Azure Information Protection のラベルを削除または順序変更する方法How to delete or reorder a label for Azure Information Protection

適用対象: Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順: Windows 用の Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

ラベルに対してこれらのアクションを選択することで、Office アプリケーションでユーザーに表示される Azure Information Protection ラベルを削除または順序変更することができます。You can delete or reorder the Azure Information Protection labels that users see in their Office applications by selecting these actions for the labels.

Azure Information Protection のラベルを削除または順序変更する

ドキュメントや電子メールに適用されているラベルを削除すると、これらのドキュメントや電子メールが Azure Information Protection クライアントによって次に開かれたときに、ユーザーにはラベルの状態が "未設定" と表示されます。When you delete a label that has been applied to documents and emails, users see Not set for the label status when these documents and emails are next opened by the Azure Information Protection client. ただし、ラベル情報はメタデータに残り、このラベル情報を検索するサービスで読み取ることができます。However, the label information remains in the metadata and it can still be read by services that look for this label information.

また、削除されたラベルに保護が適用されている場合、その保護は解除されません。In addition, if the deleted label applied protection, that protection is not removed. ラベルの保護設定は維持され、 [保護テンプレート] セクションに表示されます。The protection settings from the label remain and display in the Protection templates section. これで、このテンプレートを新しいラベルに変換することができます。This template can now be converted to a new label. このテンプレートが残っている間は、削除したラベルと同じ名前で新しいラベルを作成することはできません。While this template remains, you cannot create a new label with the same name as the label that you deleted. 同じ名前でラベルを作成する場合、次の方法があります。If you want to do that, you have the following options:

  • テンプレートをラベルに変換する。Convert the template to a label.

    これは推奨される方法です。必要であれば、テンプレートの名前を変更したり、保護設定を変更したりできるからです。This action is recommended because if required, you can then change the name of the template and modify the protection settings.

  • PowerShell を利用し、テンプレートの名前を変更するか、削除します。Use PowerShell to rename the template or delete it.

    これらの操作を行う前に、他の管理者やサービスがそのテンプレートを使用しているかどうか、または過去に使用したかどうかを確認します。Before you do these actions, consider whether other admins or services are using the template, or have used it in the past. テンプレートは、変更されることのないテンプレート ID または名前 (変更される可能性があります) で識別できます。You can identify the template by its template ID that doesn't change, or its name (which can be changed). ベスト プラクティスとしては、将来的にユーザーがそのテンプレートによって保護されていたドキュメントやメールを開く必要がないことが確実である場合にのみ、テンプレートを削除します。As a best practice, delete a template only if you are sure that users will not have to open documents or emails that were protected by the template.

保護テンプレートの管理の詳細については、「Azure Information Protection のテンプレートを構成して管理する」を参照してください。For more information about managing protection templates, see Configuring and managing templates for Azure Information Protection.

ラベルを削除する前に、ポリシーから無効化または削除することを検討してください。Before you delete a label, instead, consider disabling it or removing it from the policy:

  • ドキュメントや電子メールに適用されているラベルを無効にした場合、適用されたラベルはこれらのドキュメントや電子メールから削除されません。When you disable a label that has been applied to documents and emails, the applied label is not removed from these documents and emails. ラベルはポリシーに残りますが、ユーザーが Information Protection バーで選択できるラベルとしては表示されなくなります。The label remains in the policy but no longer displays as a label that users can select on the Information Protection bar. ラベルを無効にすれば、同じポリシーでユーザーに後でラベルを選択させる必要が生じたときのために元の構成を保持することができ、この場合はラベルをもう一度有効化するだけで済みます。Disabling a label lets you keep the original configuration for when you might want users in the same policy to select the label at a later time, when you simply re-enable the label.

  • ポリシーからラベルを削除した場合、適用されたラベルはこれらのドキュメントと電子メールから削除されません。When you remove a label from a policy, the applied label is also not removed from these documents and emails. しかし、ポリシーからラベルを削除した場合、このラベルを別のポリシーに追加するために使用できるようになります。But when you remove the label from the policy, it becomes available for you to add this label to another policy. 詳しくは、「Azure Information Protection ポリシーにラベルを追加または削除する」をご覧ください。For more information, see Add or remove a label to or from an Azure Information Protection policy.

Information Protection バーにラベルが論理的な流れで表示されるように、ラベルの順序を設定します。Order the labels so that users see them in a logical progression in the Information Protection bar. たとえば、最も秘密度が低いラベルが最初に、最も秘密度が高いラベルが最後に表示されるようにラベルを秘密度で順序付けできます。For example, order the labels in increasing sensitivity so that users see the least sensitive label first and the most sensitive label last. 既定ポリシーでは、この構成が使用され、ラベル名には高くなっていく順序の秘密度が反映されます。The default policy uses this configuration and reflects the increasing sensitivity in the label names.

重要

複数のラベルに適用される可能性がある条件を構成する場合は、最も秘密度の低いラベルから最も秘密度の高いラベルの順にする必要があります。If you configure conditions for your labels that might apply to more than one label, you must order the labels from least sensitive to most sensitive. この順序により、条件が評価されるときに、最も秘密度の高いラベルが確実に適用されます。This ordering ensures that the most sensitive label is applied when the conditions are evaluated.

これらの変更を行うには、次の手順を実行します。Use the following instructions to make these changes.

  1. まだサインインしていない場合は、新しいブラウザー ウィンドウを開き、Azure Portal にサインインします。If you haven't already done so, open a new browser window and sign in to the Azure portal. 次に、 [Azure Information Protection] ウィンドウに移動します。Then navigate to the Azure Information Protection pane.

    たとえば、リソース、サービス、ドキュメントの検索ボックスで、「情報の入力を開始し、 [Azure Information Protection] を選択します。For example, in the search box for resources, services, and docs: Start typing Information and select Azure Information Protection.

  2. [分類 > ラベル] メニューオプションから: [Azure Information Protection ラベル] ウィンドウで、次の操作の1つまたは複数を実行します。From the Classifications > Labels menu option: On the Azure Information Protection - Labels pane, do one or more of the following actions:

    • ラベルを削除するには: 削除するラベルを右クリックするかコンテキスト メニュー ( [...] ) を選択し、 [Delete this label](このラベルを削除する) をクリックし、 [OK] をクリックして確定します。To delete a label: Right-click or select the context menu (...) for the label that you want to delete, click Delete this label, and click OK to confirm.

    • ラベルを無効にする: 無効にするラベルを選択します。To disable a label: Select the label that you want to disable. [ラベル] ウィンドウで、 [有効][オフ] を選択し、 [保存] をクリックします。On the Label pane, for Enabled, select Off, and then click Save.

    • ラベルの順序を変更する: 順序を変更するラベルを右クリックするかコンテキスト メニュー ( ... ) を選択し、ラベルが目的の順序になるまで、 [上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。To reorder a label: Right-click or select the context menu (...) for the label that you want to reorder, click Move up or Move down until the label is in the order that you want.

次のステップNext steps

Azure Information Protection ポリシーの構成の詳細については、「組織のポリシーの構成」セクションのリンクを使用してください。For more information about configuring your Azure Information Protection policy, use the links in the Configuring your organization's policy section.