Azure Information Protection ポリシーの概要Overview of the Azure Information Protection policy

適用対象: Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順: Windows 用の Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

注意

Azure Information Protection ポリシーは Azure Information Protection クライアント (クラシック) に適用され、Azure Information Protection の統合されたラベル付けクライアントには適用されません。The Azure Information Protection policy applies to the Azure Information Protection client (classic) and not the Azure Information Protection unified labeling client. これらのクライアントの違いがわからない場合は、Not sure of the difference between these clients? こちらの FAQ を参照してください。See this FAQ.

機密ラベルに関する情報を探している場合は、Office のドキュメントを参照してください。If you are looking for information about sensitivity labels, see the Office documentation. たとえば、「機密ラベルの概要」です。For example, Overview of sensitivity labels.

Azure Information Protection ポリシーには、構成可能な次の要素があります。An Azure Information Protection policy contains the following elements that you can configure:

  • 含めるラベル。管理者とユーザーは、ラベルを使用してドキュメントや電子メールを分類できます (また、必要に応じて保護できます)。Which labels are included that let administrators and users classify (and optionally, protect) documents and emails.

  • ユーザーの Office アプリケーションで、Information Protection バーに表示されるタイトルとツールヒント。Title and tooltip for the Information Protection bar that users see in their Office applications.

  • ドキュメントと電子メールを分類するための開始点となる既定のラベルを設定するオプション。The option to set a default label as a starting point for classifying documents and emails.

  • ユーザーがドキュメントの保存と電子メールの送信を行ったときに分類を実行するオプション。The option to enforce classification when users save documents and send emails.

  • ユーザーが元のレベルよりも低い秘密度レベルのラベルを選択したときに、理由を示すことをユーザーに要求するオプション。The option to prompt users to provide a reason when they select a label that has a lower sensitivity level than the original.

  • 添付ファイルに基づいて、電子メール メッセージに自動的にラベルを付けるオプション。The option to automatically label an email message, based on its attachments.

  • Office アプリケーションで Information Protection バーが表示されるかどうかを制御するオプション。The option to control whether the Information Protection bar is displayed in Office applications.

  • Outlook に [Do Not Forward](転送不可) ボタンを表示するかどうかを制御するオプション。The option to control whether the Do Not Forward button is displayed in Outlook.

  • ユーザーがドキュメントに独自のアクセス許可を指定できるようにするオプション。The option to let users specify their own permissions for documents.

  • ユーザーにカスタム ヘルプ リンクを提供するオプション。The option to provide a custom help link for users.

Azure Information Protection には既定ポリシーがあり、5 つの主要なラベルが含まれています。Azure Information Protection comes with a default policy, which contains five main labels. これらのうちの 2 つのラベルには、必要なときにサブカテゴリを提供するためのサブラベルが含まれています。Two of these labels contain sublabels to provide subcategories, when needed.

サブラベルのラベルを構成するときに、ユーザーはメインのラベルを選択することはできませんが、サブラベルをいずれか 1 つ選択する必要があります。When a label is configured for sublabels, users cannot select the main label but must select one of the sublabels. このシナリオでは、メインのラベルは名前と色の表示コンテナーとしてのみサポートされます。In this scenario, the main label is supported as a display container only for the name and color.

Azure Information Protection ラベルは、最下位の分類である個人データから、最上位の分類である非常に機密性の高い社外秘データまで、組織が通常作成して保存するあらゆるデータで使用できます。The Azure Information Protection labels can be used with the full range of data that an organization typically creates and stores, from the lowest classification of personal data, to the highest classification of highly confidential data.

これらの既定のラベルは、そのまま使用する、カスタマイズする、または削除することができ、新しいラベルを作成することもできます。You can use the default labels without changes, or you can customize them, or you can delete them, and you can create new labels. 詳しい手順については、「Azure Information Protection ポリシーの構成」をご覧ください。For full instructions, see Configuring the Azure Information Protection policy.

次のステップNext steps

Azure Information Protection ポリシーをカスタマイズする方法や、ユーザーに対して結果の動作を表示する方法の例については、次のチュートリアルをご覧ください。For examples of how to customize the Azure Information Protection policy, and see the resulting behavior for users, try the following tutorials: