Azure Cognitive Services のドキュメント

ユーザーのニーズを見たり、聞いたり、話したり、理解したり、解釈したりするために、サポートされているインテリジェントなアルゴリズムをアプリ、Web サイト、ボットに組み込む方法を学習します。

視覚

写真、動画、デジタル インク コンテンツの認識、識別、キャプションの追加、インデックスの作成、モデレートを行います。

Language

お使いのアプリが、構築済みスクリプトで自然言語を処理し、センチメントを評価し、ユーザーの求めるものを認識する方法を学習できるようにします。

音声

音声をテキストに変換し、テキストを自然な音声に変換します。 ある言語を別の言語に翻訳し、話者の認証と認識を可能にします。

決定

情報に基づく、効率的な意思決定のためのレコメンデーションを提示するアプリを構築します。

検索

お使いのアプリに Bing Search API を組み込み、1 つの API 呼び出しで何十億もの Web ページ、画像、動画、ニュースをくまなく調べる機能を実装します。

Cognitive Service コンテナー

Azure Cognitive Services でのコンテナーのサポートを使用すると、開発者は Azure 内で利用できるものと同じリッチな API シリーズを使用できます。Docker コンテナーに付随するサービスをデプロイおよびホストできる柔軟性もあります。

ビッグ データの Cognitive Services

ビッグ データ向けの Cognitive Services により、開発者は、データベース内でコグニティブ サービスを使用して、大規模なデータセットにインテリジェントなアルゴリズムを適用できます。