Azure DNS を使用して Azure サービス用のカスタム ドメイン設定を提供するUse Azure DNS to provide custom domain settings for an Azure service

Azure DNS は、カスタム ドメインをサポートする、または完全修飾ドメイン名 (FQDN) を持つ任意の Azure リソースに対して、カスタム ドメインの DNS を提供します。Azure DNS provides DNS for a custom domain for any of your Azure resources that support custom domains or that have a fully qualified domain name (FQDN). たとえば、Azure Web アプリがあり、ユーザーが FQDN として contoso.com または www.contoso.com を使用してそのアプリにアクセスできるようにします。An example is you have an Azure web app and you want your users to access it by either using contoso.com, or www.contoso.com as an FQDN. この記事では、カスタム ドメインを使用するために Azure サービスと Azure DNS を構成する方法について説明します。This article walks you through configuring your Azure service with Azure DNS for using custom domains.

前提条件Prerequisites

カスタム ドメインのために Azure DNS を使用するには、まずドメインを Azure DNS に委任する必要があります。In order to use Azure DNS for your custom domain, you must first delegate your domain to Azure DNS. ネーム サーバーを委任のために構成する方法については、Delegate a domain to Azure DNSを参照してください。Visit Delegate a domain to Azure DNS for instructions on how to configure your name servers for delegation. Azure DNS ゾーンにドメインを委任した後、必要な DNS レコードを構成できます。Once your domain is delegated to your Azure DNS zone, you are able to configure the DNS records needed.

Azure Function Appパブリック IP アドレスApp Service (Web Apps)BLOB ストレージ、および Azure CDN 用のバニティまたはカスタム ドメインを構成できます。You can configure a vanity or custom domain for Azure Function Apps, Public IP addresses, App Service (Web Apps), Blob storage, and Azure CDN.

Azure Function AppAzure Function App

Azure Function App 用のカスタム ドメインを構成するために、Function App 自体での構成に加えて CNAME レコードが作成されます。To configure a custom domain for Azure function apps, a CNAME record is created as well as configuration on the function app itself.

[Function App] に移動して関数アプリを選択します。Navigate to Function App and select your function app. [プラットフォーム機能] をクリックし、 [ネットワーク][カスタム ドメイン] をクリックします。Click Platform features and under Networking click Custom domains.

Function App ブレード

[Custom domains] (カスタム ドメイン) ブレードの現在の URL をメモしてください。このアドレスは、作成される DNS レコードの別名として使用されます。Note the current url on the Custom domains blade, this address is used as the alias for the DNS record created.

カスタム ドメイン ブレード

DNS ゾーンに移動して [+ Record set] (レコード セットの追加) をクリックします。Navigate to your DNS Zone and click + Record set. [Add record set] (レコード セットの追加) ブレードで次の情報を入力し、 [OK] をクリックして作成します。Fill out the following information on the Add record set blade and click OK to create it.

プロパティProperty Value 説明Description
NameName myfunctionappmyfunctionapp この値とドメイン名ラベルを合わせたものが、カスタム ドメイン名の FQDN です。This value along with the domain name label is the FQDN for the custom domain name.
TypeType CNAMECNAME CNAME レコードを別名として使用します。Use a CNAME record is using an alias.
TTLTTL 11 1 時間には 1 を使用します1 is used for 1 hour
TTL の単位TTL unit 時間Hours 時間数は時間の単位として使用されますHours are used as the time measurement
エイリアスAlias adatumfunction.azurewebsites.netadatumfunction.azurewebsites.net 別名を作成している DNS 名。この例では、既定で Function App によって提供される adatumfunction.azurewebsites.net という DNS 名です。The DNS name you are creating the alias for, in this example it is the adatumfunction.azurewebsites.net DNS name provided by default to the function app.

関数アプリに戻って [プラットフォーム機能] をクリックし、 [ネットワーク][カスタム ドメイン] をクリックし、 [カスタム ホスト名][+ ホスト名の追加] をクリックします。Navigate back to your function app, click Platform features, and under Networking click Custom domains, then under Custom Hostnames click + Add hostname.

