利用規約Terms

Azure Information Protection に固有の開発者用語定義のコレクション。A collection of developer terminology definitions specific to Azure Information Protection.

非推奨のアルゴリズムDeprecated Algorithm
以前のコンテンツ保護スキーム、具体的には電子コードブック暗号モード (ECB) を実装するモーダル設定。A modal setting that implements an older content protection scheme, specifically referring to electronic codebook cipher mode (ECB). この SDK では、この設定を使用して、AD Rights Management サービス SDK で使用される MSDRM ライブラリと互換性のあるライセンスを生成できます。In this SDK, the setting allows you to generate licenses compatible with the MSDRM library used by the AD Rights Management Services SDK.

この設定を使用すると、顧客のコンテンツ保護の標準に準拠しない方法で、アプリケーションがコンテンツを保護する可能性があります。This setting may cause your application to protect content in a way that does not conform to your customers' standards for content protection.

この設定を使用すると、アプリケーションでは Microsoft Rights Management SDK 3.0 以降で追加される暗号化の機能強化のベネフィットを得られなくなります。This setting will prevent your application from benefitting from any cryptographic enhancements added to Microsoft Rights Management SDK 3.0 or later.

Microsoft 保護されたファイル形式Microsoft Protected File Format

PFile 形式とも呼ばれる AD RMS の既定のファイル形式で、RMS 対応アプリケーション全体で標準として機能します。Also referred to as PFile format, it is the default file format for AD RMS and functions as a standard across RMS-enabled applications.

PFile 形式は Microsoft Rights Management SDK 4.2 の設計方法で埋め込まれているため、アプリケーション開発者が意識することはほとんどありません。PFile format is transparent to the application developer as it is embedded in the way Microsoft Rights Management SDK 4.2 is designed.