Azure SQL Database と Azure Synapse Analytics からのデータの共有と受信Share and receive data from Azure SQL Database and Azure Synapse Analytics

適用対象: Azure SQL Database Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW) Azure Synapse Analytics (ワークスペース) SQL プール

Azure Data Share は、Azure SQL Database と Azure Synapse Analytics のスナップショット ベースの共有をサポートしています。Azure Data Share supports snapshot-based sharing Azure SQL Database and Azure Synapse Analytics. この記事では、これらのソースからデータを共有および受信する方法について説明します。This article explains how to share and receive data from these sources.

Azure Data Share は、Azure SQL Database と Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW) からのテーブルとビュー両方の共有、および Azure Synapse Analytics (ワークスペース) 専用 SQL プールからのテーブルの共有をサポートしています。Azure Data Share supports sharing of both tables and views from Azure SQL Database and Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW), and sharing of tables from Azure Synapse Analytics (workspace) dedicated SQL pool. Azure Synapse Analytics (ワークスペース) サーバーレス SQL プールからの共有は、現在サポートされていません。Sharing from Azure Synapse Analytics (workspace) serverless SQL pool is not currently supported. データ コンシューマーは、データを Azure Data Lake Storage Gen2 または Azure Blob Storage に csv または parquet ファイルとして受け入れたり、Azure SQL Database と Azure Synapse Analytics にテーブルとして受け入れたりすることができます。Data consumers can choose to accept the data into Azure Data Lake Storage Gen2 or Azure Blob Storage as csv or parquet file, as well as into Azure SQL Database and Azure Synapse Analytics as tables.

データを Azure Data Lake Store Gen2 または Azure Blob Storage に受け入れると、完全なスナップショットによってターゲット ファイル (存在する場合) の内容が上書きされます。When accepting data into Azure Data Lake Store Gen2 or Azure Blob Storage, full snapshots overwrite the contents of the target file if already exists. データが SQL テーブルに受け入れられるときにターゲット テーブルがまだ存在しない場合は、Azure Data Share によって、ソース スキーマを使用して SQL テーブルが作成されます。When data is received into SQL table and if the target table does not already exist, Azure Data Share creates the SQL table with the source schema. 同じ名前を持つターゲット テーブルが既に存在する場合、それは削除され、最新の完全なスナップショットで上書きされます。If a target table already exists with the same name, it will be dropped and overwritten with the latest full snapshot. 増分スナップショットは現在はサポートされていません。Incremental snapshots are not currently supported.

データの共有Share data

データを共有するための前提条件Prerequisites to share data

  • Azure サブスクリプション:Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。Azure Subscription: If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.
  • 受信者の Azure ログイン用メール アドレス (メール エイリアスは無効です)。Your recipient's Azure login e-mail address (using their e-mail alias won't work).
  • Data Share リソースの作成用とは異なる Azure サブスクリプションにソース Azure データ ストアが存在する場合、Azure データ ストアがあるサブスクリプションで Microsoft.DataShare リソースプロバイダーを登録してください。If the source Azure data store is in a different Azure subscription than the one you will use to create Data Share resource, register the Microsoft.DataShare resource provider in the subscription where the Azure data store is located.

SQL ソースの前提条件Prerequisites for SQL source

SQL ソースからデータを共有するための前提条件の一覧を次に示します。Below is the list of prerequisites for sharing data from SQL source.

Azure SQL Database または Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW) から共有するための前提条件Prerequisites for sharing from Azure SQL Database or Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW)

ステップ バイ ステップのデモに従って、前提条件を構成できます。You can follow the step by step demo to configure prerequisites.

  • 共有するテーブルとビューを含む Azure SQL Database または Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW)。An Azure SQL Database or Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW) with tables and views that you want to share.

  • SQL サーバー上のデータベースに書き込む権限。これは、Microsoft.Sql/servers/databases/write に含まれています。Permission to write to the databases on SQL server, which is present in Microsoft.Sql/servers/databases/write. このアクセス許可は、共同作成者 ロール内に存在します。This permission exists in the Contributor role.

  • Data Share リソースのマネージド ID がデータベースにアクセスするためのアクセス許可。Permission for the Data Share resource's managed identity to access the database. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal で、SQL サーバーに移動し、自分自身を Azure Active Directory 管理者 に設定します。In Azure portal, navigate to the SQL server and set yourself as the Azure Active Directory Admin.

