Azure HPC Cache と Azure NetApp Files を使用するUse Azure HPC Cache with Azure NetApp Files

Azure HPC Cache のストレージ ターゲットとして Azure NetApp Files を使用できます。You can use Azure NetApp Files as a storage target for your Azure HPC Cache. この記事では、2 つのサービスがどのように連携するかを説明し、それらを設定するためのヒントを提供します。This article explains how the two services can work together, and gives tips for setting them up.

Azure NetApp Files では、その ONTAP オペレーティング システムと、Microsoft Azure のスケーラビリティとスピードが組み合わされます。Azure NetApp Files combines their ONTAP operating system with the scalability and speed of Microsoft Azure. この組み合わせにより、ユーザーはコードを書き直すことなく、確立されたワークフローをクラウドに移行できます。This combination lets users shift established workflows to the cloud without rewriting code.

Azure HPC Cache コンポーネントを追加すると、複数の Azure NetApp Files ボリュームが 1 つの集約された名前空間に表示されるため、ファイル アクセスが向上します。Adding an Azure HPC Cache component can improve file access by presenting multiple Azure NetApp Files volumes in one aggregated namespace. 別のサービス リージョンにあるボリュームのエッジ キャッシュを提供できます。It can provide edge caching for volumes located in a different service region. また、低レベルのサービス レベルで作成されたボリュームのパフォーマンスを必要に応じて向上させ、コストを節約することもできます。It also can improve performance on demand for volumes that were created at lower-tier service levels to save cost.

概要Overview

Azure HPC Cache で Azure NetApp Files システムをバックエンド ストレージとして使用するには、次の手順に従います。To use an Azure NetApp Files system as back-end storage with Azure HPC Cache, follow this process.

  1. システムを計画する (下記)」のガイダンスに従い、 Azure NetApp Files システムとボリュームを作成します。Create the Azure NetApp Files system and volumes according to the guidance in Plan your system, below.
  2. ファイル アクセスが必要なリージョンに Azure HPC Cache を作成します。Create the Azure HPC Cache in the region where you need file access. (「Azure HPC Cache を作成する」の手順に従います。)(Use the instructions in Create an Azure HPC Cache.)
  3. Azure NetApp Files ボリュームを指すキャッシュのストレージ ターゲットを定義しますDefine storage targets in the cache that point to the Azure NetApp Files volumes. ボリュームへのアクセスに使用する一意の IP アドレスごとに 1 つのキャッシュ ストレージ ターゲットを作成します。Create one cache storage target for each unique IP address used to access the volumes.
  4. Azure NetApp Files ボリュームを直接マウントするのではなく、クライアントに Azure HPC Cache をマウントさせます。Have clients mount the Azure HPC Cache instead of mounting Azure NetApp Files volumes directly.

Azure NetApp Files システムを計画するPlan your Azure NetApp Files system

Azure NetApp Files システムを計画するときは、Azure HPC Cache とスムーズに統合できるように、このセクションの項目に注意してください。When planning your Azure NetApp Files system, pay attention to the items in this section to make sure you can integrate it smoothly with Azure HPC Cache.

また、Azure HPC Cache で使用するボリュームを作成する前に、「Azure NetApp Files のドキュメント」もお読みください。Also read the Azure NetApp Files documentation before creating volumes for use with Azure HPC Cache.

NFS クライアント アクセスのみNFS client access only

Azure HPC Cache では、現在 NFS アクセスのみがサポートされています。Azure HPC Cache currently supports NFS access only. SMB ACL または POSIX モードのビット ボリュームでは使用できません。It can't be used with SMB ACL or POSIX mode bit volumes.

Azure NetApp Files の排他的サブネットExclusive subnet for Azure NetApp Files

Azure NetApp Files は、1 つの委任されたサブネットをそのボリュームに使用します。Azure NetApp Files uses a single delegated subnet for its volumes. 他のリソースがそのサブネットを使用することはできません。No other resources can use that subnet. また、Azure NetApp Files に使用できる仮想ネットワーク内のサブネットは 1 つだけです。Also, only one subnet in a virtual network can be used for Azure NetApp Files. 詳しくは、「Azure NetApp Files のネットワーク計画のガイドライン」を参照してください。Learn more in Guidelines for Azure NetApp Files network planning.

委任されたサブネットのサイズDelegated subnet size

Azure HPC Cache で使用する Azure NetApp Files システムを作成する場合は、委任されたサブネットの最小サイズを使用します。Use the minimum size for the delegated subnet when creating an Azure NetApp Files system for use with Azure HPC Cache.

最小サイズは、ネットマスク /28 で指定され、16 個の IP アドレスを提供します。The minimum size, which is specified with the netmask /28, provides 16 IP addresses. 実際には、Azure NetApp Files は、使用可能な IP アドレスのうち 3 つだけをボリューム アクセスに使用します。In practice, Azure NetApp Files uses only three of those available IP addresses for volume access. つまり、Azure HPC Cache に 3 つのストレージ ターゲットを作成するだけですべてのボリュームに対応できることを意味しています。This means that you only need to create three storage targets in your Azure HPC Cache to cover all of the volumes.

委任されたサブネットが大きすぎる場合、Azure NetApp Files ボリュームは、1 つの Azure HPC Cache インスタンスが処理できるよりも多くの IP アドレスを使用する可能性があります。If the delegated subnet is too large, it's possible for the Azure NetApp Files volumes to use more IP addresses than a single Azure HPC Cache instance can handle. 1 つのキャッシュは最大 10 個のストレージ ターゲットを持つことができます。A single cache can have at most 10 storage targets.

Azure NetApp Files ドキュメントのクイックスタートの例では、委任されたサブネットに 10.7.0.0/16 を使用していますが、。これはサブネットが大きすぎます。The quickstart example in Azure NetApp Files documentation uses 10.7.0.0/16 for the delegated subnet, which gives a subnet that's too large.

容量プールのサービス レベルCapacity pool service level

容量プールのサービス レベルを選択するときは、ワークフローを検討してください。When choosing the service level for your capacity pool, consider your workflow. Azure NetApp Files ボリュームにデータを頻繁に書き戻す場合、書き戻し時間が遅いとキャッシュのパフォーマンスが制限される可能性があります。If you frequently write data back to the Azure NetApp Files volume, the cache's performance can be restricted if the writeback time is slow. 書き込みが頻繁に行われるボリュームには、高いサービス レベルを選択してください。Choose a high service level for volumes that will have frequent writes.

サービス レベルが低いボリュームでは、キャッシュがコンテンツを事前入力している間、タスクの開始に遅延が発生する場合があります。Volumes with low service levels also might show some lag at the start of a task while the cache pre-fills content. 正常に機能するファイル セットを使用してキャッシュを起動して実行すると、遅延は目立たなくなります。After the cache is up and running with a good working set of files, the delay should become unnoticeable.

容量プールのサービス レベルは作成後に変更できないため、事前に計画することが重要です。It's important to plan the capacity pool service level ahead of time, because it can't be changed after creation. 新しいボリュームを別の容量プールに作成し、データをコピーする必要があります。A new volume would need to be created in a different capacity pool, and the data copied over.

アクセスを中断することなく、ボリュームのストレージ クォータと容量プールのサイズを変更できます。Note that you can change the storage quota of a volume and the size of the capacity pool without disrupting access.

キャッシュのストレージ ターゲットを作成するCreate storage targets in the cache

Azure NetApp Files システムを設定し、Azure HPC Cache を作成したら、ファイル システム ボリュームを指すキャッシュのストレージ ターゲットを定義します。After your Azure NetApp Files system is set up and the Azure HPC Cache is created, define storage targets in the cache that point to the file system volumes.

Azure NetApp Files ボリュームによって使用される IP アドレスごとに 1 つのストレージ ターゲットを作成します。Create one storage target for each IP address used by your Azure NetApp Files volumes. IP アドレスは、ボリュームのマウント手順ページに一覧表示されます。The IP address is listed in the volume's mount instructions page.

複数のボリュームが同じ IP アドレスを共有している場合は、そのすべてに対して 1 つのストレージ ターゲットを使用できます。If multiple volumes share the same IP address, you can use one storage target for all of them.

Azure NetApp Files ドキュメントのマウントの手順に関する記事に従って、使用する IP アドレスを見つけます。Follow the mount instructions in the Azure NetApp Files documentation to find the IP addresses to use.

IP アドレスは Azure CLI で見つけることもできます。You also can find IP addresses with the Azure CLI:

az netappfiles volume list -g ${RESOURCE_GROUP} --account-name ${ANF_ACCOUNT} --pool-name ${POOL} --query "[].mountTargets[].ipAddress" | grep -Ee '[0-9]+[.][0-9]+[.][0-9]+[.][0-9]+' | tr -d '"' | tr -d , | sort | uniq

Azure NetApp Files システムのエクスポート名には 1 つのパス コンポーネントがあります。Export names on the Azure NetApp Files system have a single path component. Azure NetApp Files のルート エクスポート / のストレージ ターゲットを作成しないでください。このエクスポートではファイル アクセスが提供されないためです。Do not attempt to create a storage target for the root export / in Azure NetApp Files, because that export does not provide file access.

これらのストレージ ターゲットの仮想名前空間パスには、特別な制限はありません。There are no special restrictions on virtual namespace paths for these storage targets.

ストレージ ターゲットをマウントするMount storage targets

Azure NetApp Files ボリュームを直接マウントするのではなく、クライアント マシンがキャッシュをマウントする必要があります。Client machines should mount the cache instead of mounting the Azure NetApp Files volumes directly. Azure HPC Cache をマウントする」の手順に従います。Follow the instructions in Mount the Azure HPC Cache.

次のステップNext steps