Windows Virtual Desktop の概念実証Windows Virtual Desktop proof of concept

Contoso のクラウド導入チームでは、エンド ユーザーのデスクトップをデプロイする前に、概念実証を実行およびテストして、Azure ランディング ゾーンの構成とエンド ユーザーのネットワーク容量を検証します。Before the Contoso cloud adoption team deploys its end-user desktops, it validates the configuration of the Azure landing zone and end-user network capacity by completing and testing a proof of concept.

移行プロセスの以下のアプローチは、概念実証の実装の概要を示すために簡略化されています。The following approach to the migration process is simplified to outline a proof-of-concept implementation.

  1. 評価: チームは、既定の仮想マシン (VM) のサイズを使用して、ホスト プールをデプロイします。Assess: the team deploys host pools by using the default virtual machine (VM) sizes. 評価データは、予想される同時ユーザー セッションの数と、それらの同時セッションをサポートするために必要な VM の数をチームが特定するのに役立ちます。Assessment data helps the team identify the expected number of concurrent user sessions and the number of VMs required to support those concurrent sessions.
  2. デプロイ: チームは、Azure Marketplace の Windows 10 ギャラリー イメージとその評価手順 1 のサイズ設定を使用して、プールされたデスクトップのホスト プールを作成します。Deploy: the team creates a host pool for pooled desktops by using a Windows 10 gallery image from Azure Marketplace and the sizing from assessment step 1.
  3. デプロイ: チームは、既に移行されているワークロードについて RemoteApp アプリケーション グループを作成します。Deploy: the team creates RemoteApp application groups for workloads that it has already migrated.
  4. デプロイ: チームは、ユーザー プロファイルを格納するために、FSLogix プロファイル コンテナーを作成します。Deploy: the team creates an FSLogix profile container to store user profiles.
  5. リリース: チームは、ユーザーのサンプリングについて、アプリケーション グループとデプロイされたデスクトップのパフォーマンスと待機時間をテストします。Release: the team tests the performance and latency of application groups and deployed desktops for a sampling of users.
  6. リリース: チームは、エンド ユーザーをオンボードして、Windows デスクトップ クライアントWeb クライアントAndroid クライアントmacOS クライアント、または iOS クライアントを介した接続方法について説明します。Release: the team onboards its end users to teach them how to connect through Windows desktop client, web client, Android client, macOS client, or iOS client.

前提条件Assumptions

概念実証アプローチは、運用のニーズをいくつか満たすことはありますが、いくつかの仮定の上で成り立つものです。The proof of concept approach could meet some production needs, but it's built on a number of assumptions.

Windows Virtual Desktop のすべてのエンタープライズ移行に関して、次の仮定がすべて正しいと証明されるとは限りません。It's unlikely that all the following assumptions will prove to be true for any enterprise migration of Windows Virtual Desktop. 運用環境デプロイには、Windows Virtual Desktop の評価時に特定された運用上の要件に、より厳密に適合する別のデプロイが必要であると、導入チームは想定する必要があります。The adoption team should assume that the production deployment will require a separate deployment that more closely aligns to the production requirements that it identifies during the Windows Virtual Desktop assessment. 前提条件は次のとおりです。The assumptions are:

  • エンド ユーザーに、Azure で割り当てられているランディング ゾーンに低待機時間の接続がある。End users have a low-latency connection to the assigned landing zone in Azure.
  • すべてのユーザーが、デスクトップの共有プールから作業できる。All users can work from a shared pool of desktops.
  • すべてのユーザーが、Azure Marketplace から Windows 10 Enterprise マルチセッション イメージを使用できる。All users can use the Windows 10 Enterprise multi-session image from Azure Marketplace.
  • すべてのユーザー プロファイルが、Azure Files、Azure NetApp Files、FSLogix プロファイル コンテナーの VM ベースのストレージ サービスのいずれかに移行される。All user profiles will be migrated to either Azure Files, Azure NetApp Files, or a VM-based storage service for the FSLogix profile containers.
  • すべてのユーザーが、VM のサイズに関する推奨事項に従い、仮想中央処理装置 (vCPU) ごと、および 4 GB の RAM ごとにユーザーが 6 人という密度で、一般的なペルソナによって説明できる。All users can be described by a common persona with a density of six users per virtual central processing unit (vCPU) and 4 gigabytes (GB) of RAM, as per the VM sizing recommendations.
  • すべてのワークロードが、Windows 10 マルチセッションと互換性がある。All workloads are compatible with Windows 10 multi-session.
  • 運用環境での使用で、仮想デスクトップとアプリケーション グループ間の待機時間を受け入れられる。Latency between the virtual desktops and application groups is acceptable for production usage.

概念実証の構成参照に基づいて Windows Virtual Desktop シナリオのコストを計算するために、チームでは、米国東部西ヨーロッパ、または東南アジアの料金計算ツールを使用します。To calculate the cost of the Windows Virtual Desktop scenario based on the proof-of-concept configuration reference, the team uses the pricing calculator for East US, West Europe, or Southeast Asia.

注意

これらの例ではすべて、Azure Files をユーザー プロファイルのストレージ サービスとして使用しています。These examples all use Azure Files as the storage service for user profiles.

次のステップNext steps

クラウド導入の取り組みの特定の要素に関するガイダンスについては、以下を参照してください。For guidance on specific elements of the cloud adoption journey, see: