パートナー向け Cost Management の利用を開始する

Cost Management は、お客様を Microsoft 顧客契約にオンボードし、Azure プランを購入している直接パートナーがネイティブに使用できます。 この記事では、パートナーが Cost Management 機能を使用して、Azure プランのサブスクリプションのコストを表示する方法について説明します。 また、パートナーが、自分の顧客向けに Cost Management へのアクセスを有効にする方法についても説明します。

直接パートナーおよび間接プロバイダーの場合、全体管理者と管理者エージェントが、パートナー テナントの Cost Management にアクセスして請求価格のコストを管理できます。

リセラーと顧客は、顧客テナントで Cost Management にアクセスし、個々のサブスクリプション毎の消費コストを確認でき、コストは小売料金で計算されて表示されます。 ただし、コストを表示するためには、顧客テナントのサブスクリプションに対する Azure RBAC アクセス権が必要です。 顧客テナントのプロバイダーによって、コスト可視性ポリシーが有効になっている必要があります。

顧客は、CSP パートナーによって有効化された場合、Cost Management の機能を使用できます。

CSP パートナーは、次の目的に Cost Management を使用します。

  • 請求済みコストを把握し、コストを顧客、サブスクリプション、リソース グループ、およびサービスに関連付けます。
  • コスト分析で、Azure のコストを直感的に把握します。顧客、サブスクリプション、リソース グループ、リソース、メーター、サービス、その他多数のディメンションによってコストを分析する機能を備えています。
  • コスト分析で、パートナー獲得クレジット (PEC) が適用されているリソース コストを表示します。
  • プログラムによる予算と、コストが予算を超過したときのアラートを使用して、通知と自動化を設定します。
  • Cost Management データへのアクセスを顧客に提供する Azure Resource Manager ポリシーを有効にします。 顧客はその後、従量課金制料金を使用するサブスクリプションの使用量コスト データを表示できます。
  • 従量課金制サブスクリプションを使用して、そのコストと使用状況データをストレージ BLOB にエクスポートします。

すべての顧客のコストを示す例を次に示します。

Example showing costs for all customers

1 人の顧客のコストを示す例を次に示します。

Example showing costs for a single customer

Cost Management で使用できるすべての機能は、REST API でも使用できます。 API を使用してコスト管理タスクを自動化します。

前提条件

パートナーの場合、Cost Management は、Azure プランのサブスクリプションでのみネイティブに使用できます。

Azure portal で Cost Management を有効にするには、(顧客に代わって) Microsoft 顧客契約に対する顧客の同意を確認し、その顧客を Azure プランに移行している必要があります。 Cost Management では、Azure プランに移行されているサブスクリプションのコストのみを使用できます。

Cost Management には、課金アカウントまたはサブスクリプションへの読み取りアクセスが必要です。

課金アカウントでの Cost Management へのアクセスの有効化と割り当ての詳細については、「ユーザー ロールとアクセス許可の割り当て」を参照してください。 全体管理者ロールと管理エージェント ロールは、課金アカウントのコストを管理できます。

サブスクリプション スコープで Cost Management にアクセスする場合、サブスクリプションに対して Azure RBAC アクセス権を持つユーザーは、小売 (従量課金制) レートでコストを表示できます。 ただし、顧客テナントのコスト可視性ポリシーが有効になっている必要があります。 サポートされているアカウントの種類の完全な一覧については、「Cost Management のデータを理解する」を参照してください。

既存の課金契約を新しいパートナーに転送する際、コスト管理機能は、そのパートナーとの現在の課金リレーションシップについてのみ利用できます。 新しいパートナーへの転送前に生じた過去のコストが、新しい課金アカウントに移動することはありません。 ただしコスト履歴は、関連する元の課金アカウントと共に残ります。

Cost Management でのスコープの使用方法

スコープは、お客様が課金データの管理、請求書の表示、およびアカウント全般の管理を行う場所であり、支払い専用のロールを持ちます。 課金とアカウントに関するロールは、Azure RBAC を使用するリソース管理用のスコープとは別々に管理されます。 アクセス制御の違いを含め、各スコープの意図を明確に区別するために、両者をそれぞれ "課金スコープ" および "Azure RBAC スコープ" と呼びます。

課金スコープ、Azure RBAC スコープ、コスト管理とスコープの関係について理解するには、「スコープを理解して使用する」を参照してください。

パートナー テナントの課金スコープを使ってコストを管理する

顧客を Microsoft 顧客契約にオンボードした後、次の 課金スコープ をテナントで利用できます。 スコープを使用して Cost Management でコストを管理します。

課金アカウントのスコープ

課金アカウントのスコープを使用して、すべての顧客および課金プロファイルの課税前コストを表示します。 請求書コストは、Microsoft 顧客契約にある、顧客の使用量に基づいた製品についてのみ表示されます。 ただし、請求書コストは、Microsoft 顧客契約と CSP オファーの両方にある、購入に基づいた顧客向け製品について表示されます。 現在、スコープ内のコストを表示する既定の通貨は米ドルです。 スコープに対して設定される予算も米ドル単位です。

さまざまな請求通貨に関係なく、パートナーは課金アカウント スコープを使用して、米国ドルで顧客、サブスクリプション、リソース、リソース グループ全体の予算の設定とコストの管理を行います。

またパートナーはコスト分析ビューで、顧客全体を対象に、特定の請求通貨でコストをフィルター処理します。 [Actual cost]\(実際のコスト\) リストを選択して、サポートされている請求通貨でコストを表示します。

Example showing Actual cost selection for currencies

課金スコープの償却コスト ビューを使用して、予約期間全体を対象に予約インスタンスの償却コストを表示します。

課金プロファイル スコープ

請求書に含まれるすべての製品およびサブスクリプションのすべての顧客にわたって請求通貨で課税前コストを表示するには、課金プロファイル スコープを使用します。 InvoiceID フィルターを使用して、特定の請求書の課金プロファイルでコストをフィルター処理できます。 このフィルターは、特定の請求書の使用量コストと製品購入コストを示します。 請求書で特定の顧客のコストをフィルター処理して、課税前コストを確認することもできます。

顧客を Microsoft 顧客契約にオンボードすると、Microsoft 顧客契約にある、それらの顧客向けの全製品 (消費、購入、エンタイトルメント) のすべての料金を含む請求書を受け取ります。 同じ通貨で請求される場合、これらの請求書には、引き続き Azure プランにはない従来の CSP オファーに含まれている顧客のエンタイトルメントと購入済み製品 (SaaS、Azure Marketplace、予約など) の料金も含まれます。

顧客請求書に対する料金の調整に役立つよう、課金プロファイル スコープを使用して、顧客に対する請求書で発生するすべてのコストを確認できます。 請求書と同様に、スコープは、新しい Microsoft 顧客契約のすべての顧客に対するコストを示します。 スコープは、現在の CSP オファーに残っている顧客エンタイトルメント製品に対するすべての料金も示します。

課金プロファイルと課金アカウントのスコープは、Azure Marketplace や予約の購入など、エンタイトルメントと購入ベースの製品の料金を示す、唯一適用可能なスコープです。

課金プロファイルは、請求書に含まれるサブスクリプションを定義します。 課金プロファイルは、エンタープライズ契約の加入契約に相当する機能です。 課金プロファイルは、請求書が生成されるスコープです。

現在、課金プロファイル スコープでコストを表示するとき、請求通貨が既定の通貨です。 課金プロファイル スコープで設定される予算は請求通貨になります。

パートナーはスコープを使用して請求書との照合を実行できます。 また、スコープを使用して、請求通貨で次の項目の予算を設定します。

  • 特定のフィルター処理された請求書
  • Customer
  • サブスクリプション
  • Resource group
  • リソース
  • Azure サービス
  • 測定
  • ResellerMPNID

顧客スコープ

パートナーはスコープを使用して、Microsoft 顧客契約にオンボードされている顧客に関連付けられたコストを管理します。 スコープにより、パートナーは特定の顧客の課税前コストを請求通貨で表示できます。 特定のサブスクリプション、リソース グループ、またはリソースの課税前コストをフィルター処理することもできます。

顧客スコープには、現在の CSP オファーに載っている顧客は含まれません。 このスコープには、Microsoft 顧客契約がある顧客のみが含まれます。

現在の CSP オファー顧客のエンタイトルメント コスト (Azure 使用量ではない) は、顧客フィルターを適用したときに課金アカウント スコープと課金プロファイル スコープで確認できます。 このスコープで設定される予算は請求通貨になります。

顧客スコープでコストを表示するには、パートナー テナントの [コスト分析] に移動し、スコープ ピッカーを選択して、スコープの一覧から特定の顧客を選択します。 Contoso Services 顧客の例を次に示します。

Screenshot showing selecting a customer scope.

Cost Management での課金スコープへのパートナー アクセス

グローバル管理者および管理エージェントのロールを持つユーザーのみが、パートナーの Azure テナントで直接、課金アカウント、課金プロファイル、顧客のコストを管理および表示できます。 パートナー センターのロールの詳細については、「ユーザー ロールとアクセス許可の割り当て」を参照してください。

顧客テナントのサブスクリプションのコスト管理ができるようにする

顧客が Microsoft 顧客契約にオンボードされた後、Cost Management へのアクセスをパートナーが有効化できます。 パートナーはその後、従量課金制の小売料金で計算された顧客コストを顧客が表示することを許可するポリシーを有効化できます。 コストは顧客の請求通貨で、Azure RBAC サブスクリプションおよびリソース グループのスコープで顧客が使用した分量に対して示されます。

コスト可視性のポリシーをパートナーが有効にすると、Azure Resource Manager でサブスクリプションにアクセスできるユーザーが、従量課金制の料金でコストを管理および分析できます。 実質的には、Azure サブスクリプションへの適切な Azure RBAC アクセスを持つリセラーと顧客が、コストを表示できます。

ポリシーに関係なく、プロバイダーのグローバル管理者と管理エージェントは、サブスクリプションとリソー スグループにアクセスできる場合、サブスクリプションのコストを表示できます。

Azure の使用料金を表示するためのポリシーを有効にする

ポリシーを表示および更新するには、管理エージェント グループのメンバーである必要があります。 次の情報を使用して、顧客が Azure 使用料金を表示できるポリシーを有効にします。

Azure portal で、"パートナー テナント" にサインインし、 [Cost Management + Billing] を選択します。 [課金スコープ] 領域内で、関連する課金スコープを選択し、 [顧客] を選択します。 顧客の一覧は課金アカウントに関連付けられています。 誤って顧客テナントにサインインした場合、 [顧客] 一覧は表示されません。

顧客の一覧で、コストの表示を許可する顧客を選択します。

Select customers in Cost Management

[設定] で、 [ポリシー] を選択します。

選択した顧客のサブスクリプションに関連付けられている Azure 使用料金について、現在のコスト可視性ポリシーが表示されます。 Policy to allow customers to view pay-as-you-go charges

ポリシーが [いいえ] に設定されている場合、顧客に関連付けられているサブスクリプション ユーザーに対して Cost Management は使用できません。 パートナーによって有効化されていない限り、コスト可視性ポリシーはすべてのサブスクリプション ユーザーに対して既定で無効になっています。

コスト ポリシーが [はい] に設定されている場合、顧客テナントに関連付けられているサブスクリプション ユーザーは、従量課金制の料金で使用料金を確認できます。

コスト可視性ポリシーが有効になっている場合、サブスクリプション使用量のあるすべてのサービスが、従量課金制の料金でコストを示します。 予約使用量は、実際のコストも償却済みコストも料金がゼロと表示されます。 購入およびエンタイトルメントは特定のサブスクリプションに関連付けられません。 そのため、サブスクリプション スコープでは購入は表示されません。 直接パートナーまたは間接プロバイダーの全体管理者/管理エージェントは、顧客更新 API を使用して、各顧客のコスト表示ポリシーを大規模に設定することもできます。

すべてのポリシーを表示して有効にする

また、Azure の予約や Azure Marketplace のポリシーの表示と変更、Azure の料金の表示、タグ管理を 1 か場所で行うこともできます。 ポリシー設定は、課金プロファイルのもとですべてのお客様に適用されます。

ポリシーを表示または変更するには、次のようにします。

  1. Azure portal で、 [コスト管理] ([コストの管理と請求] ではなく) に移動します。
  2. 左側のメニューの [設定][構成] を選択します。
  3. 課金プロファイルの構成が表示されます。 ポリシーは [有効済み] または [無効化済み] と表示されます。 ポリシーを変更する場合は、ポリシーの下にある [編集] を選択します。
    Screenshot showing the billing profile configuration page where you can view and edit policy settings.
  4. 必要に応じてポリシー設定を変更し、 [保存] を選択します。

顧客テナントのサブスクリプション コストを表示する

サブスクリプションのコストを表示するには、顧客の Azure テナントで [コストの管理と請求] を開きます。 [コスト分析] 、必要なサブスクリプションの順に選択し、コストの確認を開始します。 各サブスクリプションの消費コストは、個別に顧客テナントで確認できます。

View cost analysis as a customer

コスト分析、予算、アラートは、従量課金制の料金に基づいたコストで、サブスクリプションとリソース グループの Azure RBAC スコープで利用できます。

Azure RBAC スコープの予約インスタンスの償却ビューおよび実際のコストでは、料金がゼロと表示されます。 予約インスタンスや Marketplace 料金などのエンタイトルメントの購入コストは、購入が行われたパートナーのテナントの課金スコープにのみ表示されます。

このビューに表示されるコスト計算に使用される小売料金は、すべてのお客様の Azure 料金計算ツールに表示される料金と同じです。 表示されるコストには、パートナーが持っているパートナー獲得クレジット、階層割引、グローバル サービス割引などの割引やクレジットは含まれません。

コスト分析でコストを分析する

パートナー テナント内の課金スコープにアクセスできるパートナーは、特定の顧客または請求書に関する顧客全体にまたがるコスト分析で、請求されたコストを調査および分析できます。 コスト分析では、ビューを保存することもできます。

顧客テナント内のサブスクリプションにアクセスできる Azure RBAC ユーザーは、その顧客テナント内のサブスクリプションの小売コストを分析し、ビューを保存して、データを CSV および PNG ファイルにエクスポートすることもできます。

コスト分析でフィルターとグループ化の機能を使用して、複数のフィールドでコストを分析できます。 次のセクションでは、パートナー固有のフィールドを示します。

データ フィールド

使用状況の詳細ファイルと Cost Management API には、次のデータ フィールドがあります。 可能な場合は、パートナー センターの同等の情報が示されています。 次の太字のフィールドについては、パートナーはコスト分析でフィルターとグループ化の機能を使用して、複数のフィールドでコストを分析できます。 太字のフィールドは、パートナーがサポートしている Microsoft 顧客契約にのみ適用されます。

