利害関係者として作業を開始するGet started as a Stakeholder

Azure DevOps Services |Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018-TFS 2013Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

利害関係者とは、Azure DevOps の機能や機能に対して、無料で、限られたアクセス権を持つユーザーのことです。Stakeholders are users with free but limited access to Azure DevOps features and functions. 利害関係者アクセスを使用すると、作業項目の追加と変更、ビルドとリリースパイプラインの管理、およびダッシュボードの表示を行うことができます。With Stakeholder access, you can add and modify work items, manage build and release pipelines, and view dashboards. プロジェクトの状態を確認し、方向、フィードバック、特徴のアイデア、ビジネスの配置をチームに提供できます。You can check project status and provide direction, feedback, feature ideas, and business alignment to a team. 利害関係者が使用できる機能の概要については、この記事で後述 する「機能と 機能」を参照してください。For a quick overview of the features available to Stakeholders, see the Features and functions available to Stakeholders later in this article.

注意

パブリックプロジェクトの場合、利害関係者アクセスを使用すると、ユーザーはより多くの機能にアクセスできます。For public projects, Stakeholder access gives users greater access to features. 詳細については、「 パブリックプロジェクトの既定のロールとアクセス」を参照してください。To learn more, see Default roles and access for public projects. パイプラインの操作の詳細については、 GitHub リポジトリの構築OSS リポジトリの構築に関する記事を参照してください。For information about working with pipelines, see these articles: Build your GitHub repository and Build OSS repositories.

利害関係者とは、Azure DevOps の機能や機能に対して、無料で、限られたアクセス権を持つユーザーのことです。Stakeholders are users with free but limited access to Azure DevOps features and functions. 利害関係者アクセスを使用して、作業項目の追加と変更、パイプラインの表示と承認、およびダッシュボードの表示を行うことができます。With Stakeholder access, you can add and modify work items, view and approve pipelines, and view dashboards. プロジェクトの状態を確認し、方向、フィードバック、特徴のアイデア、ビジネスの配置をチームに提供できます。You can check project status and provide direction, feedback, feature ideas, and business alignment to a team.

利害関係者とは、Azure DevOps の機能や機能に対して、無料で、限られたアクセス権を持つユーザーのことです。Stakeholders are users with free but limited access to Azure DevOps features and functions. 利害関係者アクセスを使用して、作業項目を追加および変更できます。With Stakeholder access, you can add and modify work items. プロジェクトの状態を確認し、方向、フィードバック、特徴のアイデア、ビジネスの配置をチームに提供できます。You can check project status and provide direction, feedback, feature ideas, and business alignment to a team.

利害関係者アクセスは、「 アクセスレベルについて」で説明されている、サポートされるいくつかのアクセスレベルの1つです。Stakeholder access is one of several supported access levels as described in About access levels. 利害関係者としてアクセスできるようにするには、組織の所有者またはプロジェクトコレクション管理者に依頼して、 利害関係者アクセス権を持つプロジェクトに追加してもらいます。To get access as a Stakeholder, ask your organization owner or Project Collection Administrator to add you to a project with Stakeholder access.

利害関係者アクセスは、「 アクセスレベルについて」で説明されている、サポートされるいくつかのアクセスレベルの1つです。Stakeholder access is one of several supported access levels as described in About access levels. 利害関係者としてアクセスできるようにするには、 利害関係者アクセス権を持つセキュリティグループにユーザーを追加するようにサーバー管理者に依頼してください。To get access as a Stakeholder, ask your server administrator to add you to a security group that has Stakeholder access.

注意

Azure Boards では、かんばんやスクラムなど、いくつかのアジャイルメソッドがサポートされています。Azure Boards supports several Agile methods such as Kanban and Scrum. チームが使用する方法に応じて、Azure Boards がサポートするその他のツールについて理解を深めたいと思います。Depending on what methods your team uses, you'll want to become familiar with other tools that Azure Boards supports. この記事では、作業項目とかんばんボードの概要について説明します。This article focuses on getting familiar with work items and the Kanban board. 詳細については、この記事の最後にある 関連記事 を参照してください。For additional information, see Related articles at the end of this article.

このチュートリアルでは、次のタスクを実行する方法について説明します。Use this tutorial to learn how to do the following tasks:

  • プロジェクトにサインインするSign in to a project
  • プロジェクトで使用できる作業項目の種類を理解するUnderstand which work item types are available to your project
  • かんばんボードを開き、作業項目を開くOpen the Kanban board and open a work item
  • 作業項目に詳細、タグ、またはコメントを追加するAdd details, tags, or comments to a work item
  • プロダクトバックログを表示するView the product backlog
  • 割り当てられている作業、または他の作業項目のクエリの検索Find work assigned to you, or query for other work items
  • 利害関係者アクセスを使用しているユーザーが使用できない機能を理解するUnderstand what features are and aren't available to users with Stakeholder access

プロジェクトの web ポータルに接続するConnect to the web portal of a project

Azure DevOps プロジェクトに追加されており、利害関係者以上のアクセスレベルが付与されている必要があります。You must have been added to the Azure DevOps project and been granted Stakeholder or higher access level.

  1. 受信した電子メール招待に記載されているリンクを選択します。Choose the link provided in the email invitation you should have received. または、ブラウザーウィンドウを開き、web ポータルの URL を入力します。Or, open a browser window and enter the URL for the web portal.

    https://dev.azure.com/OrganizationName/ProjectName

    http://ServerName:8080/tfs/DefaultCollection/ProjectName
    たとえば、 FabrikamPrime という名前のサーバーと Contoso という名前のプロジェクトに接続するには、「」と入力し http://FabrikamPrime:8080/tfs/DefaultCollection/Contoso ます。For example, to connect to the server named FabrikamPrime and project named Contoso, enter http://FabrikamPrime:8080/tfs/DefaultCollection/Contoso.

  2. 資格情報を入力します。Enter your credentials. サインインできない場合は、組織の所有者またはプロジェクト管理者に依頼して、利害関係者アクセス権を持つプロジェクトのメンバーとして追加してもらいます。If you can't sign in, ask the organization owner or Project Administrator to add you as a member of the project with Stakeholder access.

作業項目と作業項目の種類についてUnderstand work items and work item types

作業項目は、作業の計画と追跡をサポートします。Work items support planning and tracking work. 各作業項目は、作業項目データストアに格納されているオブジェクトを表します。Each work item represents an object stored in the work item data store. 各作業項目は、作業項目の種類に基づいており、組織またはプロジェクトコレクション内で一意の識別子が割り当てられています。Each work item is based on a work item type and is assigned an identifier which is unique within an organization or project collection. 作業項目について」で説明されているように、さまざまな作業項目を使用してさまざまな種類の作業を追跡します。Different work items are used to track different types of work as described in About work items. 使用できる作業項目の種類は、次の図に示すように、プロジェクトが — アジャイル、Basic、スクラム、CMMI を作成したときに使用されたプロセスに基づい — ています。The work item types available to you are based on the process used when your project was created—Agile, Basic, Scrum, or CMMI—as illustrated in the following images.

次の図は、アジャイルプロセスのバックログ作業項目階層を示しています。The following image shows the Agile process backlog work item hierarchy. ユーザーストーリーとタスクを使用して作業を追跡し、バグを追跡します。また、エピックと機能を使用して、大規模なシナリオで作業をグループ化します。User Stories and Tasks are used to track work, Bugs track code defects, and Epics and Features are used to group work under larger scenarios.

概念図、アジャイル作業項目の種類Conceptual image, Agile work item type

各チームは — — 、[ バグの処理 ] 設定を構成することによって、ユーザーストーリーまたはタスクと同じレベルでバグを管理する方法を構成できます。Each team can configure how they manage Bugs—at the same level as User Stories or Tasks—by configuring the Working with bugs setting. これらの作業項目の種類の使用方法の詳細については、「 アジャイルプロセス」を参照してください。To learn more about using these work item types, see Agile process.

Web ポータルからかんばんボードを開くOpen your Kanban board from the web portal

プロジェクトに接続すると、作業項目の表示を開始できます。You can start viewing work items once you connect to a project.

  1. 適切なプロジェクトが選択されていることを確認し、[ボード ボード] を選択し > ます。Check that you selected the right project, and select Boards > Boards. 次に、[チームセレクター] メニューから適切なチームを選択します。Then select the correct team from the team selector menu.

    かんばんボード、クラウドバージョンを開いているスクリーンショット。Screenshot of Open your Kanban board, cloud version.

    別のチームのボードを選択するには、セレクターを開きます。To select another team's board, open the selector. 次に、別のチームを選択するか、[ ![ ホーム] アイコン すべてのチームボードを参照 ] オプションを選択します。Then select a different team, or select the home icon Browse all team boards option. または、検索ボックスにキーワードを入力して、プロジェクトのチームバックログの一覧をフィルター処理できます。Or, you can enter a keyword in the search box to filter the list of team backlogs for the project.

    [別のチームのボードを選択] のスクリーンショット。Screenshot of Select another team's board.

    ヒント

    星のアイコンを選択して、 チームボードをお気に入りにします。 [お気に入りのアイテム ] (お気に入りのアイコン) は、チームセレクターの一覧の上部に表示されます。

  2. バックログレベルとして 、[アジャイル]、 [基本]、[スクラムの バックログ項目]、または [CMMI の 要件] が選択されていることを 確認しますCheck that you selected Stories for Agile, Issues for Basic, Backlog items for Scrum, or Requirements for CMMI as the backlog level.

    プロダクトバックログレベル、バックログ項目、ストーリー、または要件を選択するメニューのスクリーンショット。Screenshot of menu to select product backlog level, Backlog items, Stories, or Requirements.

  1. 適切なプロジェクトが選択されていることを確認し、[ボード ボード] を選択し > ます。Check that you selected the right project, and select Boards > Boards. 次に、[チームセレクター] メニューから適切なチームを選択します。Then select the correct team from the team selector menu.

    かんばんボードを開いているオンプレミスのバージョンのスクリーンショット。

    別のチームのボードを選択するには、セレクターを開きます。To select another team's board, open the selector. 次に、別のチームを選択するか、[ ![ ホーム] アイコン すべてのチームボードを参照 ] オプションを選択します。Then select a different team, or select the home icon Browse all team boards option. または、検索ボックスにキーワードを入力して、プロジェクトのチームバックログの一覧をフィルター処理できます。Or, you can enter a keyword in the search box to filter the list of team backlogs for the project.

    別のチームのボード、オンプレミスのバージョンを選択したスクリーンショット。Screenshot of select another team's board, on-premises versions.

    ヒント

    星のアイコンを選択して、 チームボードをお気に入りにします。 [お気に入りのアイテム ] (お気に入りのアイコン) は、チームセレクターの一覧の上部に表示されます。

  2. バックログレベルとして 、[アジャイル]、 [基本]、[スクラムの バックログ項目]、または [CMMI の 要件] が選択されていることを 確認しますCheck that you selected Stories for Agile, Issues for Basic, Backlog items for Scrum, or Requirements for CMMI as the backlog level. ここでは、スクラムプロセスの バックログ項目 を選択しました。Here we have selected Backlog Items for the Scrum process.

    製品バックログレベル、バックログ項目、ストーリー、または要件の選択のスクリーンショット (オンプレミスのバージョン)。Screenshot of select product backlog level, Backlog items, Stories, or Requirements, on-premises versions.

  1. かんばんボードを表示するには、web ブラウザーからプロジェクトを開きます。To view your Kanban board, open your project from a web browser. [作業 > バックログ > ストーリー] を選択し、[ボード] を選択します。Select Work > Backlogs > Stories, and then select Board.

    ポートフォリオかんばんボード、機能を開く

    作業内容 が表示されない場合は、画面のサイズが小さくなることがあります。If you don't see Work, your screen size might be reduced. 3つのドット ( ) アイコンを選択します。 次に、[ワーク > バックログ ボード] を選択し > ます。Then select Work > Backlogs > Board.

    画面のサイズが縮小されたときに作業を開く

  2. 別のチームを選択するには、プロジェクトとチームセレクターを開きます。To select another team, open the project and team selector. 別のチームを選択するか、[ 参照 ] オプションを選択します。Select a different team, or select the Browse option.

    別のチームを選択するSelect another team

    かんばんボードが表示されます。Your Kanban board appears.

    かんばんボード、アジャイル テンプレート

  1. かんばんボードを表示するには、web ブラウザーからプロジェクトを開きます。To view your Kanban board, open your project from a web browser. [作業 > バックログ > ストーリー] を選択し、[ボード] を選択します。Select Work > Backlogs > Stories, and then select Board.

    ポートフォリオかんばんボード、機能を開く

    作業内容 が表示されない場合は、画面のサイズが小さくなることがあります。If you don't see Work, your screen size might be reduced. 3つのドット ( ) アイコンを選択します。 次に、[ワーク > バックログ ボード] を選択し > ます。Then select Work > Backlogs > Board.

    画面のサイズが縮小されたときに作業を開く

  2. 別のチームを選択するには、プロジェクトとチームセレクターを開きます。To select another team, open the project and team selector. 別のチームを選択するか、[ 参照 ] オプションを選択します。Select a different team, or select the Browse option.

    [プロジェクト] メニューから別のチームを選択する

    かんばんボードが表示されます。Your Kanban board appears.

    TFS 2015、かんばんボード、アジャイルテンプレートTFS 2015, Kanban board, Agile template

作業項目の追加Add work items

かんばんボードでは、作業項目を追加して開いたり、変更したりできます。From the Kanban board, you can add work items, open them, and modify them. 作業項目を追加するには、 バックログ リンクを選択してバックログを開きます。To add work items, open the backlog by choosing the Backlog link. 作業項目を追加するには、プラス記号を選択し、 タイトルを入力して、enter キーを押します。

かんばんボード、新しい nav に新しい項目を追加するAdd a new item on Kanban board, new nav

また、プロダクトバックログの下部に作業項目を追加することもできます。Or, you can add work items to the bottom of the product backlog. バックログリンクを 選択して、バックログを開きます。Open the backlog by choosing the Backlog link.

かんばんボードから作業項目を追加することはできませんが、それらを開いて注釈を付けることができます。From the Kanban board, you can't add work items, but you can open them and annotate them. 作業項目を追加するには、 バックログ リンクを選択してバックログを開きます。To add work items, open the backlog by choosing the Backlog link. また、別の列にドラッグアンドドロップしたり、列内のカードの順序を変更したりすることによって、作業項目の状態を更新することはできません。Also, you can't update the status of a work item by drag-and-drop to a different column or reorder cards within a column.

作業項目の状態の更新Update status of work items

作業が1段階で完了したら、ダウンストリームステージにドラッグして項目の状態を更新します。As work completes in one stage, update the status of an item by dragging it to a downstream stage.

かんばんボード、アジャイルテンプレート、作業項目の更新状態のスクリーンショット。

注意

ドラッグアンドドロップ機能を使用して作業項目の状態を更新するには、Azure DevOps Server 2020.1 更新プログラムをインストールする必要があります。The drag-and-drop feature to update the work item state requires installation of Azure DevOps Server 2020.1 update. 詳細については、「 Azure DevOps Server 2020 Update 1 RC1 Release note」 (ボード)を参照してください。To learn more, see Azure DevOps Server 2020 Update 1 RC1 Release Notes, Boards.

作業項目への詳細の追加Add details to a work item

作業項目に情報を追加するには、タイトルをダブルクリックするか、タイトルを選択して Enter キーを押して開きます。To add information to a work item, open it by double-clicking the title or by selecting it and then typing Enter. 1つまたは複数のフィールド値の変更、説明の追加、 タグの追加、または ディスカッション セクションへのコメントの追加を行います。Change one or more field values, add a description, add a tag, or add a comment in the Discussion section. また、 ![ 添付ファイルアイコン 添付 ファイル] タブを選択し、他のユーザーと共有するためにファイルをドラッグアンドドロップまたはアップロードすることもできます。You can also choose the attachments icon Attachments tab and drag-and-drop or upload a file to share with others.

作業項目に情報を追加するには、タイトルをダブルクリックするか、タイトルを選択して Enter キーを押して開きます。To add information to a work item, open it by double-clicking the title or by selecting it and then typing Enter. 説明を追加したり、1つまたは複数のフィールド値を変更したり、 タグを追加したりします。Add a description, change one or more field values, or add a tag. また、 ![ 添付ファイルアイコン 添付 ファイル] タブを選択し、作業項目にファイルをアップロードして他のユーザーと共有することもできます。You can also choose the attachments icon Attachments tab and upload a file to the work item to share with others.

作業は、プロジェクトに追加されたユーザーにのみ割り当てることができます。You can only assign work to a user who has been added to the project.

注意

表示される作業項目フォームは、次の図のようなものとは異なる場合があります。The work item form you see may differ from those shown in the following images. 基本的な機能は同じですが、Azure DevOps の異なるバージョンで変更が加えられています。The basic functionality is the same, however, changes have been made with different versions of Azure DevOps.

たとえば、ここではストーリーをライザ Pokrovskaya に割り当て、ディスカッションノートを追加します。For example, here we assign the story to Raisa Pokrovskaya and we add a discussion note, at-mentioning Raisa. 完了したら、[ 保存 & 閉じる ] を選択します。Choose Save & Close when done.

ユーザーストーリー作業項目フォームのスクリーンショット、詳細の追加。Screenshot of User Story work item form, add details.

フィールドの説明Field descriptions


フィールドField

使用方法Usage


説明を 255 文字以下で入力します。Enter a description of 255 characters or less. タイトルは、いつでも後から変更できます。You can always modify the title later.


作業の実行を担当するチーム メンバーに、作業項目を割り当てます。Assign the work item to the team member responsible for performing the work. 作業中のコンテキストに応じて、ドロップダウンメニューにはチームメンバーまたはプロジェクトの共同作成者のみが表示されます。Depending on the context you are working in, the drop-down menu lists only team members or contributors to the project.

注意

作業は1人のユーザーにのみ割り当てることができます。You can only assign work to a single user. 複数のユーザーに作業を割り当てる必要がある場合は、各ユーザーに作業項目を追加し、タイトルと説明によって実行される作業を区別します。If you need to assign work to more than one user, add a work item for each user and distinguish the work to be done by title and description. 割り当て先ユーザー/グループフィールドは、 プロジェクトまたはチームに追加されたユーザーアカウントのみを受け入れます。The Assigned To field only accepts user accounts that have been added to a project or team.


作業項目が作成されたときの、状態の既定値はワークフローの最初の状態です。When the work item is created, the State defaults to the first state in the workflow. 作業の進行状況に応じて、現在の状態を反映するように更新します。As work progresses, update it to reflect the current status.


まず既定値を使用します。Use the default first. 必要に応じて状態を変更するときに更新します。Update it when you change state as need. 各状態には、既定の理由が関連付けられます。Each State is associated with a default reason.


製品またはチームに関連付けられている区分パスを選択するか、計画会議で割り当てられるまでの空白のままにします。Choose the area path associated with the product or team, or leave blank until assigned during a planning meeting. 区分のドロップダウンリストを変更するには、「 区分パスを定義してチームに割り当てる」を参照してください。To change the dropdown list of areas, see Define area paths and assign to a team.


作業を完了するスプリントまたはイテレーションを選択するか、空白のままにして、計画会議中に後で割り当てます。Choose the sprint or iteration in which the work is to be completed, or leave it blank and assign it later during a planning meeting. イテレーションのドロップダウンリストを変更するには、「 イテレーションパスを定義し、チームイテレーションを構成する」を参照してください。To change the drop-down list of iterations, see Define iteration paths and configure team iterations.


スコープの共有についての理解を深め、予測の取り組みをサポートするために十分な詳細情報を提供します。Provide enough detail to create shared understanding of scope and support estimation efforts. ユーザーにフォーカスを移動し、実行する内容とその理由を説明します。Focus on the user, what they want to accomplish, and why. 製品の開発方法については説明しません。Don't describe how to develop the product. チームが、項目を実装するためのタスクとテスト ケースを作成できるように、十分な詳細情報を提供する必要があります。Do provide sufficient details so that your team can write tasks and test cases to implement the item.


作業項目を閉じる前に満たす必要がある条件を指定します。Provide the criteria to be met before the work item can be closed. バックログ項目またはバグ修正が完全に実装されているかどうかを確認するためにチームで使用する条件を記述して、"完了" の意味を定義します。Define what "Done" means by describing the criteria for the team to use to verify whether the backlog item or bug fix is fully implemented. 作業を開始する前に、 顧客の受け入れ基準 をできるだけ明確に記述してください。Before work begins, describe the criteria for customer acceptance as clearly as possible. チームと顧客の間にメッセージ交換を行い、受け入れ基準を決定します。Have conversations between the team and customers to determine the acceptance criteria. これらの条件は、顧客の期待に応えるために、チーム内で共通の理解を得るのに役立ちます。These criteria help ensure a common understanding within the team to meet customers' expectations. また、この情報は受け入れテストの基礎となります。Also, this information provides the basis for acceptance testing.


ビジネスに関連する懸案事項またはタスクの主観的な評価。A subjective rating of the issue or task it relates to the business. 次の値を指定できます。You can specify the following values:

  • 1: 製品は、作業項目を正常に解決せずに出荷することはできません。また、できるだけ早く対処する必要があります。1: Product cannot ship without the successful resolution of the work item, and it should be addressed as soon as possible.
  • 2: 製品は作業項目を正常に解決せずに出荷できませんが、すぐに対処する必要はありません。2: Product cannot ship without the successful resolution of the work item, but it does not need to be addressed immediately.
  • 3: 作業項目の解決は、リソース、時間、およびリスクに基づいて省略可能です。3: Resolution of the work item is optional based on resources, time, and risk.
  • 4: 作業項目の解決は必要ありません。4: Resolution of the work item is not required.

ビジネスに関連する懸案事項またはタスクの主観的な評価。A subjective rating of the issue or task it relates to the business. 次の値を指定できます。You can specify the following values:

  • アーキテクチャ: ソリューションを提供するビジネス機能を実装するためのテクニカルサービス。Architectural: Technical services to implement business features that deliver solution .
  • ビジネス: お客様または利害関係者のニーズを満たすサービスで、ビジネスをサポートするために顧客価値を直接提供します (既定)。Business: Services that fulfill customers or stakeholder needs that directly deliver customer value to support the business (Default).

懸案事項を完了するために必要な作業量の相対的な推定値を指定します。Provide a relative estimate of the amount of work required to complete an issue. ほとんどのアジャイルメソッドでは、作業の相対的なサイズに基づいて、バックログ項目の見積もりを設定することをお勧めします。Most Agile methods recommend that you set estimates for backlog items based on relative size of work. このような方法には、2の累乗 (1、2、4、8) とフィボナッチシーケンス (1、2、3、5、8など) があります。Such methods include powers of 2 (1, 2, 4, 8) and the Fibonacci sequence (1, 2, 3, 5, 8, etc.). チームが希望する任意の数の測定単位を使用します。Use any numeric unit of measurement your team prefers.
設定した見積もりは、チームの ベロシティ予測のスプリントを計算するために使用されます。The estimates you set are used to calculate team velocity and forecast sprints.


作業項目へのタグの追加Add tags to a work item

タグは、バックログ、ボード、およびクエリのフィルター処理に役立ちます。Tags are useful for filtering backlogs, boards, and queries. 利害関係者は、作業項目に既存のタグを追加できますが、新しいタグを追加することはできません。As a Stakeholder, you can add existing tags to a work item, however, you can't add new tags.

Web ポータルで作業項目を開き、[タグの 追加 ] を選択して、既存のタグのキーワードを入力します。From the web portal, open a work item and choose Add tag and type a keyword of an existing tag. または、以前に割り当てたタグの一覧からクリックします。Or, select from the list of previously assigned tags.

作業項目フォームのスクリーンショット。1つ以上のタグを作業項目に追加します。Screenshot of work item form, Add one or more tags to a work item.

作業項目フォームのスクリーンショット、作業項目に1つ以上のタグを追加する TFS 2015 バージョン

タグバーに表示されるタグは、既に作業項目に割り当てられています。Tags that appear in the tag bar are already assigned to the work item. タグの割り当てを解除するには、タグの [x] を選択します。To unassign a tag, choose the x on the tag,作業項目に割り当てられたタグを削除する..

注意

既定では、パブリックプロジェクトのすべての共同作成者と利害関係者には、新規および既存のタグを追加するためのアクセス許可が付与されます。By default, all Contributors and Stakeholders of public projects are granted permissions to add new and existing tags. プライベートプロジェクトの利害関係者は、既に定義されているタグを追加できますが、新しいタグは追加できません。Stakeholders in private projects can add tags that are already defined, but not add new tags. 新しいタグを作成するためのアクセス許可を付与または制限するには、プロジェクトレベルで [ タグ定義の作成 ] を設定します。To grant or restrict permissions to create new tags, you set the permission Create tag definition at the project-level. 詳細については、「 管理者の追加」、「プロジェクトレベルまたはプロジェクトコレクションレベルでのアクセス許可の設定」を参照してください。To learn more, see Add administrators, set permissions at the project-level or project collection-level.

ディスカッションセクションのコメントを取得するCapture comments in the Discussion section

実行中の作業に関するコメントを追加して確認するには、[ ディスカッション ] セクションを使用します。Use the Discussion section to add and review comments made about the work being performed.

作業項目フォーム内のディスカッションセクションDiscussion section within a work item form

書式設定できる各テキストボックス内でカーソルをクリックすると、テキスト入力領域の下にリッチテキストエディターツールバーが表示されます。The rich text editor tool bar displays below the text entry area when you click your cursor within each text box that can be formatted.

ディスカッションセクション、新しいリッチテキストエディターツールバーDiscussion section, New Rich Text Editor toolbar

注意

ディスカッションの作業項目フィールドはありません。There is no Discussion work item field. ディスカッション領域に入力されたコメントを使用して作業項目をクエリするには、 [履歴 ] フィールドをフィルター処理します。To query work items with comments entered in the Discussion area, you filter on the History field. [ディスカッション] テキストボックスに入力したテキストの完全な内容が、[履歴] フィールドに追加されます。The full content of the text entered into the Discussion text box is added to the History field.

だれか、グループ、作業項目、プル要求 (、、 または  プル要求 id アイコン) について説明します

これらのアイコン — 、、またはプル要求 id アイコンのいずれかを選択して、  — 他のユーザーに対して行った最近のエントリのメニューを開いたり、作業項目にリンクしたり、プル要求にリンクしたりします。 または、、 @ # 、またはを入力するだけです。Or, you can simply type @, #, or ! を開くと、同じメニューが表示されます。to open the same menu.

ディスカッションセクション、 @mention ドロップダウンメニューDiscussion section, @mention drop-down menu

注意

リッチテキストエディターの最新バージョンには、2019 Update 1 以降のバージョン Azure DevOps Server が必要です。This latest version of the rich text editor requires Azure DevOps Server 2019 Update 1 or later version.

名前を入力するか、数値を入力すると、メニューリストによってエントリに一致するフィルターが適用されます。Type a name, or enter a number and the menu list will filter to match your entry. 追加するエントリを選択します。Choose the entry you want to add. チームやセキュリティグループなどのグループ名を入力して、グループをディスカッションに入れることができ @ ます。You can bring a group into the discussion by typing @ and the group name, such as a team or security group.

コメントを編集または削除するEdit or delete a comment

ディスカッションコメントを編集または削除する必要がある場合は、[編集] を選択する か、[ アクション] アイコンを選択してから [削除] を選択します。

ディスカッションセクション、編集、削除アクションDiscussion section, Edit, Delete actions

注意

編集/削除機能には、2019更新プログラム1以降のバージョン Azure DevOps Server が必要です。The edit/delete feature requires Azure DevOps Server 2019 Update 1 or later version.

コメントを更新したら、[ 更新] を選択します。After updating the comment, choose Update. コメントを削除するには、削除することを確認する必要があります。To delete the comment, you'll need to confirm that you want to delete it.

編集および削除されたすべてのコメントの完全な監査証跡は、作業項目フォームの [ 履歴 ] タブに保持されます。A full audit trail of all edited and deleted comments is maintained in the History tab on the work item form.

@mention コントロールを使用して、ディスカッションについて別のチームメンバーに通知します。Use the @mention control to notify another team member about the discussion. @ とその名前を入力するだけです。Simply type @ and their name. 作業項目を参照するには、 #ID コントロールを使用します。To reference a work item, use the #ID control. # 」と入力すると、最近参照した作業項目の一覧が表示され、そこから選択できます。Type # and a list of work items that you've recently referenced will appear from which you can select.

作業項目を参照するには、 #ID コントロールを使用します。To reference a work item, use the #ID control. # 」と入力すると、最近参照した作業項目の一覧が表示され、そこから選択できます。Type # and a list of work items that you've recently referenced will appear from which you can select.

入力したコメントは編集または削除できないことに注意してください。Note that you can't edit or delete comments once they've been entered.

重要

オンプレミスの Azure DevOps Server では、チームメンバーが通知を受け取るためには、 SMTP サーバーを構成する必要があり ます。For on-premises Azure DevOps Server, you must configure an SMTP server in order for team members to receive notifications.

コメントへの反応の追加Add a reaction to a comment

コメントには、1つまたは複数の反応を追加できます。You can add one or more reactions to any comment. コメントの右上隅にあるスマイルアイコンを選択するか、既存の反応の横にあるコメントの下部にあるアイコンから選択します。Choose a smiley icon at the upper-right corner of any comment or choose from the icons at the bottom of a comment next to any existing reactions. 反応を削除するには、コメントの下部にある反応をクリックします。To remove your reaction, click the reaction on the bottom of your comment. 次に示すのは、反応を追加する操作の例と、コメントに対する反応の表示です。The following shows an example of the experience of adding a reaction, as well as the display of reactions on a comment.

コメントへの反応の追加Add reactions to a comment

バックログと優先順位が付けられた作業の確認Check the backlog and prioritized work

プロダクトバックログを確認して、チームがどのように優先順位付けされた作業を行っているかを確認できます。You can check the product backlog to see how the team has prioritized work. バックログ項目は優先順位に従って表示されます。Backlog items appear in priority order. 作業項目の種類には、チームに対して行われた設定に応じてバグが含まれる場合があります。Work item types may include bugs depending on the settings made for the team.

かんばんボードで、[ バックログとして表示] を選択します。From the Kanban board, choose View as backlog.

バックログの表示のリンクのスクリーンショット、クラウドバージョン。Screenshot of link to view Backlog, cloud version.

かんばんボードで、[ バックログとして表示] を選択します。From the Kanban board, choose View as backlog.

バックログを表示するためのリンクのスクリーンショット (オンプレミスのバージョン)。Screenshot of link to view Backlog, on-premises version.

かんばんボードで、[ バックログ] を選択します。From the Kanban board, choose Backlog.

バックログ、TFDS 2018、およびそれ以前のバージョンを表示するためのリンクのスクリーンショット。Screenshot of link to view Backlog, TFDS 2018 and earlier versions.

[優先順位] に一覧表示されるバックログ項目の一覧が表示されます。You should see the list of backlog items listed in priority order. 一覧の下部に配置されるバックログ項目を追加できます。You can add a backlog item which will be placed at the bottom of the list. 利害関係者アクセスでは、作業の優先順位を再設定することはできません。With Stakeholder access, you can't re-prioritize work.

作業項目を表示または編集するには、作業項目を選択し、 Enter キー を押します。To view or edit a work item, select it and choose Enter.

割り当てられている作業、または他の作業項目のクエリの検索Find work assigned to you, or query for other work items

  1. [ 作業項目>ボード] を選択し、[ 自分に割り当て] を選択します。Choose Boards>Work Items, and then select Assigned to me.

    [作業]、[作業項目] ページ、[自分に割り当て] を選択Work, Work Items page, Choose Assigned to Me

    次に示すように、7つのピボットのいずれかを使用して、プロジェクト内の関連する項目にフォーカスを移すことができます。You can focus on relevant items inside a project using one of the seven pivots as described next. また、各ピボットビューをフィルター処理したり並べ替えたりすることができます。Additionally, you can filter and sort each pivot view. 詳細について は、「作業項目ページを使用した作業項目の表示と追加」を参照してください。For details, see View and add work items using the Work Items page.

  2. 作業項目を照会するには、「 作業項目クエリの表示、実行、または電子メールの送信」を参照してください。To query for work items, see View, run, or email a work item query.

  1. [ Work>クエリ ] を開き、[ 担当 者] を選択して、割り当てられている作業項目の一覧を表示します。Open Work>Queries and select Assigned to me to see the list of work items assigned to you.

    クエリ ページ、項目が自分に割り当てられている

  2. または共有クエリ フォルダーに定義されているいずれかのクエリを開きます。Or, open any of the queries defined in the Shared Queries folder.

    共有クエリを実行する

  3. また、新しいクエリを作成したり、既存のクエリを編集してマイクエリフォルダーに保存したりすることができます。And, you can create new queries or edit existing queries and save them under My Queries folder.

    クエリ エディター

利害関係者が使用できる機能Features and functions available to Stakeholders

利害関係者アクセスを使用すると、ユーザーは作業項目の作成と変更、およびクエリの作成と保存を行うことができます。With Stakeholder access, users can create and modify work items and create and save queries. 多くの Azure Boards 機能へのアクセスは制限されています。They have limited access to many of the Azure Boards features. また、管理者のアクセス許可を付与したり、管理グループに追加したりすると、リリースパイプラインを表示して承認したり、管理タスクを実行したりすることもできます。They also can view and approve release pipelines and perform administrative tasks when granted administrative permissions or added to an administrative group.

注意

使用できない機能を選択する利害関係者は、一部のインスタンスで、タスクを完了するためのアクセス許可がないことを示すエラーメッセージを受信する場合があります。Stakeholders that choose a feature that's not available to them may in some instances receive an error message indicating that they don't have permissions to complete a task.

パブリックとプライベートの機能のアクセスPublic versus private feature access

利害関係者アクセスでは、プライベートプロジェクトとパブリックプロジェクトのどちらで作業しているかによって、機能へのアクセスが異なる方法で付与されます。Stakeholder access grants access to features differently depending on whether you're working from a private or a public project. パブリックプロジェクトの詳細については、「 パブリックプロジェクトとは」を参照してください。To learn more about public projects, see What is a public project?.

サービス、アプリケーション、または設定Service, application, or setting プライベートプロジェクトPrivate project パブリック プロジェクトPublic project
ダッシュボードDashboards 部分的なアクセスPartial access フル アクセスFull access
Wiki (プロジェクト wiki)Wiki (Project wiki) 部分的なアクセスPartial access フル アクセスFull access
Wiki (Code wiki)Wiki (Code wiki) アクセス権なしNo access フル アクセスFull access
Azure BoardsAzure Boards 部分的なアクセスPartial access フル アクセスFull access
Azure ReposAzure Repos アクセス権なしNo access フル アクセスFull access
Azure PipelinesAzure Pipelines フル アクセスFull access フル アクセスFull access
Azure Test PlansAzure Test Plans アクセス権なしNo access アクセス権なしNo access
Azure ArtifactsAzure Artifacts フル アクセスFull access フル アクセスFull access
通知Notifications フル アクセスFull access フル アクセスFull access
セマンティック検索Semantic search フル アクセスFull access フル アクセスFull access
プロジェクト設定Project settings 部分的なアクセスPartial access 部分的なアクセスPartial access
組織の設定Organization settings 部分的なアクセスPartial access 部分的なアクセスPartial access

利害関係者アクセス権を持つユーザーは使用できない機能Features not available to users with Stakeholder access

利害関係者が、 — 製品所有者、チームリーダー、開発者、テスト担当者、およびプロジェクト管理者の1日の作業をサポートする次の機能にアクセスする必要がある場合は、 — 基本的な アクセスを提供する必要があります。If a Stakeholder needs access to one or more of the following features—which support the daily work of product owners, team leads, developers, testers, and project administrators—you need to provide them Basic access.

注意

利害関係者が一部の機能に対して権限を付与されている場合でも、そのアクセスレベルによって機能へのアクセスが許可されることはありません明示的。Even if Stakeholders are explicity granted permissions to some features, they are disallowed access to the feature due to their access level. 利用できない機能を選択した利害関係者は、タスクを完了するためのアクセス許可を持っていないことを示すエラーメッセージを受け取ります。Stakeholders that choose a feature that's not available to them receive an error message indicating that they don't have permissions to complete the task.

プライベートプロジェクトの場合:For Private projects:

  • バックログまたはボード内の項目の優先順位を変更するChange the priority of an item within a backlog or board
  • 作業項目を削除する、または作業項目を別のプロジェクトに移動するDelete work items or move work items to another project
  • かんばんボードまたは Taskboard のカードのフィールドを変更する (州フィールドを除く)Change fields on cards on a Kanban board or Taskboard, except for State field
  • 作業項目をバックログからマッピングウィンドウ (親作業項目) または計画ウィンドウにドラッグアンドドロップ (スプリントに割り当てる場合)Drag-and-drop work items from a Backlog to the Mapping pane (parent a work item) or Planning pane (to assign to a sprint)
  • 新しい作業項目タグの追加Add new work item tags
  • 共有クエリの作成、クエリグラフの表示、およびホームページの変更Create shared queries, view query charts, and modify the home page
  • 配信計画の表示View Delivery Plans
  • パイプラインリポジトリ、または Test Plans のすべての機能のセットにアクセスします。Access the full set of features under Pipelines, Repos, or Test Plans.

