クイック スタート: Azure Communication Service でメール通信サービスのリソースを作成して管理する

重要

Azure Communication Services のこの機能は、現在パブリック プレビュー段階にあります。 プレビュー API および SDK は、サービス レベル アグリーメントなしで提供されるので、運用ワークロードには推奨されません。 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。

最初のメール通信サービスのリソースをプロビジョニングして、メールでの作業を開始します。 Communication Services のリソースは、Azure portal または .NET 管理クライアント ライブラリを使用してプロビジョニングできます。 管理クライアント ライブラリと Azure portal を使用すると、リソースの作成、構成、更新、削除を行うことができます。また、これは Azure Resource Manager (Azure のデプロイおよび管理サービス) と連携します。 クライアント ライブラリで使用できるすべての機能は、Azure portal で利用できます。

portal を使用してメール通信サービスのリソースを作成する

  1. Azure portal に移動して新しいリソースを作成します。

  2. メール通信サービスを検索し、Enter キーを押します。 [Email Communication Services] (メール通信サービス) を選択し、[作成] を押します。

    Screenshot that shows how to search Email Communication Service in market place.

    Screenshot that shows Create link to create Email Communication Service.

  3. [基本] タブで、必要な情報を入力します。

    • 既存の Azure サブスクリプションを選択します。

    • 既存のリソース グループを選択するか、[新規作成] リンクをクリックして新しく作成します。

    • リソースの有効な名前を指定します。

    • データの場所として [米国] を選択します。

    • タグを追加する場合は、[次へ: タグ] をクリックします。

      • 任意の名前と値のペアを追加します。
    • [次へ: 確認と作成] をクリックします。

      Screenshot that shows how to the summary for review and create Email Communication Service.

  4. 検証を通過するのを待ちます。 [作成]

  5. デプロイが完了するまで待ちます。 [リソースに移動] をクリックすると、メール通信サービスの概要ページに移動します。

    Screenshot that shows the overview of Email Communication Service resource.

次の手順

次のドキュメントもご覧ください。