フィールド名 説明 パートナー センターの同等の情報
invoiceld 特定の取引の請求書に表示される請求書 ID。 トランザクションが表示される請求書番号。
previousInvoiceID 返金 (負のコスト) がある、元の請求書への参照。 返金がある場合にのみ設定されます。 該当なし
billingAccountName パートナーを表す課金アカウントの名前。 Microsoft 顧客契約にオンボードした顧客と、SaaS、Azure Marketplace、予約などのエンタイトルメント購入を行った CSP 顧客のすべてのコストを計上します。 該当なし
billingAccountID パートナーを表す課金アカウントの ID。 MCAPI パートナー コマース ルート ID。 要求で使用されますが、応答には含まれません。
billingProfileID Microsoft 顧客契約にオンボードした顧客と、SaaS、Azure Marketplace、予約などのエンタイトルメント購入を行った CSP 顧客の全請求書のコストを 1 つの請求通貨でグループ化するための請求プロファイルの ID。 MCAPI パートナー課金グループ ID。 要求で使用されますが、応答には含まれません。
billingProfileName Microsoft 顧客契約にオンボードした顧客と、SaaS、Azure Marketplace、予約などのエンタイトルメント購入を行った CSP 顧客の全請求書のコストを 1 つの請求通貨でグループ化するための請求プロファイルの名前。 該当なし
invoiceSectionName 請求書で課金されているプロジェクトの名前。 パートナーによってオンボードされた Microsoft 顧客契約には適用されません。 該当なし
invoiceSectionID 請求書で課金されているプロジェクトの識別子。 パートナーによってオンボードされた Microsoft 顧客契約には適用されません。 該当なし
CustomerTenantID 顧客のサブスクリプションの Azure Active Directory テナントの識別子。 顧客の組織の ID - 顧客の Azure Active Directory TenantID。
CustomerName 顧客のサブスクリプションの Azure Active Directory テナントの名前。 パートナー センターに表示される顧客の組織名。 システムの情報を使って請求書を調整するために重要です。
CustomerTenantDomainName 顧客のサブスクリプションの Azure Active Directory テナントのドメイン名。 顧客の Azure Active Directory テナント ドメイン。
PartnerTenantID パートナーの Azure Active Directory テナントの識別子。 パートナー ID と呼ばれるパートナーの Azure Active Directory テナント ID (GUID 形式)。
PartnerName パートナーの Azure Active Directory テナントの名前。 パートナー名。
ResellerMPNID サブスクリプションに関連付けられているリセラーの MPNID。 サブスクリプションのレコードにあるリセラーの MPN ID。 現在のアクティビティでは使用できません。
costCenter サブスクリプションに関連付けられているコスト センター。 該当なし
billingPeriodStartDate 請求書に示されている請求期間の開始日。 該当なし
billingPeriodEndDate 請求書に示されている請求期間の終了日。 該当なし
servicePeriodStartDate 料金についてサービス使用量の評価が行われた評価期間の開始日。 Azure サービスの料金は、評価期間に対して決定されます。 パートナー センターの ChargeStartDate。  請求サイクルの開始日。ただし、前の請求サイクルからの以前に請求されていない潜在的な使用状況データの日付を提示する場合を除く。 この時間は常に、1 日の開始時刻である 0:00 です。
servicePeriodEndDate 料金についてサービス使用量の評価が行われた期間の終了日。 Azure サービスの料金は、評価期間に基づいて決定されます。 該当なし
date Azure の消費データについては、評価された使用日が表示されます。 予約済みインスタンスについては、購入日が表示されます。 定期的な料金と、Marketplace やサポートなどの 1 回限りの料金については、購入日が表示されます。 該当なし
productID 消費または購入によって料金が発生した製品の識別子。 これは、パートナー センターに示されている、productID と SKuID の連結キーです。 製品の ID。
product 請求書に示されている、消費または購入によって料金が発生した製品の名前。 カタログ内の製品名。
serviceFamily 購入または課金された製品のサービス ファミリが表示されます。 たとえば、Storage や Compute など。 該当なし
productOrderID サブスクリプションが属している資産または Azure プラン名の識別子。 たとえば、Azure Plan など。 CommerceSubscriptionID
productOrderName サブスクリプションが属している Azure プランの名前。 たとえば、Azure Plan など。 該当なし
consumedService 従来の EA 使用量の詳細で使用される消費済みサービス (レガシ分類)。 パートナー センターに表示されるサービス。 たとえば、Microsoft.Storage、Microsoft.Compute、microsoft.operationalinsights など。
meterID 測定された使用量の測定の ID。 使用されたメーターの ID。
meterName 測定された使用量の測定の名前を識別します。 使用されたメーターの名前。
meterCategory 使用量の最上位レベルのサービスを識別します。 使用状況の最上位レベルのサービス。
meterSubCategory 料金に影響する可能性のある Azure サービスの種類またはサブカテゴリを定義します。 料金に影響を与える可能性のある Azure サービスの種類。
meterRegion データセンターの場所に基づいて価格が設定されるサービスについて、データセンターの場所を示します。 サービスのデータ センターのリージョンの場所 (該当し、かつ設定されている場合)。
サブスクリプション ID Microsoft が生成する、Azure サブスクリプションの一意の識別子。 EntitlementID
subscriptionName Azure サブスクリプションの名前。 該当なし
期間 プランの有効期間を表示します。 たとえば、予約インスタンスには、予約インスタンスの年間期間の 12 か月が表示されます。 1 回限りの購入または定期的な購入の場合、期間には、SaaS、Azure Marketplace、サポートについて 1 か月が表示されます。 Azure の消費には適用されません。 該当なし
provider 製品と業種の識別子。 プロバイダーの種類別 (Azure、Microsoft 365、Dynamics 365、AWS など) にコストを分けます。 該当なし
publisherType (firstParty、thirdPartyReseller、thirdPartyAgency) 発行元をファースト パーティ、サード パーティ リセラー、またはサード パーティ機関として識別する発行元の種類。 該当なし
partNumber 未使用の予約インスタンスと Azure Marketplace サービスの部品番号。 該当なし
publisherName Microsoft またはサードパーティの発行元を含む、サービスの発行元の名前。 製品の発行元の名前。
reservationId 予約インスタンス購入の識別子。 該当なし
reservationName 予約インスタンスの名前。 該当なし
reservationOrderId 予約インスタンスの OrderID。 該当なし
frequency 予約インスタンスの支払い頻度。 該当なし
resourceGroup ライフサイクル リソース管理に使用される Azure リソース グループの名前。 リソース グループの名前。
instanceID (または) ResourceID リソース インスタンスの識別子。 完全なリソース プロパティを含む ResourceURI として表示されます。
resourceLocation リソースの場所の名前。 リソースの場所。
場所 リソースの正規化された場所。 該当なし
effectivePrice 価格設定通貨でのサービスの実効単価。 製品、サービス ファミリ、測定、オファーに対して一意です。 課金アカウントの価格シートの価格で使用されます。 階層化された価格または含まれている数量がある場合は、使用量のブレンド価格が表示されます。 調整が行われた後の単価。
Quantity 購入または消費された測定量。 請求期間中に使用された測定の量。 ユニットの数。 調整中に、これが課金システム内の情報に一致していることを確認してください。
unitOfMeasure サービスが課金される単位を特定します。 たとえば、GB や時間数など。 サービスが課金される単位を特定します。 たとえば、GB、時間、および 10,000 単位など。
pricingCurrency 単価を定義する通貨。 価格表の通貨。
billingCurrency 請求されるコストを定義する通貨。 請求書上の請求通貨として定義されている通貨。
chargeType 購入や返金など、Cost Management でコストが表す料金の種類を定義します。 料金または調整の種類。 現在のアクティビティでは使用できません。
costinBillingCurrency 請求通貨での税引き前の ExtendedCost またはブレンド コスト。 該当なし
costinPricingCurrency 価格に関連する価格通貨での税引き前の ExtendedCost またはブレンド コスト。 該当なし
costinUSD 税引き前の、予測される ExtendedCost またはブレンド コスト (米国ドル)。 該当なし
paygCostInBillingCurrency 価格が小売価格の場合のコストを表示します。 従量課金制の料金を請求通貨で表示します。 Azure RBAC スコープでのみ使用できます。 該当なし
paygCostInUSD 価格が小売価格の場合のコストを表示します。 従量課金制の料金を米国ドルで表示します。 Azure RBAC スコープでのみ使用できます。 該当なし
exchangeRate 価格通貨から請求通貨への換算に使用される為替レート。 パートナー センターでは PCToBCExchangeRate と呼ばれます。 価格通貨から請求通貨への為替レート。
exchangeRateDate 価格通貨から請求通貨に変換するために使用される為替レートの日付。 パートナー センターでは PCToBCExchangeRateDat と呼ばれます。 価格通貨から請求通貨への為替レートの日付。
isAzureCreditEligible コストが Azure クレジットでの支払い対象かどうかを示します。 該当なし
serviceInfo1 これは、サービス固有の省略可能なメタデータをキャプチャする、以前から使用されているフィールドです。 Azure サービスの内部メタデータ。
serviceInfo2 これは、サービス固有の省略可能なメタデータをキャプチャする、以前から使用されているフィールドです。 サービス情報。 たとえば、仮想マシンのイメージの種類や ExpressRoute の ISP 名です。
additionalInfo サービス固有のメタデータ。 たとえば、仮想マシンのイメージの種類です。 他の列で説明されていない任意の追加情報。 サービス固有のメタデータ。 たとえば、仮想マシンのイメージの種類です。
tags ユーザーが測定に割り当てるタグです。 タグは、課金記録のグループ化に使用できます。 たとえば、タグを使用して、メーターを使用する部門ごとにコストを配分することができます。 顧客によって追加されたタグ。
partnerEarnedCreditRate パートナー管理者リンク アクセスに基づいたパートナー獲得クレジット (PEC) がある場合に適用される割引率。 パートナー獲得クレジット (PEC) の割合。 たとえば、0% または 15%。
partnerEarnedCreditApplied パートナー獲得クレジットが適用されているかどうかを示します。 該当なし

パートナー獲得クレジット (PEC) リソースのコストを表示する

Cost Management では、パートナーはコスト分析を使用して、PEC 特典を受けたコストを表示できます。

Azure portal で、パートナー テナントにサインインし、 [Cost Management + Billing]\(コスト管理と課金\) を選択します。 [コスト管理] で、 [コスト分析] を選択します。

[コスト分析] ビューには、パートナーの課金アカウントのコストが表示されます。 請求書を照合するために、パートナー、特定の顧客、または課金プロファイルの [スコープ] を必要に応じて選択します。

ドーナツ グラフで、ドロップダウン リストを選択し、 [PartnerEarnedCreditApplied] を選択して PEC コストにドリル ダウンします。

Example showing how to view partner-earned credit

PartnerEarnedCreditApplied プロパティが True の場合、関連付けられたコストには、パートナーが獲得した管理者アクセスの特典があります。

PartnerEarnedCreditApplied プロパティが False の場合、関連付けられたコストはクレジットの必要資格を満たしていません。 または、購入したサービスはパートナー獲得クレジットの対象ではありません。

通常、サービス使用状況データが Cost Management に表示されるまでに 8 ~ 24 時間かかります。 詳細については、コストと使用状況データの更新と保持に関する記事を参照してください。 PEC クレジットは、Cost Management にアクセスしてから 48 時間以内に表示されます。

[Group by]\(グループ化\) オプションを使用して、PartnerEarnedCreditApplied プロパティによるグループ化およびフィルター処理を行うこともできます。 オプションを使用して、PEC があるコストとないコストを調べます。

Group or filter by partner-earned credit

コスト データを Azure Storage にエクスポートする

パートナー テナント内の課金スコープにアクセスできるパートナーは、そのコストと使用状況データを Azure Storage BLOB にエクスポートできます。 この BLOB は、共有サービス サブスクリプションや顧客のサブスクリプションではないパートナー テナント内のサブスクリプションに存在する必要があります。 コスト データのエクスポートを有効にするには、エクスポートされたコスト データをホストするための独立した従量課金制サブスクリプションをパートナー テナントに設定することをお勧めします。 エクスポート ストレージ アカウントは、従量課金制サブスクリプションでホストされている Azure Storage BLOB に作成されます。 パートナーがエクスポートを作成するスコープに基づいて、関連付けられたデータが、定期的にストレージ アカウントに自動的にエクスポートされます。

サブスクリプションへの Azure RBAC アクセス権を持つユーザーは、顧客テナント内の任意のサブスクリプションでホストされている Azure Storage BLOB にコスト データをエクスポートすることもできます。

パートナー テナントまたは顧客テナントでエクスポートを作成する

Azure portal で、パートナー テナントまたは顧客テナントにサインインし、 [コストの管理と請求] を選択します。 適切なスコープ (たとえば、Microsoft Partner Agreement の課金アカウント) を選択してから、 [コスト分析] を選択します。 ページが読み込まれたら、 [エクスポート] を選択します。 [エクスポートのスケジュール] で、 [エクスポートをすべて表示する] を選択します。

Select Export and View all exports

次に、[追加] を選択し、名前を入力してエクスポートの種類を選択します。 [ストレージ] タブを選択し、必要な情報を入力します。

Add new export and select Storage tab

パートナー テナントでエクスポートを作成する場合は、パートナー テナント内の従量課金制サブスクリプションを選択します。 そのサブスクリプションを使用して Azure Storage アカウントを作成します。

顧客テナント内の Azure RBAC ユーザーの場合は、顧客テナント内のサブスクリプションを選択します。 そのサブスクリプションを使用して Azure Storage アカウントを作成します。

内容を確認し、 [作成] を選択してエクスポートをスケジュールします。

エクスポートの一覧内のデータを確認するには、ストレージ アカウント名を選択します。 ストレージ アカウント ページで、 [コンテナー] を選択してからコンテナーを選択します。 対応するフォルダーに移動し、CSV ファイルを選択します。 [ダウンロード] を選択して CSV ファイルを取得し、それを開きます。 エクスポートされたデータは、Azure portal から得られた使用状況の詳細と同様のコスト データになります。

Example of exported data

Cost Management REST API

パートナーと顧客は、次のセクションに記載されている Cost Management API を一般的なタスクに対して使用できます。

Cost Management API - 直接プロバイダーと間接プロバイダー

パートナー テナントの課金スコープにアクセスできるパートナーは、次の API を使用して請求されたコストを表示できます。

パートナーは、サブスクリプションにアクセスできる場合、コスト ポリシーに関係なく、サブスクリプション スコープの API を呼び出すことができます。 サブスクリプションにアクセスできる他のユーザー (顧客やリセラーなど) は、パートナーが顧客テナントのコスト ポリシーを有効にした後でのみ、API を呼び出すことができます。

課金アカウントの一覧を取得するには

GET https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts?api-version=2019-10-01-preview

顧客の一覧を取得するには

GET https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/customers?api-version=2019-10-01-preview

サブスクリプションの一覧を取得するには

GET https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/billingSubscriptions?api-version=2019-10-01-preview

一定期間の請求書の一覧を取得するには

GET https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/invoices?api-version=2019-10-01-preview&periodStartDate={periodStartDate}&periodEndDate={periodEndDate}

この API 呼び出しは、次の JSON コードのような要素を持つ一連の請求書を返します。

    {
      "id": "/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountID}/billingProfiles/{BillingProfileID}/invoices/{InvoiceID}",
      "name": "{InvoiceID}",
      "properties": {
        "amountDue": {
          "currency": "USD",
          "value": x.xx
        },
        ...
    }

返された前の ID フィールドの値を使用し、次の例で使用状況の詳細のクエリを実行するためのスコープとして置き換えます。

GET https://management.azure.com/{id}/providers/Microsoft.Consumption/UsageDetails?api-version=2019-10-01

この例は、特定の請求書に関連付けられた使用状況レコードを返します。

顧客がコストを表示するためのポリシーを取得するには

GET https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/customers/{customerID}/policies/default?api-version=2019-10-01-preview

顧客がコストを表示するためのポリシーを設定するには

PUT https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/customers/{customerID}/policies/default?api-version=2019-10-01-preview

課金アカウントの Azure サービスの使用状況を取得するには

GET https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/BillingAccounts/{billingAccountName}/providers/Microsoft.Consumption/usageDetails?api-version=2019-10-01

顧客の Azure サービスの使用状況をダウンロードするには

次の GET 呼び出しは非同期操作です。

GET https://management.azure.com/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/customers/{customerID}/providers/Microsoft.Consumption/usageDetails/download?api-version=2019-10-01 -verbose

応答で返された Location URI を呼び出して、操作の状態を確認します。 状態が [完了] の場合、downloadUrl プロパティには、生成されたレポートをダウンロードするために使用できるリンクが含まれています。

使用された Azure サービスの価格シートを取得またはダウンロードするには

まず、次の POST を使用します。

POST https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/BillingAccounts/{billingAccountName}/billingProfiles/{billingProfileID}/pricesheet/default/download?api-version=2019-10-01-preview&format=csv" -verbose

次に、非同期操作プロパティの値を呼び出します。 次に例を示します。

GET https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/billingProfiles/{billingProfileID}/pricesheetDownloadOperations/{operation}?sessiontoken=0:11186&api-version=2019-10-01-preview

前の GET 呼び出しでは、価格シートを含むダウンロード リンクが返されます。

集計コストを取得するには

POST https://management.azure.com/providers/microsoft.billing/billingAccounts/{billingAccountName}/providers/microsoft.costmanagement/query?api-version=2019-10-01

パートナーの予算を作成する

PUT https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/providers/Microsoft.CostManagement/budgets/partnerworkshopbudget?api-version=2019-10-01

顧客の予算を作成する

PUT https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountName}/customers/{customerID}/providers/Microsoft.Consumption/budgets/{budgetName}?api-version=2019-10-01

予算を削除する

DELETE
https://management.azure.com/providers/Microsoft.Billing/billingAccounts/{billingAccountId}/providers/Microsoft.CostManagement/budgets/{budgetName}?api-version=2019-10-01

次のステップ