    2. クエリ エディター、または Azure Active Directory 認証を使用する SQL Server Management Studio を使用して Azure SQL Database/Data Warehouse に接続します。Connect to the Azure SQL Database/Data Warehouse using Query Editor or SQL Server Management Studio with Azure Active Directory authentication.

    3. 次のスクリプトを実行し、Data Share リソースのマネージド ID を db_datareader として追加します。Execute the following script to add the Data Share resource Managed Identity as a db_datareader. SQL Server 認証ではなく Active Directory を使用して接続する必要があります。You must connect using Active Directory and not SQL Server authentication.

      create user "<share_acct_name>" from external provider;     
      exec sp_addrolemember db_datareader, "<share_acct_name>"; 
      

      <share_acc_name> は、Data Share リソースの名前であることに注意してください。Note that the <share_acc_name> is the name of your Data Share resource. Data Share リソースをまだ作成していない場合は、後でこの前提条件に戻ってくることが可能です。If you have not created a Data Share resource as yet, you can come back to this pre-requisite later.

  • 共有するテーブルまたはビューに移動して選択するための "db_datareader" アクセス権を持つ Azure SQL Database ユーザー。An Azure SQL Database User with 'db_datareader' access to navigate and select the tables and/or views you wish to share.

  • SQL Server ファイアウォール アクセス。SQL Server Firewall access. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal で SQL サーバーに移動します。In Azure portal, navigate to SQL server. 左側のナビゲーションから [ファイアウォールと仮想ネットワーク] を選択します。Select Firewalls and virtual networks from left navigation.
    2. [Azure サービスおよびリソースにこのサーバーへのアクセスを許可する][はい] をクリックします。Click Yes for Allow Azure services and resources to access this server.
    3. [+クライアント IP の追加] をクリックします。Click +Add client IP. クライアントの IP アドレスは変わることがあります。Client IP address is subject to change. 次回 Azure portal から SQL データを共有するときにも、このプロセスを繰り返すことが必要になる場合もあります。This process might need to be repeated the next time you are sharing SQL data from Azure portal. IP 範囲を追加することもできます。You can also add an IP range.
    4. [保存] をクリックします。Click Save.

Azure Synapse Analytics (ワークスペース) の SQL プールから共有するための前提条件Prerequisites for sharing from Azure Synapse Analytics (workspace) SQL pool

  • 共有するテーブルを含む Azure Synapse Analytics (ワークスペース) の専用 SQL プール。An Azure Synapse Analytics (workspace) dedicated SQL pool with tables that you want to share. ビューの共有は現在サポートされていません。Sharing of view is not currently supported. サーバーレス SQL プールからの共有は、現在サポートされていません。Sharing from serverless SQL pool is not currently supported.

  • Synapse ワークスペースの SQL プールに対する書き込みアクセス許可。これは、Microsoft.Synapse/workspaces/sqlPools/write にあります。Permission to write to the SQL pool in Synapse workspace, which is present in Microsoft.Synapse/workspaces/sqlPools/write. このアクセス許可は、共同作成者 ロール内に存在します。This permission exists in the Contributor role.

  • Data Share リソースのマネージド ID が Synapse ワークスペースの SQL プールにアクセスするためのアクセス許可。Permission for the Data Share resource's managed identity to access Synapse workspace SQL pool. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal で Synapse ワークスペースに移動します。In Azure portal, navigate to Synapse workspace. 左側のナビゲーションから SQL Active Directory 管理者を選択し、自分自身を Azure Active Directory 管理者 に設定します。Select SQL Active Directory admin from left navigation and set yourself as the Azure Active Directory admin.

    2. Synapse Studio を開き、左側のナビゲーションから [管理] を選択します。Open Synapse Studio, select Manage from the left navigation. [セキュリティ] で [アクセス制御] を選択します。Select Access control under Security. SQL 管理者 または ワークスペース管理者 ロールを自分に割り当てます。Assign yourself SQL admin or Workspace admin role.

    3. Synapse Studio で、左側のナビゲーションから [開発] を選択します。In Synapse Studio, select Develop from the left navigation. SQL プールで次のスクリプトを実行して、Data Share リソースのマネージド ID を db_datareader として追加します。Execute the following script in SQL pool to add the Data Share resource Managed Identity as a db_datareader.

      create user "<share_acct_name>" from external provider;     
      exec sp_addrolemember db_datareader, "<share_acct_name>"; 
      

      <share_acc_name> は、Data Share リソースの名前であることに注意してください。Note that the <share_acc_name> is the name of your Data Share resource. Data Share リソースをまだ作成していない場合は、後でこの前提条件に戻ってくることが可能です。If you have not created a Data Share resource as yet, you can come back to this pre-requisite later.

  • Synapse ワークスペースのファイアウォール アクセス。Synapse workspace Firewall access. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal で Synapse ワークスペースに移動します。In Azure portal, navigate to Synapse workspace. 左側のナビゲーションから [ファイアウォール] を選択します。Select Firewalls from left navigation.
    2. [Azure サービスおよびリソースに、このワークスペースへのアクセスを許可する][オン] をクリックします。Click ON for Allow Azure services and resources to access this workspace.
    3. [+クライアント IP の追加] をクリックします。Click +Add client IP. クライアントの IP アドレスは変わることがあります。Client IP address is subject to change. 次回 Azure portal から SQL データを共有するときにも、このプロセスを繰り返すことが必要になる場合もあります。This process might need to be repeated the next time you are sharing SQL data from Azure portal. IP 範囲を追加することもできます。You can also add an IP range.
    4. [保存] をクリックします。Click Save.

Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal

Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

Data Share アカウントを作成するCreate a Data Share Account

Azure リソース グループに Azure Data Share リソースを作成します。Create an Azure Data Share resource in an Azure resource group.

  1. ポータルの左上隅にあるメニュー ボタンを選択し、 [リソースの作成] (+) を選択します。Select the menu button in the upper-left corner of the portal, then select Create a resource (+).

  2. Data Share を検索します。Search for Data Share.

  3. Data Share を選択し、 [作成] を選択します。Select Data Share and Select Create.

  4. Azure Data Share リソースの基本的な詳細に、次の情報を入力します。Fill out the basic details of your Azure Data Share resource with the following information.

    設定Setting 推奨値Suggested value フィールドの説明Field description
    サブスクリプションSubscription 該当するサブスクリプションYour subscription Data Share アカウントに使う Azure サブスクリプションを選択します。Select the Azure subscription that you want to use for your data share account.
    リソース グループResource group test-resource-grouptest-resource-group 既存のリソース グループを使用するか、新しいリソース グループを作成します。Use an existing resource group or create a new resource group.
    場所Location 米国東部 2East US 2 Data Share アカウントのリージョンを選択します。Select a region for your data share account.
    名前Name datashareaccountdatashareaccount Data Share アカウントの名前を指定します。Specify a name for your data share account.
  5. [Review + create](レビュー + 作成) を選択し、 [作成] を選択して Data Share アカウントをプロビジョニングします。Select Review + create, then Create to provision your data share account. 通常、新しい Data Share アカウントのプロビジョニングにかかる時間は約 2 分以下です。Provisioning a new data share account typically takes about 2 minutes or less.

  6. デプロイが完了したら、 [リソースに移動] を選択します。When the deployment is complete, select Go to resource.

共有を作成するCreate a share

  1. Data Share の [概要] ページに移動します。Navigate to your Data Share Overview page.

    データを共有するShare your data

  2. [Start sharing your data](データの共有の開始する) を選択します。Select Start sharing your data.

  3. [作成] を選択しますSelect Create.

  4. 共有の詳細を入力します。Fill out the details for your share. 名前、共有の種類、共有の内容の説明、利用規約 (省略可能) を指定します。Specify a name, share type, description of share contents, and terms of use (optional).

    EnterShareDetailsEnterShareDetails

  5. [続行] をクリックします。Select Continue.

  6. 共有にデータセットを追加するには、 [データセットの追加] を選択します。To add Datasets to your share, select Add Datasets.

    共有にデータセットを追加するAdd Datasets to your share

  7. 追加するデータセットの種類を選択します。Select the dataset type that you would like to add. 前の手順で選択した共有の種類 (スナップショットまたはインプレース) によって異なる種類のデータセット一覧が表示されます。You will see a different list of dataset types depending on the share type (snapshot or in-place) you have selected in the previous step.

    AddDatasetsAddDatasets

  8. ご利用の SQL サーバーまたは Synapse ワークスペースを選択し、資格情報を入力するよう求められたら入力し、 [次へ] を選択して共有したいオブジェクトに移動し、[データセットの追加] を選択します。Select your SQL server or Synapse workspace, provide credentials if prompted and select Next to navigate to the object you would like to share and select 'Add Datasets'. Azure SQL Database と Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW) からのテーブルとビュー、または Azure Synapse Analytics (ワークスペース) 専用 SQL プールからのテーブルを選択できます。You can select tables and views from Azure SQL Database and Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW), or tables from Azure Synapse Analytics (workspace) dedicated SQL pool.

    SelectDatasetsSelectDatasets

  9. [Recipients](受信者) タブで、[+ Add Recipient](+ 受信者の追加) を選択して、データ コンシューマーのメール アドレスを入力します。In the Recipients tab, enter in the email addresses of your Data Consumer by selecting '+ Add Recipient'. このメール アドレスは、受信者の Azure ログイン メールである必要があります。The email address needs to be recipient's Azure login email.

    AddRecipientsAddRecipients

  10. [続行] をクリックします。Select Continue.

  11. スナップショット共有タイプを選択した場合は、データの更新をデータ コンシューマーに提供するスナップショット スケジュールを構成できます。If you have selected snapshot share type, you can configure snapshot schedule to provide updates of your data to your data consumer.

    EnableSnapshotsEnableSnapshots

  12. 開始時刻と繰り返しの間隔を選択します。Select a start time and recurrence interval.

  13. [続行] をクリックします。Select Continue.

  14. [Review + Create](レビュー + 作成) タブで、パッケージの内容、設定、受信者、および同期の設定を確認します。In the Review + Create tab, review your Package Contents, Settings, Recipients, and Synchronization Settings. [作成] を選択しますSelect Create.

ご自分の Azure データ共有が作成され、データ共有の受信者が招待を受け取れる状態になりました。Your Azure Data Share has now been created and the recipient of your Data Share is now ready to accept your invitation.

データの受信Receive data

データを受信するための前提条件Prerequisites to receive data

データ共有の招待を受け入れる前に、次に一覧表示されている多くの Azure リソースをプロビジョニングする必要があります。Before you can accept a data share invitation, you must provision a number of Azure resources, which are listed below.

データ共有の招待を受け入れる前に、すべての前提条件を満たしていることを確認します。Ensure that all pre-requisites are complete before accepting a data share invitation.

  • Azure サブスクリプション:Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。Azure Subscription: If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.
  • Data Share の招待:" yourdataprovider@domain.com からの Azure Data Share の招待" という件名の Microsoft Azure からの招待。A Data Share invitation: An invitation from Microsoft Azure with a subject titled "Azure Data Share invitation from yourdataprovider@domain.com".
  • Data Share リソースの作成先となる Azure サブスクリプションとターゲット Azure データ ストアがある Azure サブスクリプションで Microsoft.DataShare リソースプロバイダーを登録します。Register the Microsoft.DataShare resource provider in the Azure subscription where you will create a Data Share resource and the Azure subscription where your target Azure data stores are located.

ターゲット ストレージ アカウントの前提条件Prerequisites for target storage account

Azure Storage へのデータを受信することを選択する場合、前提条件の一覧を以下に示します。If you choose to receive data into Azure Storage, below is the list of prerequisites.

  • Azure Storage アカウント: Azure Storage アカウントをまだお持ちでない場合は、作成できます。An Azure Storage account: If you don't already have one, you can create an Azure Storage account.
  • ストレージ アカウントに書き込む権限。これは、Microsoft.Storage/storageAccounts/write に含まれています。Permission to write to the storage account, which is present in Microsoft.Storage/storageAccounts/write. このアクセス許可は、共同作成者 ロール内に存在します。This permission exists in the Contributor role.
  • Data Share リソースのマネージド ID のロール割り当てをストレージ アカウントに追加する権限。これは、Microsoft.Authorization/role assignments/write に含まれています。Permission to add role assignment of the Data Share resource's managed identity to the storage account, which is present in Microsoft.Authorization/role assignments/write. このアクセス許可は、所有者 ロール内に存在します。This permission exists in the Owner role.

SQL ターゲットの前提条件Prerequisites for SQL target

Azure SQL Database、Azure Synapse Analytics へのデータを受信することを選択した場合、前提条件の一覧を以下に示します。If you choose to receive data into Azure SQL Database, Azure Synapse Analytics, below is the list of prerequisites.

Azure SQL Database または Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW) にデータを受信するための前提条件Prerequisites for receiving data into Azure SQL Database or Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW)

ステップ バイ ステップのデモに従って、前提条件を構成できます。You can follow the step by step demo to configure prerequisites.

  • Azure SQL Database または Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW)。An Azure SQL Database or Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW).

  • SQL サーバー上のデータベースに書き込む権限。これは、Microsoft.Sql/servers/databases/write に含まれています。Permission to write to databases on the SQL server, which is present in Microsoft.Sql/servers/databases/write. このアクセス許可は、共同作成者 ロール内に存在します。This permission exists in the Contributor role.

  • Data Share リソースのマネージド ID が Azure SQL Database または Azure Synapse Analytics にアクセスするためのアクセス許可。Permission for the Data Share resource's managed identity to access the Azure SQL Database or Azure Synapse Analytics. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal で、SQL サーバーに移動し、自分自身を Azure Active Directory 管理者 に設定します。In Azure portal, navigate to the SQL server and set yourself as the Azure Active Directory Admin.

    2. クエリ エディター、または Azure Active Directory 認証を使用する SQL Server Management Studio を使用して Azure SQL Database/Data Warehouse に接続します。Connect to the Azure SQL Database/Data Warehouse using Query Editor or SQL Server Management Studio with Azure Active Directory authentication.

    3. 次のスクリプトを実行し、Data Share のマネージド ID を "db_datareader、db_datawriter、db_ddladmin" として追加します。Execute the following script to add the Data Share Managed Identity as a 'db_datareader, db_datawriter, db_ddladmin'. SQL Server 認証ではなく Active Directory を使用して接続する必要があります。You must connect using Active Directory and not SQL Server authentication.

      create user "<share_acc_name>" from external provider; 
      exec sp_addrolemember db_datareader, "<share_acc_name>"; 
      exec sp_addrolemember db_datawriter, "<share_acc_name>"; 
      exec sp_addrolemember db_ddladmin, "<share_acc_name>";
      

      <share_acc_name> は、Data Share リソースの名前であることに注意してください。Note that the <share_acc_name> is the name of your Data Share resource. Data Share リソースをまだ作成していない場合は、後でこの前提条件に戻ってくることが可能です。If you have not created a Data Share resource as yet, you can come back to this pre-requisite later.

  • SQL Server ファイアウォール アクセス。SQL Server Firewall access. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal の SQL サーバーで、 [ファイアウォールと仮想ネットワーク] に移動します。In SQL server in Azure portal, navigate to Firewalls and virtual networks
    2. [Azure サービスおよびリソースにこのサーバーへのアクセスを許可する][はい] をクリックします。Click Yes for Allow Azure services and resources to access this server.
    3. [+クライアント IP の追加] をクリックします。Click +Add client IP. クライアントの IP アドレスは変わることがあります。Client IP address is subject to change. 次回 Azure portal から SQL データを共有するときにも、このプロセスを繰り返すことが必要になる場合もあります。This process might need to be repeated the next time you are sharing SQL data from Azure portal. IP 範囲を追加することもできます。You can also add an IP range.
    4. [保存] をクリックします。Click Save.

Azure Synapse Analytics (ワークスペース) の SQL プールにデータを受信するための前提条件Prerequisites for receiving data into Azure Synapse Analytics (workspace) SQL pool

  • Azure Synapse Analytics (ワークスペース) の専用 SQL プール。An Azure Synapse Analytics (workspace) dedicated SQL pool. サーバーレス SQL プールへのデータの受信は、現在サポートされていません。Receiving data into serverless SQL pool is not currently supported.

  • Synapse ワークスペースの SQL プールに対する書き込みアクセス許可。これは、Microsoft.Synapse/workspaces/sqlPools/write にあります。Permission to write to the SQL pool in Synapse workspace, which is present in Microsoft.Synapse/workspaces/sqlPools/write. このアクセス許可は、共同作成者 ロール内に存在します。This permission exists in the Contributor role.

  • Data Share リソースのマネージド ID が Synapse ワークスペースの SQL プールにアクセスするためのアクセス許可。Permission for the Data Share resource's managed identity to access the Synapse workspace SQL pool. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal で Synapse ワークスペースに移動します。In Azure portal, navigate to Synapse workspace. 左側のナビゲーションから SQL Active Directory 管理者を選択し、自分自身を Azure Active Directory 管理者 に設定します。Select SQL Active Directory admin from left navigation and set yourself as the Azure Active Directory admin.

    2. Synapse Studio を開き、左側のナビゲーションから [管理] を選択します。Open Synapse Studio, select Manage from the left navigation. [セキュリティ] で [アクセス制御] を選択します。Select Access control under Security. SQL 管理者 または ワークスペース管理者 ロールを自分に割り当てます。Assign yourself SQL admin or Workspace admin role.

    3. Synapse Studio で、左側のナビゲーションから [開発] を選択します。In Synapse Studio, select Develop from the left navigation. SQL プールで次のスクリプトを実行して、Data Share リソースのマネージド ID を "db_datareader、db_datawriter、db_ddladmin" として追加します。Execute the following script in SQL pool to add the Data Share resource Managed Identity as a 'db_datareader, db_datawriter, db_ddladmin'.

      create user "<share_acc_name>" from external provider; 
      exec sp_addrolemember db_datareader, "<share_acc_name>"; 
      exec sp_addrolemember db_datawriter, "<share_acc_name>"; 
      exec sp_addrolemember db_ddladmin, "<share_acc_name>";
      

      <share_acc_name> は、Data Share リソースの名前であることに注意してください。Note that the <share_acc_name> is the name of your Data Share resource. Data Share リソースをまだ作成していない場合は、後でこの前提条件に戻ってくることが可能です。If you have not created a Data Share resource as yet, you can come back to this pre-requisite later.

  • Synapse ワークスペースのファイアウォール アクセス。Synapse workspace Firewall access. この操作を行うには、以下の手順を実行します。This can be done through the following steps:

    1. Azure portal で Synapse ワークスペースに移動します。In Azure portal, navigate to Synapse workspace. 左側のナビゲーションから [ファイアウォール] を選択します。Select Firewalls from left navigation.
    2. [Azure サービスおよびリソースに、このワークスペースへのアクセスを許可する][オン] をクリックします。Click ON for Allow Azure services and resources to access this workspace.
    3. [+クライアント IP の追加] をクリックします。Click +Add client IP. クライアントの IP アドレスは変わることがあります。Client IP address is subject to change. 次回 Azure portal から SQL データを共有するときにも、このプロセスを繰り返すことが必要になる場合もあります。This process might need to be repeated the next time you are sharing SQL data from Azure portal. IP 範囲を追加することもできます。You can also add an IP range.
    4. [保存] をクリックします。Click Save.

Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal

Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

招待を開くOpen invitation

  1. 招待は、メールから開くことができるほか、Azure portal から直接開くこともできます。You can open invitation from email or directly from Azure portal.

    招待をメールから開くには、受信トレイでデータ プロバイダーからの招待を確認します。To open invitation from email, check your inbox for an invitation from your data provider. 招待は Microsoft Azure からで、件名は " yourdataprovider@domain.com からの Azure Data Share の招待" になっています。The invitation is from Microsoft Azure, titled Azure Data Share invitation from yourdataprovider@domain.com. [招待を表示] をクリックして、Azure で招待を確認します。Click on View invitation to see your invitation in Azure.

    Azure portal から直接招待を開くには、Azure portal で [データ共有への招待] を検索します。To open invitation from Azure portal directly, search for Data Share Invitations in Azure portal. Data Share の招待が一覧表示されます。This takes you to the list of Data Share invitations.

    招待の一覧List of Invitations

  2. 表示する共有を選択します。Select the share you would like to view.

招待を受け入れるAccept invitation

  1. [使用条件] を含む、すべてのフィールドを確認してください。Make sure all fields are reviewed, including the Terms of Use. 使用条件に同意する場合は、同意を示すボックスをオンにする必要があります。If you agree to the terms of use, you'll be required to check the box to indicate you agree.

    使用条件Terms of use

  2. [Target Data Share Account](ターゲット データ共有アカウント) の下で、ご自分のデータ共有のデプロイ先となるサブスクリプションとリソース グループを選択します。Under Target Data Share Account, select the Subscription and Resource Group that you'll be deploying your Data Share into.

    [Data Share Account](データ共有アカウント) フィールドには、既存のデータ共有アカウントがない場合には、 [新規作成] を選択します。For the Data Share Account field, select Create new if you don't have an existing Data Share account. それ以外の場合は、自分のデータ共有を受け入れる既存のデータ共有アカウントを選択します。Otherwise, select an existing Data Share account that you'd like to accept your data share into.

    [Received Share Name](受信した共有名) フィールドは、データの指定で指定された既定のままにしておくことも、受信した共有のために新しい名前を指定することもできます。For the Received Share Name field, you may leave the default specified by the data provide, or specify a new name for the received share.

    利用規約に同意し、受信した共有を管理するための Data Share アカウントを指定したら、 [Accept and configure](受け入れと構成) を選択します。Once you've agreed to the terms of use and specified a Data Share account to manage your received share, Select Accept and configure. 共有サブスクリプションが作成されます。A share subscription will be created.

    受け入れオプションAccept options

    これにより、Data Share アカウントに、受信した共有が表示されます。This takes you to the received share in your Data Share account.

    招待を受け入れたくない場合は、[拒否] を選択します。If you don't want to accept the invitation, Select Reject.

受信した共有を構成するConfigure received share

データを受信する場所を構成するには、次の手順に従います。Follow the steps below to configure where you want to receive data.

  1. [データセット] タブを選択します。ターゲット先を割り当てるデータセットの横にあるチェックボックスをオンにします。Select Datasets tab. Check the box next to the dataset you'd like to assign a destination to. [+ ターゲットへのマップ] を選択し、ターゲット データ ストアを選択します。Select + Map to target to choose a target data store.

    ターゲットへのマップMap to target

  2. データを配置するターゲット データ ストアを選択します。Select a target data store that you'd like the data to land in. パスと名前が同じターゲット データ ストア内のすべてのデータ ファイルまたはデータ テーブルが上書きされます。Any data files or tables in the target data store with the same path and name will be overwritten.

    ターゲット ストレージ アカウントTarget storage account

  3. スナップショットベースの共有の場合、データに定期的な更新を提供するためのスナップショット スケジュールがデータ プロバイダーによって作成されていれば、 [スナップショット スケジュール] タブを選択して、スナップショット スケジュールを有効にすることもできます。スナップショット スケジュールの横にあるチェック ボックスをオンにし、 [+ Enable](+ 有効) を選択します。For snapshot-based sharing, if the data provider has created a snapshot schedule to provide regular update to the data, you can also enable snapshot schedule by selecting the Snapshot Schedule tab. Check the box next to the snapshot schedule and select + Enable.

    スナップショット スケジュールを有効にするEnable snapshot schedule

スナップショットをトリガーするTrigger a snapshot

これらの手順は、スナップショットベースの共有にのみ適用されます。These steps only apply to snapshot-based sharing.

  1. スナップショットをトリガーするには、 [詳細] タブ、 [スナップショットのトリガー] の順に選択します。You can trigger a snapshot by selecting Details tab followed by Trigger snapshot. これで、データの完全なスナップショットまたは増分スナップショットをトリガーすることができます。Here, you can trigger a full or incremental snapshot of your data. データ プロバイダーから初めてデータを受信する場合は、完全なコピーを選択します。If it is your first time receiving data from your data provider, select full copy. SQL ソースの場合は、完全なスナップショットのみがサポートされます。For SQL sources, only full snapshot is supported.

    スナップショットのトリガーTrigger snapshot

  2. 最終実行状態が "成功" の場合、ターゲット データ ストアに移動して、受信したデータを表示します。When the last run status is successful, go to target data store to view the received data. [データセット] を選択して、ターゲット パスのリンクをクリックしてください。Select Datasets, and click on the link in the Target Path.

    コンシューマー データセットConsumer datasets

履歴を表示するView history

この手順は、スナップショットベースの共有にのみ適用されます。This step only applies to snapshot-based sharing. スナップショットの履歴を表示するには、 [履歴] タブを選択します。ここには、過去 30 日間に生成されたすべてのスナップショットの履歴があります。To view history of your snapshots, select History tab. Here you'll find history of all snapshots that were generated for the past 30 days.

サポートされるデータ型Supported data types

SQL ソースからデータを共有するとき、スナップショットの処理時には、SQL Server のデータ型から Azure Data Share の中間データ型への、以下のマッピングが使用されます。When you share data from SQL source, the following mapping are used from SQL Server data types to Azure Data Share interim data types during snapshot process.

SQL Server のデータ型SQL Server data type Azure Data Share の中間データ型Azure Data Share interim data type
bigintbigint Int64Int64
binarybinary Byte[]Byte[]
bitbit BooleanBoolean
charchar String, Char[]String, Char[]
datedate DateTimeDateTime
DatetimeDatetime DateTimeDateTime
datetime2datetime2 DateTimeDateTime
DatetimeoffsetDatetimeoffset DateTimeOffsetDateTimeOffset
DecimalDecimal DecimalDecimal
FILESTREAM attribute (varbinary(max))FILESTREAM attribute (varbinary(max)) Byte[]Byte[]
FloatFloat DoubleDouble
imageimage Byte[]Byte[]
INTint Int32Int32
moneymoney DecimalDecimal
ncharnchar String, Char[]String, Char[]
ntextntext String, Char[]String, Char[]
numericnumeric DecimalDecimal
nvarcharnvarchar String, Char[]String, Char[]
realreal SingleSingle
rowversionrowversion Byte[]Byte[]
smalldatetimesmalldatetime DateTimeDateTime
smallintsmallint Int16Int16
smallmoneysmallmoney DecimalDecimal
sql_variantsql_variant ObjectObject
texttext String, Char[]String, Char[]
timetime TimeSpanTimeSpan
timestamptimestamp Byte[]Byte[]
tinyinttinyint Int16Int16
UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier GuidGuid
varbinaryvarbinary Byte[]Byte[]
varcharvarchar String, Char[]String, Char[]
xmlxml StringString

注意

  1. 10 進の中間型にマップされるデータ型の場合、スナップショットでは、現在、最大 28 の有効桁数がサポートされています。For data types that map to the Decimal interim type, currently snapshot supports precision up to 28. 28 よりも大きな有効桁数を必要とするデータがある場合は、文字列に変換することを検討してください。If you have data that requires precision larger than 28, consider converting to a string.
  2. Azure SQL データベースから Azure Synapse Analytics にデータを共有している場合は、すべてのデータ型がサポートされるわけではありません。If you are sharing data from Azure SQL database to Azure Synapse Analytics, not all data types are supported. 詳細については、専用 SQL プールでのテーブルのデータ型に関する記事を参照してください。Refer to Table data types in dedicated SQL pool for details.

SQL Always Encrypted または動的データ マスクSQL Always Encrypted or Dynamic Data Masking

現時点では、Azure Data Share では、Always Encrypted が構成された Azure SQL データベースはサポートされていません。Currently, Azure Data Share does not support Azure SQL databases with Always Encrypted configured.

動的データ マスクを使用するソース SQL テーブルの場合、データは受信側でマスクされて表示されます。For source SQL tables with dynamic data masking, data will appear masked on the recipient side.

SQL スナップショットのパフォーマンスSQL snapshot performance

SQL スナップショットのパフォーマンスは、さまざまな要因の影響を受けます。SQL snapshot performance is impacted by a number of factors. 常に、独自のパフォーマンス テストを実施することをお勧めします。It is always recommended to conduct your own performance testing. パフォーマンスに影響するいくつかの要因の例を下に示します。Below are some example factors impacting performance.

  • ソースとターゲットの SQL データ ストアのハードウェア構成 (仮想コア、メモリ、DWU など)。Hardware configuration (e.g. vCores, memory, DWU) of the source and target SQL data store.
  • ソースとターゲットのデータ ストアへの同時アクセス。Concurrent access to the source and target data stores. 同じ SQL データ ストアから複数のテーブルとビューを共有している場合、または複数のテーブルとビューを同じ SQL データ ストアに受信する場合、パフォーマンスに影響します。If you are sharing multiple tables and views from the same SQL data store, or receive multiple tables and views into the same SQL data store, performance will be impacted.
  • ソースとターゲットのデータ ストアの場所。Location of source and target data stores.

SQL スナップショット エラーのトラブルシューティングTroubleshoot SQL snapshot failure

スナップショット エラーの最も一般的な原因は、Data Share にソースまたはターゲットのデータ ストアへのアクセス許可がないことです。The most common cause of snapshot failure is that Data Share does not have permission to the source or target data store. ソースまたはターゲットの Azure SQL Database または Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW) へのアクセス許可を Data Share に付与するには、Azure Active Directory 認証を使用して SQL データベースに接続するときに、提供された SQL スクリプトを実行する必要があります。In order to grant Data Share permission to the source or target Azure SQL Database or Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW), you must run the provided SQL script when connecting to the SQL database using Azure Active Directory authentication. その他の SQL スナップショット エラーをトラブルシューティングするには、スナップショット エラーのトラブルシューティングに関する記事を参照してください。To troubleshoot additional SQL snapshot failure, refer to Troubleshoot snapshot failure.

次の手順Next steps

Azure Data Share サービスを使用して SQL ソースからデータを共有および受信する方法について学習しました。You have learned how to share and receive data from SQL sources using Azure Data Share service. 他のデータ ソースからの共有の詳細については、サポートされているデータ ストアに関するページに進んでください。To learn more about sharing from other data sources, continue to supported data stores.