チュートリアル: Azure Information Protection ポリシーの設定を構成して新しいラベルを作成するTutorial: Configure Azure Information Protection policy settings and create a new label

適用対象:Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順:Windows 用 Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you learn how to:

  • ポリシー設定を構成するConfigure policy settings
  • 新しいラベルの作成Create a new label
  • 視覚的なマーキング、推奨される分類、および保護用のラベルを構成するConfigure the label for visual markings, recommended classification, and protection
  • 設定とラベルの動作を確認するSee your settings and labels in action

この構成を行うと、ユーザーは新しいドキュメントまたは電子メールを作成するときに既定のラベルが適用されることを確認できます。As a result of this configuration, users see a default label applied when they create a new document or email. ただし、クレジット カード情報が検出された場合は、新しいラベルを適用するように求められます。However, they are prompted to apply the new label when credit card information is detected. 新しいラベルが適用されると、コンテンツは、対応するフッターと透かしと共に再分類され、保護されます。When the new label is applied, the content is reclassified and protected, with a corresponding footer and watermark.

このチュートリアルを完了するための所要時間は約 15 分です。You can finish this tutorial in about 15 minutes.

必要条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するための必要条件を次に示します。To complete this tutorial, you need:

  1. Azure Information Protection プラン 2 を含むサブスクリプション。A subscription that includes Azure Information Protection Plan 2.

    Azure Information Protection プラン 2 を含むサブスクリプションを持っていない場合は、組織用の無料アカウントを作成できます。If you don't have a subscription that includes Azure Information Protection Plan 2, you can create a free account for your organization.

  2. Azure portal に [Azure Information Protection] ペインが追加され、保護サービスがアクティブ化されており、Azure Information Protection のグローバル ポリシーに 1 つ以上のラベルが公開されている。The Azure Information Protection pane is added to the Azure portal, the protection service is activated, and you have one or more labels published in the Azure Information Protection global policy.

    これらの手順については、「クイック スタート:Azure portal で Azure Information Protection の使用を開始する」を参照してください。These steps are covered in the Quickstart: Add Azure Information Protection to the Azure portal and view the policy.

  3. お使いの Windows コンピューター (Windows 7 Service Pack 1 以降) に Azure Information Protection クライアント (クラシック) がインストールされている。The Azure Information Protection client (classic) is installed on your Windows computer (minimum of Windows 7 with Service Pack 1).

    クラシック クライアントをインストールするには、Microsoft ダウンロード センターに移動し、Azure Information Protection ページから AzInfoProtection.exe をダウンロードします。You can install the classic client by going to the Microsoft download center and download AzInfoProtection.exe from the Azure Information Protection page. クラシック クライアントとは別のラベル付けクライアントを使用している場合は、このチュートリアルと同等の手順について Office ドキュメントを参照してください。If are using a different labeling client to the classic client, see the Office documentation for equivalent instructions to this tutorial.

  4. 次のいずれかのカテゴリから Office アプリにサインインしている。You're signed in to Office apps from one of the following categories:

    • Azure Rights Management (別名: Azure Information Protection for Office 365) のライセンスが割り当てられている場合は、Office 365 Business または Microsoft 365 Business の最小バージョン 1805、ビルド 9330.2078 の Office アプリ。Office apps minimum version 1805, build 9330.2078 from Office 365 Business or Microsoft 365 Business when you are assigned a license for Azure Rights Management (also known as Azure Information Protection for Office 365).

    • Office 365 ProPlusOffice 365 ProPlus.

    • Office Professional Plus 2019Office Professional Plus 2019.

    • Office Professional Plus 2016Office Professional Plus 2016.

    • Office Professional Plus 2013 Service Pack 1Office Professional Plus 2013 with Service Pack 1.

    • Office Professional Plus 2010 Service Pack 2Office Professional Plus 2010 with Service Pack 2.

Azure Information Protection を使用するための必要条件の完全な一覧については、「Azure Information Protection の要件」をご覧ください。For a full list of prerequisites to use Azure Information Protection, see Requirements for Azure Information Protection.

では、始めましょう。Let's get started.

Azure Information Protection ポリシーを編集するEdit the Azure Information Protection policy

Azure portal を使用して、最初にいくつかのポリシー設定を変更した後、新しいラベルを作成します。Using the Azure portal, we'll first change a couple of policy settings, and then create a new label.

ポリシー設定を編集するEdit the policy settings

  1. 新しいブラウザー ウィンドウを開き、全体管理者として Azure portal にサインインします。次に、 [Azure Information Protection] に移動します。Open a new browser window and sign in to the Azure portal as a global admin. Then navigate to Azure Information Protection.

    たとえば、リソース、サービス、ドキュメントの検索ボックスで次のようにします: 「Information」と入力し、 [Azure Information Protection] を選択します。For example, in the search box for resources, services, and docs: Start typing Information and select Azure Information Protection.

    グローバル管理者でない場合は、次のリンクを使用して別のロールにします:「Azure portal にサインインするIf you are not the global admin, use the following link for alternative roles: Signing in to the Azure portal

  2. [分類] > [ポリシー] > [グローバル] を選択して、 [ポリシー:グローバル] ペインを開きます。Select Classifications > Policies > Global to open the Policy: Global pane.

  3. [表示する設定を構成して、Information Protection のエンド ユーザーに適用する] セクションで、ラベルの後にポリシー設定があるのを見つけます。Locate the policy settings after the labels, in the Configure settings to display and apply on Information Protection end users section.

    設定が現在どのように構成されているかをメモしておきます。Make a note of how the settings are currently configured. 具体的には、 [既定のラベルの選択] 設定と [分類ラベルを低くする、ラベルを削除する、保護を削除する場合、ユーザーは理由を提供する必要があります] 設定です。Specifically, the settings Select the default label and Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection. 次に例を示します。For example:

    Azure Information Protection チュートリアル - 変更するポリシー設定

    チュートリアルの後半でこれらのポリシー設定を使用し、その動作を確認します。We'll use these policy settings later in the tutorial when you will see them in action.

  4. [既定のラベルを選択] に対して、いずれかのラベル ( [全般] など) を選択します。For Select the default label, select one of the labels, such as General.

    [全般] ラベルは、Azure Information Protection によって自動的に作成される既定のラベルの 1 つです。The General label is one of the default labels that Azure Information Protection can create for you. この手順は、Azure portal に Azure Information Protection を追加するクイック スタートの「ラベルの作成と公開」セクションで説明されています。This step is covered in the Create and publish labels section from the quickstart to add Azure Information Protection to the Azure portal.

  5. [分類ラベルを低くする、ラベルを削除する、保護を削除する場合、ユーザーは理由を提供する必要があります] オプションが [オン] になっていない場合は、 [オン] に設定します。For Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection, set this option to On if it is not already.

  6. さらに、 [Office アプリの Information Protection バーを表示します][オン] になっていることを確認します。In addition, make sure that Display the Information Protection bar in Office apps is set to On.

  7. [保存] を選択し (この [ポリシー:グローバル] ペイン上)、操作を確認するメッセージが表示されたら [OK] を選択します。Select Save on this Policy: Global pane, and if you're prompted to confirm your action, select OK. このペインを閉じます。Close this pane.

保護用の新しいラベル、視覚的なマーカー、および分類を求めるための条件を作成するCreate a new label for protection, visual markers, and a condition to prompt for classification

ここでは、社外秘に新しいサブラベルを作成します。We'll now create a new sublabel for Confidential.

  1. [分類] > [ラベル] メニュー オプションから: [社外秘] ラベルを右クリックし、 [サブラベルの追加] を選択します。From the Classifications > Labels menu option: Right-click the Confidential label, and select Add a sub-label.

    [社外秘] という名前のラベルがない場合は、代わりに別のラベルを選択するか新しいラベルを作成しても、わずかな違いでチュートリアルを続行することができます。If you don't have a label named Confidential, you can select another label or you can create a new label instead and still follow the tutorial with minor differences.

  2. [サブラベル] ペインで、 [財務] のラベル名を指定し、従業員のみに制限される財務情報が含まれる機密データという説明を追加します。On the Sub-label pane, specify the label name of Finance and add the following description: Confidential data that contains financial information that is restricted to employees only.

    このテキストは、選択したラベルがどのような使用目的であるかを示しており、ユーザーに対してはツールヒントとして表示され、ユーザーがどのラベルを選択するかを決定するのに役立ちます。This text describes how the selected label is intended to be used and it's visible to users as a tooltip, to help them decide which label to select.

  3. [このラベルを含むドキュメントやメールに対するアクセス許可の設定] に対して、 [保護] を選択します。これにより、 [保護] オプションを選択することで自動的に [保護] ペインが開きます。For Set permissions for documents and emails containing this label, select Protect, which automatically opens the Protection pane by selecting the Protection option for you:

    保護用の Azure Information Protection ラベルの構成

  4. [保護] ペインで、 [Azure (クラウド キー)] が選択されていることを確認します。On the Protection pane, make sure that Azure (cloud key) is selected. このオプションが選択されていると、Azure Rights Management サービスによって文書と電子メールが保護されます。This option uses the Azure Rights Management service to protect documents and emails. また、 [アクセス許可の設定] オプションが選択されていることを確認します。Also make sure that the Set Permissions option is selected. 次に、 [アクセス許可の追加] を選択します。Then select Add permissions.

  5. [アクセス許可の追加] ペインで、 [<組織名> の追加 - すべてのメンバー] を選択します。On the Add permissions pane, select Add <organization name> - All members. たとえば、組織名が VanArsdel Ltd の場合、次のようなオプションが表示されます。For example, if your organization name is VanArsdel Ltd, you see the following option to select:

    すべてのメンバーに Azure Information Protection ラベルの保護アクセス許可を付与する

    このオプションは、アクセス許可を付与できる組織内のすべてのユーザーを自動的に選択します。This option automatically selects all the users in your organization who can be granted permissions. ただし、他のオプションでテナントからグループまたはユーザーを検索して参照することができます。However, you can see from the other options that you could browse and search for groups or users from your tenant. または、 [詳細の入力] オプションを選択すると、個別のメール アドレスや、別の組織のすべてのユーザーも指定することができます。Or, when you select the Enter details option, you can specify individual email addresses or even all users from another organization.

  6. アクセス許可に対し、プリセット オプションから [レビュー担当者] を選択します。For the permissions, select Reviewer from the preset options. このアクセス許可レベルが全部のアクセス許可ではなく一部のアクセス許可を自動的に付与することがわかります。You see how this permission level automatically grants some permissions listed but not all permissions:

    共同作成者に Azure Information Protection ラベルの保護アクセス許可を付与する

    [カスタム] オプションを使って、異なるアクセス許可レベルを選択したり、個々の使用権限を指定したりできます。You can select different permission levels or specify individual usage rights by using the Custom option. ただし、このチュートリアルでは、 [レビュー担当者] オプションのままにします。But for this tutorial, keep the Reviewer option. 後で別のアクセス許可を調べて、指定したユーザーが保護されたドキュメントまたはメールでできることを制限する方法を確認してください。You can experiment with different permissions later and read how they restrict what the specified users can do with the protected document or email.

  7. [OK] をクリックして [アクセス許可の追加] ペインを閉じると、 [保護] ペインが構成を反映するように更新されます。Click OK to close this Add permissions pane, and you see how the Protection pane is updated to reflect your configuration. 次に例を示します。For example:

    Azure Information Protection ラベルのアクセス許可構成を示す [保護] ペイン

    [アクセス許可の追加] を選択すると、このアクションによって [アクセス許可の追加] ペインが再び開き、さらにユーザーを追加して、別のアクセス許可を付与できます。If you select Add permissions, this action opens the Add permissions pane again, so that you can add more users and grant them different permissions. たとえば、特定のグループに表示アクセスだけを付与します。For example, grant just view access for a specific group. このチュートリアルでは、すべてのユーザーに 1 つのアクセス許可セットのままにします。But for this tutorial, we'll keep with one set of permissions for all users.

  8. コンテンツの有効期限とオフライン アクセスを確認して既定値のままにし、 [OK] をクリックして保存して、 [保護] ペインを閉じます。Review and keep the defaults for content expiration and offline access, and then click OK to save and close this Protection pane.

  9. [サブラベル] ペインに戻り、 [視覚的なマーキングの設定] セクションを見つけます。Back on the Sub-label pane, locate the Set visual marking section:

    [このラベルが付いたドキュメントにはフッターをつける] 設定で、 [オン] をクリックし、 [テキスト] ボックスに「Classified as Confidential」と入力します。For the Documents with this label have a footer setting, click On, and then for the Text box, type Classified as Confidential.

    [Documents with this label have a watermark] (このラベルのあるドキュメントに透かしを付ける) 設定では、 [On] (オン) をクリックし、 [Text] (テキスト) ボックスに組織の名前を入力します。For the Documents with this label have a watermark setting, click On, and then for the Text box, type your organization name. たとえば、「VanArsdel, Ltd」と入力します。For example, VanArsdel, Ltd

    これらの視覚的なマーカーの外観を変更できますが、ここでは設定は既定値のままにしておきます。Although you can change the appearance for these visual markers, we'll leave these settings at the defaults for now.

  10. [Configure conditions for automatically applying this label] (このラベルに自動的に適用する条件を構成する) セクションを見つけます。Locate the section Configure conditions for automatically applying this label:

    [新しい条件の追加] をクリックし、 [条件] ペインで次のように選択します。Click Add a new condition and then, on the Condition pane, select the following:

    」を参照します。a. [条件のタイプを選択] :既定値の [情報の種類] のままにします。Choose the type of condition: Keep the default of Information Types.

    b.b. [業種の選択] :既定値の [すべて] のままにします。For Choose an industry: Keep the default of All.

    c.c. [情報の種類を選択] 検索ボックス:「クレジット カード番号」と入力します。In the Select information types search box: Type credit card number. 検索結果から [クレジット カード番号] を選択します。Then, from the search results, select Credit Card Number.

    d.d. [Minimum number of occurrences](最小出現回数) :既定値の 1 のままにしておきます。Minimum number of occurrences: Keep the default of 1.

    e.e. [Count occurrences with unique values only](一意の値のみを持つ出現回数のカウント) :既定値の [Off] (オフ) のままにしておきます。Count occurrences with unique values only: Keep the default of Off.

    Azure Information Protection チュートリアル - クレジット カードの条件を構成する

    [保存] をクリックして [サブラベル] ペインに戻ります。Click Save to return to the Sub-label pane.

  11. [サブラベル] ペインでは、以下のように、 [条件名][クレジット カード番号] と表示され、 [出現回数]1 が設定されています。On the Sub-label pane, you see that Credit Card Number is displayed as the CONDITION NAME, with 1 OCCURRENCES:

    Azure Information Protection チュートリアル - クレジット カード条件の概要

  12. [このラベルの適用方法を選択] :既定値の [推奨] のままにします。既定のポリシー ヒントは変更しないでください。For Select how this label is applied: Keep the default of Recommended, and don't change the default policy tip.

  13. [管理者向けのメモを追加します] ボックスに、「For testing purposes only」(テスト目的のみ) と入力します。In the Add notes for administrator use box, type For testing purposes only.

  14. [サブラベル] ペインで [保存] をクリックします。Click Save on this Sub-label pane. 確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。If you're prompted to confirm, click OK. 新しいラベルが作成され、保存されますが、まだポリシーには追加されていません。The new label is created and saved, but not yet added to a policy.

  15. [分類] > [ポリシー] メニュー オプションから: [グローバル] をもう一度選択し、ラベルの横にある [ラベルの追加または削除] リンクを選択します。From the Classifications > Policies menu option: Select Global again, and then select the Add or remove labels link after the labels.

  16. [ポリシー: ラベルの追加または削除] ペインから、作成したラベルを選択し、 [財務] というサブラベルを選択して [OK] をクリックします。From the Policy: Add or remove labels pane, select the label that you've just created, the sublabel named Finance, and click OK.

  17. [ポリシー: グローバル] ペインにグローバル ポリシーの新しいサブラベルが表示されます。このサブラベルは、視覚的なマーキングと保護のために構成されています。On the Policy: Global pane, you now see your new sublabel in your global policy, which is configured for visual markings and protection. 次に例を示します。For example:

    Azure Information Protection チュートリアル - 新しいサブラベル

    設定が既定のラベルと理由に関しても構成されていることが確認できます。You also see that the settings are configured for the default label and justification:

    Azure Information Protection チュートリアル - 設定の構成

  18. [保存] をクリックします (この [ポリシー:グローバル] ペイン上)。Click Save on this Policy: Global pane. この操作を確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。If you're prompted to confirm this action, click OK.

Azure portal を閉じても、または開いたままでこのチュートリアルを完了した後にその他の構成オプションを試してみてもかまいません。You can either close the Azure portal, or leave it open to try additional configuration options after you've finished this tutorial.

変更の結果を試す準備が整いました。You're ready to try out the results of your changes.

分類、ラベル付け、保護の動作を確認するSee classification, labeling, and protection in action

ポリシーに加えた変更と新しく作成したラベルは、Word、Excel、PowerPoint、および Outlook に適用されます。The policy changes you made and the new label you created applies to Word, Excel, PowerPoint, and Outlook. ただしこのチュートリアルでは、Word を使用してそれらの動作を確認します。But for this tutorial, we'll use Word to see them in action.

Word で新しいドキュメントを開きます。Open a new document in Word. Azure Information Protection クライアントがインストールされているため、次のように表示されます。Because the Azure Information Protection client is installed, you see the following:

Azure Information Protection チュートリアル - インストールしたクライアント

  • [ホーム] タブの [保護] グループと [保護] ボタン。On the Home tab, a Protection group, with a button named Protect.

    [保護] > [ヘルプとフィードバック] の順にクリックして、 [Microsoft Azure Information Protection] ダイアログ ボックスでクライアントのステータスを確認します。Click Protect > Help and Feedback, and in the Microsoft Azure Information Protection dialog box, confirm your client status. [接続ユーザー] とユーザー名が表示されているはずです。It should display Connected as and your user name. さらに、最終接続日時と Information Protection ポリシーのダウンロード日時も表示されているはずです。In addition, you should also see a recent time and date for the last connection and when the Information Protection policy was downloaded. 表示されているユーザー名がテナントの正しいものであることを確認します。Verify that your displayed user name is correct for your tenant.

  • リボンの下の新しい Information Protection バー。A new bar under the ribbon; the Information Protection bar. [秘密度] というタイトルと、Azure Portal で確認したラベルが表示されます。It displays the title of Sensitivity, and the labels that we saw in the Azure portal.

既定のラベルを手動で変更するにはTo manually change our default label

  1. Information Protection バーの最後のラベルを選択すると、次のように、表示されるサブラベルが示されます。On the Information Protection bar, select the last label and you see how sublabels display:

    Azure Information Protection チュートリアル - サブラベルを確認する

  2. これらのサブラベルのいずれかを選択すると、バーには他のラベルは表示されなくなり、このドキュメントに対して選択したラベルが表示されるようになります。Select one of these sublabels, and you see how the other labels no longer display on the bar now that you've selected a label for this document. [秘密度] の値が変わってラベル名とサブラベル名が表示され、それに応じて、次のようにラベルの色も変わります。The Sensitivity value changes to show the label and sublabel name, with a corresponding change in label color. 次に例を示します。For example:

    Azure Information Protection チュートリアル - サブラベルの選択

  3. Information Protection バーで、現在選択しているラベルの値の横にある [ラベルの編集] アイコンをクリックします。On the Information Protection bar, click the Edit Label icon next to the currently selected label value:

    Azure Information Protection チュートリアル - ラベル アイコンを編集する

    この操作によって、使用できるラベルが再び表示されます。This action displays the available labels again.

  4. 最初のラベルの [個人] を選択します。Now select the first label, Personal. このドキュメントに対して、前に選択したラベルよりも低い分類のラベルを選択したため、次のように分類レベルを下げる理由の入力を求められます。Because you've selected a label that's a lower classification than the previously selected label for this document, you're prompted to justify why you're lowering the classification level:

    Azure Information Protection チュートリアル - レベルを下げる理由の確認要求

    [The previous label no longer applies] (前のラベルが適合しなくなった) を選択して、 [確認] をクリックします。Select The previous label no longer applies, and click Confirm. [秘密度] の値が [個人] に変わり、他のラベルは再び非表示になります。The Sensitivity value changes to Personal and the other labels are hidden again.

分類を完全に削除するにはTo remove the classification completely

  1. Information Protection バーで、 [ラベルの編集] アイコンを再度クリックします。On the Information Protection bar, click the Edit Label icon again. ここでは、いずれかのラベルを選択するのではなく、 [ラベルの削除] アイコンをクリックします。But instead of choosing one of the labels, click the Delete Label icon:

    Azure Information Protection チュートリアル - アイコンを削除する

  2. プロンプトが表示されたら、"このドキュメントでは分類は不要" などと入力し、 [確認] をクリックします。This time when you're prompted, type "This document doesn't need classifying", and click Confirm.

    [秘密度] の値が [未設定] に変わります。ポリシー設定として既定のラベルを設定していない場合も、最初は新しいドキュメントでこのように表示されます。You see the Sensitivity value display Not set, which is what users see initially for new documents if you don't set a default label as a policy setting.

ラベル付けの推奨プロンプトと自動保護を確認するにはTo see a recommendation prompt for labeling and automatic protection

  1. Word 文書で、有効なクレジット カード番号 (例:4242-4242-4242-4242) を入力します。In the Word document, type a valid credit card number, for example: 4242-4242-4242-4242.

  2. 任意のファイル名でローカルにドキュメントを保存します。Save the document locally, with any file name.

  3. クレジット カード番号が検出されたときの保護用に構成したラベルを適用するためのプロンプトが表示されます。You now see a prompt to apply the label that you configured for protection when credit card numbers are detected. 推奨事項に同意しない場合は、ポリシー設定によって、 [無視] を選択して拒否できます。If we didn't agree with the recommendation, our policy setting lets us reject it, by selecting Dismiss. 推奨事項を表示するが、ユーザーが設定をオーバーライドできるようにすることは、自動分類を使用する場合の誤検知を削減するのに役立ちます。Giving a recommendation but letting a user override it helps to reduce false positives when you're using automatic classification. このチュートリアルでは、 [今すぐ変更] をクリックします。For this tutorial, click Change now.

    Azure Information Protection チュートリアル - 推奨プロンプト

    構成済みのラベルが文書に適用されていることが表示されるようになった (たとえば、社外秘\財務) ことに加えて、ページ全体に組織名の透かしが表示され、社外秘として分類というフッターも適用されます。In addition to the document now showing that our configured label is applied (for example, Confidential \ Finance), you immediately see the watermark of your organization name across the page, and the footer of Classified as Confidential is also applied.

    また、文書はこのラベルに指定したアクセス許可で保護されます。The document is also protected with the permissions that you specified for this label. 文書が保護されていることは、 [ファイル] タブをクリックして [文書の保護] の情報を見ると確認できます。You can confirm that the document is protected by clicking the File tab and view the information for Protect Document. 文書が社外秘\財務およびラベルの説明によって保護されていることがわかります。You see that the document is protected by Confidential \ Finance and the label description.

    ラベルの保護構成のため、従業員のみが文書を開くことができ、一部のアクションは従業員に対して制限されます。Because of the protection configuration of the label, only employees can open the document and some actions are restricted for them. たとえば、印刷およびコンテンツのコピーと抽出のアクセス許可がないため、文書を印刷したりコピーしたりすることはできません。For example, because they don't have the Print and the Copy and extract content permissions, they can't print the document or copy from it. このような制限は、データの損失を防ぐのに役立ちます。Such restrictions help to prevent data loss. ドキュメントの所有者は、ドキュメントを印刷したりコピーしたりできます。As the owner of the document, you can print it and copy from it. ただし、組織内の他のユーザーに電子メールでドキュメントを送信しても、他のユーザーはこれらの操作を実行できません。However, if you email the document to another user in your organization, they cannot do these actions.

  4. もうこのドキュメントを閉じてもかまいません。You can now close this document.

リソースをクリーンアップするClean up resources

このチュートリアルで行った変更を保持したくない場合は、次の操作を行います。Do the following if you don't want to keep the changes that you made in this tutorial:

  1. [分類] > [ポリシー] > [グローバル] を選択して、 [ポリシー:グローバル] ペインを開きます。Select Classifications > Policies > Global to open the Policy: Global pane.

  2. ポリシー設定をメモしておいた元の値に戻した後、 [保存] を選択します。Return the policy settings to their original values that you took a note of, and then select Save.

  3. [分類] > [ラベル] メニュー オプションから: [Azure Information Protection - ラベル] ペインで、作成した [財務] ラベルのコンテキスト メニュー [...] を選択します。From the Classifications > Label menu option: On the Azure Information Protection - Label pane, select the context menu (...) for the Finance label you created.

  4. [このラベルを削除] を選択し、確認を求められたら [OK] を選択します。Select Delete this label and if you're asked to confirm, select OK.

Word を再起動してこれらの変更をダウンロードします。Restart Word to download these changes.

次の手順Next steps

Azure Information Protection ポリシーの編集について詳しくは、「Azure Information Protection ポリシーの構成」をご覧ください。For more information about editing the Azure Information Protection policy, see Configuring Azure Information Protection policy.

ラベル付けアクティビティのログが記録されている場所について詳しくは、「Azure Information Protection クライアントの使用状況ログ」をご覧ください。For more information about where the labeling activity is logged, see Usage logging for the Azure Information Protection client.