ユーザー ガイド: Azure Information Protection ビューアーで保護されたファイルを表示するUser Guide: View protected files with the Azure Information Protection viewer

適用対象:Active Directory Rights Management サービス、Azure Information Protection、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1Applies to: Active Directory Rights Management Services, Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1

手順:Windows 用 Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

多くの場合、保護されたファイルは開くだけで表示できます。You can often view a protected file by simply opening it. たとえば、電子メール メッセージの添付ファイルをダブルクリックしたり、エクスプローラーでファイルをダブルクリックしたり、ファイルへのリンクをクリックします。For example, you might double-click an attachment in an email message or double-click a file from File Explorer, or you might click a link to a file.

ファイルがすぐに開かない場合は、Azure Information Protection ビューアーで開くことができる場合があります。If the files don't immediately open, the Azure Information Protection viewer might be able to open it. このビューアーでは、保護されたテキスト ファイル、保護された画像ファイル、保護された PDF ファイル、およびファイル名拡張子が .pfile のすべてのファイルを開くことができます。This viewer can open protected text files, protected image files, protected PDF files, and all files that have a .pfile file name extension.

このビューアーは、Azure Information Protection クライアントの一部として自動的にインストールされますが、個別にインストールすることもできます。The viewer automatically installs as part of the Azure Information Protection client, or you can install it separately. クライアントとビューアーの両方のクライアントは、Microsoft Web サイトの Microsoft Azure Information Protection ページからインストールできます。You can install both the client and the viewer from the Microsoft Azure Information Protection page on the Microsoft website. クライアントのインストールの詳細については、「Azure Information Protection クライアントをダウンロードしてインストールする」を参照してください。For more information about installing the client, see Download and install the Azure Information Protection client.

注意

クライアントをインストールする方が多くの機能を使用できますが、ローカル管理者のアクセス許可が必要であり、全機能を使用するには、組織に対応するサービスが必要です。Although installing the client provides more functionality, it requires local administrator permissions and the full functionality requires a corresponding service for your organization. たとえば、Azure Information Protection や Active Directory Rights Management サービスです。For example, Azure Information Protection or Active Directory Rights Management Services.

別組織の誰かから保護されたドキュメントを送信された場合、またはお使いの PC でローカル管理者のアクセス許可を持っていない場合は、ビューアーをインストールします。Install the viewer if you have been sent a protected document by somebody from another organization or if you do not have local administrator permissions to your PC.

保護されたドキュメントを開くには、アプリケーションが "RMS 対応" である必要があります。To be able to open a protected document, the application must be "RMS-enlightened". RMS 対応アプリケーションは、たとえば Office アプリや Azure Information Protection ビューアーなどです。Office apps and the Azure Information Protection viewer are examples of RMS-enlightened applications. 種類およびサポートされるデバイス別にアプリケーションの一覧を確認するには、「RMS-enlightened applications (RMS 対応アプリケーション)」の表をご覧ください。To see a list of applications by type and supported devices, see the RMS-enlightened applications table.

電子メールの添付ファイルとしての Message.rpmsgMessage.rpmsg as an email attachment

電子メールに message.rpmsg ファイルが添付されている場合、このファイルは保護されたドキュメントではなく、保護された電子メール メッセージであり、添付ファイルとして表示されます。If you see message.rpmsg as a file attachment in an email, this file is not a protected document but a protected email message that displays as an attachment. Windows 用の Azure Information Protection ビューアーを使用して、Windows PC でこの保護された電子メール メッセージを表示することはできません。You can't use the Azure Information Protection viewer for Windows to view this protected email message on your Windows PC. 表示するには、Office Outlook などの Rights Management 保護をサポートしている Windows 用の電子メール アプリケーションが必要です。Instead, you need an email application for Windows that supports Rights Management protection, such as Office Outlook. あるいは、Outlook on the web を使用することもできます。Or you can use Outlook on the web.

ただし、iOS または Android デバイスがあれば、Azure Information Protection アプリを使用して保護された電子メール メッセージを開くことができます。However, if you have an iOS or Android device, you can use the Azure Information Protection app to open these protected email messages. これらのデバイス用の Azure Information Protection アプリは、Microsoft Web サイトの Microsoft Azure Information Protection からダウンロードできます。You can download this app for these mobile devices from the Microsoft Azure Information Protection page on the Microsoft website.

認証のプロンプトPrompts for authentication

保護されたファイルを表示するには、そのファイルの保護に使用された Rights Management サービスで、ユーザーがファイルを表示する権限を持つことを先に確認する必要があります。Before you can view the protected file, the Rights Management service that was used to protect the file must first confirm that you are authorized to view the file. サービスはこの確認にユーザー名とパスワードを使用します。The service does this confirmation by checking your user name and password. 場合によっては、これらの資格情報がキャッシュに格納されていて、サインインを求められないことがあります。In some cases, these credentials might be cached and you do not see a prompt that asks you to sign in. それ以外の場合は、資格情報を指定するように求められます。In other cases, you are prompted to supply your credentials.

組織がユーザーのためにクラウドベースのアカウントを用意しておらず (Office 365 または Azure)、また、そのオンプレミス版 (AD RMS) も利用していない場合、次の 2 つの選択肢があります。If your organization does not have a cloud-based account for you to use (for Office 365 or Azure) and does not use an equivalent on-premises version (AD RMS), you have two options:

  • 保護されているメールが届いた場合、指示に従い、ご利用のソーシャル ID プロバイダー (Gmail アカウントの Google など) でサインインするか、ワンタイム パスコードを申請します。If you were sent a protected email, follow the instructions to sign in with your social identity provider (such as Google for a Gmail account) or apply for a one-time passcode.

  • 資格情報を受け付ける無料のアカウントを申請できます。Rights Management で保護されているドキュメントを開くことができます。You can apply for a free account that will accept your credentials so that you can open documents that are protected by Rights Management. このアカウントを申請するには、リンクをクリックして個人用 RMS を申請します。個人のメール アドレスではなく、会社のメール アドレスを使用します。To apply for this account, click the link to apply for RMS for individuals and use your company email address rather than a personal email address.

保護されたファイルを表示して使用するにはTo view and use a protected document

  1. 保護されたファイルを開きます (例:ファイルや添付ファイルをダブルクリック、またはファイルへのリンクをクリックする)。Open the protected file (for example, by double-clicking the file or attachment, or by clicking the link to the file). アプリの選択を求められたら、 [Azure Information Protection ビューアー] を選択します。If you are prompted to select an app, select Azure Information Protection Viewer.

  2. [サインイン] または [サインアップ] ページが表示された場合: [サインイン] をクリックして資格情報を入力します。If you see a page to Sign in or Sign up: Click Sign in and enter your credentials. 保護されたファイルが添付ファイルとして送信されてきた場合は、ファイルの送信に使用されたものと同じメール アドレスを指定するようにします。If the protected file was sent to you as an attachment, be sure to specify the same email address that was used to send you the file.

    承認されているアカウントがない場合は、このページの「認証のプロンプト」を参照してください。If you do not have an account that is accepted, see the Prompts for authentication section on this page.

  3. 読み取り専用バージョンのファイルは、Azure Information Protection Viewer (Azure Information Protection ビューアー) で開きます。A read-only version of the file opens in the Azure Information Protection Viewer. 十分なアクセス許可がある場合は、ファイルの印刷および編集ができます。If you have sufficient permissions, you can print the file, and edit it.

    [アクセス許可] をクリックして、ファイルのアクセス許可を確認できます。You can check your permissions for the file by clicking Permissions. [アクセス許可] ダイアログ ボックスで、追加のアクセス許可が設定された新しいバージョンのファイルを要求するときに連絡する、ファイルの所有者を識別することもできます。From the Permissions dialog box, you can also identify the file owner to contact if you want to request a new version of the file with additional permissions.

    アクセス許可と、各アクセス許可に含まれる使用権限の詳細については、「アクセス許可レベルに含まれる権限」を参照してください。For more detailed information about the permissions and the usage rights that each contains, see Rights included in permissions levels.

  4. ファイルを編集するには、 [名前を付けて保存] をクリックし、保護されたファイルを元のファイル名拡張子に保存します。To edit the file, click Save As, which lets you save the protected file to its original file name extension. そのファイルの種類に関連付けられているアプリケーションを使用してファイルを編集することができます。You can then edit the file by using the application that's associated with that file type. この時点で、ファイルのラベルと保護が削除されます。At this point, the file's label and protection is removed.

    ビューアーは保護されたファイル用のため、 [名前を付けて保存] ボタンは、保護されたファイルに対してのみ有効になることに注意してください。Note that because the viewer is for protected files, the Save As button is enabled only for protected files.

  5. ファイルの編集が完了したら、エクスプローラーで、ラベルを再適用するファイルを右クリックします。When you have finished editing the file, in File Explorer, right-click the file to reapply the label. このアクションにより保護が再適用されます。This action reapplies the protection.

  6. 追加の保護されたファイルを開く場合は、 [開く] オプションを使用して、ビューアーから直接参照できます。If you have additional protected files to open, you can browse directly to them from the viewer, by using the Open option. ビューアーで、元のファイルが選択したファイルに置き換えられます。Your selected file replaces the original file in the viewer.

ヒント

保護されたファイルが開かず、Azure Information Protection クライアントが完全にインストールされている場合は、 [設定のリセット] オプションを試してください。If the protected file does not open and you have the full Azure Information Protection client installed, try the Reset Settings option. このオプションにアクセスするには、Office アプリから [保護] ボタン > [ヘルプとフィードバック] > [設定のリセット] の順に選択します。To access this option, from an Office app, select the Protect button > Help and Feedback > Reset Settings.

[設定のリセット] オプションの詳細More information about the Reset Settings option

その他の手順Other instructions

他の操作手順については、Azure Information Protection ユーザー ガイドを参照してください。More how-to instructions from the Azure Information Protection user guide: