QnA Maker のトラブルシューティングTroubleshooting for QnA Maker

QnA Maker サービスについてきわめて多く寄せられる質問を精選した一覧です。サービスの採用にかかる期間を短縮し、成果を上げるためにお役立てください。The curated list of the most frequently asked questions regarding the QnA Maker service will help you adopt the service faster and with better results.

QnA Maker サービス エンドポイントを取得する方法How to get the QnAMaker service endpoint

QnA Maker サービス エンドポイントは、デバッグ目的で QnA Maker サポートや UserVoice に問い合わせる場合に役立ちます。QnAMaker service endpoint is useful for debugging purposes when you contact QnAMaker Support or UserVoice. エンドポイントは、次の形式の URL です: https://your-resource-name.azurewebsites.netThe endpoint is a URL in this form: https://your-resource-name.azurewebsites.net.

  1. Azure portal で QnA Maker サービス (リソース グループ) に移動します。Go to your QnAMaker service (resource group) in the Azure portal

    QnAMaker の Azure リソース グループ (Azure portal)

  2. QnA Maker リソースに関連付けられている App Service を選択します。Select the App Service associated with the QnA Maker resource. 通常、名前は同じです。Typically, the names are the same.

    QnAMaker の App Service を選択する

  3. エンドポイントの URL は [概要] セクションで確認できます。The endpoint URL is available in the Overview section

    QnA Maker のエンドポイント

QnA Maker ポータルでヘルプ ボットを使用するUse the Help bot in the QnA Maker portal

QnA Maker では、QnA Maker ポータルで役に立つヘルプ ボットが提供されています。QnA Maker provides a Help bot within the QnA Maker portal to help you. ヘルプ ボットは、すべての Web ページで利用できます。The help bot is available on every web page. ボットでは、QnA Maker を使用して回答が提供されます。ボットには C# Bot Framework コード プロジェクトが用意されているので、独自の応答ボットをすばやく稼働させることができます。The bot uses QnA Maker to provide answers and provides the C# Bot Framework code project to the bot so you can quickly get up and running with your own answer bot.

QnA Maker では、QnA Maker ポータルで役に立つヘルプ ボットが提供されています。

ナレッジ ベースの管理Manage the knowledge base

自分の QnA Maker の一部を誤って削除しました。どうしたらいいでしょうか。I accidentally deleted a part of my QnA Maker, what should I do?

Search や Web App など、QnA Maker リソースと一緒に作成される Azure サービスは削除しないでください。Do not delete any of the Azure services created along with the QnA Maker resource such as Search or Web App. QnA Maker が正常に機能するために必要であり、削除すると QnA Maker が正しく動作しなくなります。These are necessary for QnA Maker to work, if you delete one, QnA Maker will stop working correctly.

質問と回答のペア、ファイル、URL、カスタムの質問と回答、ナレッジ ベース、Azure リソースを含め、削除はすべて永続的です。All deletes are permanent, including question and answer pairs, files, URLs, custom questions and answers, knowledge bases, or Azure resources. ナレッジ ベースの一部を削除する前に、 [設定] ページから確実にナレッジ ベースをエクスポートしてください。Make sure you export your knowledge base from the Settings page before deleting any part of your knowledge base.

指定した URL/ファイルから質問とその回答のペアが抽出されません。なぜでしょうか。Why is my URL(s)/file(s) not extracting question-answer pairs?

QnA Maker は、有効な FAQ URL であっても、一部の Q&A (QnA) コンテンツを自動抽出できない場合があります。It's possible that QnA Maker can't auto-extract some question-and-answer (QnA) content from valid FAQ URLs. そのような場合は、QnA コンテンツを .txt ファイルに貼り付けて、ツールによる取り込みが可能かどうかを確認できます。In such cases, you can paste the QnA content in a .txt file and see if the tool can ingest it. または、QnA Maker ポータル経由でナレッジ ベースに編集という形でコンテンツを追加することもできます。Alternately, you can editorially add content to your knowledge base through the QnA Maker portal.

作成できるナレッジ ベースの最大サイズはどれくらいですか。How large a knowledge base can I create?

ナレッジ ベースのサイズは、QnA Maker サービスの作成時に選択した Azure Search の SKU により異なります。The size of the knowledge base depends on the SKU of Azure search you choose when creating the QnA Maker service. 詳細については、こちらを参照してください。Read here for more details.

新しいナレッジ ベースを作成しようとしたときに、ドロップダウンに選択肢が表示されません。なぜでしょうか?Why can't I see anything in the drop-down when I try to create a new knowledge base?

まだ Azure に QnA Maker サービスが作成されていません。You haven't created any QnA Maker services in Azure yet. その方法については、こちらを参照してください。Read here to learn how to do that.

複数人でナレッジ ベースを共有するにはどうすればよいですか?How do I share a knowledge base with others?

共有は、QnA Maker サービス レベルで行われます。つまり、サービス内のすべてのナレッジ ベースが共有されます。Sharing works at the level of a QnA Maker service, that is, all knowledge bases in the service will be shared. ナレッジ ベースの共同作業の方法については、こちらを参照してください。Read here how to collaborate on a knowledge base.

ナレッジ ベースを変更するために、同じ AAD テナントに含まれない共同作成者とナレッジ ベースを共有できますか。Can you share a knowledge base with a contributor that is not in the same AAD tenant, to modify a knowledge base?

共有は Azure ロールベースのアクセス制御 (RBAC) に基づきます。Sharing is based on Azure role-based access control (RBAC). Azure で他のユーザーと 任意の リソースを共有できる場合、QnA Maker を共有することもできます。If you can share any resource in Azure with another user, you can also share QnA Maker.

5 つの QnAMaker ナレッジ ベースがある 1 つの App Service プランがある場合、If you have an App Service Plan with 5 QnAMaker knowledge bases. 5 人のユーザーに、それぞれが 1 つだけの QnAMaker ナレッジ ベースにアクセスできるように、読み取り/書き込み権限を割り当てることができますか。Can you assign read/write rights to 5 different users so each of them can access only 1 QnAMaker knowledge base?

個々のナレッジ ベースではなく、QnAMaker サービス全体を共有できます。You can share an entire QnAMaker service, not individual knowledge bases.

適切な一致が見つからなかったときの既定のメッセージを変更するにはどうすればよいですか?How can I change the default message when no good match is found?

既定のメッセージは、App Service の設定に含まれています。The default message is part of the settings in your App service.

  • Azure portal の App Service リソースに移動しますGo to your App service resource in the Azure portal

QnA Maker App Service

  • [設定] オプションをクリックします。Click on the Settings option

QnA Maker App Service の設定

  • [DefaultAnswer] という設定の値を変更します。Change the value of the DefaultAnswer setting
  • App Service を再起動します。Restart your App service

QnA Maker App Service の再起動

詳細については、「Data source locations (データ ソースの場所)」を参照してください。See Data source locations for more information.

ナレッジ ベースに対して行った更新が発行時に反映されません。The updates that I made to my knowledge base are not reflected on publish. なぜでしょうか?Why not?

編集内容を公開するには、テーブルの更新、テスト、設定のいずれであってもすべて保存する必要があります。Every edit operation, whether in a table update, test, or setting, needs to be saved before it can be published. 編集操作後は、必ず [Save and train](保存してトレーニング) ボタンをクリックしてください。Be sure to click the Save and train button after every edit operation.

ナレッジ ベースは、リッチ データやマルチメディアに対応していますか?Does the knowledge base support rich data or multimedia?

ナレッジ ベースは Markdown に対応しています。The knowledge base supports Markdown. ただし、URL からの自動抽出では、HTML から Markdown への変換機能が制限されています。However, the auto-extraction from URLs has limited HTML-to-Markdown conversion capability. Markdown の機能をすべて使用するには、テーブル内のコンテンツを直接編集するか、リッチ コンテンツと共にナレッジ ベースをアップロードしてください。If you want to use full-fledged Markdown, you can modify your content directly in the table, or upload a knowledge base with the rich content.

画像やビデオなどのマルチメディアには、現時点では対応していません。Multimedia, such as images and videos, is not supported at this time.

QnA Maker では英語以外の言語もサポートされますか。Does QnA Maker support non-English languages?

詳細については、サポートされている言語に関するページを参照してください。See more details about supported languages.

多言語コンテンツが含まれる場合は、言語ごとにサービスを作成してください。If you have content from multiple languages, be sure to create a separate service for each language.

サービスの管理Manage service

いつアプリ サービスを再起動するべきですか。When should I restart my app service?

[ユーザー設定] ページ[エンドポイント キー] で、ナレッジ ベースのバージョン値の隣に注意のアイコンが表示されているときは、アプリ サービスを更新してください。Refresh your app service when the caution icon is next to the version value for the knowledge base in the Endpoint keys table on the User Settings page.

既存の検索サービスを削除してしまいました。I deleted my existing Search service. どうしたらいいですか。How can I fix this?

Azure Search インデックスを削除した場合、この操作は最終的なものであり、インデックスを復旧することはできません。If you delete an Azure Search index, the operation is final and the index cannot be recovered.

検索サービスの testkb インデックスを削除してしまいました。I deleted my testkb index in my Search service. どうしたらいいですか。How can I fix this?

古いデータを回復することはできません。Your old data can't be recovered. 新しい QnA Maker リソースを作成し、ナレッジ ベースを再度作成してください。Create a new QnA Maker resource and create your knowledge base again.

エンドポイント キーは、どのようなときに更新すべきでしょうか?When should I refresh my endpoint keys?

エンドポイント キーの更新は、鍵漏えいのおそれがある場合に行ってください。Refresh your endpoint keys if you suspect that they have been compromised.

複数の言語を使用したナレッジ ベースに同じ Azure Search リソースを使用できますか。Can I use the same Azure Search resource for knowledge bases using multiple languages?

複数の言語と複数のナレッジ ベースを使用するには、言語ごとに QnA Maker リソースを作成する必要があります。To use multiple language and multiple knowledge bases, the user has to create an QnA Maker resource for each language. これにより、言語ごとに個別の Azure Search サービスが作成されます。This will create a separate Azure search service per language. 1 つの Azure Search サービスに異なる言語のナレッジ ベースを混在させると、結果の関連性が低下します。Mixing different language knowledge bases in a single Azure search service will result in degraded relevance of results.

QnA Maker で使用される Azure Search リソースの名前を変更するには、どうすればよいですか。How can I change the name of the Azure Search resource used by QnA Maker?

Azure Search リソースの名前は、QnA Maker リソース名の後にいくつかのランダムな文字が追加されたものです。The name of the Azure Search resource is the QnA Maker resource name with some random letters appended at the end. そのため、QnA Maker の複数の Search リソースを識別することが難しくなります。This makes it hard to distinguish between multiple Search resources for QnA Maker. 別の Azure Search サービスを作成し (任意の方法で名前を付け)、それを QnA サービスに接続します。Create a separate Azure Search service (naming it the way you would like to) and connect it to your QnA Service. 手順は、Azure Search をアップグレードするために必要な手順と同様です。The steps are similar to the steps you need to do to upgrade an Azure search.

QnA Maker から Runtime core is not initialized, が返された場合は、どのように解決すればよいですか?When QnA Maker returns Runtime core is not initialized, how do I fix it?

App Service のディスク領域がいっぱいになっている可能性があります。The disk space for your app service might be full. ディスク領域を修正する手順は次のとおりです。Steps to fix your disk space:

  1. Azure portal で、QnA Maker の App Service を選択し、サービスを停止します。In the Azure portal, select your QnA Maker's App service, then stop the service.

  2. この App Service で、 [開発ツール][高度なツール][移動] の順に選択します。While still on the App service, select Development Tools, then Advanced Tools, then Go. これで新しいブラウザー ウィンドウが開きます。This opens a new browser window.

  3. [デバッグ コンソール][CMD] の順に選択してコマンドライン ツールを開きます。Select Debug console, then CMD to open a command line tool.

  4. site/wwwroot/Data/QnAMaker/ ディレクトリに移動します。Navigate to the site/wwwroot/Data/QnAMaker/ directory.

  5. 名前が rd で始まるフォルダーをすべて削除します。Remove all the folders whose name begins with rd.

    次の項目は削除しないでくださいDo not delete the following:

    • KbIdToRankerMappings.txt ファイルKbIdToRankerMappings.txt file
    • EndpointSettings.json ファイルEndpointSettings.json file
    • EndpointKeys フォルダーEndpointKeys folder
  6. App Service を開始します。Start the App service.

  7. ナレッジ ベースにアクセスして動作していることを確認します。Access your knowledge base to verify it works now.

ボットなどの他のサービスとの統合Integrate with other services including Bots

QnA Maker を利用するには Bot Framework を使う必要がありますか?Do I need to use Bot Framework in order to use QnA Maker?

いいえ。QnA Maker に関して Bot Framework を使用する必要はありません。No, you do not need to use the Bot Framework with QnA Maker. ただし、QnA Maker は  Azure Bot Service に用意されているいくつかのテンプレートの 1 つとして提供されています。However, QnA Maker is offered as one of several templates in Azure Bot Service. Bot Service では、Microsoft Bot Framework を使用してインテリジェントなボットを迅速に開発し、サーバーレス環境で実行することができます。Bot Service enables rapid intelligent bot development through Microsoft Bot Framework, and it runs in a server-less environment.

QnA Maker で新しいボットを作成するにはどうすればよいですか?How can I create a new bot with QnA Maker?

Azure Bot Service でボットを作成するには、こちらのドキュメントの手順に従ってください。Follow the instructions in this documentation to create your Bot with Azure Bot Service.

既存の Azure Bot Service で別のナレッジ ベースを使用する方法How do I use a different knowledge base with an existing Azure bot service?

次のナレッジ ベースに関する情報が必要です。You need to have the following information about your knowledge base:

  • ナレッジ ベース ID。Knowledge base ID.
  • ナレッジ ベースの公開されたエンドポイント カスタム サブドメイン名 (host と呼ばれます)。公開後に [設定] ページで見つかります。Knowledge base's published endpoint custom subdomain name, known as host, found on Settings page after you publish.
  • ナレッジ ベースの公開されたエンドポイント キー - 公開後に [設定] ページで見つかります。Knowledge base's published endpoint key - found on Settings page after you publish.

この情報を使用して、Azure portal でご利用のボットのアプリ サービスにアクセスします。With this information, go to your bot's app service in the Azure portal. [設定] -> [構成] -> [アプリケーション設定] で、これらの値を変更します。Under Settings -> Configuration -> Application settings, change those values.

ナレッジ ベースのエンドポイント キーは、ABS サービスで QnAAuthkey としてラベルが付けられます。The knowledge base's endpoint key is labeled QnAAuthkey in the ABS service.

2 つ以上のクライアント アプリケーションでナレッジ ベースを共有できますか?Can two or more client applications share a knowledge base?

はい。ナレッジ ベースには、任意の数のクライアントからクエリを実行できます。Yes, the knowledge base can be queried from any number of clients. ナレッジ ベースからの応答が低速であるか、タイムアウトになっている場合は、ナレッジ ベースに関連付けられているアプリ サービスのサービス レベルをアップグレードすることを検討してください。If the response from the knowledge base appears to be slow or time out, consider upgrading the service tier for the app service associated with the knowledge base.

QnA Maker サービスを Web サイトに埋め込むにはどうすればよいですか?How do I embed the QnA Maker service in my website?

Web サイトに QnA Maker サービスを Web チャット コントロールとして埋め込むには、次の手順に従ってください。Follow these steps to embed the QnA Maker service as a web-chat control in your website:

  1. こちらの手順に従って、FAQ ボットを作成します。Create your FAQ bot by following the instructions here.
  2. こちらの手順に従って、Web チャットを有効にします。Enable the web chat by following the steps here

データ ストレージData storage

どのようなデータが、どこに保存されますか。What data is stored and where is it stored?

QnA Maker サービスを作成するときに、Azure リージョンを選択しました。When you create your QnA Maker service, you selected an Azure region. ナレッジ ベースとログ ファイルが、このリージョンに格納されます。Your knowledge bases and log files are stored in this region.