クイックスタート: Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用して Cognitive Services リソースを作成するQuickstart: Create a Cognitive Services resource using the Azure Command-Line Interface(CLI)

このクイックスタートでは、Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用した Azure Cognitive Services の基本操作について説明します。Use this quickstart to get started with Azure Cognitive Services using the Azure Command Line Interface(CLI).

Azure Cognitive Services は、開発者が直接的な人工知能 (AI) またはデータ サイエンスのスキルや知識がなくてもコグニティブかつインテリジェントなアプリケーションを構築できる、REST API シリーズとクライアント ライブラリ SDK を含むクラウドベースのサービスです。Azure Cognitive Services are cloud-base services with REST APIs, and client library SDKs available to help developers build cognitive intelligence into applications without having direct artificial intelligence (AI) or data science skills or knowledge. 開発者は Azure Cognitive Services を使用して、見たり、聞いたり、話したり、理解したり、推論し始めたりできるコグニティブ ソリューションを使用したコグニティブ機能をそのアプリケーションに容易に追加することができます。Azure Cognitive Services enables developers to easily add cognitive features into their applications with cognitive solutions that can see, hear, speak, understand, and even begin to reason.

Cognitive Services は、ご利用の Azure サブスクリプションに作成した Azure リソースによって表されます。Cognitive Services are represented by Azure resources that you create in your Azure subscription. リソースの作成後、自動的に生成されたキーとエンドポイントを使用して、自分のアプリケーションの認証を行います。After creating the resource, Use the keys and endpoint generated for you to authenticate your applications.

このクイックスタートでは、Azure コマンドライン インターフェイス (CLI) を使用して、Azure Cognitive Services にサインアップし、単一サービスまたはマルチサービスを持つアカウントを作成する方法を学習します。In this quickstart, you'll learn how to sign up for Azure Cognitive Services and create an account that has a single-service or multi-service subscription, Using the Azure Command Line Interface(CLI). これらのサービスは Azure リソースによって表され、Azure Cognitive Services APIs の中の 1 つ以上の API に接続できます。These services are represented by Azure resources, which enable you to connect to one or more of the Azure Cognitive Services APIs.

2 つの異なるリソースを使用して、Azure Cognitive Services にアクセスすることができます:マルチサービス リソース、または単一サービス リソース。You can access Azure Cognitive Services through two different resources: A multi-service resource, or a single-service one.

  • マルチサービス リソース:Multi-service resource:
    • 1 つのキーとエンドポイントを使用して複数の Azure Cognitive Services にアクセスします。Access multiple Azure Cognitive Services with a single key and endpoint.
    • ご利用の複数のサービスの課金を統合します。Consolidates billing from the services you use.
  • 単一サービス リソース:Single-service resource:
    • 作成されたサービスごとに一意のキーとエンドポイントを使用して、単一の Azure Cognitive Service にアクセスします。Access a single Azure Cognitive Service with a unique key and endpoint for each service created.
    • Free レベルを使用してサービスをお試しください。Use the free tier to try out the service.

前提条件Prerequisites

Azure CLI をインストールしてサインインするInstall the Azure CLI and sign in

Azure CLI をインストールします。Install the Azure CLI. CLI のローカル インストールにサインインするには、az login コマンドを実行します。To sign into your local installation of the CLI, run the az login command:

az login

また、緑色の [使ってみる] ボタンを使用して、お使いのブラウザーでこれらのコマンドを実行することもできます。You can also use the green Try It button to run these commands in your browser.

新しい Azure Cognitive Services リソース グループを作成するCreate a new Azure Cognitive Services resource group

Cognitive Services リソースを作成する前に、リソースを格納するための Azure リソース グループを用意する必要があります。Before creating a Cognitive Services resource, you must have an Azure resource group to contain the resource. 新しいリソースを作成するときに、新しいリソース グループを作成するか、既存のものを使用するかを選択できます。When you create a new resource, you have the option to either create a new resource group, or use an existing one. この記事では、新しいリソース グループを作成する方法を示します。This article shows how to create a new resource group.

リソース グループの場所を選択するChoose your resource group location

リソースを作成するには、お使いのサブスクリプションに使用できるいずれかの Azure の場所が必要です。To create a resource, you'll need one of the Azure locations available for your subscription. 使用できる場所の一覧を取得するには、az account list-locations コマンドを使用します。You can retrieve a list of available locations with the az account list-locations command. ほとんどの Cognitive Services は複数の場所からアクセスできます。Most Cognitive Services can be accessed from several locations. お客様に最も近いものを選択するか、サービスに使用できる場所を確認します。Choose the one closest to you, or see which locations are available for the service.

重要

  • Azure Cognitive Services を呼び出すときに必要になるので、Azure の場所は記憶しておいてください。Remember your Azure location, as you will need it when calling the Azure Cognitive Services.
  • 一部の Cognitive Services を使用できるかどうかは、リージョンによって異なります。The availability of some Cognitive Services can vary by region. 詳細については、「リージョン別の Azure 製品」を参照してください。For more information, see Azure products by region.
az account list-locations \
    --query "[].{Region:name}" \
    --out table

Azure の場所が決まったら、Azure CLI で az group create コマンドを使用して新しいリソース グループを作成します。After you have your Azure location, create a new resource group in the Azure CLI using the az group create command.

次の例では、Azure の場所 westus2 を、お使いのサブスクリプションで使用できる Azure の場所の 1 つに置き換えます。In the example below, replace the Azure location westus2 with one of the Azure locations available for your subscription.

az group create \
    --name cognitive-services-resource-group \
    --location westus2

Cognitive Services リソースの作成Create a Cognitive Services resource

Cognitive サービスと価格レベルを選択するChoose a cognitive service and pricing tier

新しいリソースを作成するときには、必要な 価格レベル (つまり sku) と共に、使用するサービスの "種類" を把握する必要があります。When creating a new resource, you will need to know the "kind" of service you want to use, along with the pricing tier (or sku) you want. リソースを作成するときは、この情報と他の情報をパラメーターとして使用します。You will use this and other information as parameters when creating the resource.

マルチサービスMulti-service

サービスService 種類Kind
複数のサービス。Multiple services. 詳細については、価格に関するページを参照してください。See the pricing page for more details. CognitiveServices

注意

以下の Cognitive サービスの多くには、サービスを試すために使用できる無料レベルがあります。Many of the Cognitive Services below have a free tier you can use to try the service. 無料レベルを使用するには、リソースの sku として F0 を使用します。To use the free tier, use F0 as the sku for your resource.

視覚Vision

サービスService 種類Kind
Computer VisionComputer Vision ComputerVision
Custom Vision - PredictionCustom Vision - Prediction CustomVision.Prediction
Custom Vision - TrainingCustom Vision - Training CustomVision.Training
FaceFace Face
Form RecognizerForm Recognizer FormRecognizer
Ink RecognizerInk Recognizer InkRecognizer
サービスService 種類Kind
Bing AutosuggestBing Autosuggest Bing.Autosuggest.v7
Bing Custom SearchBing Custom Search Bing.CustomSearch
Bing Entity SearchBing Entity Search Bing.EntitySearch
Bing SearchBing Search Bing.Search.v7
Bing Spell CheckBing Spell Check Bing.SpellCheck.v7

音声Speech

サービスService 種類Kind
Speech ServicesSpeech Services SpeechServices
音声認識Speech Recognition SpeakerRecognition

言語Language

サービスService 種類Kind
Form UnderstandingForm Understanding FormUnderstanding
LUISLUIS LUIS
QnA MakerQnA Maker QnAMaker
Text AnalyticsText Analytics TextAnalytics
Text TranslationText Translation TextTranslation

決定Decision

サービスService 種類Kind
Anomaly DetectorAnomaly Detector AnomalyDetector
Content ModeratorContent Moderator ContentModerator
PersonalizerPersonalizer Personalizer

使用できる Cognitive Services の "種類" の一覧を確認するには、az cognitiveservices account list-kinds コマンドを使用します。You can find a list of available Cognitive Service "kinds" with the az cognitiveservices account list-kinds command:

az cognitiveservices account list-kinds

リソース グループに新しいリソースを追加するAdd a new resource to your resource group

新しい Cognitive Services リソースを作成してサブスクライブするには、az cognitiveservices account create コマンドを使用します。To create and subscribe to a new Cognitive Services resource, use the az cognitiveservices account create command. このコマンドで、以前に作成したリソース グループに新しい課金対象リソースが追加されます。This command adds a new billable resource to the resource group created earlier. 新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの種類、その価格レベル (つまり sku)、および Azure の場所を把握している必要があります。When creating your new resource, you will need to know the "kind" of service you want to use, along with its pricing tier (or sku) and an Azure location:

次のコマンドで、anomaly-detector-resource という名前の Anomaly Detector 用の F0 (無料) リソースを作成できます。You can create an F0 (free) resource for Anomaly Detector, named anomaly-detector-resource with the command below.

az cognitiveservices account create \
    --name anomaly-detector-resource \
    --resource-group cognitive-services-resource-group \
    --kind AnomalyDetector \
    --sku F0 \
    --location westus2 \
    --yes

ヒント

サブスクリプションで Cognitive Service リソースを作成できない場合は、Azure portalPowerShell コマンド、または Azure CLI コマンドを使用して、Azure リソース プロバイダーの機能を有効にする必要がある場合があります。If your subscription doesn't allow you to create a Cognitive Service resource, you may need to enable that ability of the Azure resource provider with the Azure portal, PowerShell command or an Azure CLI command. サブスクリプションの所有者でない場合は、サブスクリプションの所有者、または_管理者_のロールを持つユーザーに、登録の完了またはアカウントに付与されている /register/action 特権を要求します。If you are not the subscription owner, ask the Subscription Owner or someone with a role of admin to complete the registration for you or ask for the /register/action privileges granted to your account.

リソースのキーを取得するGet the keys for your resource

コマンドライン インターフェイス (CLI) のローカル インストールにログインするには、az login コマンドを使用します。To log into your local installation of the Command-Line Interface(CLI), use the az login command.

az login

Cognitive Service リソースのキーを取得するには、az cognitiveservices account keys list コマンドを使用します。Use the az cognitiveservices account keys list command to get the keys for your Cognitive Service resource.

    az cognitiveservices account keys list \
    --name anomaly-detector-resource \
    --resource-group cognitive-services-resource-group

認証用の環境変数を構成するConfigure an environment variable for authentication

アプリケーションは、使用する Cognitive Services へのアクセスを認証する必要があります。Applications need to authenticate access to the Cognitive Services they use. 認証するために、Azure リソースのキーを格納する環境変数を作成することをお勧めします。To authenticate, we recommend creating an environment variable to store the keys for your Azure Resources.

キーを用意したら、アプリケーションを実行しているローカル マシンの新しい環境変数に書き込みます。After you have your key, write it to a new environment variable on the local machine running the application. 環境変数を設定するには、コンソール ウィンドウを開いて、お使いのオペレーティング システムの手順に従います。To set the environment variable, open a console window, and follow the instructions for your operating system. your-key をお使いのリソースのいずれかのキーで置き換えます。Replace your-key with one of the keys for your resource.

setx COGNITIVE_SERVICE_KEY "your-key"

実行中のプログラムのうち、環境変数の読み取りを必要とするプログラム (コンソール ウィンドウを含む) については、環境変数を追加した後で再起動が必要となる場合があります。After you add the environment variable, you may need to restart any running programs that will need to read the environment variable, including the console window. たとえば、Visual Studio をエディターとして使用している場合、サンプルを実行する前に Visual Studio を再起動します。For example, if you are using Visual Studio as your editor, restart Visual Studio before running the example.

価格レベルと請求Pricing tiers and billing

価格レベル (および請求される金額) は、認証情報を使用して送信するトランザクションの数に基づきます。Pricing tiers (and the amount you get billed) are based on the number of transactions you send using your authentication information. 各価格レベルにより、以下が指定されます。Each pricing tier specifies the:

  • 1 秒あたりに許可されるトランザクションの最大数 (TPS)。maximum number of allowed transactions per second (TPS).
  • 価格レベル内で有効にされるサービス機能。service features enabled within the pricing tier.
  • 事前に定義されたトランザクションの量のコスト。The cost for a predefined amount of transactions. この量を超えると、サービスの「価格の詳細」で指定されている追加料金が発生します。Going above this amount will cause an extra charge as specified in the pricing details for your service.

現在のリソースのクォータ使用量を取得するGet current quota usage for your resource

Cognitive Service リソースのキーを取得するには、az cognitiveservices account list-usage コマンドを使用します。Use the az cognitiveservices account list-usage command to get the usage for your Cognitive Service resource.

az cognitiveservices account list-usage \
    --name anomaly-detector-resource \
    --resource-group cognitive-services-resource-group \
    --subscription subscription-name

リソースをクリーンアップするClean up resources

Cognitive Services リソースをクリーンアップして削除したい場合は、リソースまたはリソース グループを削除することができます。If you want to clean up and remove a Cognitive Services resource, you can delete it or the resource group. リソース グループを削除すると、そのグループに含まれている他のリソースも削除されます。Deleting the resource group also deletes any other resources contained in the group.

リソース グループとそれに関連付けられているリソースを削除するには、az group delete コマンドを使用します。To remove the resource group and its associated resources, use the az group delete command.

az group delete --name cognitive-services-resource-group

参照See also