グローバルな展開の成果の例Examples of global reach outcomes

ビジネス成果に関するページで説明したように、見込みがあるさまざまなビジネス上の成果を、企業との変革に取り組むための対話の基盤として役立てることができます。As discussed in Business outcomes, several potential business outcomes can serve as the foundation for any transformation journey conversation with the business. この記事では、一般的なビジネス手段であるリーチに注目します。This article focuses on a common business measure: reach. "リーチ" という簡潔な用語は、この場合、企業のグローバリゼーション戦略を指します。Reach is a concise term that, in this case, refers to a company's globalization strategy. 会社のグローバル化戦略を理解することは、ビジネスの変革への取り組みによって目指すビジネス成果をより明確に示すことに役立ちます。Understanding the company's globalization strategy helps you better articulate the business outcomes that are the target of a business's transformation journey.

Fortune 500 企業と、それより小規模の企業では、30 年以上にわたってサービスと顧客のグローバリゼーションに注力してきました。このグローバリゼーションは引き続き注目を集めているため、ほとんどの企業がグローバル取引に携わる可能性があります。Fortune 500 and smaller enterprises have focused on the globalization of services and customers for over three decades, and most business are likely to engage in global commerce as this globalization continues to pull focus. 世界各地のデータセンターのホスティングには、年間の IT 予算の 80% 以上が費やされることがあります。専用回線を使用してそれらのデータセンターを接続するワイド エリア ネットワークには、1 年あたり数百万ドルのコストがかかる場合があります。Hosting datacenters around the world can consume more than 80 percent of an annual IT budget, and wide-area networks using private lines to connect those datacenters can cost millions of dollars per year. そのため、グローバルな運用を支援することは困難でコストがかかります。Therefore, supporting global operations is both challenging and costly.

クラウド ソリューションを利用すると、グローバル化のコストはクラウド プロバイダーに移ることになります。Cloud solutions move the cost of globalization to the cloud provider. Azure では、お客様はデータセンターを購入したりプロビジョニングしたりすることなく、お客様または運用環境と同じリージョンにリソースを迅速にデプロイすることができます。In Azure, customers can quickly deploy resources in the same region as customers or operations, without buying and provisioning a datacenter. マイクロソフトは世界最大規模のワイド エリア ネットワークを保有し、世界中のデータセンターを接続しています。Microsoft owns one of the largest wide-area networks in the world, connecting datacenters around the globe. 接続とグローバル運用の容量は、世界中のお客様がオン デマンドで使用できます。Connectivity and global operating capacity are available to global customers on demand.

グローバル アクセスGlobal access

新しい市場への進出は、変革時の最も重要なビジネス成果の 1 つです。Expanding into a new market can be one of the most valuable business outcomes during a transformation. 長い期間をかけずにリソースを市場に迅速にデプロイできるため、営業と運用のリーダーは過去には考えられていなかった選択肢を模索することができます。The ability to quickly deploy resources in market without a longer-term commitment allows sales and operations leaders to explore options that wouldn't have been considered in the past.

メーカーの例Manufacturing example

ある化粧品メーカーが、トレンドを把握しました。A cosmetics manufacturer has identified a trend. アジア太平洋地域で営業チームが運営されていないにもかかわらず、その地域にいくつかの製品が出荷されています。Some products are being shipped to the Asia Pacific region even though no sales teams are operating in that region. リモートの営業チームが必要とする最低限のシステムは小規模なものですが、待機時間はリモート アクセス ソリューションを妨げることになります。The minimum systems required by a remote sales force are small, but latency prevents a remote access solution. このトレンドから利益を得るために、営業担当副社長は日本および韓国の営業チームと実験をしたいと考えています。To capitalize on this trend, the vice president of sales wants to experiment with sales teams in Japan and South Korea. この会社はクラウド移行を完了しているため、必要なシステムを日本と韓国の両方に数日でデプロイすることができました。Because the company has undergone a cloud migration, it was able to deploy the necessary systems in both Japan and South Korea within days. これにより、営業担当副社長はこの地域の収益を 3 か月間で x% 増加させることができました。This allowed the vice president of sales to grow revenue in the region by x% within three months. これら 2 つの市場は世界の他の地域を上回り続け、地域全体の営業活動に繋がっています。Those two markets continue to outperform other parts of the world, leading to sales operations throughout the region.

小売業の例Retail example

製品を世界中に出荷しているオンライン小売業者は、タイム ゾーンを超え、複数の言語で顧客と関わり合うことができます。An online retailer that ships products globally can engage with their customers across time zones and multiple languages. この小売業者は、Azure Bot Service と、Translator、Language Understanding (LUIS)、QnA Maker、Text Analytics などの Azure Cognitive Services のさまざまな機能を使用しています。The retailer uses Azure Bot Service and various features in Azure Cognitive Services, such as Translator, Language Understanding (LUIS), QnA Maker, and Text Analytics. これにより、顧客は必要な情報を必要なときに、彼らが使用している言語で確実に取得することができます。This ensures their customers are able to get the information they need when they need it, and that it's provided to them in their language. 小売業者は Personalizer サービスを使用して、顧客向けのエクスペリエンスおよびカタログ オファリングをさらにカスタマイズし、地理的なニーズ、好み、および在庫状況が確実に反映されるようにしています。The retailer uses the Personalizer service to further customize the experience and catalog offerings for their customers, ensuring geographical tastes, preferences, and availability are reflected.

データの主権Data sovereignty

新たな市場で活動することで、追加のガバナンス制約が生じます。Operating in new markets introduces additional governance constraints. Azure では、規制対象となる業界やグローバル市場においてお客様が遵守義務を満たせるよう支援する、コンプライアンス認証が提供されています。Azure provides compliance offerings that help customers meet compliance obligations across regulated industries and global markets. 詳細については、「Overview of Microsoft Azure compliance 」 (Microsoft Azure コンプライアンスの概要) を参照してください。For more information, see the overview of Microsoft Azure compliance.

Example

米国を拠点とするある公益事業者が、カナダで公益事業を提供する契約を獲得しました。A US-based utilities provider was awarded a contract to provide utilities in Canada. カナダのデータ主権に関する法律では、カナダのデータはカナダ内に留めておく必要があります。Canadian data sovereignty law requires that Canadian data stays in Canada. この会社は、クラウド対応のアプリケーション改革に長年取り組んできました。This company had been working their way through a cloud-enabled application innovation effort for years. その結果、彼らのソフトウェアは、完全にスクリプト化された DevOps プロセスを通じてデプロイされました。As a result, their software was deployed through fully scripted DevOps processes. その会社はコード ベースにいくつかの軽微な変更を加え、コードの作業用コピーをカナダの Azure データセンターにデプロイし、データ主権のコンプライアンスに準拠して顧客を保持することができました。With a few minor changes to the code base, they were able to deploy a working copy of the code to an Azure datacenter in Canada, meeting data sovereignty compliance and retaining the customer.

次の手順Next steps

詳細については、顧客エンゲージメントの成果に関するページをご覧ください。Learn more about customer engagement outcomes.