Azure IoT Central とはWhat is Azure IoT Central?

Azure IoT Central は、物理的な世界とデジタルの世界とを結ぶ製品が簡単に作成できるフル マネージドの IoT SaaS (サービスとしてのソフトウェア) ソリューションです。Azure IoT Central is a fully managed IoT software-as-a-service solution that makes it easy to create products that connect the physical and digital worlds. コネクテッド製品の構想を次の手段で実現することができます。You can bring your connected product vision to life by:

  • 接続されているデバイスから、製品や顧客エクスペリエンスの向上につながる新たな分析情報を導き出す。Deriving new insights from connected devices to enable better products and experiences for your customers.
  • 組織の新たなビジネス機会を創出する。Creating new business opportunities for your organization.

標準的な IoT プロジェクトと比較して、Azure IoT Central には次のような利点があります。Azure IoT Central, as compared to a typical IoT project:

  • 管理の負担が軽減される。Reduces the management burden.
  • 運用コストとオーバーヘッドが軽減される。Reduces operational costs and overheads.
  • 以下のような強みを活かしつつ、アプリケーションを容易にカスタマイズできる。Makes it easy to customize your application, while working with:

次のビデオで、Azure IoT Central の概要を紹介しています。The following video presents an overview of Azure IoT Central:

この記事では、Azure IoT Central の要点を取り上げます。This article outlines, for Azure IoT Central:

  • プロジェクトに関連する代表的なペルソナ。The typical personas associated with a project.
  • アプリケーションを作成する方法。How to create your application.
  • デバイスをアプリケーションに接続する方法。How to connect your devices to your application
  • アプリケーションを管理する方法。How to manage your application.

ペルソナPersonas

この Azure IoT Central ドキュメントでは、Azure IoT Central アプリケーションと対話する 4 種類のペルソナについて言及しています。The Azure IoT Central documentation refers to four personas who interact with an Azure IoT Central application:

  • "ビルダー": アプリケーションに接続するデバイスの種類を定義したり、オペレーター向けにアプリケーションをカスタマイズしたりする役割を担います。A builder is responsible for defining the types of devices that connect to the application and customizing the application for the operator.
  • "オペレーター": アプリケーションに接続されたデバイスを管理します。An operator manages the devices connected to the application.
  • "管理者": 管理タスクを担います (アプリケーション内のユーザーと役割の管理など)。An administrator is responsible for administrative tasks such as managing users and roles within the application.
  • "デバイス開発者": アプリケーションに接続されたデバイス上で実行するコードを作成します。A device developer creates the code that runs on a device connected to your application.

Azure IoT Central アプリケーションの作成Create your Azure IoT Central application

クラウドでホストされる自社のカスタム IoT ソリューションは、ビルダーが Azure IoT Central を使用して作成します。As a builder, you use Azure IoT Central to create a custom, cloud-hosted IoT solution for your organization. 通常、カスタム IoT ソリューションは次の要素から成ります。A custom IoT solution typically consists of:

  • クラウドベースのアプリケーション。このアプリケーションによってデバイスからテレメトリを受信し、それらのデバイスの管理が可能となります。A cloud-based application that receives telemetry from your devices and enables you to manage those devices.
  • カスタム コードを実行する複数のデバイス。これらのデバイスが、クラウドベースのアプリケーションに接続されます。Multiple devices running custom code connected to your cloud-based application.

新しい Azure IoT Central アプリケーションは、ブラウザーからすばやくデプロイし、具体的な要件に合わせてカスタマイズすることができます。You can quickly deploy a new Azure IoT Central application and then customize it to your specific requirements in your browser. ビルダーは、自社アプリケーションに接続するデバイス用に、Web ベースのツールを使って "デバイス テンプレート" を作成します。As a builder, you use the web-based tools to create a device template for the devices that connect to your application. デバイス テンプレートは、特定の種類のデバイスについて、その特性と動作を定義するブループリントです。次に示したのは、その例です。A device template is the blueprint that defines the characteristics and behavior of a type of device such as the:

  • 送信するテレメトリ。Telemetry it sends.
  • オペレーターによる変更が可能なビジネス プロパティ。Business properties that an operator can modify.
  • デバイスによって設定され、かつアプリケーションでは読み取り専用となるデバイス プロパティ。Device properties that are set by a device and are read-only in the application.
  • アプリケーションが反応するしきい値。Thresholds the application responds to.
  • デバイスの動作を決める設定。Settings that determine the behavior of the device.

デバイス テンプレートとアプリケーションは、Azure IoT Central から自動的に生成されるシミュレーション データを使って、すぐにテストすることができます。You can immediately test your device templates and application with simulated data that Azure IoT Central generates for you.

また、ビルダーは、日常的にアプリケーションを使うオペレーター向けに、Azure IoT Central アプリケーションの UI をカスタマイズすることもできます。As a builder, you can also customize the Azure IoT Central application UI for the operators who are responsible for the day-to-day use of the application. ビルダーが行うことのできるカスタマイズの例を次に示します。Customizations that a builder can make include:

  • プロパティと設定のレイアウトをデバイス テンプレートで定義する。Defining the layout of properties and settings on a device template.
  • オペレーターによる分析情報の検出と問題の解決を迅速化するカスタム ダッシュボードを構成する。Configuring custom dashboards to help operators discover insights and resolve issues faster.
  • 接続されているデバイスから時系列データを探すカスタム分析を構成する。Configuring custom analytics to explore time series data from your connected devices.

デバイスの接続Connect your devices

アプリケーションに接続できるデバイスの種類がビルダーによって定義されたら、そのデバイス上で実行するコードをデバイス開発者が作成します。After the builder defines the types of devices that can connect to the application, a device developer creates the code to run on the devices. デバイス開発者は、Microsoft のオープンソース Azure IoT SDK を使用してデバイス コードを作成します。As a device developer, you use Microsoft's open-source Azure IoT SDKs to create your device code. Azure IoT Central アプリケーションに自社のデバイスを接続するというお客様のニーズを満たすために、これらの SDK は多様な言語、プラットフォーム、プロトコルに対応しています。These SDKs have broad language, platform, and protocol support to meet your needs to connect your devices to your Azure IoT Central application. これらの SDK を利用することで、次のようなデバイス機能が容易に実装できます。The SDKs help you implement the following device capabilities:

  • 安全な接続を作成する。Create a secure connection.
  • テレメトリを送信する。Send telemetry.
  • ステータスを報告する。Report status.
  • 構成の更新を受信する。Receive configuration updates.

詳細については、ブログ記事「Benefits of using the Azure IoT SDKs, and pitfalls to avoid if you don't (Azure IoT SDK を使う利点と使わなかった場合に回避すべきリスク)」を参照してください。For more information, see the blog post Benefits of using the Azure IoT SDKs, and pitfalls to avoid if you don't.

アプリケーションの管理Manage your application

Azure IoT Central アプリケーションは、完全に Microsoft によってホストされるため、アプリケーションの管理オーバーヘッドが軽減されます。Azure IoT Central applications are fully hosted by Microsoft, which reduces the administration overhead of managing your applications.

Azure IoT Central ソリューションのデバイスは、オペレーターが Azure IoT Central アプリケーションを使用して管理します。As an operator, you use the Azure IoT Central application to manage the devices in your Azure IoT Central solution. オペレーターは、次のようなタスクを実行します。Operators do tasks such as:

  • アプリケーションに接続されたデバイスを監視する。Monitoring the devices connected to the application.
  • デバイスの問題をトラブルシューティングして修復する。Troubleshooting and remediating issues with devices.
  • 新しいデバイスをプロビジョニングする。Provisioning new devices.

ビルダーは、接続デバイスからのデータ ストリーミングに対して作用するカスタム ルールやカスタム アクションを定義できます。As a builder, you can define custom rules and actions that operate over data streaming from connected devices. それらのルールをオペレーターがデバイス レベルで有効または無効にすることで、アプリケーション内のタスクを制御したり自動化したりすることができます。An operator can enable or disable these rules at the device level to control and automate tasks within the application.

アプリケーションへのアクセスは、管理者がユーザー ロールとアクセス許可を使って管理します。Administrators manage access to your application with user roles and permissions.

次の手順Next steps

これで Azure IoT Central の概要は終了です。推奨される次の手順は以下のとおりです。Now that you have an overview of Azure IoT Central, here are suggested next steps: