次に、新しいワークスペースを作成するか、それとも既存のワークスペースから選択するかを選択します。Next, choose whether you want to create a new workspace or select from existing workspaces. アプリ グループを登録できるのは、ホスト プールと同じ場所に作成されたワークスペースだけです。Only workspaces created in the same location as the host pool will be allowed to register the app group to.

  3. 必要に応じて、 [次へ:タグ >] を選択できます。Optionally, you can select Next: Tags >.

    ここではタグを追加できます。これにより、管理者にとってわかりやすいように、メタデータを使用してオブジェクトをグループ化できます。Here you can add tags so you can group the objects with metadata to make things easier for your admins.

  4. 完了したら、 [確認および作成] を選択します。When you're done, select Review + create.

    注意

    [確認および作成] の検証プロセスでは、パスワードがセキュリティ標準を満たしているかどうか、またアーキテクチャが正常かどうかはチェックされません。そのため、これらのいずれの点についても問題がないかご自身でチェックする必要があります。The review + create validation process doesn't check if your password meets security standards or if your architecture is correct, so you'll need to check for any problems with either of those things yourself.

  5. ご自分のデプロイの情報を確認し、すべての内容が適切であることを確かめます。Review the information about your deployment to make sure everything looks correct. 完了したら [作成] を選択します。When you're done, select Create. これにより、デプロイ プロセスが開始され、次のオブジェクトが作成されます。This starts the deployment process, which creates the following objects:

    • 新しいホスト プール。Your new host pool.
    • デスクトップ アプリ グループ。A desktop app group.
    • ワークスペース (作成を選択した場合)。A workspace, if you chose to create it.
    • デスクトップ アプリ グループの登録を選択した場合は、登録が完了します。If you chose to register the desktop app group, the registration will be completed.
    • 仮想マシン (作成することを選択した場合)。これらはドメインに参加させられ、新しいホスト プールに登録されます。Virtual machines, if you chose to create them, which are joined to the domain and registered with the new host pool.
    • ご自分の構成に基づいた Azure リソース管理テンプレートのダウンロード リンク。A download link for an Azure Resource Management template based on your configuration.

これですべて完了しました。After that, you're all done!

Azure Resource Manager テンプレートを実行して新しいホスト プールをプロビジョニングするRun the Azure Resource Manager template to provision a new host pool

自動プロセスを使用する場合は、代わりに Azure Resource Manager テンプレートをダウンロードして、新しいホストプールをプロビジョニングします。If you'd rather use an automated process, download our Azure Resource Manager template to provision your new host pool instead.

注意

自動プロセスを使用して環境を構築する場合は、最新バージョンの構成 JSON ファイルが必要になります。If you're using an automated process to build your environment, you'll need the latest version of the configuration JSON file. JSON ファイルはこちらを参照してください。You can find the JSON file here.

次のステップNext steps

ホスト プールを作成できたので、次は RemoteApp プログラムを設定できます。Now that you've made your host pool, you can populate it with RemoteApp programs. Windows Virtual Desktop でアプリを管理する方法について学習するために、次のチュートリアルに進んでください。To learn more about how to manage apps in Windows Virtual Desktop, head to our next tutorial: