ユーザーガイド: Windows 用の Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントを使用してファイルまたは電子メールを分類するUser Guide: Classify a file or email by using the Azure Information Protection unified labeling client for Windows

適用対象: Azure Information Protection、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1Applies to: Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1

手順: Windows 用の統一されたラベル付けクライアント Azure Information ProtectionInstructions for: Azure Information Protection unified labeling client for Windows

注意

次の手順に従って、ドキュメントや電子メールを分類します (保護はしません)。Use these instructions to help you classify (but not protect) your documents and emails. ドキュメントや電子メールを保護する必要もある場合は、分類して保護する手順を参照してください。If you need to also protect your documents and emails, see the classify and protect instructions. どちらの手順を使用するかわからない場合は、管理者またはヘルプ デスクに確認してください。If you are not sure which set of instructions to use, check with your administrator or help desk.

Office のデスクトップ アプリ (WordExcelPowerPointOutlook) でドキュメントや電子メールを作成したり編集すると、分類が簡単になります。The easiest way to classify your documents and emails is when you are creating or editing them from within your Office desktop apps: Word, Excel, PowerPoint, Outlook.

ただし、エクスプローラーを利用してファイルを分類することもできます。However, you can also classify files by using File Explorer. この方法では対応しているファイルの種類が増えます。また、複数のファイルを一度に分類できるので便利です。This method supports additional file types and is a convenient way to classify multiple files at once.

Office アプリを使用してドキュメントや電子メールを分類するUsing Office apps to classify your documents and emails

[ホーム] タブで、リボンの [感度] ボタンを選択し、構成されているラベルのいずれかを選択します。From the Home tab, select the Sensitivity button on the ribbon, and then select one of the labels that has been configured for you. たとえば、次のようになります。For example:

感度ボタンの例

または、 [感度] ボタンから [バーの表示] を選択した場合は、Azure Information Protection バーからラベルを選択できます。Or, if you have selected Show Bar from the Sensitivity button, you can select a label from the Azure Information Protection bar. たとえば、次のようになります。For example:

Azure Information Protection バーの例

"全般" などのラベルを設定するには、 [全般] を選択します。To set a label, such as "General", select General. 現在のドキュメントや電子メールに適用するラベルがわからない場合は、ラベルのツールヒントで、各ラベルの詳細と適用する場合を参照してください。If you're not sure which label to apply to the current document or email, use the label tooltips to learn more about each label and when to apply it.

ラベルがドキュメントに既に適用され、ラベルを変更する場合は、別のラベルを選択できます。If a label is already applied to the document and you want to change it, you can select a different label. Azure Information Protection バーが表示されていて、選択できるバーにラベルが表示されていない場合は、まず、現在のラベルの値の横にある [ラベルの編集] アイコンをクリックします。If you have displayed the Azure Information Protection bar, and the labels are not displayed on the bar for you to select, first click the Edit Label icon, next to the current label value.

ラベルの手動選択に加え、次の方法でラベルを適用することもできます。In addition to manually selecting labels, labels can also be applied in the following ways:

  • 管理者が既定のラベルを構成済み。そのまま使用するか、変更することができます。Your administrator configured a default label, which you can keep or change.

  • 機密情報が検出されたときに、管理者がラベルを自動的に設定するように構成しました。Your administrator configured labels to be set automatically when sensitive information is detected.

  • 管理者は、機密情報が検出されたときに推奨ラベルを構成し、推奨事項 (およびラベルが適用されます) を受け入れるか、拒否するかを確認するメッセージが表示されます (推奨ラベルは適用されません)。Your administrator configured recommended labels when sensitive information is detected, and you are prompted to accept the recommendation (and the label is applied), or reject it (the recommended label is not applied).

[秘密度] ボタンの例外Exceptions for the Sensitivity button

Office アプリで [秘密度] ボタンが表示されない場合は、Don't see the Sensitivity button in your Office apps?
  • Azure Information Protection 統合ラベルクライアントがインストールされていない可能性があります。You might not have the Azure Information Protection unified labeling client installed.

  • リボンに [秘密度] ボタンが表示されていない場合でも、ラベル付きの [保護] ボタンが表示されている場合は、Azure Information Protection クライアント (クラシック) がインストールされており、Azure Information Protection 統一されたラベル付けクライアントではありません。If you don't see a Sensitivity button on the ribbon, but do see a Protect button with labels instead, you have the Azure Information Protection client (classic) installed and not the Azure Information Protection unified labeling client. 詳細情報More information

表示されるはずのラベルが表示されない場合Is the label that you expect to see not displayed?
  • 管理者が新しいラベルを構成したばかりの場合は、すべてのインスタンスの Office アプリを終了してから、開き直します。If your administrator has recently configured a new label for you, try closing all instances of your Office app and reopening it. この操作で、ラベルの変更が確認されます。This action checks for changes to your labels.

  • 自分のアカウントを含まない範囲のポリシーのラベルである可能性があります。The label might be in a scoped policy that doesn't include your account. ヘルプ デスクまたは管理者に問い合わせてください。Check with your help desk or administrator.

エクスプローラーを使用してファイルを分類するUsing File Explorer to classify files

エクスプローラーを使用すると、1 つのファイル、複数のファイル、またはフォルダーをすばやく分類することができます。When you use File Explorer, you can quickly classify a single file, multiple files, or a folder.

フォルダーを選択すると、そのフォルダー内のすべてのファイルとサブフォルダーが設定された分類で自動的に選択されます。When you select a folder, all the files in that folder and any subfolders it has are automatically selected for the classification that you set. ただし、そのフォルダーまたはサブフォルダー内に作成した新しいファイルは、自動的に分類されません。However, new files that you create in that folder or subfolders are not automatically classified.

エクスプローラーを使用してファイルを分類する際に、1 つまたは複数のラベルが淡色表示になっている場合、選択したファイルは保護なしの分類をサポートしません。When you use File Explorer to classify your files, if one or more of the labels appear dimmed, the files that you selected do not support classification without also protecting them.

管理者ガイドには、保護なしの分類をサポートするファイルの種類の完全なリスト (「分類のみにサポートされているファイルの種類」) が含まれています。The admin guide contains a full list of the file types that support classification without protection: File types supported for classification only.

エクスプローラーを使用してファイルを分類するにはTo classify a file by using File Explorer

  1. エクスプローラーで、1 つのファイル、複数のファイル、またはフォルダーを選択します。In File Explorer, select your file, multiple files, or a folder. 右クリックして [分類して保護する] を選択します。Right-click, and select Classify and protect. たとえば、次のようになります。For example:

    Azure Information Protection を使用する場合のファイル エクスプローラーの右クリック オプション [分類して保護する]

  2. [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスで、Office アプリケーションでの操作と同様にラベルを使用し、管理者によって定義されたとおりに分類を設定します。In the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box, use the labels as you would do in an Office application, which sets the classification as defined by your administrator.

    選択できるラベルがない場合 (すべてのラベルが淡色表示されている場合): 選択したファイルは分類をサポートしていません。If none of the labels can be selected (they appear dimmed): The selected file does not support classification. たとえば、次のようになります。For example:

    [分類と保護 - Azure Information Protection]** ダイアログ ボックスで使用できるラベルがない

  3. 分類をサポートしていないファイルを選択した場合は、 [閉じる] をクリックします。If you selected a file that does not support classification, click Close. このファイルは保護せずに分類することはできません。You cannot classify this file without also protecting it.

    ラベルを選択した場合は、 [適用] をクリックし、 "作業が終了しました" というメッセージで結果が示されるまで待ちます。If you selected a label, click Apply and wait for the Work finished message to see the results. 次に、 [閉じる] をクリックします。Then click Close.

選択したラベルを変更する場合は、この手順を繰り返して、別のラベルを選択します。If you change your mind about the label you chose, simply repeat this process and choose a different label.

ファイルを電子メールで送信したり、別の場所に保存した場合にも、指定した分類はファイルに設定されたままです。The classification that you specified stays with the file, even if you email the file or save it to another location.

その他の手順Other instructions

Windows 用の Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントのユーザーガイドの詳細な手順については、次を参照してください。More how-to instructions from the user guide for the Azure Information Protection unified labeling client for Windows:

管理者向け追加情報Additional information for administrators

秘密度ラベルの概要」を参照してください。See Overview of sensitivity labels.