[Add hostname] (ホスト名の追加) ブレードで、CNAME レコードを [hostname] (ホスト名) テキスト フィールドに入力して [Validate] (検証) をクリックします。On the Add hostname blade, enter the CNAME record in the hostname text field and click Validate. レコードが見つからなかった場合、 [ホスト名の追加] ボタンが表示されます。If the record is found, the Add hostname button appears. [Add hostname] (ホスト名の追加) をクリックして別名を追加します。Click Add hostname to add the alias.

Function App のホスト名追加ブレード

パブリック IP アドレスPublic IP address

Application Gateway、Load Balancer、Cloud Service、Resource Manager VM、Classic VM などの、パブリック IP アドレスを使用するサービス用のカスタム ドメインを構成するために、A レコードが使用されます。To configure a custom domain for services that use a public IP address resource such as Application Gateway, Load Balancer, Cloud Service, Resource Manager VMs, and, Classic VMs, an A record is used.

[Networking] (ネットワーク) > [Public IP address] (パブリック IP アドレス) に移動し、パブリック IP リソースを選択して [Configuration] (構成) をクリックします。Navigate to Networking > Public IP address, select the Public IP resource and click Configuration. 表示されている IP address をメモします。Notate the IP address shown.

パブリック IP ブレード

DNS ゾーンに移動して [+ Record set] (レコード セットの追加) をクリックします。Navigate to your DNS Zone and click + Record set. [Add record set] (レコード セットの追加) ブレードで次の情報を入力し、 [OK] をクリックして作成します。Fill out the following information on the Add record set blade and click OK to create it.

プロパティProperty Value 説明Description
NameName mywebservermywebserver この値とドメイン名ラベルを合わせたものが、カスタム ドメイン名の FQDN です。This value along with the domain name label is the FQDN for the custom domain name.
TypeType AA リソースは IP アドレスなので、A レコードを使用します。Use an A record as the resource is an IP address.
TTLTTL 11 1 時間には 1 を使用します1 is used for 1 hour
TTL の単位TTL unit 時間Hours 時間数は時間の単位として使用されますHours are used as the time measurement
IP アドレスIP Address <your ip address> パブリック IP アドレス。The public IP address.

A レコードを作成する

A レコードが作成されたら、nslookup を実行してレコードの解決を検証します。Once the A record is created, run nslookup to validate the record resolves.

パブリック IP DNS 参照

App Service (Web Apps)App Service (Web Apps)

次の手順では、App Service Web アプリ用のカスタム ドメインを構成する方法を説明します。The following steps take you through configuring a custom domain for an app service web app.

[App Service] に移動し、カスタム ドメイン名を構成しているリソースを選択して、 [カスタム ドメイン] をクリックします。Navigate to App Service and select the resource you are configuring a custom domain name, and click Custom domains.

[Custom domains] (カスタム ドメイン) ブレードの現在の URL をメモしてください。このアドレスは、作成される DNS レコードの別名として使用されます。Note the current url on the Custom domains blade, this address is used as the alias for the DNS record created.

カスタム ドメイン ブレード

DNS ゾーンに移動して [+ Record set] (レコード セットの追加) をクリックします。Navigate to your DNS Zone and click + Record set. [Add record set] (レコード セットの追加) ブレードで次の情報を入力し、 [OK] をクリックして作成します。Fill out the following information on the Add record set blade and click OK to create it.

プロパティProperty Value 説明Description
NameName mywebservermywebserver この値とドメイン名ラベルを合わせたものが、カスタム ドメイン名の FQDN です。This value along with the domain name label is the FQDN for the custom domain name.
TypeType CNAMECNAME CNAME レコードを別名として使用します。Use a CNAME record is using an alias. リソースが IP アドレスを使用していた場合、A レコードが使用されます。If the resource used an IP address, an A record would be used.
TTLTTL 11 1 時間には 1 を使用します1 is used for 1 hour
TTL の単位TTL unit 時間Hours 時間数は時間の単位として使用されますHours are used as the time measurement
エイリアスAlias webserver.azurewebsites.netwebserver.azurewebsites.net 別名を作成している DNS 名。この例では、既定で Web アプリに与えられる webserver.azurewebsites.net という DNS 名です。The DNS name you are creating the alias for, in this example it is the webserver.azurewebsites.net DNS name provided by default to the web app.

CNAME レコードを作成する

カスタム ドメイン名が構成されているアプリ サービスに戻ります。Navigate back to the app service that is configured for the custom domain name. [Custom domains] (カスタム ドメイン) をクリックし、 [Hostnames] (ホスト名) をクリックします。Click Custom domains, then click Hostnames. 作成した CNAME レコードを追加するには、 [+ Add hostname] (ホスト名の追加) をクリックします。To add the CNAME record you created, click + Add hostname.

図 1

プロセスが完了したら、nslookup を実行して、名前解決が機能していることを検証します。Once the process is complete, run nslookup to validate name resolution is working.

図 1

カスタム ドメインを App Service にマッピングする方法について、詳しくは既存のカスタム DNS 名を Azure Web Apps にマップするを参照してください。To learn more about mapping a custom domain to App Service, visit Map an existing custom DNS name to Azure Web Apps.

カスタム ドメインを購入する必要がある場合、App Service ドメインの詳細についてBuy a custom domain name for Azure Web Appsを参照してください。If you need to purchase a custom domain, visit Buy a custom domain name for Azure Web Apps to learn more about App Service domains.

BLOB ストレージBlob storage

次の手順では、asverify の手法を使用して BLOB ストレージ アカウント用の CNAME レコードを構成する方法を説明します。The following steps take you through configuring a CNAME record for a blob storage account using the asverify method. この手法はダウンタイムがないことを保証します。This method ensures there is no downtime.

[Storage] (ストレージ) > [Storage Accounts] (ストレージ アカウント) に移動し、ストレージ アカウントを選択し、 [Custom domain] (カスタム ドメイン) をクリックします。Navigate to Storage > Storage Accounts, select your storage account, and click Custom domain. ステップ 2 の FQDN をメモします。この値は、最初の CNAME レコードを作成するために使用されますNotate the FQDN under step 2, this value is used to create the first CNAME record

BLOB ストレージのカスタム ドメイン

DNS ゾーンに移動して [+ Record set] (レコード セットの追加) をクリックします。Navigate to your DNS Zone and click + Record set. [Add record set] (レコード セットの追加) ブレードで次の情報を入力し、 [OK] をクリックして作成します。Fill out the following information on the Add record set blade and click OK to create it.

プロパティProperty Value 説明Description
NameName asverify.mystorageaccountasverify.mystorageaccount この値とドメイン名ラベルを合わせたものが、カスタム ドメイン名の FQDN です。This value along with the domain name label is the FQDN for the custom domain name.
TypeType CNAMECNAME CNAME レコードを別名として使用します。Use a CNAME record is using an alias.
TTLTTL 11 1 時間には 1 を使用します1 is used for 1 hour
TTL の単位TTL unit 時間Hours 時間数は時間の単位として使用されますHours are used as the time measurement
エイリアスAlias asverify.adatumfunctiona9ed.blob.core.windows.netasverify.adatumfunctiona9ed.blob.core.windows.net 別名を作成している DNS 名。この例では、既定でストレージ アカウントに与えられる asverify.adatumfunctiona9ed.blob.core.windows.net という DNS 名です。The DNS name you are creating the alias for, in this example it is the asverify.adatumfunctiona9ed.blob.core.windows.net DNS name provided by default to the storage account.

[Storage] (ストレージ) > [Storage Accounts] (ストレージ アカウント) をクリックしてストレージ アカウントに戻り、ストレージ アカウントを選択して [Custom domain] (カスタム ドメイン) をクリックします。Navigate back to your storage account by clicking Storage > Storage Accounts, select your storage account and click Custom domain. 作成した別名から asverify プレフィックスを除いたものをテキスト ボックスに入力し、[**Use indirect CNAME] (**間接 CNAME を使用) 検証をチェックし、 [Save] (保存) をクリックします。Type in the alias you created without the asverify prefix in the text box, check **Use indirect CNAME validation, and click Save. この手順が完了したら、DNS ゾーンに戻り、asverify プレフィックスなしで CNAME レコードを作成します。Once this step is complete, return to your DNS zone and create a CNAME record without the asverify prefix. それ以降は、cdnverify プレフィックスの付いた CNAME レコードを削除しても安全です。After that point, you are safe to delete the CNAME record with the cdnverify prefix.

BLOB ストレージのカスタム ドメイン

nslookup を実行して DNS 解決を検証するValidate DNS resolution by running nslookup

カスタム ドメインを BLOB ストレージ エンドポイントにマップする方法について、詳しくはBLOB ストレージ エンドポイントのカスタム ドメイン名の構成を参照してください。To learn more about mapping a custom domain to a blob storage endpoint visit Configure a custom domain name for your Blob storage endpoint

Azure CDNAzure CDN

次の手順では、cdnverify の手法を使用して、CDN エンドポイント用の CNAME レコードを構成する方法を説明します。The following steps take you through configuring a CNAME record for a CDN endpoint using the cdnverify method. この手法はダウンタイムがないことを保証します。This method ensures there is no downtime.

[ネットワーク] > [CDN Profiles](CDN プロファイル) の順に移動し、CDN プロファイルを選択します。Navigate to Networking > CDN Profiles, select your CDN profile.

対象のエンドポイントを選択して [+ Custom domain] (カスタム ドメインの追加) をクリックします。Select the endpoint you are working with and click + Custom domain. [Endpoint hostname] (エンドポイントのホスト名) の値は CNAME レコードが指すレコードであるため、これをメモします。Note the Endpoint hostname as this value is the record that the CNAME record points to.

CDN カスタム ドメイン

DNS ゾーンに移動して [+ Record set] (レコード セットの追加) をクリックします。Navigate to your DNS Zone and click + Record set. [Add record set] (レコード セットの追加) ブレードで次の情報を入力し、 [OK] をクリックして作成します。Fill out the following information on the Add record set blade and click OK to create it.

プロパティProperty Value 説明Description
NameName cdnverify.mycdnendpointcdnverify.mycdnendpoint この値とドメイン名ラベルを合わせたものが、カスタム ドメイン名の FQDN です。This value along with the domain name label is the FQDN for the custom domain name.
TypeType CNAMECNAME CNAME レコードを別名として使用します。Use a CNAME record is using an alias.
TTLTTL 11 1 時間には 1 を使用します1 is used for 1 hour
TTL の単位TTL unit 時間Hours 時間数は時間の単位として使用されますHours are used as the time measurement
エイリアスAlias cdnverify.adatumcdnendpoint.azureedge.netcdnverify.adatumcdnendpoint.azureedge.net 別名を作成している DNS 名。この例では、既定でストレージ アカウントに与えられる cdnverify.adatumcdnendpoint.azureedge.net という DNS 名です。The DNS name you are creating the alias for, in this example it is the cdnverify.adatumcdnendpoint.azureedge.net DNS name provided by default to the storage account.

[Networking] (ネットワーク) > [CDN Profiles] (CDN プロファイル) をクリックして CDN エンドポイントに戻り、CDN プロファイルを選択します。Navigate back to your CDN endpoint by clicking Networking > CDN Profiles, and select your CDN profile. [+ Custom domain] (カスタム ドメインの追加) をクリックし、CNAME レコードの別名から cdnverify プレフィックスを除いたものを入力して [Add] (追加) をクリックします。Click + Custom domain and enter your CNAME record alias without the cdnverify prefix and click Add.

この手順が完了したら、DNS ゾーンに戻り、cdnverify プレフィックスなしで CNAME レコードを作成します。Once this step is complete, return to your DNS zone and create a CNAME record without the cdnverify prefix. それ以降は、cdnverify プレフィックスの付いた CNAME レコードを削除しても安全です。After that point, you are safe to delete the CNAME record with the cdnverify prefix. CDN の詳細と、中間登録手順なしでカスタム ドメインを構成する方法については、カスタム ドメインへの Azure CDN コンテンツのマッピングを参照してください。For more information on CDN and how to configure a custom domain without the intermediate registration step visit Map Azure CDN content to a custom domain.

次の手順Next steps

Azure でホストされているサービスの逆引き DNS を構成する方法について説明します。Learn how to configure reverse DNS for services hosted in Azure.