パブリックプロジェクトの場合:For Public projects:

  • 配信計画の表示 (Marketplace 拡張機能)View Delivery Plans (a Marketplace extension)
  • リポジトリ または Test Plans の下にある機能の完全なセットにアクセスします。Access the full set of features under Repos or Test Plans.
  • バックログまたはボード内の項目の優先順位を変更するChange the priority of an item within a backlog or board
  • 作業項目を削除する、または作業項目を別のプロジェクトに移動するDelete work items or move work items to another project
  • かんばんボードまたは Taskboard のカードのフィールドを変更する (州フィールドを除く)Change fields on cards on a Kanban board or Taskboard, except for State field
  • 作業項目をバックログからマッピングウィンドウ (親作業項目) または計画ウィンドウにドラッグアンドドロップ (スプリントに割り当てる場合)Drag-and-drop work items from a Backlog to the Mapping pane (parent a work item) or Planning pane (to assign to a sprint)
  • 新しい作業項目タグの追加Add new work item tags
  • 共有クエリの作成、クエリグラフの表示、およびホームページの変更Create shared queries, view query charts, and modify the home page
  • 配信計画の表示 (Marketplace 拡張機能)View Delivery Plans (a Marketplace extension)
  • パイプラインリポジトリ、または Test Plans のすべての機能のセットにアクセスします。Access the full set of features under Pipelines, Repos, or Test Plans.
  • かんばんボードまたは Taskboard で作業項目をある列から別の列にドラッグアンドドロップして、作業項目の状態を変更するDrag-and-drop work items from one column to another on a Kanban board or Taskboard to change the work item state
  • バックログまたはボード内の項目の優先順位を変更するChange the priority of an item within a backlog or board
  • 作業項目を削除する、または作業項目を別のプロジェクトに移動するDelete work items or move work items to another project
  • かんばんボードまたは Taskboard でカードのフィールドを変更するChange fields on cards on a Kanban board or Taskboard
  • 作業項目をバックログからマッピングウィンドウ (親作業項目) または計画ウィンドウにドラッグアンドドロップ (スプリントに割り当てる場合)Drag-and-drop work items from a Backlog to the Mapping pane (parent a work item) or Planning pane (to assign to a sprint)
  • 新しい作業項目タグの追加Add new work item tags
  • 共有クエリの作成、クエリグラフの表示、およびホームページの変更Create shared queries, view query charts, and modify the home page
  • 配信計画の表示 (Marketplace 拡張機能)View Delivery Plans (a Marketplace extension)
  • パイプラインリポジトリ、または Test Plans のすべての機能のセットにアクセスします。Access the full set of features under Pipelines, Repos, or Test Plans.
  • かんばんボードまたは Taskboard で作業項目をある列から別の列にドラッグアンドドロップして、作業項目の状態を変更するDrag-and-drop work items from one column to another on a Kanban board or Taskboard to change the work item state
  • バックログまたはボード内の項目の優先順位を変更するChange the priority of an item within a backlog or board
  • 作業項目を削除する、または作業項目を別のプロジェクトに移動するDelete work items or move work items to another project
  • かんばんボードまたは Taskboard でカードのフィールドを変更するChange fields on cards on a Kanban board or Taskboard
  • 作業項目をバックログからマッピングウィンドウ (親作業項目) または計画ウィンドウにドラッグアンドドロップ (スプリントに割り当てる場合)Drag-and-drop work items from a Backlog to the Mapping pane (parent a work item) or Planning pane (to assign to a sprint)
  • 新しい作業項目タグの追加Add new work item tags
  • 共有クエリの作成、クエリグラフの表示、およびホームページの変更Create shared queries, view query charts, and modify the home page
  • 配信計画の表示 (Marketplace 拡張機能)View Delivery Plans (a Marketplace extension)
  • コードビルド、リリース、または テスト のすべての機能のセットにアクセスします。Access the full set of features under Code, Build and Release, or Test.
  • バックログ内の項目の優先度を変更するChange the priority of an item within a backlog
  • 作業項目の削除Delete work items
  • かんばんボードで作業項目を追加したり、作業項目をドラッグアンドドロップしたり、カードのフィールドを変更したりするAdd work items, drag-and-drop work items, or change fields on cards on a Kanban board
  • 新しい作業項目タグの追加Add new work item tags
  • 共有クエリの作成、グラフの表示、およびダッシュボードの変更Create shared queries, view charts, and modify dashboards
  • 配信計画の表示 (Marketplace 拡張機能)View Delivery Plans (a Marketplace extension)
  • コードビルド、リリース、または テスト の下にある機能の完全なセットにアクセスするAccess the full set of features under Code, Build and Release, or Test
  • チームルームに参加して、プロジェクトに関する対話型の詳細なメッセージ交換をキャプチャします。Participate in team rooms, which capture interactive, detailed conversations about the project.
  • バックログ内の項目の優先度を変更するChange the priority of an item within a backlog
  • 作業項目の削除Delete work items
  • かんばんボードで作業項目を追加したり、作業項目をドラッグアンドドロップしたり、カードのフィールドを変更したりするAdd work items, drag-and-drop work items, or change fields on cards on a Kanban board
  • 新しい作業項目タグの追加Add new work item tags
  • 共有クエリの作成、グラフの表示、およびホーム ページの変更Create shared queries, view charts, and modify the home page
  • コードビルド、リリース、または テスト の下にある機能の完全なセットにアクセスするAccess the full set of features under Code, Build and Release, or Test
  • チームルームに参加して、プロジェクトに関する対話型の詳細なメッセージ交換をキャプチャします。Participate in team rooms, which capture interactive, detailed conversations about the project.

利害関係者と基本アクセスの比較表については、この 機能マトリックスを参照してください。For a comparison chart of Stakeholder versus Basic access, see this feature matrix. 次のクイックスタートガイドも参照してください。See also these quickstart guides: